忙しい時間の隙間にほっと一息つくコーヒータイムは誰にとっても癒しの時間。

お気に入りのカフェではついつい時間を忘れて長居してしまうことがありますよね。

カフェ通いを続けると「素敵なカフェをやってみたい」「こんな感じの雰囲気にしてみたい」などの理想が生まれてくるものです。

しかし理想を実現するには努力が必要です。ここでは「カフェオーナー」になりたい女性に求められるスキル仕事の内容について解説します。

カフェオーナーになりたい女性は多い

カフェの店員

仕事で疲れてきたのでちょっと一息入れたい時、気の置けない友人と待ち合わせる時など「カフェ」は生活に潤いをもたらす場所です。

カフェや喫茶店を自分も経営してみたいと考える女性は増えています。

小さな規模からでも開業ができ、趣味を生かした創造的空間を演出することができるからです。

それではカフェオーナーとはどんなお仕事なのでしょうか。次に、仕事内容について詳しく解説します。

カフェオーナーの仕事内容は?

自分には理想のカフェがしっかりイメージされていても、実際にそのカフェを経営するためにはさまざまな業務があります。

好きなことばかりを優先していると経営はすぐたちゆかなくなってしまいます。

まずカフェ経営の具体的な仕事について知っておきましょう。

売り上げ予測や経営判断

タブレットで分析

一日にどのぐらいの売り上げがあればよいのでしょうか。

カフェオーナーとして売上げを正確に予測することは健全な経営判断のために必要不可欠です。

カフェ店舗の坪数から坪あたりの席数を決めます。

一般的には坪あたり2席程度ですが、回転率をよくするためにはカウンター席など間取りの工夫が必要です。

稼働率は7割以上を目標にして客単価と回転率を考慮し1日の売り上げ予測を行います。

それでは、どの程度の売り上げがあれば順調だといえるのでしょうか。

10坪ほどのカフェに10~15席ほどの規模であれば月あたり10~30万円が平均的です。

ただし開業してすぐに予測した売り上げが出せるわけではありません。

平均的な売り上げが出るようになるまで上手くやりくりをするのもカフェオーナーの仕事です。

売上げ予測を基準にして適切に経営判断を行います。

従業員への情報伝達・指導や育成

カフェで働く女性たち

従業員を雇う場合には、レジ・調理・接客・メニューなどの仕事内容をすべて覚えてもらわなくてはなりません。

カフェオーナーは覚えてもらいたい内容をマニュアル化し、わかりやすく丁寧に従業員を指導します。

どんなカフェにしたいのか、目標を共有することも大切です。

また、定期的に従業員にヒアリングを行います。「現場の視点」から経営改善につながるヒントが見つかることがあるからです。

シフト作成

飲み物を運ぶ店員

カフェのような小規模飲食店ではシフト管理が売り上げに大きな影響を与えるため、シフトに無理がないように注意します。

日頃からシフトの話を気軽にできる環境作りをしておくこともカフェオーナーの役割です。

いつでも相談に乗り柔軟にシフトを組み直せるようにします。

ホールとキッチンのバランス、新人と熟練者の組み合わせ、繁忙期や来客数が多い時間帯などの条件も考慮することが必要です。

予期せぬ欠勤やトラブルに対応するため人員や時間には十分な余裕を持たせます。

コストが少しかかったとしてもトラブルの損失よりはマシだからです。

売上金や在庫確認・発注業務

キャッシュレス決済が広まっていますが、カフェや喫茶店では現金取引がまだ主流です。

現金の売上金をきちんと管理して不正を防止します。

また、在庫を管理することも大切です。原材料がどのぐらいあるのかを正確に把握し、無駄を出さない管理を徹底します。

本社との連絡

説明する女性

カフェの会社に就職し正社員として店舗を経営する場合や、フランチャイズ店舗を経営する場合には、本社と定期的に連絡をとります。

巡回監査員の訪問にも対応し、経営問題があれば解決のための支援を頼みます。

適切な支援を受けるには、本社と信頼関係を築くことが重要です。

本社と店舗が共に顧客に愛されるカフェを目指す姿勢が成功の鍵になります。

 

ワンポイント
 正確な売上予測とそれに基づく経営判断が成功の鍵です。

 

無料転職相談をして理想のカフェオーナーになろう

 

カフェオーナーの1日のスケジュール

ガッツポーズのカフェ店員

カフェオーナーは個人経営だと店長であり店員でもあるためあらゆる業務に従事します。具体的には以下のような流れになります。

  • 開店時間の2時間ほど前
    • 食材の仕込み・調理・店内清掃
  • 開店
    • ランチタイムの接客と調理
  • 休憩
    • ディナータイムの接客と調理
  • 閉店
    • 清掃・後片付け・レジ閉め・帳簿付け
  • 帰宅

通常11~21時の営業時間なら9時に出勤し、帰宅は23時頃になります。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


カフェオーナーに必要なスキル

カフェオーナー

カフェオーナーは経営者としてのスキルが必要です。

従業員や顧客と良い人間関係・信頼関係を構築できるコミュニケーション能力も欠かせません。

店舗の運営で問題や課題が出てくれば、それらを解決する力も問われます。

売上げを伸ばすためのアイディアの引き出しも多い方が成功できるでしょう。

ここではカフェオーナーに求められるスキルとして「経営力」「コミュニケーション能力」「企画力」「忍耐力」について考えます。

経営力

カフェオーナーに必須のスキルは経営力です。

知識を得るには日本安全食料料理協会が主催する「カフェオーナー経営士」という資格取得も一案です。

実務を経験しておくことも大事です。アルバイトや正社員としてカフェで働けば店舗の運営やリスクについて実際に学ぶことができます。

原価の計算や資金繰りといった基本的な知識に基づき「経営者」として物事を考えることができなければなりません。

利益を生み出すセンスが問われます。

コミュニケーション能力

カフェの注文

カフェが利益を生み出すために最も効果的な取り組みとは何でしょうか。それは「接客」と「サービス」の質を向上させることです。

個人経営のカフェなら特に顧客に寄り添ったサービスの提供が求められます。店舗内の雰囲気作りも大切です。

顧客の求めるものを探り過不足なく提供するためのコミュニケーション能力が求められます。

従業員ともコミュニケーションをとり業務を効率化しましょう。

企画力

カフェの窓辺

カフェオーナーは店舗の雰囲気作りだけでなくメニュー・商品の開発にも携わります。

他の店舗と差別化できるような独自のコンセプトを企画する力が必要です。

カフェのコンセプトが決まったら、それを発信する方法を考えます。イベント開催やグッズ販売などの企画も行い集客を図ります。

忍耐力

カフェオーナーはスケジュールをコントロールできないことがあります。接客で調理に手が回らないとか、通販が急増するなどの場合です。

そんな時は、焦らず臨機応変に事態に対応できるオーナーとしての落ち着きが求められます。それはカフェの雰囲気に現れるものです。

また、開業後は客の入りも多くないため赤字経営がしばらく続きます。それでも地道に自分のカフェ経営を追求し続ける忍耐力が必要です。

一朝一夕に片付くことはないと覚悟して、日々できることを確実にこなすことがカフェオーナーの優先事項になります。

 

ワンポイント
 必要なスキルを身につけ、地道に経験を積みながら夢のカフェを実現しよう。

カフェオーナーになるには

 

OPENのサイン

カフェをまったくの個人で開業すれば自由に経営できますがリスクをすべて負うことになります。

これに対して自由度は減りますがリスクが少ない方法があります。

  • 国内チェーン店の社員になる
  • フランチャイズのシステムを利用する

この2つの方法について詳しくみていきましょう。

国内チェーン店の社員になる

カフェのチェーン店に社員として就職します。最初はアルバイトと変わらない業務内容をこなすのが一般的です。

経験がついてくるとシフトリーダーに昇進できます。業績にもよりますが短くて半年、長くて2年ほどで店長になれます。

フランチャイズのシステムを利用する

カフェの看板

個人経営のカフェオーナーとしてリスクをすべて負うことに慎重なら、リスクが低いフランチャイズのシステムを利用するとよいでしょう。

フランチャイズはカフェの基本コンセプトが事前に決まっていますし、売上げ予測もついているので損失リスクは低いです。

スキルや経営知識は研修を受けることやアドバイザーから指導を受けることで身につけられます。

問題が発生しても専属のアドバイザーがいるので安心です。

フランチャイズのカフェは本部に規定のインセンティブを支払う必要がありますが、ビジネスとして成功する確率は高いことが魅力です。

 

無料転職相談をしてカフェを開業しよう

 

