航空関連の仕事といえば、キャビンアテンダント(CA)を思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかし、空港にはCA以外の職員も大勢働いています。

中でもチェックインカウンターや搭乗ゲートで見かけるのが、グランドスタッフです。

サポート役としてやりがいがある一方で、苦労の多い仕事ともいえるでしょう。

そこで今回は、グランドスタッフからの転職を考える女性に人気の職種をご紹介します。

転職に向けての注意点やアドバイスも、併せて参考にしてみてください。

Contents

女性がグランドスタッフから転職する理由

悩む女性

グランドスタッフは、主に空港内で飛行機の発着に関わる業務を担当します。

飛行機の利用者が、無事に目的地に到着するまでを支えることが職務です。

搭乗手続きから荷物預かり・各種案内に至るまで、幅広い対応を求められます。

時には、搭乗予定客の呼び出しなどで走り回らなければなりません。

責任感と体力を要する仕事だけに、転職を考える女性も少なくないようです。

ここでは、グランドスタッフから転職する理由について詳しくみていきます。

給与が見合わない

グランドスタッフの平均年収は、300万〜400万円とされています。

同じ航空業界のCAと比べても、決して高いとはいえません。

一方で、グランドスタッフの業務内容は多岐にわたります。

利用客のニーズや空港の運航状況は、その都度変わるものです。

フライトに関する知識はもちろん、細やかな気配りや適切なフォローが必要となります。

このような仕事の大変さに対して、給与が見合わないと感じる方が多いのかもしれません。

人間関係の悩み

グランドスタッフは、業務において他のスタッフと連携を取る機会も多いでしょう。

チームワークが肝心となるだけに、人間関係が上手くいかないと辛いところです。

職場の環境に馴染めないことで、精神的な負担を感じてしまうかもしれません。

人間関係に悩んだ場合は、転職を検討することもひとつの手段だといえます。

勤務時間が変則的

空港は早朝から深夜まで営業しています。

場所によっては、24時間体制だというところもあるでしょう。

空港の営業時間に合わせるため、グランドスタッフの勤務はシフト制となります。

早番や遅番など、スケジュールが不規則になる傾向が強いです。

また、決まった休みも取りづらくなっています。

十分に休息できず、体調を崩してしまうケースもあるかもしれません。

さらに家族・友人と生活リズムが合わないといった、プライベートへの影響も考えられます。

変則的なシフト勤務が、転職の動機になっているといえるでしょう。

クレーム対応などへの疲れ

グランドスタッフは空港での案内役として華やかなイメージがありますが、体力の要る仕事でもあります。

ヒールを履いて立ちっぱなしという働き方では、体に負担がかかってしまうかもしれません。

また、飛行機の遅延・欠便が生じた場合にはイレギュラーな対応が求められます。

臨機応変に判断し、適切な案内をしなければなりません。

さらに手続きや荷物の預かりについて、搭乗客からクレームが寄せられることもあります。

対応力が問われるシーンが多く、心身共に疲れてしまう方もいるでしょう。

 

