30代からキャバクラで働くコツを調査!30代が水商売で働くメリットとデメリットは?夜のバイトと求人傾向・稼ぐ方法も紹介

30代だけど水商売デビューを考えているという方は、こんな不安や疑問がありませんか。

「キャバクラ未経験でもお仕事可能?」

「稼ぐコツはあるの?」

ここでは30代から水商売で働くメリットデメリットのほか、求人の傾向稼ぐコツもご紹介します!

ぜひ、最後までお読みください。

30代でもキャバクラで働ける?

少女、モデル
30代の方でもキャバクラで働くことはできます。その理由は主に2つ。

キャバクラのジャンルが増えている

キャバクラといえば、20代前半~半ばくらいの若いキャストがワイワイと盛り上げてくれるイメージがあります。

今でもそのようなお店がメインではありますが、落ち着いた接客を好む男性のニーズに応じ、姉キャバや熟キャバと呼ばれるお店も増加傾向です。

姉キャバや熟キャバと呼ばれるようなお店では、キャストは20代後半~30代以上が中心なので、30代でも気になりにくいでしょう。

30代ならではの魅力が武器になる

若いキャストと盛り上がりたい人は多いものの、落ち着いて会話がしたいという男性もいます。

こうしたニーズのある男性にとっては、30代ならではの落ち着きや会話力が、アピールポイントになる可能性が充分あるのです。

30代から水商売で働くメリット

魅力的、キュート
30代から水商売デビューするメリットとして主なものを3つご紹介します。

落ち着いた雰囲気が魅力になる

先ほども少しお伝えしましたが、30代ならではの落ち着いた雰囲気が好き!という男性は多くいます。

盛り上げるのは得意ではないけど、落ち着いて相手の話を聞けるタイプの方でも活躍するチャンスがあるということです。

10代・20代の時の華やかな色気とは違い、年齢を重ねたことでちょっとした仕草からかもし出される色気が魅力になります。

知識や知性が武器になる

キャバクラにはサラリーマンの他にも経営者など様々なお仕事をしている人が来店され、求めることも人それぞれです。

「キャバクラでは明るく楽しく飲みたい!」という人もいれば、「仕事や経済などについても話してみたい」という人もいます。

そんな時にこれまでの人生経験で身に付けた知識や知性がとても役立つのです。

初々しさも意外にウケる

若い頃から水商売をしていると、お店での振る舞いがテキパキとしていたりして、どうしても夜職独特の雰囲気が出てしまうもの。

30代で水商売デビューをした場合では、夜職に慣れておらず緊張していたり動作がぎこちなかったりします。そのギャップが男性にウケることがあるのです。

30代から水商売で働くデメリット

女性、金髪
では、逆に30代で水商売にデビューするときのデメリットで主なものを3つご紹介します。

体力面での不安がある

水商売はどうしても昼夜逆転不規則な生活になりがちです。30代で体力が落ちてくると、慣れるまでは少しつらいと感じることがあるでしょう。

日中のお仕事と両立する場合などは、無理をすると体を壊しやすくなりますので、働くペースには注意が必要です。

独特のルールなどを覚える必要がある

キャバクラを代表とする水商売のお店では独自のルールがあります。

たとえば、お給料やペナルティの仕組みや接客マナー、専門用語などです。

新しいことを覚えるのは大変と思うかもしれませんが、お仕事をするうえで必須になるため覚えていかなければなりません。焦らず覚えましょう。

訳ありだと思われやすい

30代で水商売デビューすると、訳ありと思われやすい面があります。

単純に水商売に興味があるからという人もいますが、シングルマザーや家族が失業して生活費を稼ぐ必要がある人などの事情のある人がいることは事実です。

とはいえ、お互いに深く詮索しないのは当然ですので、気にせず堂々とお仕事をしましょう。

夜のバイトはどんなものがある?

グラス、乾杯
30代で夜のお仕事をする場合は、スナックやパブ、ラウンジや高級クラブなどキャバクラ以外の選択肢もあります。

それぞれの客層や年齢層求められる接客レベルや営業活動が異なります。自分がどれだけの労力をかけられるかを考えてお店を選ぶのがおすすめです。

高級クラブやラウンジはお客様の隣に座って接客するスタイルになります。髪型やドレスもしっかりとセットする必要があったり、同伴やアフターなど営業活動も行います。

時間外の営業が求められる分、売り上げを上げれば報酬のアップにつながりやすいといえるでしょう。

一方、スナックやパブはカウンター越しに接客をすることが多く、服装や髪型もクラブやラウンジよりはゆるめです。

営業活動もそこまでガッツリはしないので報酬のアップはそこまで期待できないのですが、ある程度の収入を得られればOKならば問題ありません。

求人の傾向とお給料の相場

少女、サングラス
時給の相場は、以下のようになります。

  • 高級クラブ、ラウンジ 2,000~5,000円
  • キャバクラ 2,000~3,000円
  • スナック、パブ 1,500~3,000円

ただし、お店によって客層や営業活動の有無も含めて違いがありますので実際に働く時にチェックしてください。

キャバクラですと、20代までが中心になるので、30代となると選べるお店が減ることは否めません。

しかし、以下のような強みがあれば水商売でお仕事を見つけることは可能です。

  • 愛嬌があって気遣いができる
  • イヤなことがあっても気持ちを切り替えられる
  • お客様を覚えるのが得意
  • 話を落ち着いて聞ける

効率よく稼ぐコツ

お店を慎重に選ぶ

美しい少女、ファッション

30代で水商売デビューする場合、自分に合うお店を慎重に選ぶことが重要です。合わないお店では働きづらく長く働くのが難しくなってしまうからです。

たとえば、一般的なキャバクラでは10代・20代がメインのため、指名が取りにくかったりお客様に年齢をつっこまれてイヤな思いをする可能性もあります。

キャバクラにこだわらず、お店の雰囲気をチェックして、幅広い年齢層のキャストがいるお店を選ぶと気後れせずにお仕事が始められるでしょう。

自分の魅力アップや将来のことを考える

若い女性
30代で水商売で働く場合、容姿だけでなく内面も磨かなければ、稼ぐことが難しくなります。

お客様の中には、「とりあえず若いコと飲めればいいや!」という人もいますので、かわいくて若ければ、それだけで指名が取れることもあるのです。

しかし、30代となれば、容姿端麗さはもちろんのこと、トークスキル気遣いができるなど内面的なアピールポイントがないと指名に繋がりにくくなりがちです。

お店のシステムによりますが、水商売で稼ぐためには同伴やアフターなどの営業活動をして指名を獲得することで報酬がアップします。

シェイプアップに努めたり読書をしたりして、外見とともに内面を磨く意識をしておきましょう。

また、基本的に水商売は長く続けられる仕事とはいえません。なんとなくや必要に迫られて働く場合、水商売を辞めたあとのことを考えることも重要です。

たとえば、自分のお店を持つという目標があるならば、働いている間に経営について学んだり、コネクション作りを考える必要があります。

一方、ゆくゆくは昼職に戻るつもりならば、どのようなステップで仕事を変えるとよいかなど、計画的に行動するようにしましょう。

まとめ

女性、ポートレート
30代からでも水商売デビューはできます。

30代ならではの落ち着きや知性が武器になり、夜のお仕事に慣れていない初々しさも出せるメリットがあります。

体力面やお店の選択を慎重にしなければならない等のデメリットはありますが、しっかり将来の目標を持ちつつ自分磨きをできる人ならば大丈夫です。

若い時には出せなかった色気や今までの人生経験で活かせることがたくさんあるかもしれません!

この記事が少しでもお役に立てましたらうれしいです。