ガールズバーのバイトの仕事内容を調査!初めて働く場合の注意点やキャバとの違いって?顔採用の噂と経験者の評判もチェック!

ガールズバーのバイトの仕事内容を知っていますか?

ガールズバーのバイトが気になるけど、具体的な仕事内容がわからない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ガールズバーで初めて働く場合の注意点やキャバクラとの違いをまとめています。

また、顔採用の噂や経験者の評判もご紹介します。

ガールズバーのバイトが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ガールズバーの仕事内容は?

ガールズバーのバイトの仕事内容は基本的にはカウンター越しでお客様とお話をすることです。

ガールズバーは接客業という位置づけとなっており、バイトの募集時には「カウンターレディ」「女性バーテンダー」という名で募集される場合が多いようです。

女性のバーテンダーとして、お客様のドリンク作りをする仕事も。次から詳細をみてみましょう。

お客様とトークがメイン

バーの女性

ガールズバーを訪れる男性はお酒を飲みながら女の子とおしゃべりをしたい!と思っている人がほとんどです。

お酒を飲みながら、一緒に女の子と会話をしたいためにガールズバーに来店されるお客様が多いのです。

お客様がお酒を飲んで楽しめる時間を提供するために、楽しめる話題で話したり悩み相談にのったりする必要があります。

また、終電を逃したときや二次会としてガールズバーを使うお客様も。

お客様のニーズに合わせて楽しく会話できるかが大切です!

