転職の最終面接ではよく「最後に一言ありますか?」と言われる場合があります。

企業はなぜ最後に一言というありきたりな質問をするのでしょうか。

捉え方によっては面接のまとめに値する質問で、何もなければ「特にありません」と回答していいと思われるかもしれません。

しかし、「最後に一言」は合否が決まる最も重要な質問と言っても過言ではないのです。

そこで当記事では、「最後に一言」という質問の意図を考え、上手な答え方や回答例をご紹介します。

面接では「最後に一言」と聞かれる

書類

転職の最終面接では「何か最後に一言ありますか?」とよく聞かれます。

せっかく最終面接まで到達することができたわけですから、何としてでも合格を手に入れたいところです。

ここまでの面接では志望動機やあなたの長所・短所、休日の過ごし方などたくさんの質問に答えてきました。

面接の最後で一言答えるというのは難しいもので、多くの人が頭を悩ませる質問でもあります。

シンプルなようで奥が深い質問ですから、しっかりと回答を準備しておきましょう。

面接の「最後に一言」は評価の対象

女性

「最後に一言ありますか?」という質問は評価の対象です。

できるだけ面接官にいい印象を与えられるよう、分かりやすくシンプルに答えたいところ。

回答の仕方によっては面接官に悪い印象を与えてしまうことにつながるので注意が必要です。

転職者の中には「特にありません」と回答してしまう人が多いのも事実で、これは非常に危険なケースに当てはまります。

「最後に一言」は評価の対象であることを覚えておきましょう。

面接で「最後に一言」を聞かれる理由

紙とペン

ではなぜ最終面接で「最後に一言ありますか?」と質問されるのでしょうか。

「最後に一言」とは曖昧な聞き方で、答え方によってはどのような内容でも回答できる質問です。

面接官がこのような聞き方をする意図をあらかじめ把握しておきましょう。

アピールのチャンス

最後に一言と聞かれる理由の1つ目は、改めてあなた自身をアピールするためです。

これまでの質問で回答したことのほかにあなたの長所や強みをアピールすることができます。

もし緊張して思うように質問に答えられなかった場合、最後に一言でアピールできなかった分を補うことができるのです。

また、面接官としてはあなたのアピールや仕事に対する熱意をもっと詳しく知りたいのでしょう。

転職成功をつかみ取るためにも、思いっきりあなたの良さをアピールしてください。

面接でわからなかった人柄を判断

最後に一言と聞かれる理由の2つ目は、面接の時間でわからなかったあなたの人柄を判断するためです。

面接の時間は数十分と限られています。

面接官は短い時間の中であなたの人柄をチェックしていますが、あなたの魅力を知るには時間が足りないのです。

したがって、「最後に一言」というありきたりな質問をすることであなたの人柄を改めて確認しようとしています。

シンプルな質問にこそ性格や人柄が表れるものです。

あなたの良さを最大限アピールするためにも、自信を持って答えてください。

対応力を見ている

女性

最後に一言と聞かれる理由の3つ目は、あなたの対応力を見るためです。

「最後に一言ありますか?」とは意表を突かれる質問で即座に回答するのは難しいもの。

ほとんどの人は焦ってしまい、思うような答えを述べることができないでしょう。

だからこそ、難しい質問をされたときとっさにどのような判断を下すのか対応力が試されるのです。

大切なのは、難しい質問をされても動揺しないこと。

しどろもどろに回答したり「特にありません」と答えたりすれば、これまでの努力が水の泡になる危険性があります。

たとえ回答を準備していなかったとしても、慌てず落ち着いて対応してください。

「最後に一言」への答え方を考える

ビジネス

「最後に一言」の質問の意図を確認したところで答え方を考えてみましょう。

面接の基本は質問の意図にあった回答をすることです。

シンプルでありながら奥が深い質問ですから、どのように回答すれば面接官の心をつかめるのかみていきましょう。

熱意を伝える

「最後に一言」への答え方として、企業に対する熱意を伝えるのが一般的です。

企業側はできるだけモチベーションが高い人を採用したいと考えています。

最後に改めて熱意を伝えることで、面接官にいい印象を残すことができるでしょう。

自己PRやあなたの長所に絡めると熱意が伝わりやすいです。

聞けなかった質問をする

「最後に一言」への答え方として、聞けなかったことを質問するのもありです。

募集要項や企業のホームページを見ても分からなかったことなど、気になったことを質問してみてください。

逆に質問できるということは会社への理解度が高いという現れです。

質問の内容は採用されるにあたってあなたが気になることでもOK。

聞けなかった質問をすることで、この人はよく調べてきているなと面接官に好印象を与えることが期待できます。

強みを伝える

自由

「最後に一言」への答え方として、あなた自身の強みを伝えると採用される確率がグッと高くなります。

面接の時間は限られているので、どうしても時間内にあなたの魅力を伝えきるのは難しいものです。

また、いくら面接の準備をしても緊張して思うようにしゃべれなくなることはよくあること。

だからこそ「最後に一言ありますか?」と聞かれたらあなたの強みをアピールするのです。

面接官としてもあなたの熱意を読み取ってくれますし、何より転職後のミスマッチを防ぐことができます。

アピール不足だなと感じたら積極的にあなたの強みを伝えましょう。

お礼を述べる

「最後に一言」への答え方として、お礼を述べるとスマートに面接が終了します。

感謝されて嫌な気持ちになる人はいませんし、この人はちゃんとお礼を言える礼儀正しい人という印象を面接官に与えることができるでしょう。

最後に一言は意表を突かれる質問であり、とっさに答えを考えるのは難しい質問でもあります。

想定外の質問に焦って動揺し「特にありません」と答えるより、感謝の意を伝えて面接を締めくくりましょう。

 

無料転職相談をして理想の会社に転職しよう

 

