パソコンを持つ女性が増えたことにより、タイピングが早い女性も多くなりました。

そんな中で、ステノキャプショナーという職業が人気を集めています。

自分のつくったものの成果を目で見ることができるとともに、特技を活かすという点でもとてもおすすめです。

では、そんなステノキャプショナーの仕事というのはどんな内容なのでしょうか。

その役割や、向いている女性の特徴も紹介していきます。

ステノキャプショナーの仕事内容は?

パソコンを打つ女性

ではまず、ステノキャプショナーというのはどんな仕事をする職業なのでしょうか。

その言葉だけを聞いてもなかなかピンと来ないかもしれません。

ステノキャプショナーという職業の仕事内容について詳しく紹介していきます。

テレビの字幕の速記入力

皆さんが普段何気なく見ているテレビ番組には、必ず字幕が入っています。

タレントやアナウンサーが話した内容は、字幕として表示されますがそれを打ち込むのがステノキャプショナーの仕事です。

テレビ番組は現在深夜帯にも及び、とにかく多いためこなすべき仕事はたくさんあります。

また、生放送などの場合はスピードと正確さが同等に求められ、責任の重い仕事となっています。

専用のキーボードを使用

ステノキャプショナーとして働いている人は、それ専用のキーボードを使用して仕事をしています。

専用のキーボードは、通常のパソコンとキーの数も配置も全く違います。

とにかく早く打つことに特化したキーボードであり、使いこなすことができれば1分間に300文字程度打てるほどです。

最初は通常のパソコンとの違いに戸惑うかもしれませんが、生放送など速さを求められる場合には必須のキーボードです。

そのため、ステノキャプショナーの仕事をしている人達はみんなこの専用キーボードを使っています。

 

ワンポイント

ステノキャプショナーという仕事は、速さと正確さが求められます。

そのため、それに特化したキーボードを使用する必要があり、まずはそれの操作から覚えなければなりません。

ステノキャプショナーの役割

ポイントを指す女性

ステノキャプショナーの役割は、テレビを見ている人が聞き間違えることなくその情報を得られる環境を作ることです。

また、耳の不自由な方聴覚に障害がある方にとっては、その字幕がないとテレビの内容すらわかりません。

その内容に間違いがあってはなおさらです。

テレビの字幕は、面白いコメントを切り取って表示するなど、番組を盛り上げることももちろんあります。

ただ、先に解説してきたようにステノキャプショナーの仕事は非常に重要な役割を持っているのです。

 

ワンポイント

ステノキャプショナーは、耳の不自由な人たちにとって必要不可欠な職業です。

タイピングの速さと正確さが求められます。

ステノキャプショナーの活躍の場は?

女性、仕事

ステノキャプショナーの活躍の場は、主にテレビ業界が多くなっています。

テレビ番組は数多くありますから、仕事もその分多いというわけです。

そのほか、速記事務所などでも求人があることもあります。

常に求人があふれている業種ではありませんが、途切れることなく求人が出されているというのも大きな特徴です。

 

ワンポイント
 ステノキャプショナーの求人は、常にあふれているとまではいきません。
ただし、時期によって途切れることなどなくコンスタントに求人が出ている特徴があります。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


ステノキャプショナーに求められるスキル

 

パソコンと花と眼鏡

基本的に、ステノキャプショナーという職業に就くにあたって、必要な資格というものはありません。

ただし、だれでもなれるような簡単な仕事というわけでもありません。

では、ステノキャプショナーになるにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

ここからは、ステノキャプショナーを目指す際に身につけたいスキルについて紹介していきます。

正確な音声の聞き取り能力

まず、ステノキャプショナーになるには正確な音声の聞き取り能力が必要です。

タレントやアナウンサーなど出演者が話した内容を聞き間違えて打ってしまうと視聴者の混乱を招きます。

そのほか、聴覚の不自由な方が見ていた場合、間違った情報を伝えてしまうことになります。

情報番組などではなおさら、正確な情報を伝えることが求められます。

このことから、ステノキャプショナーになるには、耳がよく正確な音声を聞き取る能力が必要です。

タイピングスキル

女性,デスクトップパソコン

次に、タイピングのスキルももちろん必要です。

先で解説した通りステノキャプショナーは専用のキーボードを使用するため、その操作にも慣れなければいけません。

タイピングが遅いと字幕が間に合わなかったり、ずれたりしてしまい誰がどの発言をしたのかわからなくなります。

ステノキャプショナーは、リアルタイムに正確な情報を伝える必要があるのです。

 