このように、ガールズバーのバイトはお客様とお酒を飲みながらトークをするのが主な仕事内容になります。

ドリンク作りや雑務も

お酒

バーなのでドリンク作りも大切な仕事です。

大きいお店では男性のボーイが担当する場合もありますが、基本的には女性バーテンダーとしてドリンク作りをすることの方が多いです。

お客様からの注文を受けマニュアルを見ながらドリンクを作ります。ドリンクに加えて簡単なフードを提供するお店もあります。

また、ドリンク作りだけでなく灰皿交換やおしぼりの用意、会計までバイトで担うこともあります。

お客様のトークをすることが基本ですが、加えてドリンク作りや雑務を担当する場合もあると思っておけば良いでしょう。

ガールズバーで働く場合の注意点

ガールズバーで働く場合にはいくつかの注意点があります。

働く前の注意点と働いた後の注意点をそれぞれご紹介します。

基本時給をしっかり確認しておく

バーの女性

ガールズバーで働きたいと思っている方が一番気になるのは時給ではないでしょうか。しかし、応募時の時給が高いからとすぐ飛びついてはいけません。

ガールズバーで働く前には基本時給がどのくらいかしっかり確認することが大切です。

実は、お客様が頼んだドリンクの注文数で歩合給がもらえるドリンクバック込みの時給で記載されていることがあるからです。

歩合込みの最高時給額が記載され応募したものの、働いた後に実際の時給と違う!とトラブルにならないためにもきちんと基本時給を確認しておきましょう。

また、ペナルティや罰金がないかも聞いておくことをおすすめします。

健康面は注意しよう

バーの女性

ガールズバーは基本的には夜から明け方まで営業しているお店も多いです。

そのため、ガールズバーで働くことになった後は健康面には注意しておく必要があります。

完全に夜型の生活になるので、自分の身体と相談しながら無理せず働くことが大切です。

また、カウンター越しにお客様とトークするため基本的に立ちっぱなしで接客します。

夜通しの立ち仕事になるので体力が必要になります。

ガールズバーとキャバクラの違い

ガールズバーはお客様とトークしながらドリンクを提供する接客業ですが、キャバクラはお客様の隣に座ってトークをする接待に近い仕事です。

ここからはガールズバーとキャバクラの違いをみてみましょう。

お客様の隣に座らずカジュアルな雰囲気

お酒

ガールズバーはカウンター越しにお客様とトークをするので、お客様の隣に座らずに接客することになります。

そのため、お触りをされる必要がないのでお触りが苦手な女の子がガールズバーで働くことが多いようです。

また、キャバクラではドレスを着たり髪形をセットアップしたりして接客をする必要がありますが、ガールズバーではカジュアルな雰囲気で接客をすることができます。

着替える必要もなく私服で働けるのは楽なのではないでしょうか。髪の色やネイルも自由なお店が多いようです。

同伴や指名はなし

お酒

キャバクラでは同伴や指名でお客様に営業する必要がありますが、ガールズバーではこのような行為が禁止されています。

アフターもないので残業がないお店もほとんどです。

キャバクラのように指名制度もないので、その場でいかにお客様との会話を盛り上げられるかが大切になります。

キャバクラのように落ち着いて接客をするというより、カウンター越しに色々な話をしたりゲームの相手をしたりとお客様のお酒に付き合うのがガールズバーの特徴といえるでしょう。

顔採用の噂って本当なの?

ガールズバーのバイトは顔採用という噂もありますが本当なのでしょうか。

もちろん顔やスタイルも大切ですが、それよりも大切なのはトーク力!次からご紹介していきます。

顔やスタイルももちろん大切

女性

ガールズバーによっては、顔やスタイルをみて採用されるお店もあるようです。

ただし、ここで勘違いしたくないのはただ顔が綺麗・可愛いといったことではなく、お店の雰囲気に合っているかが重要ということです!

カジュアルな雰囲気のガールズバーにキャバ嬢のようなメイクや服装は合いません。

ガールズバーのお店に合ったメイクや服装かどうかを見て採用されることが多いようです。

お客様に合ったトーク力が必要!

お酒

顔やスタイルも大切ですがそれよりも大切なのは、接客業としてお客様に対応できるトーク力です。

どんなお客様が来ても明るく楽しい会話ができるかが大切です。

プライドが高かったり、ただ立っているだけだったりの接客だけでは喜ばれません。

お客様と共通の話題で盛り上がったり悩み相談にのったりできれば完璧です。

採用では顔よりもきちんと会話ができるかをチェックしているお店がほとんどです。

ガールズバー経験者の評判まとめ

ここでは実際のガールズバーでバイトをしている経験者の評判をまとめてみました。

キャバクラより楽!

バーの女性

まず、ガールズバーでバイトをする経験者の評判にはキャバクラより楽ということが挙げられるようです。

「連絡先交換しなくていいから楽」
「ボディタッチがなくて嬉しい」

ガールズバーは同伴や指名は禁止されているので、お客様と連絡先を交換も禁止しているお店が多いようです。

キャバクラでは連絡先を交換してまめな連絡が必要ですが、ガールズバーではその場を楽しませれば良いので楽!という声が多いです。

また、カウンター越しの接客なのでお触りもなくお客様からボディタッチされる不安もないのは嬉しいのではないでしょうか。

スタッフ同士の仲が良い

乾杯

ガールズバーの経験者からはお店の雰囲気が良いことも評判の一つのようです。

「お店のメンバーがみんな仲良しで楽しい」
「チームワークで仕事ができる」

キャバクラではお客様の取り合いが発生し、女の子同士のトラブルがあるなんて話も聞きます。

ところがガールズバーではお客様の取り合いは起こらないので和気あいあいと仕事ができる雰囲気があるようです。

女の子同士チームワークで仕事ができるので、キャバクラの人間関係に疲れた子がガールズバーで働いている場合も多いです。

働く環境が良いのは何よりも助かるのではないでしょうか。

ガールズバーのバイトが気になったら体験してみよう

お酒

ガールズバーのバイトを紹介してきました。

ガールズバーのバイトはお客様とのトークがメインですが、ドリンク作りや雑務がある場合もあります。

立ち仕事な上に朝までの仕事で大変な面ももちろんありますが、キャバクラと違いカジュアルな雰囲気で働けるのでメリットもたくさんありました。

お触りやノルマが嫌いな方にはかなり良い環境ではないでしょうか。

ガールズバーのバイトが気になる方は一度体験入店をしてみることをおすすめします。
自分に合ったお店を見つけてみて下さい。