仮歌のバイトをしたい女性におすすめの求人情報を徹底解説!経験者の評判や口コミは?応募の仕方や必要な手続き・給料も紹介

歌うことが好き・音楽に興味がある方は、仮歌というアルバイトがあると耳にする機会もあるのではないでしょうか。

仮歌の歌入れバイトは、新曲や練習曲に歌の音源を提供するお仕事です。

WEB検索をすると、経験者の体験談や口コミも見ることができます。

このページでは、仮歌バイトの求人情報を調査しました。評判や口コミ・応募の方法なども紹介していますので、参考にしてください。

仮歌とは

ギターの女性

仮歌とはリリース前に仮で録音される歌のことをいいます。仮歌の歌入れをする人を仮歌シンガーと呼ぶこともあるようです。

仮歌の入った音源は、作曲家がコンペに出したりアーティストの練習に使用されたりします。

コンペに提出する音源

アーティストに楽曲が必要になれば、多くの作曲家が採用を目指してコンペに出品します。その際に使用するのが仮歌の入ったデモ音源です。

作曲家は楽曲を作る仕事ですので歌は別の人にお願いします。

コンペに選ばれるためには曲の魅力を歌った仮歌が重要です。

アーティストの練習用

アーティストの中には楽譜を読まず音で覚える人も多くいるようです。

そのようなアーティストのために、すでに採用の決まった楽曲に仮歌を当てることもあります。

女性仮歌シンガーにおすすめの求人

特に女性アイドルの曲に仮歌の歌入れをするお仕事は多いです。

キーの近い女性の声が多く求められていますので、歌うことが好きな女性にはおすすめのお仕事になります。

仮歌バイトの拘束時間は1時間から3時間程度ですので、隙間時間に仕事が欲しい方にもうってつけのお仕事です。

仮歌シンガー経験者の口コミ

目を瞑る女性

実際の経験者はこの仕事をどのように感じているのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで仮歌の歌入れ経験者による口コミを集めてみました。歌うことのメリット報酬のことなど、様々な口コミがあります。

また中には困った体験談もあるようです。

歌うことや自分の歌に対するメリット

歌う女性

  • 自分が歌った歌に対して、いろんな人から評価ディレクションを受けられるのが嬉しい。
  • 歌の表現方法を聞けるのが良かった。
  • どうやって歌を作るのか、目の前で見ることができる。

このように、自分の歌に対して評価指導が受けられることは貴重なメリットのようです。

またプロのアーティストと同じように、収録して声を調整する過程を見ることができるのは楽しい経験になります。

好きな歌で収入を得ることができる

  • 歌うことが好きだったので、自分の歌お金を貰えたのが嬉しかった。
  • 会社に登録後自分に声がかかったとき、自分の声が認められた気がして胸が弾んだ。
  • クラウドソーシングで指名されて報酬を得られることが楽しい。

仮歌のアルバイトを希望する方の多くは、歌うことが好き歌に自信があるのではないでしょうか。

自分の好きなことで収入を得ることができるのは大きなメリットのようです。

ちょっと困った体験談

  • 気に入らないという理由で何度もリテイクを貰ってしまった。
  • 明日の朝までに歌入れをお願いしますといわれて困った。

このように何度も修正を要求されたり納期に無理を言う方もいらっしゃるようです。

特にクラウドソーシングで仕事を受ける際には、最初にリテイクの数や納期をきちんと取り決めておきましょう。

仮歌バイト求人の種類について

女性

仮歌のアルバイトをする方法は、直接の紹介求人への応募クラウドソーシングサイトでの受注などがあります。

それぞれ契約などに違いがありますので、自分が納得できる方法を選びましょう。

SNSで個人が仮歌の歌入れバイトを募集していることもあります。

しかしながら口コミや実績がない募集は、きちんと取引できるのか怪しいケースもあります。

仮歌のアルバイトに慣れていないうちは、本当に安全な募集か見分けることは難しいようです。

少しでも不安があるのであれば定評のあるサイトや求人を活用してください。

直接紹介してもらう

握手

コネクションを持っている場合に限りますが、作曲家から直接依頼されたり知人を通して声がかかることがあります。

作曲家は仕事募集のサイトや雑誌に告知をする手間を省くことが可能です。

互いに人となり実力が分かっているので、信頼して仕事をすることができます。

間に業者をはさむことはありません。そのため、作曲家が出す報酬を全て受け取ることができます。

ただし直接やり取りをするため、もし何かトラブルになったときにはすべて自分で解決しなければなりません。

求人に応募する

検索

アルバイト情報サイトなどで検索し、仮歌の求人に応募することも可能です。多くの場合は仮歌を紹介する会社への応募になります。

作曲家との間に会社が入るのでトラブルになることは少ないです。

また仮歌の録音環境を提供してもらえたり、仮歌にディレクションをしてもらえたりとメリットも多いです。

間に会社が入りますので直接作曲家と契約するよりもやや報酬は劣ります。

ごくまれにプロになりたい人を集めて高いレッスン料を要求するような会社がありますので、応募する際には会社の評価を検索してみてください。

最初に仮歌を取り扱う会社の求人へ応募し、面接があってから登録、その後仕事を紹介されるという流れが一般的のようです。

クラウドソーシングで受注する

マイクと女性

ココナラやSKIMAといったクラウドソーシングサービスに登録し、仮歌の歌入れを受注することもできます。

自分が仕事をしたいタイミングで仮歌が欲しい作曲家とマッチングできるのは大きなメリットです。

報酬のやり取りはサイト上で行われますので安全だといえるでしょう。機材が揃っていれば自宅でも作業ができます。

自分の力で仕事を受注できるのは大きな楽しみになるでしょう。

ただし自分からアピールしていかないと多くの仮歌希望者に埋もれてしまう可能性があります。

また依頼者を選ぶことが難しいという点を不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

もし不安に思うようであれば、受注用のページにきちんと自分の要求を明記してください。その条件に納得した方からの依頼を貰いましょう。

クラウドソーシングでは、まずサイトに登録し自分のIDを獲得します。

取得したマイページの設定を終えたら受注を開始してください。詳しい利用方法は、必ず受注開始前にそれぞれのサイトで確認しましょう。

仮歌バイトを探すときに気を付けること

スタジオの女性

仮歌バイトの評判を検索すると「仮歌の仕事に応募したら危険な目にあった」というような体験談を目にすることがあります。

実際にどのようなことがあるのか調べてみました。

  • 仮歌の求人に応募したら高額なレッスン料を取られそうになった。
  • 仮歌の仕事をするときにマスタリング料が必要といわれた。

このように金銭を要求されることがあるようです。

仮歌のアルバイトをするうえで安全な会社はもちろん金銭を要求することなどありません。危ないなと思ったらすぐにひき返しましょう。

ネットで検索すると会社の評判を知ることができます。

もし少しでも不安のある場合は、きちんとした実績のある会社を選んで取引や登録をしてください。

仮歌の歌入れ報酬について

歌う女性

多くの場合仮歌の報酬は1曲ごとに発生します。内容にもよりますが一度の拘束時間はおおむね1時間から3時間です。

ハモリやコーラスを入れるなどオプションが付く場合は、追加報酬が発生する場合もあります。

仮歌のアルバイト報酬の相場

お金

仮歌の歌入れバイトの相場は、1曲5000円からとなっている求人が多いです。

有名なアーティストの楽曲ですとさらに高額になることもあります。

ただしそのようなアーティストの依頼を持っている会社には、多くの仮歌シンガーが登録していることが多いようです。

大きな仕事には歌が上手い人・仕事の実績が多くある人が選ばれますので、自分の実力を磨くことも必要かもしれません。

オプション料金について

仮歌の歌入れはワンコーラスの料金で設定している場合が多いようです。

ハモリコーラスを付けたり仮の歌詞を作成して歌う場合などは、オプションとして追加料金が発生する場合があります。

その他にも、ワンコーラスに加えてサビ追加メロディを歌う場合も追加料金を貰えることがあるようです。

オプションについては契約前にきちんと確認を取るようにしましょう。

まとめ

ギターを弾く女性

好きなことで報酬を得ることができるのは本当に素敵なことです。歌が好きな人にとって、仮歌のアルバイトはまさにそのような仕事になります。

プロがするようにスタジオで収録する体験ができるなどメリットも多いようです。

ただし仮歌の歌入れをする曲はまだリリース前のものになります。次にどんな歌をリリース予定かなど、秘密を漏らさないよう注意しましょう。