無料転職相談をしてステノキャプショナーの求人を見てみよう

 

ステノキャプショナーに向いている女性の特徴

女性,パソコン,ビジネス街

ここまで、ステノキャプショナーの仕事内容や役割、必要なスキルなどを紹介してきました。

ここからは、ステノキャプショナーに向いている女性の特徴も紹介していきます。

大きく分けてその特徴は、以下の3つです。

  • 長時間集中力を保てる
  • タイピングスキルに自信がある
  • 国語が得意

1つずつ詳しく解説していきます。

長時間集中力を保てる

ステノキャプショナーの仕事は、非常に集中力が必要です。

集中力が散漫になってしまうと、出演者の発言を聞き逃したり聞き間違えたりしてしまうからです。

時には、3時間4時間ぶっ通しの生放送という特番などもあります。

そんな場合でも、途中で集中力を切らして間違った情報を流すわけにはいきません。

そのため、ステノキャプショナーという仕事は、長時間集中力を保つことができる必要があります。

タイピングスキルに自信がある

また、ステノキャプショナーの仕事をこなすにはタイピングの速さも必要不可欠です。

女性で事務職に就いたことがあるという方などは、タイピングの速さに自信がある方も多いでしょう。

ただし、あくまでもここでいうタイピングスキルというのは、専用キーボードでのタイピングの話です。

先で解説した通り、専用キーボードは配列が通常のパソコンと全く異なるため、ある程度練習が必要です。

専用のキーボードは、とにかく早く打つことに特化したキーボードの配列になっています。

通常のパソコンの配列とは全く違いますが、通常のパソコンのタイミングが早い方は、専用のキーボードの習得も早いでしょう。

国語が得意

ポイントを指す女性

ステノキャプショナーの仕事は、出演者の発言をそのまま文字に起こすことだけが仕事ではありません。

その会話が長くなればなるほど、文字として表示するには要約が必要です。

そのため「今どんな会話をしているのか」という読解力が求められます。

また、それを要約して1画面に収まるように文字起こしをする技術も必要です。

つまり、一言でいうとステノキャプショナーという仕事には国語力全般が求められることになります。

語弊のある表現を使ったがために、出演者の伝えたい意図が伝わらず混乱を招くこともなくはありません。

特に、長く話すトーク番組などであれば、字幕をその話の結論として読む方が多いです。

だからこそ、意味合いや表現に最新の注意を図る必要があります。

 

無料転職相談をしてステノキャプショナーになろう

 

ステノキャプショナーを目指すには?

勉強

では、ステノキャプショナーになるには、どうしたらいいのでしょうか。

具体的にどうするのが近道なのか、ステノキャプショナーを目指す方法も紹介していきます。

養成学校へ通う

まずは、ステノキャプショナーの養成学校に通うという方法があります。

養成学校では専門的なことを学ぶことができ、もちろん専用のキーボードの操作についても学べます。

養成学校に通うことでその実力があるという証明にもなりますから、転職には非常に有利に働くでしょう。

学校によっては、午前の部・午後の部・夜間の部など時間が選べるところもあり、現職をこなしながら通うことも可能です。

費用は数万円から通うことが可能なため、比較的通いやすい養成学校として今人気を集めています。

 

ワンポイント
現職をこなしながら養成学校に通う場合は、通学の時間帯などをよく確認し自分に合った学校を選びましょう。

通信講座で学ぶ

試験勉強

現職があり、養成学校に通うことはできないという方でも、通信講座があります。

通信講座でも同じように専門の知識を学ぶことができます。

また、専用のキーボードは業界人でない個人でも購入することが可能です。

通信講座で専門的な知識を学びながら自分で購入したキーボードで練習するのもいいでしょう。

こちらも費用は数万円ほどから受講可能です。

どの講座を選ぶかによって金額に差はありますが、自分が学びたい内容にぴったりの口座をうまく選ぶようにしましょう。

ステノキャプショナーの年収は?

お金

ステノキャプショナーという職業についてわかってきたところで、気になるのは年収です。

ステノキャプショナーという職業の平均的な年収はどれくらいなのでしょうか。

また、年収アップを狙う方法についても紹介していきます。

平均年収

ステノキャプショナーのお給料についてですが、月収で18万円ほどのところが多いといわれています。

単純に計算すると、年収としては200万円台なので決して高い方ではありません。

ただし、ステノキャプショナーの仕事は正社員だけでなくパートやアルバイトも非常に多く募集されています。

時給として換算すると1000円を少し超えるくらいですので、地域によっては他の事務仕事よりも高めの設定になります。

年収アップを狙う方法

ステノキャプショナーの仕事で年収アップを狙うには、正社員として雇用されることです。

正社員として雇用されれば、昇給や昇格が見込めるほか賞与が出るケースも多くなります。

どうしてもパートやアルバイトでは昇給やボーナスをもらうのは難しいです。

正社員の求人は、パートやアルバイトなどと比べて少なめの業界ではありますが、年収アップを望むなら正社員を狙いましょう。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


ステノキャプショナーの将来性

笑顔の女性

ここまで解説してきたステノキャプショナーという職業ですが、将来性はどうなのでしょうか。

できれば、一過性の流行もののような仕事ではなく将来性のある仕事に就きたいものです。

ステノキャプショナーの将来性についても紹介します。

字幕の需要は高い

先にもお伝えした通り、高齢化社会に伴い字幕の需要は増える一方です。

いまでは、テレビに字幕は必要不可欠なものといっても過言ではありません。

あらゆるテレビ番組に字幕が必須となってくると、ステノキャプショナーの仕事は増える一方といえます。

ステノキャプショナーの需要も高まると予想される

高齢化社会が進み、耳の不自由な人が多くなると、当然ですがテレビの字幕も需要が増します。

そうなるとステノキャプショナーの仕事量が増え、ステノキャプショナーという職業自体の需要が高まるといえます。

今まで字幕を付けていなかったテレビにも字幕がついたり、字幕をさらに増やしたりする番組が増えることでしょう。

こういった点で、ステノキャプショナーの仕事の需要は高まると予想されています。

ステノキャプショナーへの転職なら転職エージェントに相談しよう

女性エージェント

ここまで読んでいただいて、ステノキャプショナーに興味を持った女性も多いでしょう。

ステノキャプショナーになりたい、求人を見てみたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントならさまざまな求人を見つけ出してくれます。

現職があり忙しい方にも、代わって自分に条件の合う求人を探してくれます。

そのほか、意外と時間がかかる履歴書や職務経歴書の作成などのアドバイスを受けることも可能です。

転職を考え、ステノキャプショナーになりたいと思ったらまずは転職エージェントに相談してください。

 

無料転職相談をしてステノキャプショナーとして活躍しよう

 

まとめ

パソコンを操作する女性

ステノキャプショナーの職業について詳しく紹介してきました。

ステノキャプショナーという仕事は、テレビを盛り上げるだけでなく高齢者などさまざまな方にとって必要な職業です。

また、出来上がった字幕がテレビに流れているところを自分の目で見ることができるので、成果がわかりやすい仕事です。

成果が分かりやすいと、やりがいにつながりやすいため人気の職業となっています。

ステノキャプショナーという仕事に就きたい方はぜひ、転職エージェントと相談しながら転職を成功させてください。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。