カフェオーナーに向いている女性の特徴

カフェの外観

素敵なカフェに魅了されて自分もカフェをやってみたいと思う女性は多いでしょう。

完全に個人経営のカフェは自由に自己表現ができるアトリエのようなものです。

ただ、理想に憧れてばかりでは経営者として成功することはできません。

カフェオーナーには具体的にどのようなことが必要なのでしょうか。

経営について知識がある

カフェオーナーになりたい人は自分のカフェのイメージはかなり明確に持っています。

しかし飲食店を経営するという自覚に乏しい場合が多いです。

カフェを成功させるためにオーナーには経営についての知識が必要です。

売上予測、資金繰り、収支管理などの方法を学び、稼げるカフェを目指します。

目標設定がきちんとできる

ポイントのサイン

カフェのオーナーには店舗のコンセプトがあります。どんなこだわりを追求したいのかをはっきりさせて投資をするためです。

例えば「居心地のよさ」なら坪あたりの席数を工夫し、「食事のおいしい」カフェにしたいならメニューを工夫します。

客単価は高くありませんが売上予測から収益の目標を設定します。

またコスト削減ばかりでなく投資すべき「こだわり」も維持するメリハリも大切です。

根気よく物事を続けられる

目標をきちんと設定できても、それを達成できるかどうかは別問題です。

カフェの経営には日々があります。オープンしたての時期は特に荒波ばかり押し寄せます。

この荒波に耐えながらコツコツと営業を続ける根気強さがなければカフェ経営は長続きしません。

カフェとしての「こだわり」をつらぬく覚悟が問われます。

人とのコミュニケーションが好き

カフェ店員3名

カフェにはさまざまな人々が訪れます。年齢・性別・出身・学歴などいろいろな背景を持っている人と交流できるのはカフェの魅力です。

カフェオーナーは人とのふれあいが好きな人が向いているでしょう。カフェオーナーにならなかったら出会わなかった人脈を築けます。

カフェオーナーはカフェという空間で人と人とが出会い、特別な時間を共有できることに価値を見いだせる人なのです。

 

ワンポイント
 経営の知識をベースに目標を定め、長い目で根気強くカフェの営業を続けよう。

カフェオーナーのやりがい

カフェ店員と顧客

カフェのオーナーになりたい人は、自分のカフェのイメージがはっきりとあり、それを形にして顧客を喜ばせようと努力します。

そのイメージは経営者としての「こだわり」になり、顧客を引きつけて放さないカフェの魅力になるのです。

リピーターが多くなれば経営は安定します。

個人経営のカフェであれば季節ごとのメニューやイベントの開催、他業種とのコラボレーションなどさまざまな取り組みが可能です。

そして何といってもカフェにこだわりをもとめる人々と出会うことができます。

「おいしかった」「また来ます」といってもらえた時すべての努力が報われます。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


カフェオーナーになるには資格は必要?

コーヒーを淹れる女性

カフェオーナーになるには開業にあたり主に次の資格が必要です。

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

次にそれぞれの資格について解説します。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は飲食店を開業する際に必須の資格です。

食品の製造・加工・調理・販売を行う者が食品の安全確保や衛生管理ができることを認定します。

各都道府県の食品衛生協会が行う講習会を受ければ取得できます。全国共通の資格ですので受講する地域はどこでも大丈夫です。

栄養士・調理師・製菓衛生師などの資格があれば講習を受けなくても食品衛生責任者資格が取得できます。

防火管理者

研修を受ける女性

防災管理者は、飲食店に限らず多数の利用者がある建物施設に選任が義務づけられています。

火災などの被害を防止するための計画を作成し管理業務を行う資格です。

この資格を取得するには日本防火・防災協会の防火管理講習を受講します。

この資格も全国共通ですが店舗面積によって講習時間が異なるので注意しましょう。

 

ワンポイント
 カフェを開業するために必要な資格を調べ、取得のスケジュールをたてよう。

カフェオーナーを目指すなら転職エージェントを活用しよう

コーヒーを淹れる女性

カフェオーナーになるためには主に次の3つの方法があります。

  • 完全に個人で開業する
  • チェーン店の店長になる
  • フランチャイズに加盟する

どの方法が自分に合っているのか考えましょう。経営に関する知識開業のための資格も取得する必要があります。

どんなカフェにしたいのか理想があるけれど、どの方法が自分に合っているのか、何から始めたらいいのかわからないと不安ですよね。

そんなときは、ひとりで悩まずに経験と知識が豊富な転職のプロフェッショナル「転職エージェント」に相談してください。

転職エージェントのネットワークと知識を使って、無駄なくカフェの開業計画を立てましょう。

 

無料転職相談をして自分にあう開業方法を見つけよう

 

まとめ

カフェの看板を持つ女性

アジアンテイストを取り入れたカフェ・エシカルな発想で社会貢献できるカフェなどさまざまなこだわりがカフェの魅力です。

貴女の理想のカフェはどんな場所ですか。理想をかなえるために必要なことは何かご理解いただけたでしょうか。

個人経営・会社員オーナー・フランチャイズへの加盟という3つの方法がありますが、すべてにおいて経営力は必須のスキルだといえます。

経営力に基づいてこそカフェとして成功することができます。憧れのカフェにしたいという熱意だけではだめなのです。

立地条件・設備投資・コンセプト・従業員数・メニューや価格設定・座席数など多くのことを決める判断力・決断力が必要になります。

明確な経営目標を決めてひたむきに努力を続ける根気強さや、どんな人とでも話ができるコミュニケーション能力も必要です。

しかしこのようなスキルや能力がなければカフェのオーナになれないわけではありません

実際には開業し経営しながら学ぶことの方が圧倒的に多いのです。

貴女の理想を形にするため、カフェオーナーになる道にまず一歩を踏み出してみませんか。

カフェを通じた素敵な出会いが貴女を待っています。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。