様々な理由で退職を決めたものの、その後の生活を思うと不安を感じる女性は少なくありません。

しかし不安に飲み込まれるだけでは対処ができず、転職にも悪影響が及ぶ可能性があります。

そこで今回は退職にあたって感じやすい不安とその理由、そんなときに前向きになるコツについて解説します。

まずは不安な自分を受け入れよう

 恐れ、感情、不安

労働環境や低賃金、職場の人間関係など、退職を考える理由は人それぞれです。

しかし現在の職場への不満より、退職後の生活への不安を上回る女性も多く、ストレスフルな環境で働き続けるケースもあります。

確かに勤務先を退職するのは大きな出来事ですし、安定収入がなくなる不安も大きいことでしょう。

また転職できるのか、そこではうまくやれるのかなど、考えれば考えるほど自信をなくす女性もいそうです。

そんなときには、まず不安を感じている自分を受け入れることから始めましょう。

不安を抱えるのは辛いかもしれませんが、それは将来について様々なイメージを持てる表れでもあります。

そして不安の原因がわかれば、その対処法を考え実行することで解消できる可能性が高いです。

退職する女性が抱える不安は様々

女性、雲、うつ病

前章でも軽く触れましたが、退職にあたって女性が抱える不安は多種多様です。

安定収入がなくなることで経済的な不安を感じる人もいれば、会社の寮を出るなど住環境の変化に悩む人もいます。

職場の人間関係がうまくいかなかった人は、転職後の新たな出会いに不安を感じることもあるでしょう。

退職後に転職活動を始める女性は、正社員として再就職できるのかで悩んでいるかもしれません。

退職する女性のほとんどが、何かしらの不安を抱えていると考えても過言ではないはずです。

そう考えると、退職にあたって不安を感じるのは当然のことといえます。次章以降では、そうした不安を解消するコツを詳述します。

お金の不安を解消するコツ

円、電話、電話を取る

退職する女性が感じる不安の筆頭に、お金の問題があります。特に一人暮らしをしている女性は、その傾向が顕著でしょう。

ここでは退職後のお金の不安を解消するコツを、2つ紹介します。

お金の流れを把握する

退職を考え始めたら、まず自分の生活のお金の流れを把握することから始めましょう。

可能であればアプリなどを活用して家計簿をつけ、3ヶ月程度の収支のバランスを確認しておくのがおすすめです。

1ヶ月に必要な金額を把握して、その分を貯金しておけば、一時的に無収入になっても即座に困ることはありません。

ただし退職後に転職活動を始める場合は、数ヶ月分を用意しておく方が安心です。生活費だけでなく、活動経費も必要だからです。

退職後すぐに転職することが決まっていても、締め支払いによっては1ヶ月無給のことはありえます。

お金の流れを把握して、最低限の生活費を用意することで、不安を感じにくくしましょう。

失業保険など各種手当を確認する

アート、作曲、机

異業種転職を目指して退職する女性の中には、転職活動前にスキルや資格を身につけたいと思う人もいることでしょう。

その場合はすぐに転職するのが難しいので、失業保険退職金など各種手当について確認しておくことをおすすめします。

自己都合退職の場合、失業保険の給付を受けるまでに3ヶ月の待機期間があるので、その間の生活費を確保しなければなりません。

退職金で補えれば問題ありませんが、それでは厳しい場合には貯金をしておくことで、不安を回避できるはずです。

住む場所の不安を解消するコツ

住宅、家、完成

退職によって会社の寮を退去しなければならない、あるいは一人暮らしをしている女性は、住む場所の不安を感じやすいです。

住む場所の不安は対応策を講じなければ、いつまでもなくなることはありません。

ここでは、住む場所の不安を解消するコツを2つ紹介します。

いざとなったら頼れる人はいるか

退寮にあたり住宅資金が用意できない、あるいは一時的でも無収入になると家賃を払うのが厳しい女性もいることでしょう。

そんなときに頼りにできる兄弟姉妹親類友人がいるかどうかを探しておくだけで、不安が解消されることがあります。

一時的に同居をお願いするなどして、無理なく生活できる環境を整えることで、転職活動に専念できるかもしれません。

頼れる人が見つからない場合

女性、ビュー、ストックホルム

賃貸物件の保証人が見つからない、あるいは退職後に身を寄せる場所がない場合は、生活支援を行うNPO法人に相談してみましょう。

2020年のコロナウイス感染拡大による失職により、非正規雇用を中心に住居を失う不安を抱える人が続出しました。

居住地域は限定的ですが、保証人や敷金・礼金不要の物件を紹介してもらえます。

また一時的にシェアハウスに転居して、生活費を浮かせるという方法もあります。

さらに預貯金があればそれを担保に、無職でも賃貸契約が交わせる物件もあります。

インターネットなどで無職相談可の不動産会社を探し、相談してみるのもよいでしょう。

それでも立ちいかない場合は、一時的に生活保護を受けることも念頭に置き、行政に相談してみることをおすすめします。

転職の不安を解消するコツ

ビル、ビジネス、ヒューストン

退職をするにあたり、転職がうまくいくかどうかが不安と考える女性は少なくありません。

しかし仕事や職場にストレスを感じて心身に支障が出ているようなら、病気になる前に転職活動する方がよいと考えられます。

ここでは、転職に対する不安を解消するコツを3つ紹介します。

今までの経験を整理しよう

転職に成功するためには、自分が何を求めていて、何を解消するために退職するのかを明確にしておく必要があります。

また転職における自分の市場価値を把握していないと、書類選考を通過しない可能性を否定できません。

そこで自分のキャリアの棚卸しをして、これまでの経験を整理してみることをおすすめします。

社会人になってからどんな経験をしたのかを、思いつくままに髪やPCに書き出してみるのです。

そしてそれらの経験から何を得たのか、スキルを含めて書き加えておきます。

その過程が自己分析にも通じるので、求人を探す前にしっかり行っておきましょう。

次にどんな仕事がしたいか考えよう

執筆、作家、メモ

自分の経験とそこで培ったスキルが可視化できたら、次にどんな仕事がしたいのかを考えてください。

退職の理由が職場の人間関係で、仕事自体は好きだった場合は、同業他社の求人を探すとよいでしょう。

しかし営業職として能動的に仕事をするよりも、バックオフィス職として他の人を支えたいと考えるなら、異業種転職すべきです。

また正社員転職を目指す場合は、結婚や妊娠、育児を想定し、福利厚生が充実した会社を探すという選択肢もあります。

事務職から接客業に転職する人も少なくないので、自分が楽しんで取り組めそうな仕事は何か、しっかり考えてみましょう。

求人情報を見てみよう

自分のアピールポイントとなる経験とスキル、そして目指す仕事が明確になったら、求人情報を見てみましょう。

転職サイトなどでは未経験者応募可能な求人も多く、給与や休日など勤務条件をチェックできます。

自分が応募できる求人が多いとわかれば、それだけで安心感を得やすくなるはずです。

無料転職相談をして転職を成功させよう

対人関係の不安を解消するコツ

オフィス、仕事、仕事

退職の理由の上位に対人関係の問題があげられますが、それまで円満だった職場でも退職を機に悪化するケースがあります。

退職するにあたり、現在の勤務先と関係を悪くしてもよいことはないので、円満退職できるよう準備するのがおすすめです。

ここでは、退職にあたって対人関係が悪くなることに対する不安を解消するコツを紹介します。

今の職場の方への配慮を忘れずに

今の職場にどんな不満があろうとも、退職にあたっては一緒に働いた人たちへの配慮を忘れるべきではありません。

退職前に転職先が決まった場合であっても、就業規則に則って退職届を提出し、しっかり引き継ぎ期間を設けるようにしましょう。

担当業務に関する簡単なマニュアルを用意したうえで、細かな業務について説明をしておくと、後任の人が仕事を進めやすくなります。

業務で関わった人たちにかける迷惑を最小限にする意味でも、自分がしっかり伝えたと思えるまで説明するようにしましょう。

家族や友人に不安を打ち明けよう

手、家族、古い

世代や住んでいる地域、就いている職業によっては、退職することに対し嫌悪感を表す人もいそうです。

家族や友人に理解してもらえないことが、不安で仕方がない女性も珍しくありません。

しかし現状に甘んじることなく、自分にとって働き心地のよい転職を目指すことは前向きな選択です。

そしてあなたを大切に思う家族や友人であれば、退職の不安を打ち明けても励まし、応援してくれるはずです。

自分なりの理由やビジョン、キャリアプランがあれば、それをしっかり話すことで、家族や友人を安心させられることでしょう。