ワンポイント
・仕事内容に対して給与が見合わない
・人間関係が上手くいかない
・シフトが不規則で休みづらい
・クレームやイレギュラーへの対応に苦労する

グランドスタッフから転職する女性に人気の職種

案内する女性

グランドスタッフは幅広い業務を通じて、丁寧な接客対応が求められる職種です。

勤務条件や人間関係の問題から、心身の負担を感じることもあるでしょう。

様々な理由により転職を考えた時、グランドスタッフの女性はどのような仕事に向いているのでしょうか。

ここからは、転職候補の中でも人気の職種について取り上げていきます。

美容部員

グランドスタッフは、日々たくさんの利用客と接する立場です。

第一印象を良くするためには、身だしなみやメイクへの意識も大切になります。

そのため自然とメイクが好きになる方や、どんどん上達する方もいるでしょう。

メイクに対する興味と技術を活かせば、百貨店などの美容部員として働くことも可能です。

また来店者に商品を勧めたり、実際にメイクをしたりする際には、接客スキルも重視されます。

美容部員は、グランドスタッフでの経験が役立つ職種だといえるでしょう。

営業・事務

グランドスタッフとして年齢・性別を問わず接客を行った経験は、営業職でも活用できます。

特に、人材・保険・広告代理店といった既存顧客向けの営業職に向いているでしょう。

取引相手と信頼関係を築いていくには、グランドスタッフの丁寧なコミュニケーション能力がカギを握ります。

また、事務職もグランドスタッフからの転職先として人気があるようです。

求人数が多い分、応募先の選択肢を広げることができます。

事務職は営業などのサポート役として活躍できるので、グランドスタッフ向きといえるでしょう。

さらに決まった休みがあり、プライベートも充実できるという点は転職の大きなメリットです。

CA

海外旅行

同じ航空業界の職種であるCAも、人気の転職先といえます。

グランドスタッフとして働いた実績と能力が、転職を有利にしてくれるでしょう。

必要な接客スキル・マナーをきちんと身につけていることの証明にもなります。

また英語力や航空業界の知識を活かすだけでなく、さらにレベルアップすることも可能です。

空港現場の実情に理解がある点も、強みとなるでしょう。

もともとCA志望だったという場合、転職を機に再チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

グランドスタッフからの転職が実は有利な職種

いいねポーズの女性

グランドスタッフに求められるスキル・経験を活かせる職種が、人気の転職先だといえます。

さらに転職を有利に進めたいなら、ぜひチェックしておきたい職種をピックアップしました。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスは、自社の商品・サービスを顧客に継続利用してもらえるよう働きかけます。

商品内容を細やかに説明し、手厚くサポートすることでリピーターを獲得できるでしょう。

受付や手続き業務で対人スキルを磨いてきたグランドスタッフには、得意な分野だといえます。

最近ではIT・Web業界で増加傾向にある職種のため、注目したいところです。

秘書

グランドスタッフは、空港で飛行機の発着時間・フライト予定を把握しておかなければなりません。

経験を積む中で、スケジュールを管理する力が養われます。

このようなマネジメント能力は、秘書の仕事にも応用可能です。

また、ビジネスマナーを理解して実践できることも期待されます。

秘書としてより綿密なサポートを求められても、きっちり対応できるでしょう。

人事

ファイルを持つ女性

人事は、会社を代表して新卒や中途採用者とやり取りする必要があります。

円滑なコミュニケーションを取るためには、グランドスタッフの柔軟な対応力が役に立つでしょう。

社内でも幅広い部署・人員と関わるだけに、さりげない気配りができるとプラスになるかもしれません。

人材面で会社に貢献できる仕事なので、やりがいも大きいです。

グランドスタッフの経験値は、人事の職務でも有効活用できます。

 

ワンポイント
 コミュニケーション能力や管理能力を活かしたサポート役を目指しましょう。

語学力を活かしたい女性におすすめの職種

会話する女性

グランドスタッフは外国人と接する機会も多いため、語学力が必須の職種だといえます。

語学力を身につけるだけでなく、実務経験を伴ってさらに上達させることも可能です。

グランドスタッフから転職するなら、この語学力を活用する道も考えてみましょう。

外資系の営業や日系企業の駐在員

外資系企業は実力を重視する傾向にあるため、語学力を発揮して面接に臨めるでしょう。

特に営業職であれば、コミュニケーション能力も活かすことができます。

また日本の企業内でも語学力を必要とする職種が、駐在員です。

駐在員は、企業と赴任した現地との橋渡し役だといえます。

営業職と同じく、マルチな対応力も肝心となってくるでしょう。

英会話の先生

ホワイトボードの前に立つ女性

英語力に自信がある場合、英会話の先生も転職先として検討してみましょう。

生徒との接し方や英語の教え方についても、グランドスタッフの経験を活かせるといえます。

さらに働くスタイルを安定させるなら、子供向けの英会話教室がぴったりです。

子供向けのため、遅い時間まで勤務することなく自分の都合も優先しやすくなります。

グランドスタッフの不規則なシフトに悩んでいる方にとっては、嬉しいポイントです。

未経験の業界への転職で意識したいこと

指さしポイントをする女性

グランドスタッフから転職する場合、異業種を目指す方も多いでしょう。

同じ業界・職種への転職に対し、未経験の状態でスタートしなければなりません。

グランドスタッフで培ったスキルを活かす一方で、新たに学んでいく姿勢も大切です。

しかし企業によっては、採用条件として経験者を優遇する場合もあります。

そのため、未経験の業界・職種に転職したいなら早めの行動がカギとなります。

若い年齢のうちに転職を決めることで、就職先で成長するための猶予を作りましょう。

グランドスタッフから転職する女性が準備したいこと

ガッツポーズの女性

グランドスタッフからの転職を決意したら、自己PRや面接対策を考える必要があります。

自己分析・企業研究を通して、転職の目的や自分の長所を明確に掴みましょう。

転職活動の準備として、まず取り組みたいことを解説していきます。

転職目的や希望条件をはっきりさせる

転職活動を始めるにあたって、目的をはっきりと意識するようにしましょう。

何故グランドスタッフから転職したいのかという理由が、志望動機の軸となります。

軸がぶれてしまうと、応募先に熱意を伝えきることができません。

転職したい理由と併せて、目標や将来のビジョンまで見通していればより効果的でしょう。

また、希望する就業条件もきちんと把握しておいてください。

特に、条件・待遇面でグランドスタッフからの転職を考えている場合には要チェックです。

理想的な働き方を実現するためには、考えを整理することが大切だといえます。

グランドスタッフとして身につけたスキルを分析

グランドスタッフで働きながら身につけたスキルについて、改めて見直しておきましょう。

自分のスキルを正確に理解することで、応募先にアピールすべきポイントも明確にできます。

外資系や英語を話せる人材を求めている企業なら、英語力が大きな武器となるでしょう。

  • 英語検定2級以上
  • TOEIC600点以上

上記のように具体的なレベルを提示できれば、一層優位に働きます。

また、コミュニケーション能力を駆使して臨機応変に対応できる力も強みです。

社内外の相手とスムーズに意思疎通できる人材は、企業にとって魅力的といえます。

さらに、接客スキルやビジネスマナーを活かせることも転職には有利です。

どんな仕事でも、対人スキルが高ければ周囲から信頼を得やすくなります。

自分にできることを見極めて、積極的にアピールしてください。

 

ワンポイント
・転職する目的や希望の就業条件を明確にする
・グランドスタッフで身につけたスキルからアピールポイントを考える

志望動機・自己PRの書き方は?

パソコンを操作する女性

転職の目的や自分のスキルを確認した上で、志望動機を固めていきましょう。

グランドスタッフから転職する志望動機を具体的に伝えることが、自己PRの重要なポイントとなります。

同じ業界・職種の場合

転職志望先が同じ航空業界や職種の場合、今までの経験を活用できることは大前提となるでしょう。

何故同じ業界・職種で転職するのかという理由を、きちんと説明できるようにしてください。

航空会社ごとに社風や運営方針は異なります。

企業研究を通じて、それぞれの特徴を掴んでおきましょう。

自分の実績を活かしながら、キャリアアップを図る意欲的な姿勢を示すことが大切です。

異なる業界・職種の場合

異業種に転職したいなら、自分の経験・スキルの中から適切なアピールポイントを考えましょう。

未経験であっても、グランドスタッフとしての実務経験を応用することはできます。

これまでの経験をもとに、成長しようとする意思を見せることが肝心です。

また、業界・企業に対する研究を深めておいてください。

きちんと業界事情や知識を理解していることによって、応募先の印象に残りやすくなるでしょう。

 

ワンポイント
 具体的な志望動機と将来への意欲を採用担当者に伝えましょう。

グランドスタッフから転職する際の注意点

支持棒を持つ女性

グランドスタッフから転職する場合に、注意しておきたい点があります。

グランドスタッフの仕事スタイルは、不規則でハードな面も多いです。

この点を改善したい方は、異業種の転職を目指すと良いかもしれません。

未経験での転職となるため、早めに活動を始めることをおすすめします。

転職活動では、グランドスタッフで習得したスキルや現場での経験をアピールしましょう。

応募先の企業が求める人物像を掴み、適切な自己PRを行います。

自己分析と企業研究を徹底して、企業のニーズに応えられるよう心がけてください。

悩んだら女性向け転職エージェントに相談しよう

外回りする女性

グランドスタッフからの転職には、様々な選択肢が存在します。

目指す職種や企業によって、自分のアピールすべきスキル・長所を選ぶことが重要です。

しかし、自分だけではなかなか上手く進まないという方も多いのではないでしょうか。

転職活動で抱えがちな悩みや不安を相談できる相手がいれば、安心できますよね。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントは個別にしっかりとヒアリングを行い、活動を全面的にサポートしてくれます。

集中して転職活動に取り組みたいなら、一度転職エージェントに頼ってみてはどうでしょうか。

まとめ

歩く女性

グランドスタッフからの転職を考える方に向けて、人気の職種を紹介してきました。

転職にあたって準備したいことや、気を付けたい点についても解説しています。

グランドスタッフでの経験と身につけたスキルは、転職時にもきっと役立つはずです。

自己分析・企業研究をよりブラッシュアップするために、転職エージェントの利用も検討してみてください。

グランドスタッフから、自分の新しいキャリアへと進んでいきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら