キーボードの画像
もし面接試験を受けたその直後に内定を言い渡された場合には素直に喜んでいいものなのでしょうか?
一見すると話が早くてホッとするというのも本音です。第一志望の企業であればきっと望んだ結果として素直に受け入れられるかもしれません。
その一方でまだ1回しか面接をしていない人物を即決するのだから何か裏があるのではと心配するのも納得できます。
しかし内定が即時出たからといってブラック企業扱いにするのはまだ早いです。
では面接当日のその場にて内定が出た時の対応について解説していきましょう。

まずはお礼を伝えよう

内定を面接時その場で提示された転職者としてはひとまずお礼を述べるようにしましょう。そこはもう社交辞令という意味で割り切って構いません。
簡単に「この度はありがとうございます」という程度の言葉を添えるようにしましょう。
その上で入社とその後に向けての姿勢をほのめかすようにすることです。
良識のある企業ならその場で内定を出したとしてもいきなり入社手続きをするようなことはあり得ません。
応募者の立場も尊重するはずですから一旦はお礼を述べてその場を去るということで問題ないはずです。

第一志望なら承諾OK

あらかじめ焦点を絞って第一志望の企業だったのであれば、もちろんその内定を承諾するのもよいでしょう。
勢いもあり即決したい気持ちも高まるのは分かります。ただし即決しても入社を確定する時期ではないはずです。
通常の企業であれば改めて書類上の入社手続きをするのが普通ではないでしょうか?
採用プロセスはどの企業も共通してあるはずなので、十分調べておき的確に対応することが望ましいといえます。

面接の場で内定を出す理由

オフィスの画像
通常の企業なら面接が終わって以降の約1週間の目安で内定の通知をするのが一般的です。
しかし時と状況によっては面接の時点で即日内定を出す企業もあり、その際には必ず特別な意図があります。
即日内定を出す企業の理由としてはいくつか考えられ優秀な人材確保のため・社長および役員の判断で即決・面接前確定していたケースなどです。
では各々の理由について詳しく解説していきましょう。

優秀な人はできるだけ早く確保したい

どの企業でも転職面接では即戦力になる優良な人材が欲しいと願っています。実務経験者である転職者には結果を出せるスキルを期待しているはずです。
その場で内定を決定するということは少しでも早く良い人材を確保しておきたい切実な思いが見えてきます。
とくに優秀な転職者であれば他の複数企業からのオファも想定されるでしょう。
そのためなるべく先に内定を出すことで応募者の気持ちを留めておきたい本音があるからです。
もし面接時に即内定が出たとしたらかなり期待を込めて受け入れる体制を考えている場合も考えられます。
他に志望する企業の面接試験などが控えていたりブラック企業ではない限り検討する価値は十分にあります。

役員面接なら役員の判断

ビルディングの画像

転職面接には第1面接から第2面接・最終面接といった流れをくむことが頻繁にあります。
本来なら最終面接まで進んだ応募者を熟考し合否を決める行程をくむものです。
ところが面接で即決して内定を出す場合は社長や役員クラスの上層部がその場で判断し決定するパターンも考えられます。
最近ではいきなり社長面接などを行なってその企業のトップが直接ストレートに決めるケースも珍しくないからです。
途中段階を省いてでも中途採用を確実に見たいという上層部の思いが反映されています。この場合には例外的におこなわれるのが特徴です。

実は最終面接前に決まっていた

書類選考から筆記試験を経て1次面接を臨み最終面接に至った応募者ともなれば最終選考にふさわしい候補者のはずです。
社会人としての良識があり印象的な人材と言い換えられます。
実は企業の中には既に先行自体は決定的として最終面接は当人の入社意思の確認の場として設けていることがあるのです。
最終面接を行う中で問題がなければ、内定を出す前提にしているケースも珍しくはありません。
もちろんそこに至るまでには先述したような各々の選考をしっかり行っていることが条件です。
履歴書や職務経歴書をその場で初めて手渡しするような企業だとしたら、念のため内定の保留を検討したほうがよいでしょう。
ブラック企業である可能性も考えられます。

無料転職相談をして最適な仕事を見つけよう

承諾する場合

ノートパソコンを開く画像
転職面接でいきなり内定を得た時に決めるか決めないかは最終的に個人の判断です。そこには正解はないといってもよいでしょう。
本人が納得して面接時に即日内定をもらった企業へ入社したいと考えていたのであれば、そのまま内定を承諾してしまうほうが得策ではあります。
ただし迷いが残っているとしたら第一候補であっても保留にすべきでしょう。
入社意思の確定をしておきながら後から辞退をするのは精神的にダメージ大きく、しかも企業に迷惑をかけてしまいます。
できれば一旦返事は預かっておき改めて意思を決めて報告することが望ましいでしょう。

承諾を伝える前に条件書類を確認

面接時に即日内定をもらった場合で例え第一志望の企業だとしても必ず雇用条件などは書類上で確認してから承諾しましょう。
中にはブラック企業で離職率の高い訳ありの会社ということも想定できます。
どうしても入りたかった企業だったとしても雇用条件が適切かどうかは自分に関わる重要なポイントです。
給与・休日数・残業時間・育児休暇といった福利厚生について納得できる条件でないと後悔することになりかねません。

入社日や持ち物を確認

パンプスの画像
内定を承諾したら入社日やその後の流れと持参するものを確認しておくようにしましょう。
面接時にその場で内定を受けて承諾した場合は、内定承諾書へのサインが行なわれることも考えられます。
その後の流れについても説明を受けるはずです。
あまりにもものごとが急転し始めるので、動揺することがないよう落ち着いた言動をするように心掛けてください。
その後はおそらく入社へと進んでいくので正式な入社日や事前に用意すべきものを確認しておきましょう。

保留にする場合

スマホを見る画像
下調べを入念にした上で第一志望の企業であれば内定承諾してもよいでしょう。
しかし他の企業の選考も併行している場合にはその旨を伝えて回答を保留できるのが普通です。
せっかく内定を出してくれた企業を保留するのは失礼な気がするのも当然でしょう。
ただし多くの転職者が自社以外の企業へも転職活動を展開していることは承知しているはずです。保留自体は失礼なことではありません。
自分の人生に関わる大切な節目ですから、十分に吟味したいという旨を伝えるべきです。また当日に内定承諾書への署名を促す企業もあり得ます。
内定承諾書そのものに法的拘束力など発生しません。仮に署名しても問題ないはずですが、迷うのであれば念のため返事を一旦保留するほうが無難です。

保留を伝える例文

手帳の画像
なるべくなら第一志望の企業であっても一旦冷静になって手順を経ていくためにも回答を一旦保留することをおすすめします。
いきなり即決を求める企業だとしたらなおさらそのほうが無難な行動です。しかしその旨を伝えにくい時にはどう返事をすればよいのでしょうか?
以下ではいくつかのシチュエーションを想定しながら保留を伝える例文を紹介しましょう。

考える時間がほしい

この度は内定を頂きましてありがとうございます。転職は私自身の今後の人生にも関わる内容ですし他社の選考もまだ控えている現状です。
この度の内定は一度持ち帰りまして改めて御返事をする時間を頂いてもよろしいでしょうか?しっかり検討する時間をいただければ幸いです。

家族と話し合いたい

さっそくの内定を頂きましてありがとうございます。転職は自分だけの問題ではなく家族の生活にも影響を及ぼします。
本日内定を頂いた旨について家族に報告した上で話し合い結論を出したいと考えています。
入社に関する御返事は改めてさせていただくことでよろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。

冷静に決断しよう

スマホを見る女性の画像
せっかく頂いた内定を保留にすると他社と比較しているようで印象が悪いのではと不安に思うことでしょう。
しかし転職は人生にかかわってくる重要な分岐点でもあります。
そのことは良識のある企業なら当然のことだと捉えているはずですし、一旦は返事を待つのが企業側のマナーといえるでしょう。
もちろん現在試験を受けている複数の企業の志望順位にまで言及する必要はありません。
併行しながら応募していることを正直に伝えるのは何も問題はない発言です。
そのため即日内定を受けても落ち着いて冷静に決めた上で返事をすることが望ましいでしょう。

即決を迫られても慌てず対応

クリップの画像
仮に面接時内定で即決を迫られたとしても慌てて返事をすることはないように冷静な判断をすることです。
面接時に即日内定が出る企業にはさまざまな事情が考えられます。ただし多くの場合は人材が一刻も早く欲しいという理由が大前提です。
良識ある企業なら保留の申し出を受け入れるものですが、中には悪質な企業も存在します。執拗に即決を迫ってくるような場合は注意が必要です。
その場では軽はずみに入社の承諾をしてはなりません。拒否をするというのではなくあくまでも保留にさせてくれと言い切る勇気が必要です。
まずは相手の雰囲気にのまれないよう慌てず対処しましょう。

断れない雰囲気なら承諾してOK

ディスクトップの画像
しかしその場で承諾できるか否かは当人の性格にもよります。
相手の威圧的な態度で断る雰囲気にならないという状況に陥ったとしたら、一旦は受け入れておき帰宅してもよいでしょう。
先述したように口約束ならなおさら法的な意味合いは全く生じません。
むしろ日本は職業選択の自由が保障されているので、内定を受け入れておいて後から断っても罰せられることはありませんので心配はいらないのです。

承諾後に辞退しても問題なし

面接直後はいったん内定を承諾し後日断ったとしてもその行為に問題はありません。
本来ならばその場で保留の旨を伝えておくほうが礼儀として正しいのですが、それも相手の出方次第です。
しつこく入社を迫るような企業は優良とは到底思えません。あくまでも内定という状態でありその時点では入社を承諾したわけではないからです。
いくら強引に迫ってきても怯む必要は全くないでしょう。

内定の断り方

ノートパソコンを見る画像
面接時に即内定というやり方に違和感がある場合はやはり断ることを前提で進めていきましょう。
万が一働き始めてしまうと思わぬ負担が掛ってくるかもしれません。それはお互いのためにもよいことではないからです。
せっかくの内定を辞退するのは勇気がいります。でもそこでけじめをつけることが重要な選択です。
また企業側も新しいスタッフ募集を締め切って別の面接を行わない可能性もあります。当然それは困った事態に陥るはずです。
その場で内定を断れなければ数日中なるべく早めな断りの電話連絡をするようにしましょう。原則としては電話で断ることがマナーです。

冷静に対応する自信がなければ転職エージェントに相談!

面接官の画像
面接時に内定が出たという場合は一度冷静に考えるために保留にしておくことがポイントです。
それでも対応に自信がなくて不安だというのであれば、一度転職エージェントに登録し相談にのってもらうのも方法の1つでしょう。
転職エージェントのメリットは登録している企業は精査されているのでブラック企業を紹介される可能性が極めて低いことも理由です。
しかも転職に関する専門家なので適切なアドバイスができるスタッフも在籍しています。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

オフィス内の画像
優良企業であれば即日内定を出しても保留を受け入れることは常識だと考えてくれているはずです。その基準は忘れずに覚えておくようにしましょう。
また面接を受ける前に情報を集めて調査することが大切です。
今までに採用に関するトラブルがあるかないかなどは口コミサイトを閲覧して発見できることも考えられます。
あらゆる手段を使って下調べをし、自分が本当に就きたい企業であれば理想的です。
ただしその場で内定承諾や入社承諾書を出されたらサインをすることだけは止めておき、後日返事をする旨を伝えることです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!