声で人を魅了する、そんな不思議な魅力を持った職業が声優です。

芸能活動の中でも声優への道は決して簡単ではありませんが、声優は努力次第で夢を叶えることができる可能性のある職業なのです。

もちろん個性的な声の持ち主はそれだけでポテンシャルが非常に高いといえます。

しかし声に特徴がないからといって声優になることが難しいわけではありません。

努力次第で声優の仕事を勝ち取ることができるかもしれないのです。

それでは具体的にどのように声優に挑戦したら良いのかご紹介していきましょう。

声優の仕事内容

ナレーション

声優の仕事としてまず最初に思い浮かぶのはアニメの声という方が多いでしょう。

アニメの有名キャラクターの声が担当できたら声優冥利に尽きることは間違いありません。

しかし声優の仕事はアニメの声のみではなく、実に様々な場面で活躍の場が広がっているのです。

アニメの声

声優の仕事の代表格がアニメのキャラクターの声です。

人気アニメは放送期間も長くなるため、一度キャラクターの声に選ばれると基本的に長期間担当することができます。

ただしアニメは声で表現する世界なので、特徴がある声だけでなく演技力も必要です。

自分のしぐさや表情では表現できないため、セリフに合わせた声の演技で実力が試されることになります。

魅力的な声優になるためには天性の声質も重要ですが、それ以上に演技力も磨く必要があるのです。

アニメのキャラクターに憧れて声優を目指している方が多い業界です。

人気アニメのキャラクターを担当することは多くの声優にとって夢の実現といえるでしょう。

海外ドラマや映画の吹き替え

海外ドラマや映画の吹き替えも声優の仕事です。

ずっと吹き替えで見ていたドラマの俳優の実際の声を聞いて、違和感を覚えた経験はありませんか?

アニメと違いドラマや映画の吹き替えは演じている俳優のイメージを壊してはいけません。

声優は俳優のイメージを声でキャラクターとして表現します。

そのため俳優自身の声より役にあった声が生まれ、視聴者に認知されるため俳優本人の声がしっくりこないこともあります。

ドラマもアニメと同様にシリーズものが放送される場合が多いため、一度起用されると継続した仕事になる可能性が高いです。

個性的な俳優の声を担当すると、シリーズもののみでなく俳優自体の声優として役がつくこともあります。

アニメーションと異なりドラマや映画は、実際に人の口の動きに合わせる必要もあるため、難易度は高いといえるでしょう。

ドラマや映画は俳優の演技がメインになるため、演技に合わせた声の表現も必要になります。

そのため声優のみでなく俳優が声優を担当するケースも多くなっています。

ナレーション

ナレーションも声優が活躍できる場です。

番組の雰囲気によって声のトーンや表現をつける必要があるので、ただ文書を読むだけの仕事ではありません。

アニメや人の動きがない分、声優としての腕の見せ所ともいえるでしょう。

ナレーションの仕事はテレビなどのメディアから、音声案内まで幅広い仕事があります。

ゲームのキャラクターボイス

最近はゲームのキャラクターボイスも需要が多くなっている仕事です。

ゲームはアニメや吹き替えと異なり常に画があるとは限りません。

またストーリー性はありますがストーリーは一つではないため何パターンもの収録が必要になります。

掛け合いもないため単独で長時間の録音になることが多いです。

しかしゲームは身近で一度火がつくと爆発的な人気がでるのも特徴です。

ラジオのパーソナリティ

声優は声を聞かせる仕事なので、ラジオのパーソナリティもできます。

ラジオ番組は大まかな流れは決まっていても、全ての台本が決まっていません。

番組を円滑に進行し視聴者を飽きさせないためにはある程度話術が必要になるため、とにかく話すことが好きな人向きのお仕事です。

音楽活動

音楽活動

声優は声に特徴があるため音楽活動を行うチャンスもあります。

担当したアニメのキャラクターとして、アニメソングを歌うこともあるでしょう。

歌唱力に自身がある人はアニメやアテレコとは全く別に歌手として活動することも可能です。

 