「最後に一言」を求められたときの合格回答例

頂上

「最後に一言」への答え方を確認しましたが、具体的にはどのように回答すればいいのでしょうか。

面接の締めとして大切な問答ですから、ベストな回答例をチェックしておきましょう。

熱意を伝える場合

本日は貴重なお話をいただきありがとうございました。

私は○○という理念に共感し御社を志望しまして、今回の面接を通してますます一緒に働きたいという気持ちが強くなりました。

前職で培った○○という経験は、必ず御社のお役に立てると自負しております。

縁の下の力持ちとして是非とも御社の発展に貢献していきたいです。

質問をする場合

本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。

御社のホームページに、業界ナンバーワンとして時代の最先端を駆け抜けるというスローガンを拝見しました。

こちらにつきまして、トップとして走り続けるための秘策はございますか。

私が持っている○○という資格が御社のスローガンにぴったりだと思い質問させていただきました。

強みを伝える場合

メモ帳とペン

本日は面接の機会をいただきありがとうございました。

私は○○という強みがあり、これまで友人や家族からも褒められてきました。

○○に関して私はほかの誰よりも得意としている自信があり、そのために毎日努力を積み重ねてきました。

私の強みを生かし、御社の更なる発展に貢献できれば幸いでございます。

お礼を述べる場合

本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

私は○○という理由で御社を志望しておりますが、今回の面接を通してますます御社とともに働きたいという気持ちが強くなりました。

御社にご縁がありましたらお役に立てるよう日々努力してまいります。

本日は本当にありがとうございました。

最後に一言を伝える際のポイント

スタートアップ

最後に一言を伝える際はシンプルかつ分かりやすく伝えましょう。

面接の時間は数十分と限りがあります。

面接官は時間内にいくつ質問をして、それぞれ回答にどのくらい時間がかかるかあらかじめ計算しているのです。

限られた面接時間の中で最後の質問ですから、あまり長い回答では逆に面接官の印象が悪くなるかもしれません。

「最後に一言」は正真正銘最後のアピールチャンスなのでつい長く話してしまいがちです。

アピール不足だなと感じれば、それを補うためにできるだけ多く熱意を伝えたり強みを伝えたりしたくなるもの。

気持ちは分かりますが、シンプルかつ分かりやすくまとめることで面接官にいい印象を与えましょう。

面接における話し方のポイント

ビジネス

面接において話し方は合否を分けると言っても過言ではありません。

支離滅裂な話し方や自信がないような態度であれば高評価を得ることは難しくなります。

面接における話し方のポイントを押さえて、転職面接を成功させましょう。

話す順番を整える

話し方のポイントの1つ目は、話す順番を整えることです。

具体的に、結論・理由・具体例・結論の順番で話すと論理的に伝えることができます。

面接官はそれぞれの質問に対してあなたが最初に発する言葉に注目しているのです。

したがって、最初に結論を述べることであなたの話に耳を傾けてもらいましょう。

続けて結論に対する理由とその具体例を述べれば、最初に伝えた結論の信ぴょう性が増します。

そして最後にもう一度結論を言うことで話を論理的に締めくくるのです。

話す長さや時間配分に注意する

話し方のポイントの2つ目は、1つの質問に対する話す長さや時間配分に注意することです。

質問に対する回答の1文の長さを短くすることで話が間延びしてしまうのを防ぎます。

1文が長いと面接官は「つまり何が言いたいの?」と困惑してしまうかもしれません。

また、質問の内容にもよりますが1つの質問に対して1分以上も話し続けるのは長すぎるでしょう。

結論・理由・具体例・結論の順番で話すことで、論理的かつスッキリした話し方ができます。

日ごろから意識してこの話し方をしてみてください。

「最後に一言」で避けた方がいい回答

警告

「最後に一言ありますか?」と聞かれ「特にありません」と答えるのは絶対に避けましょう。

最後に一言はあなたのアピールの場であると同時に、面接官はあなたの人柄を改めて確認しとっさの質問に対する対応力を見ています。

意表を突かれる質問ではありますが「最後に一言」も評価の対象であることを忘れてはいけません。

仮に「特にありません」と答えたらどうなるか、間違いなくあなたの評価は下がるでしょう。

「最後に一言」に対する答え方で合否が決まると言っても過言ではありません。

最後の最後まで気を抜かず、熱意や強みを伝えてアピールしたり、質問して会社への理解度を示したり、お礼を述べてうまくまとめたりしてください。

「最後に一言」と言われない場合

よくある質問

会社によっては「最後に一言ありますか?」と聞かれない場合もあります。

面接官が最初から「最後に一言」と聞くつもりがなかったのかもしれませんし、面接の中で十分あなたの人柄が伝わったのかもしれません。

よく聞かれる質問なのに私は言われなかった、もしかしたらダメなのかもしれないと不安になる必要はないのです。

「最後に一言」と聞かれなくても面接の終わりには感謝の意を伝え、退出するまで気を抜かず部屋を後にしましょう。

「最後に一言」で合否が決まる!

女性

「最後に一言ありますか?」は最終面接でよく聞かれる質問です。

最後のアピールチャンスであると同時に、あなたの人柄を再確認し意表を突いた質問に対する対応力を見ています。

シンプルでありながら難しい質問ですが、企業への熱意やあなたの強みをアピールして面接官の心をつかみましょう。

また、逆に質問することで会社への理解度を示すことにもつながります。

とっさの質問に焦って動揺し、答えが思い浮かばなければお礼を述べるのもありです。

結論・理由・具体例・結論の順番で、論理的かつ1文を短くまとめて伝えましょう。

1つ注意したいのは、「最後に一言」と聞かれ「特にありません」と答えること。

合否が決まると言っても過言ではない質問ですから、特にないという回答では評価が下がる危険性があります。

また、会社によっては「最後に一言」を聞かない場合もあることを覚えておきましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!