キャバ嬢のノルマを徹底解説!ノルマの種類や未達成の場合の罰とは?同伴のポイントやクリアのコツ・逃れられるケースもご紹介

綺麗に着飾りお酒を飲む、最近はキャバ嬢になりたいという女性も増えているようです。

夜の仕事といえばキャバ嬢といっても過言ではないのではないでしょうか。

キャバ嬢の仕事には、店内でお客さんと楽しく話をしたりお酒をつくったりする他にも営業連絡や同伴、そしてアフターなどもあります。

そして気になるのはノルマの種類未達成時のペナルティではないでしょうか。

そこで、同伴のポイントクリアのコツなどを徹底解説し、仕事を楽しくする為の方法を伝授していきます。

キャバ嬢には必ずノルマがあるの?

ウイスキー

キャバ嬢になるとノルマ達成が必須なのか、というと必ずしもそうとは限りません。

店によって、設けているノルマやルールはさまざまで中にはノルマがない店もあります。

しかし、ノルマを設けている店が多いのが現実ではないでしょうか。

ノルマと聞くとデメリットを感じる人も多いようですが、実際には身構える必要はありません。

入店すぐのノルマはほとんどの場合ないのです。

また、店に慣れノルマ等を達成すると達成ボーナスがもらえるなどのメリットも魅力的です。

コツさえつかめばノルマの達成は難しくないのではないでしょうか。

キャバ嬢のノルマの種類

女性

ノルマといっても店によって多種多様です。

では一体どのようなノルマがあるのでしょうか、一般的なものを見ていきましょう。

出勤日数に関するノルマ

その名の示す通り出勤日数に対して課せられるノルマです。

週に何日出勤するか決め、決められた日数を出勤すれば達成となります。

どんな仕事でも決められたシフトに出勤しなければならないので、こちらのノルマは、常識的範囲のものといえます。

大抵の店は、出勤日を自己申告としているので自分のスケジュールに合わせてシフトを提出しておきましょう。

仕事に慣れるまでは、無理のない範囲で出勤日を決めることをおすすめします。

指名本数に関するノルマ

ワイン

キャバクラのほとんどが指名制を採用しています。

お客さんが呼びたい女性を呼ぶと指名料金が発生する仕組みです。

その際に指名される本数に対して、課せられるノルマが指名本数ノルマとなります。

月ごとに本数を決められることがほとんどで、指名数がお店での人気ランキングに反映されます。

ナンバーワンキャバ嬢と呼ばれる人は、この指名数や売り上げが多い人というわけです。

しかしこの指名ノルマは、初めから多い数を設定されることはありません。

また指名には「本指名」と「店内指名」というものがあり、新人の内は店内指名で数を稼いでいくことになるでしょう。

店内指名は、席について話をしてもっと話をしていたいという場合本指名された女性の友人を一緒に席につける場合が多いようです。

同伴日に関するノルマ

同伴とはお客さんと一緒に店に入ることです。

一般的には出勤前に食事や買い物などをして、そのまま入店することになります。

週に1回、月に2回など店によって設定する日にちは異なるので、面接などの際にきちんと確認しておくといいでしょう。

慣れた常連のお客さんになると店の前で待ち合わせをしてくれる人もいます。

入店前の2時間ほど前に会って軽い食事をする人が多いようです。

売り上げに関するノルマ

売り上げノルマはある程度店に慣れ、自分のお客さんを持つようになると発生するものです。

高級店などに多いノルマといえるでしょう。

こちらも月ごとに目標金額を決められますが、個人によって異なり人気があるキャバ嬢には高い目標金額が設定されるようになります。

キャバクラでの売り上げとは、主に指名料金やボトル代、そして店内での食事料金、キャバ嬢が頂いた飲み物代となります。

イベントに関するノルマ

クリスマス

キャバクラではクリスマスやハロウィン、周年記念祭などのイベントが多く開催されています。

イベントは店やキャバ嬢にとって、売上に繋がる重要なものだからです。

その為イベントに呼ぶお客さんの人数をノルマとして定めたり、イベントのチケット販売の枚数をノルマとして決めたりすることがあります。

またイベント時に同伴を求めることも少なくありません。

しかしイベントという材料があるので、イベント時はある程度の集客が見込めるのも事実です。

ノルマに対するペナルティ

お金

ノルマのある店では通常ペナルティが発生します。

ノルマ同様に店によって違いますが、ここでは一般的なものを確認しておきましょう。

罰金がある

ノルマ未達成のペナルティーとして、罰金を課す店もあります。

設けられた同伴ノルマや指名本数ノルマの数が1本足りないことに一定金額を罰金として給料から天引きというペナルティーです。

達成出来なかったノルマに対して3,000円から10,000円の罰金があります。

時給が高い店舗では当然のことながら、罰金額も多くなるようです。

ノルマに対する罰金だけではなく、遅刻や無断欠勤に対する罰金などもあるので常識をもった行動が大切となります。

時給減額

罰金という形でペナルティーを課すのではなく、翌月の時給を減額するというペナルティーの場合もあります。

最近は厳しすぎる減額では女性が働きたがらないため、だいぶ緩和されているようにも感じます。

同伴のポイントやコツ

電話

ここまでノルマの詳細やペナルティーを見てきました。

ノルマは敬遠されがちですが、達成できればペナルティーを課されることはなくボーナスが出る場合もあります。

そこでノルマの中で1番困難だと思われがちな、同伴についてのコツを伝授します。

メールを欠かさない

キャバ嬢はお客様と連絡先を交換することが基本となります。

仕事用とプライベート用のふたつのスマホを持っている人も多いようです。

メールを送るタイミングは、来店後のお礼メールやお客さんへのバースデーメールが基礎となります。

しかし日常の何気ない会話もポイントとなるので、お客さんの名前を入力し丁寧に送りましょう。

相手の名前を入力するのはお客さんが特別扱いを好む為であり、一斉メールなどは勿論NGです。

同伴日に併せて食事の約束を取っておくと同伴がすんなり進むのではないでしょうか。

同伴日以外にも同伴する

同伴日だけ食事や買い物に誘うと、いかにも営業されているようで敬遠されてしまいます。

同伴日以外にも食事に誘ってから店に来るといいでしょう。

また、仕事後のアフターなどで他店に行ったり食事に行ったりしておくと同伴も誘いやすくなります。

遊び慣れたお客さんならば、店前で待ち合わせをして中に入る店前同伴をしてくれる場合もあります。

お客さんとの付き合いが長くなると、ストレートに同伴日なので…とお願いしてきてもらうパターンも多いようです。

早い時間に来店するお客さんに連絡する

同伴の時間は開店から1時間後など、時間が決められています。

その為、いつも早めの時間に来店されるお客さんに連絡を取る方が 約束が取りやすいでしょう。

キャバ嬢はお客さんのことをよく知っておく必要があります。

名刺を交換したら話した内容や来店の曜日、時間などをメモしておくと次につながりやすくなるものです。

同伴で逃げられるケースもあるので注意

カクテル

同伴の約束をしていても当日キャンセルされることもあります。

また、店に入る前に逃げられるということも実際に多いようです。

当日キャンセル

数日前に同伴の約束をしている場合、悪気はなくてもお客さんが約束を忘れているということがあります。

お酒の席での約束は特に注意が必要です。

同伴日の当日に、再度メールのやり取りをしておくといいでしょう。

来店前に逃げられる

同伴にチャージを取っている店もあり、お客さんにとっては通常プラスの料金がかかることがあります。

中には外で会って店には入らず、理由をつけて帰ってしまう人も少なくありません。

引き留める方法としては、途中店に電話を入れ店長やボーイの人に「待っています」の一言を添えてもらうことです。

勿論無理に引き留めることは出来ません、潔くあきらめるというのも次につなげる営業のひとつといえます。

賭け同伴は難しい

キャバクラに慣れていないお客さんを食事に誘い、当日に来店を誘うとプライベートではないのか、と怒らせてしまう場合もあります。

賭け同伴は上級者用のテクニックといえるので、食事の後に店にいくことを事前に伝えた方がいいでしょう。

丁寧な接客をしていればノルマは怖くない

カクテル

キャバ嬢のノルマについて解説してきましたが、最初から構える必要はありません。

人対人の仕事なので、丁寧な接客を心がけていれば自然と指名も同伴もクリア出来るようになるはずです。

また、店長やボーイさんがサポートしてくれるので1人で頑張ろうとしなくても大丈夫です。

店内で仲の良い友達が出来たら、皆で食事をしてからのダブル同伴という楽しみもあるのではないでしょうか。