身体面の不安を解消するコツ

腹、心、愛

転職先が見つかる前に退職する女性の中には、生活リズムが変化することで心身に不調をきたす人がいるのも事実です。

そうした身体面の変化に対して、不安を感じる女性がいても不思議ではありません。

ここでは退職にあたり、身体面で感じやすい不安への対処法を2つ紹介します。

規則正しい生活を心がける

退職後に自宅で過ごす時間が長くなるからこそ、規則正しい生活を心がけることをおすすめします。

起床と就寝時間を決める、起きたら必ず着替える、毎日3食食べるなどを意識するだけで、生活リズムが整えやすくなります。

勤務していた頃と同じように、仕事をしていた時間帯にはベッドにもソファにも横にならないと決めることも大事です。

さらに転職先が見つかっていない場合は、活動の時間を生活の中に組み込みます。

やるべきことがあれば、クヨクヨ悩む時間が短くなるものなので、余暇を作り過ぎない生活を心がけましょう。

体力維持を心がける

道路、靴、ウォーキング

運動習慣のない女性は特に、退職して通勤がなくなることで運動量が激減するケースが少なくありません。

そのため、転職までに自宅で過ごす時間が長くなればなるほど、体力が低下してしまうので注意が必要です。

生活リズムを整える際にウォーキングをする、毎日食材の買い物に出かける、エレベーターではなく階段を使うなど方法があります。

体力を維持するためにも、日々の中で運動をする機会を作るように意識しましょう。

退職に必要な手続きを書き出してみよう

オフィス、メモ、メモ帳

会社を退職すると、健康保険組合や厚生年金から脱退することになります。

日本は国民皆保険制度を用いていますので、手続きに必要な書類を用意しておかなければなりません。

また失業保険を受給できるよう、退職時に行うべき手続きもあります。

ここでは、退職前に必要な手続きについて紹介します。

年金や健康保険の手続きを確認

まず、年金健康保険の手続きについて確認しましょう。手続きをしなければ、退職と同時に健康保険証が使えなくなります。

その際に国民健康保険に変更することもできますが、すぐに転職を予定している際には任意継続した方がよいケースがあります。

年金については退職後に、国民年金への切り替え手続きを行いましょう。

勤め先に出す書類を確認

書く、書く、人

退職にあたっては上司に口頭で意思を伝えた後、退職届を提出するのが一般的です。

そして最終出勤日に、会社に預けていた雇用保険被保険者証や年金手帳の他、必要に応じて離職票を受け取ります。

離職票の内容を確認し、問題なければ署名・捺印をして勤務先に提出します。

そこに会社が必要事項を記入してから、ハローワークに書類を郵送し、失業保険の受給資格を得ることになるからです。

こうした一連の手続きを、滞りなく進めましょう。

退職の不安は転職エージェントへの相談がおすすめ

オフィス、会議、ビジネスパートナー

退職にあたって感じる不安は様々で、一つひとつ考えていくと対処法は見つかるものです。

しかし決断力や行動力がある女性ばかりではないので、一人で対処するのが難しいと感じる人もいることでしょう。

自分に合った求人を探すだけでなく、退職への不安を解消する意味でも、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

退職前に感じている不安を相談し、それを踏まえて活動の進め方をアドバイスしてもらえれば、前向きに取り組めるものです。

転職エージェントのキャリアカウンセリングによって、キャリアの棚卸しや自己分析も進めやすくなるので一石二鳥です。

まずは転職エージェントに登録し、不安の相談にのってもらいながら、自分に合った求人先を紹介してもらう段取りをしましょう。

まとめ

スタートアップ、スタートアップ、人々

今回は退職にあたって感じやすい不安とその理由、そんなときに前向きになるコツについて解説しました。

退職を考えるのは理由があるからで、転職によってその問題が払しょくされる可能性は高いです。

しかし退職する不安を抱えたままでは、前向きに転職活動に取り組めません。

転職エージェントに何でも相談しサポートを受けながら、後悔のない転職を実現しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!