ワンポイント
 メディアの多様化に伴い声優の仕事の幅も広がりつつある。

声優として仕事をするまでの流れ

声優になるには

声優の仕事の種類についてご紹介してきました。

次にどのようにしたら声優として仕事ができるようになるのか、声優になるまでの流れについてご説明しましょう。

プロダクションに所属する

声優は基本的にプロダクションに所属して仕事をしています。

プロダクションに入るために資格などは必要ありませんが、オーディションを受けて合格する必要があります。

学校を卒業して声優養成所に入ったり専門学校に通い声優に必要な技術を身につけ、声優を目指すのが一般的です。

しかし必ずしも学校や養成所に通う必要があるわけではなく、直接プロダクションのオーデションを受けることも可能です。

プロダクションに所属していなくても声優として活動することはできます。

ただし声優は知名度と実績が重視される業界のため、最初からフリーランスで仕事をすることはとても難しいと考えた方が良いです。

またプロダクションに所属しない場合、契約やスケジュール管理など全てを自分で行わなければなりません。

オーディションの中には宣伝を目的として実施しているにすぎず、合格者がいない場合もありますが見極めることは困難です。

声優として仕事を始めるならばプロダクションに所属した方が無難でしょう。

プロダクションに所属して経験を積み、自分の声を指名してもらえる位に知名度があがれば独立も夢ではありません。

録音スタジオで収録

モデルや俳優がオーデションを受ける時には宣伝用のプロフィール写真を準備します。

声優の場合も同様にオーデションを受けるためには素材が必要になるため録音スタジオでボイスサンプルを録音します。

声優に向いている人の特徴

OK それではどのような人が声優に向いているのでしょうか?

声優になるために特別な資格は必要ありませんが、仕事の波が大きく安定した仕事を得るのはほんの一握りになります。

性格的な向き・不向きも影響しますので、向いている人の特徴を考えてみましょう。

演技が好き

声優は声に特徴があるだけでは成り立たない職業です。

アニメのキャラクター・映画やドラマのアテレコはもちろんのこと、ナレーションでも声の表現が必要になります。

またプロダクションに所属して様々な活動の場を広げるためには舞台俳優の仕事もあります。

声の魅力を最大限に引き出すためにも「なりきる」ための演技力が必須なのです。

声優を目指すのであれば演技力が必要になるため、演技することが好きでないと難しいでしょう。

コミュニケーション能力に長けている

声優の仕事は単独で行うように思えるかもしれませんが、実際には実に多くの人と関わりがあります。

そのためコミュニケーション能力はとても重要です。

アニメーションでは声優仲間と息を合わせる必要があり、作品を作り上げるために多くのスタッフと接します。

またナレーションやCMの仕事ではイメージを理解するために企業の担当者とも意思の疎通を図る必要があります。

ラジオではリスナーともコミュニケーションを取るので、コミュニケーションスキルは必須です。

意志の強さ

前向きな女性

声優に憧れて専門学校や養成所の門をたたく人はたくさんいますが、声優の仕事を得ることができる人はほんの一握りです。

アニメや映画のアフレコの仕事を手にして幅広い活動を行っている声優も多くは長い下積み時代を経験しているといわれています。

多くの人はテレビや映画以外にもイベントの司会やインターネットなどで様々な経験を積みながら徐々に知名度をあげていくのです。

声優のみで生活できる収入を得るまでは、副業やアルバイトで生活費を稼ぐ必要があります。

声優の仕事は規則的な仕事ではないため、体力的にも楽ではありません。

それでも声優という仕事を続けていきたいと思う強い意思が不可欠といえるでしょう。

声優に向いていない人の特徴

NG

次に声優に向いていない人の特徴についても説明しましょう。

声優になりたいという意思があっても、声優は残念ながら全ての人に向いている職業とはいえないのです。

努力できない

声優というと声に特徴があることが大前提と考える人が多いのではないでしょうか?

もちろん声に特徴があれば印象が強く、覚えてもらいやすいという大きな利点があります。

しかし声優はただ言葉を発すれば良いものではなく、様々な工夫やテクニックを必要とされます。

そしてこれらのスキルは努力なしでは得ることは難しいため、努力することが苦手な人は声優には向かないでしょう。

演技が苦手

苦手

声優はキャラクターの役になりきった感情表現を要求されます。

特にアニメはセリフで物語を進行するため、俳優と比べて少し大げさな程の演技も必要になります。

ナレーションの場合も内容に合わせた雰囲気で話さなければならないため、声優には演技力が不可欠です。

演技が苦手という人は残念ながら声優は難しいので、演技を勉強する努力が必要になります。

 

ワンポイント
 声優は声だけが武器の仕事ではなく、努力が必要。

声優の魅力

魅力

声優の魅力は何といっても自分の声で作品の一部を作り上げることです。

そして自分の声で物語を表現したり、人々に感動を与えることができることなのです。

また自分の声で大好きなアニメのキャラクターのセリフを言うことを夢見て声優を目指す人もたくさんいます。

声優のほとんどがアニメファンといっても過言ではないでしょう。

人気のアニメキャラクターの声として自分の声がファンの間で認知されることも声優の魅力の一つといえます。

声優に活かせる経験

コミュニケーション

声優はコミュニケーション力が必要な職業です。

どのような種類の声優の仕事であっても、作品は自分ひとりの力で創るものではありません。

仕事仲間・スタッフ・関係会社の人たちで初対面からスムーズなコミュニケーションが取れることを期待されます。

社会人としてのビジネスマナーや経験は必須といえるでしょう。

ボイストレーニングや発声練習は声優の基礎としても勉強する内容なので経験者は有利です。

声は商売道具になるため声優を目指す人は喉をいたわる習慣も非常に役立ちます。

 

ワンポイント
 声優として成功するために仕事で接するあらゆる人とのコミュニケーションを大切に。

声優になる方法

ポイント

声優になるためにはいくつか方法があります。

SNSやYouTubeなどのメディアを通してアピールする方法もありますが、独学で声優を目指すことはとても難しいでしょう。

声優になるための知識や技術を学ぶためにも学校などに通うことをおすすめします。

専門学校・養成所に通う

声優になるために必要な資格はありませんが、声優志望者は専門学校や養成所で学ぶことが一般的です。

専門学校や養成所は数年かけて声優の基礎をしっかり学ぶ事ができます。

  • 発声方法
  • 呼吸方法
  • ボイストレーニング
  • 演技
  • オーディション対策

専門学校も養成所も無料ではないため、予算や声優としての目標に合わせて選択すると良いでしょう。

声優事務所のオーディション

声優として活動している人は基本的に声優事務所に所属しています。

事務所付属の養成所からオーディションを受けて声優事務所に入所するか、直接声優事務所のオーディションを受けることになります。

ここで気を付けなければならない点は声優事務所に入所すれば声優の仕事を得られるわけではないということです。

声優事務所に入所した後は、自分で仕事を探してオーディションを受ける必要があります。

声優の給料・年収

収入

声優の給料・年収のしくみについても少しご紹介しましょう。

声優事務所に所属する声優の収入は基本的に歩合制ですが、仕事の内容によって計算方法が異なります。

アニメ・映画などは1本単位、ゲームはワード数で単価が決まります。

駆け出しの頃はオーディションを受けて仕事を勝ち取る必要があり、年収は数十万から始まると考えた方が良いでしょう。

中堅になり定期的な仕事ができるようになると年収も数百万になり声優の仕事のみで生活することも可能になります。

年収を上げるためには基礎的なトレーニングを怠らず、仕事の幅を広げる努力が不可欠です。

 

ワンポイント
 声優で高収入を得るのは簡単ではない。あきらめない強い意志が必要。

憧れの職業に就きたいときにはエージェントにご相談を

エージェント

将来性を考えて一般企業に就職したけど憧れていた声優になる夢を諦めきれない人は転職エージェントに相談することをおすすめします。

会社を辞めて夢に挑戦するのは簡単なことではありませんし、計画性がないまま夢を追いかけることは不安に感じることも多いでしょう。

声優はオーディションによって勝ち取る仕事のため転職エージェントで紹介することはできません。

しかし転職エージェントは様々な職業の人、企業との関わりを持っている転職のプロです。

夢を実現した人の成功例や仕事を続けながら夢に挑戦するためのアドバイスをすることができます。

憧れの職業に就きたいときにはぜひ転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

スタート

メディアの多様化が進み、声優の仕事は以前より増えているといえます。

声優になる夢を諦められない人はまずはトレーニングやレッスンを受けることから始めてみてはいかがでしょうか?

憧れの仕事を手に入れることは簡単ではありません。

しかし挑戦せずに諦めて後悔するより、自分が満足するまで挑戦してみるのも選択肢の一つです。

強い意思を持ち続けられる自信があり、金銭的な厳しさに対する覚悟もできているならば第一歩を踏み出す気持ちが大切でしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら