小さい頃にお花屋さんになりたい、と思ってた女性は多いのではないでしょうか。

良い匂いのお花に囲まれて仕事ができたら幸せですよね。

また特別な日やお祝い事でお花をもらうと嬉しい気持ちになります。

またあげる側としてお花屋さんに行きお花を選ぶのもとても楽しいです。

今回は花屋での仕事について解説します。

花屋で働いてみたいという人はぜひチェックしてみてください。

花屋の仕事内容

花屋 女性

まず花屋の仕事内容について説明します。

花屋に行ったことがない、という人はいないと思いますが仕事内容を詳しく知っている人は少ないです。

女性の憧れの職業である花屋にはどんな仕事があるのでしょうか。

メインの4つの仕事について解説していきます。

  • 仕入れ
  • 水あげ
  • 接客
  • ネット販売

それぞれ細かく説明します。

仕入れ

まず1つ目の仕事は仕入れです。

お花の寿命は短いです。

もし売れないものを仕入れてしまうと売れ残ってしまい、残ったお花を廃棄することになります。

廃棄はとてももったいないことなので適正な量を仕入れることが重要です。

花屋では市場仲卸業者から仕入れを行います。

市場は大量購入に向いており、仲卸業者は少量購入に向いている仕入れ方です。

必要量に合わせて仕入れ方を選ぶと良いでしょう。

また複数店舗の運営を行なっているチェーンストアなどだとお花の生産者から直接仕入れることもあります。

水あげ

2つ目の仕事は水あげです。

水あげでは仕入れた花が綺麗な状態でお客様に購入していただけるように手入れをします。

花によって手入れの方法は異なります

そのため花に合わせた管理をすることが必要です。

接客

花屋 接客

3つ目の仕事は接客です。

花屋に来たお客様の要望を把握して対応します。

お客様によって予算やお花の用途は違います。

そのため接客ではお客様も求めていることをしっかりと把握するコミュニケーション能力が大事です。

例えば記念日に花束を送りたいというお客様がいた場合には予算・お花の大きさ・色のイメージなどのヒアリングを行います。

また完成したお花が希望に合っているかをお客様へ確認して必要に応じて修正します。

郵送希望のお客様には梱包をしたり、配送の手続きをしたりするのも接客の仕事です。

最後には会計業務を行います。

ネット販売

最近では店舗での販売に加えて、ネット販売を行なっている花屋もあります。

ネット販売はお客様が直接店舗に行かなくてもお花の購入ができるので人気です。

ネット販売を行う場合にはサイト上でお客様が商品を購入できるようにオンラインサイトを作成します。

オンラインサイトではお客様が商品のイメージをしやすいように商品の写真をサイト上に載せます。

また花屋のスタッフがサイト上の写真撮影を行なっていることが多いです。

お客様から商品の注文が入ったら内容を確認して商品の手配発送を行います。

商品や発送の間違いがないように気をつけて実施します。

花屋に求められていること

考える女性

花屋の仕事について説明してきました。

そんな花屋に求められているのはどんなことなのでしょうか。

それはお客様に満足してもらえる商品を提供することです。

お花の鮮度・アレンジ方法・接客など様々な要素でお客様に「この花屋を利用してよかった」と思ってもらえることが大事です。

 

ワンポイント
花屋に求められていることはお客様に満足してもらえる商品を提供することです。

花屋のワークフロー

OK

続いて花屋のワークフローについて説明していきます。

まず朝に市場・仲卸業者から花の仕入れを行います。

花屋は午前中にオープンするお店が多いです。

各店舗のオープンの時間に間に合うように仕入れを実施します。

その後仕入れたお花の手入れや店頭への陳列をして開店準備をします。

お店のオープン後は接客がメインの業務になる店舗がほとんどです。

閉店の時間が近くなると閉店準備を実施します。

閉店準備では翌日にも売ることができるお花と廃棄するものの分別を行なったり、レジ締めを行なったりします。

関連職種

指導する女性

花に関わる仕事は花屋以外にもたくさんあります。

ここからは関連職種について解説していきます。

花が好きな人や花に関わる仕事がしたいと感じている人は参考にしてみてください。

フラワーコーディネーター

1つ目はフラワーコーディネーターです。

フラワーコーディネーターは結婚式やパーティーのお花の装飾を行う職業です。

最近ではオフィスや店舗などでもインテリアとしてお花を飾るようになりました。

そのような需要も相まって活躍の場が増えている仕事です。

場面や予算に合わせて綺麗にお花を飾り、空間を演出することが求められます。

華道家

華道家

2つ目の仕事は華道家です。

華道家はその季節に合った花を花瓶や陶器などに飾る仕事です。

展覧会に出品したり、イベントなどにてお花を使って空間を演出したりしています。

また経験を積むと教室を開くこともできます。

華道家として個人の活動をしながら、華道教室にて生徒に教えることも可能です。

 

ワンポイント
花に関わる仕事は花屋以外にもフラワーコーディネーターや華道家などがあります。

有利な資格はある?

資格

花屋になる際に有利になる資格はあるのでしょうか。

花屋になるために必須の資格はありません。

そのため、アルバイトなどで花屋の仕事を始めることができます。

花の種類や手入れ方法などは働きながら覚えることができるでしょう。

お客様の要望を叶えるためにもっとアレンジ方法色彩の知識を学びたいと感じることもあります。

その場合にはフラワーデザイナーフラワー装飾技能士の資格をとると良いでしょう。

また色彩検定を取るとブーケ作りなどでも活かすことのできる色彩の知識を身につけることができます。

 

ワンポイント
花屋で働くため必須の資格はありませんがフラワーデザイナー・フラワー装飾技能士・色彩検定などの資格を取得するとその知識を接客で活かすことができます。

花屋のやりがいや魅力

見上げる女性

仕事をする上で気になるのは、やりがいがあるかどうかです。

どうせ仕事をするならやりがいのある仕事がしたいです。

花屋の仕事のやりがいはどんなことがあるのでしょうか。

花屋の場合、以下のようなやりがいや魅力があります。

たくさんの綺麗な花に囲まれる

花に囲まれる

1つ目の魅力はたくさんの綺麗な花に囲まれて仕事ができることです。

季節によって旬の花は異なります。

春にはバラ、夏にはひまわり、秋にはコスモス、冬には水仙などが旬です。

花屋で働くと旬の花を日々見ることができます。

旬の花は綺麗なだけでなく、良い香りがして気分もよくなります。

そのような環境で仕事ができることが花屋で働くやりがいや魅力です。

お客様が喜んでくれる

接客する女性

2つ目のやりがいはお客様が喜んでくれることです。

お花はプレゼントやお祝い事の際に送られることが多いです。

お客様はお花を受け取る相手が喜んでくれるように花屋にて注文をします。

花屋ではお客様だけではなく花の受け取り手も喜ばせることができます。

喜んでくれる人が多いのは仕事のやりがいに繋がるでしょう。

花屋の苦労

耳をふさぐ女性

花屋は上記のようなやりがいや魅力のある仕事です。

一方で花屋で働く上での苦労はどんなことがあるのでしょうか。

以下3点のような苦労があります。

働く上での苦労を知ることで、花屋での仕事をより明確にイメージできます。

意外に力仕事が多い

1つ目の苦労は力仕事が多いという点です。

花屋では大量の花や水の入ったバケツを運ぶことがあります。

また花束を作るための資材なども運ぶのは重いです。

日常的にこのような力仕事があるので、女性にとっては重労働に感じるでしょう。

また接客では立ち仕事が多いです。

座れる時間があまりないので足腰が弱かったり、体力がなかったりすると辛いこともあるでしょう。

しかし毎日働いていると自然と必要な筋力や体力がつきます。

はじめは辛くても継続して働くことで解消することができそうです。

手が荒れてしまう

2つ目の苦労は手が荒れてしまうことです。

花の手入れでは毎日水に触れます。

花によっては葉が尖っていたり、トゲがあったりします。

それらが手を傷つけることもあるため、こまめにケアをすることが重要です。

冬に水仕事をするのはとても辛いです。

しかし花屋で働く上で水仕事は避けられないので、そのことを理解しておくようにしましょう。

花を捨てることも

仕事内容の中で説明した通り、花屋では花を捨てることもあります。

計画的に仕入れをしていても多少の廃棄は出てしまいます。

花が好きな女性にとっては花を捨てるのはとても悲しいことです。

しかし綺麗な花をお客様に提供するためにはとても重要な業務です。

 

ワンポイント
華やかに見える花屋での仕事ですが、力仕事が多かったり、手が荒れてしまったりするなどの苦労があります。また花が好きな人にとっては花を捨てることもあるので悲しく感じることもあるでしょう。

花屋の店員に向いている人

女性

花屋の仕事内容ややりがい・苦労について説明してきました。

働いてみたいと感じた方もいるのではないでしょうか。

花屋の仕事に向いているのはどんな人なのでしょう。

以下3点に当てはまる人は花屋で働くことを検討してみてください。

健康で体力がある人

ジャンプする女性

まず健康で体力がある人です。

先述の通り、花屋では意外と力仕事が多いです。

毎日花瓶や資材など重いものを持つので体力がある人には向いている仕事でしょう。

また仕入れの際には朝早かったり、イベントがあると夜遅かったりします。

不規則な生活なので体調を崩しやすいです。

そのような毎日でも健康的に日々の生活を過ごせる人は花屋の仕事に向いています。

虫が平気な人

2つ目の花屋に向いている人の特徴は虫が平気な人です。

花にはバッタやテントウ虫などがついていることがあります。

そのような際には虫を取り除いたり、はらったりする必要があります。

そのため虫が苦手だと業務に支障が出てしまうことがあるので、虫を触れるようになっておくことが必要です。

美的感覚のある人

フラワーデザイン

3つ目の特徴は美的感覚のある人です。

花屋では花を飾ったり、花束を作ったりします。

花には様々な種類があります。

その中から花の色や大きさなどを意識しながらバランスよく配置することが重要です。

美的感覚のある人は総合的なバランスを考えることができます。

お客様の希望を叶えながら、素敵な商品を作成することができるのでお客様にも満足してもらえるでしょう。

自分の好きな職業に転職したいと思ったら

頑張る

花屋の仕事内容と向いている人の特徴について説明してきました。

花が好きな人にとって、花に関わる仕事ができたらとても嬉しいです。

自分の好きな職業に転職したいと感じたら転職活動をしてみましょう。

転職活動では企業HPから直接応募したり、求人サイトから応募したりする方法があります。

その中でも転職エージェントを利用すると様々な転職サポートを受けることができるのでおすすめです。

転職エージェントではまず面談を行い求職者の希望や悩みのヒアリングを行います。

その後ヒアリング内容を元に転職エージェントがあなたに合った求人を紹介してくれます。

応募する求人が決まったら応募企業に合わせて履歴書・職務経歴書を作成することが必要です。

書類選考では職務経歴書の内容がとても大事です。

自分の経験やスキルを書類に落とし込むようにしましょう。

書く内容に迷ったら転職エージェントに相談することもできます。

転職エージェントは応募企業に合った書類の書き方を教えてくれるので心強いです。

また書類選考を通過した後には複数回の面接が実施されます。

面接は何回経験していても緊張するものです。

そんな不安な面接も転職エージェントを利用すると面接対策をしてくれるので安心です。

面接対策では過去の面接にて聞かれた質問や回答例を教えてくれます。

また面接後には面接官からのフィードバックを聞いてくれることもあります。

内定を獲得した後には転職エージェントが求職者に代わって年収交渉を実施してくれることもメリットです。

年収交渉は上手くやらないと企業からの印象が悪くなってしまうことがあります。

しかしなるべく高い給与をもらいたい、というのが求職者の本音だと思います。

転職エージェントは年収交渉のプロなので企業からの印象を悪くすることなく交渉してくれるので安心です。

転職エージェントを利用すると、その他にも転職活動全般の相談に乗ってくれます。

転職活動に慣れている、という人は少ないと思います。

少しでも不安がある人は転職エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

OKサインをする女性

女性の憧れの花屋での仕事について説明してきました。

働くには力作業が多いなどの大変なこともあります。

しかし綺麗な花に囲まれて仕事ができることやお客様に喜んでもらえることでやりがいを感じることもできます。

未経験からでもアルバイトとして働き始めることができるのが花屋での仕事です。

また花屋への転職活動をする際にはぜひ転職エージェントを利用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら