サービス業は職種も多いため志望動機の書き方について迷いのある方もいらっしゃるかもしれません。

接客を主としたサービス業の志望動機では好印象を与えることができると良いでしょう。

この記事ではサービス業の志望動機の書き方を解説します。

好印象を与えるポイントや例文も紹介しますので参考にしてください。

同じサービス業でも職種ごとにポイントも異なりますので自分の希望する職種の注意点を確認しておきましょう。

サービス業の志望動機の書き方を解説

女性

サービス業の志望動機では好印象を与えることがポイントです。

職種ごとにアピールするポイントが違いますので、どの職種を選ぶのかも明確にしておくと良いでしょう。

接客業の経験がある方は積極的にアピールしてください。

志望動機では「なぜその職種なのか」「なぜその企業なのか」を伝えます。事前に自分の経歴スキルを分析して理由を確認しておきましょう。

志望動機を書く前のポイント

女性

いきなり志望動機を書き始めてしまうと目的アピールすべきポイントが明確に伝わらない文章になるかもしれません。

志望動機を書く前に気をつけておくポイントがあります。ポイントを理解していれば採用担当者に伝えることができるでしょう。

自分がどんなことをアピールできるのかを知るためにも志望動機を書く前のポイントをチェックしてください。

自己分析を徹底しよう

女性

志望動機を書く前には自己分析を行いましょう。これまでの経歴や職務に関する経験・スキルを書き出します。

書き出したリストを見ながら「なぜそれを行ったのか」「どのように仕事をしたのか」なども詳しく書き込んでください。

長く続けられたものや業務上で工夫したことなどが分かると良いでしょう。

自己分析を進めていくと以下のようなことが見えてきます。

  • 自分が力を発揮することができる状況
  • 自分が頑張れる時
  • 自分が得意な分野
  • 自分の希望条件

自己分析をして明確になった自分の強みや希望・得意分野を念頭において志望動機を書いてください。

サービス業界のどの職種を応募するのか明確にしよう

女性

サービス業界は幅広いです。職種も多くありますのでどの職種を希望するのかを明確にしておきましょう。

サービス業界の代表的な職種は以下のようなものが挙げられます。

  • 飲食スタッフ
  • カスタマーサポート
  • ホテルスタッフ
  • 娯楽業の店員
  • クリーニング店スタッフ

サービス業では接客自体を業務のメインに考える業種が多いです。商品を販売したり顧客への提案・サポートをしたりする業務が考えられます。

形のないサービスを提供する業種もありますので、自分の希望する業種・自分にあった業種を選びましょう。

 

ワンポイント
サービス業の志望動機を考える前に自己分析を徹底して行おう。

志望動機で好印象を与えるポイント

女性

採用担当者は採用後に企業で活躍できる人材を求めています。そのため求める人材にマッチした志望動機には好印象を抱くでしょう。

志望動機は書き出しも重要です。最初に結論を持ってきて簡潔に書きましょう。

結論から始まりその詳細や根拠を記述します。その後に「なぜ応募先の企業なのか」もしっかり伝えてください。

最後に採用後に自分がどうしたいかを記述して締めると良いでしょう。

実務経験や接客経験を書こう

履歴書

サービス業界は接客が中心になることも多いです。業務上の経験がある場合はアピールしましょう。

同業種からの転職の場合は実務経験を記述するのも手です。

応募先の企業が欲しい人材を把握していると採用後に活かせるスキルや経験も予想できます。

自分のスキルや経験の中から企業の求める人物像にあてはまるものを選んでみてください。

業種が未経験であっても社会人としての基本的なスキルやコミュニケーション能力などアピールできるものは多くあります。

もし何をアピールすれば良いのか分からない場合は転職エージェントにご相談ください。転職のプロからアドバイスを貰えます。

将来のビジョンを明確にしよう

女性

将来のビジョンはアピールできるポイントになりますので明確にしておくと良いでしょう。

採用担当者が見たいのは仕事でのビジョンです。将来的に自分がどうなりたいかを考え仕事のビジョンを整えましょう。

将来のビジョンから志望動機の真剣さを見られることもありますので企業研究を行った上で将来のビジョンを考えるのも手です。

自分がどのような仕事をしたいのか・どんな部署で働きたいのかなどを挙げていくのも良いでしょう。

入社して貢献できる部分をアピールしよう

女性

採用担当者は採用後に活躍できる人材を求めています。そのため採用後に自分がどのように活躍したいのかを伝えることも必要です。

意気込みだけではなく具体的に自分ができることを記述しましょう。

応募先の企業でしかできないことや企業側にメリットがあることをアピールできると好印象を与えることができます。

仕事と関係ないことや企業側にメリットがないこと・実現不可能なことは逆効果になりますので注意しましょう。

志望動機を書く際の注意点

筆記

志望動機を書く際には自分ならではの理由を考えましょう。

以下のような志望動機はあまり良い印象を与えません。

  • 他の企業でも通用する
  • 応募先の企業でなくても良い
  • はっきりとした理由がわからない

志望動機を書く際には「なぜその職種なのか」「なぜ応募先の企業なのか」を明確にしておきます。

なぜその職種なのか明確にしよう

女性

志望動機を書く際にはなぜその職種なのか明確にしましょう。事前に自己分析をしていると明確な理由を提示することができます。

具体的なエピソードを盛り込むことができれば説得力がある志望動機になるでしょう。

自分の経歴や経験から職種に関する物を選びエピソードとして記述してください。

なぜその職種なのかを明確にすることで前向きな気持をアピールできます。

なぜ応募先企業なのか明確にしよう

女性

なぜ応募先企業なのか明確にすることも重要です。サービス業には多くの職種・多くの企業があります。

その中から応募先の企業を選んだ理由を明確に伝えることで好印象を得ることができるでしょう。

応募先の企業ならではのサービスやスタッフに焦点を当てて考えてみるのも手です。

もし応募先の企業研究が十分ではないと感じたら転職エージェントを活用するのも手でしょう。

転職エージェントが持つ豊富な情報を利用して応募先の企業の研究を行ってください。

 

ワンポイント
「なぜその職種なのか」「なぜその企業なのか」を明確にしよう。

販売職の志望動機の例文

女性

販売職の志望動機の例文を紹介します。経験者未経験者それぞれの志望動機の例を挙げますので参考にしてください。

経験者

「前職ではアパレル企業でフロア販売を担当しておりました。お客様への提案を通してお客様に笑顔になっていただくよう努めています。

貴社でも前職のアパレル販売の経験を活かせると思い志望いたしました。

また貴社の〇〇ブランドのお客様の笑顔を引き出すコンセプトに強く共感しております。

前職ではお客様に納得して購入していただけるようお客様ひとりひとりに向き合いました。

お客様が笑顔になるようなコーディネートを提案したときの達成感にやりがいを感じています。

「ありがとう」といっていただける時が何より嬉しいです。売上では目標に対して○○%を達成するなど高い評価を得ました。

貴社での販売業務でもこのような経験を活かし、お客様の笑顔を引き出せるような接客を心がけたいです」

販売の経験をアピールしながら「その応募先を選んだ理由」も伝えています。

未経験者

「私は人の笑顔を見るのが大好きです。そのためサービス業を強く志望しています。

貴社のショップを友人と訪れた際スタッフの方にとても親切に接客していただきました。

ジャケットの購入を迷っているとインナーの色合いや普段の着回しコーデなども詳しく相談に乗っていただき感動したのを覚えています。

私がしていただいたように、スタッフの一員としてお客様に笑顔になっていただきたいと思い貴社を志望いたしました。

前職ではコールセンターのオペレーターをしておりましたのでコミュニケーションの力を発揮できればと考えております」

なぜ応募先の企業が良いのかがはっきりと分かる志望動機です。

 

ワンポイント
志望動機を書く時はなぜその企業なのかを明確に伝えよう。

カスタマーサポートの志望動機の例文

女性

カスタマーサポートの志望動機の例文を紹介します。経験者の志望動機では業務内容ポジションについてアピールするのも良いでしょう。

経験者

「私はウォーターサーバーのカスタマーサポート業務に5年間従事してきました。

主に設置の案内や機械のトラブル・解約の説明などを担当しています。

お客様ひとりひとりの困り事を解決できるまで丁寧に説明を繰り返すなど工夫を重ねてきました。

お客様の「ありがとう」という言葉を聞くことにやりがいを感じています。

一度アウトバウンド業務のヘルプを行った際、今まで以上に視野を広げたいと感じ転職を決意しました。

貴社ではカスタマーサポートの経験を活かしアウトバウンド業務に携わりたいと考えています」

経験者として活かせる経験をアピールしている志望動機です。

未経験者

女性

「前職ではPCショップの販売員として3年の経験を積みました。

PC販売を通じて、お客様が操作に困っていることを解決できればと考えるようになりカスタマーサポートへの転職を希望しています。

PCは買って終わりではありません。お客様が納得されるのはPCをきちんと操作できてこそだと考えています。

プライベートで貴社のブランドのPCを使用しており、何度もカスタマーサポートに助けていただきました。

私がサポートしていただいたように顧客満足度の高いカスタマーサポートをしたいと思っております」

具体的な経験を添えて志望動機を作成しています。

店舗開発・管理職の志望動機の例文

会議

店舗開発・管理職の志望動機の例文を紹介します。経験体験談を交えながら志望動機を考えましょう。

経験者

女性

「私はこれまで国内外への飲食店の出店サポート企業で店舗開発担当を5年経験してきました。

チーム一丸となって新店舗を出店することで仲間と協力する作業にやりがいを感じています。

夫の転勤により新しい土地に来ましたが、この地でも店舗開発に関わりたいと考え志望しました。

施工業者の手配や各種書類の申請サポートなどの経験を活かし、貴社でも仲間と協力しながら店舗開発に携わりたいと思います」

家族の転勤に伴う転職理由は伝えても問題ありません。

未経験者

「前職では携帯電話のショップ販売員をしておりました。新規ショップ立ち上げに関わったことから店舗開発に興味を持ち貴社を志望します。

ショップ内の内装を工夫したり各種書類の申請をサポートしたりすることにやりがいを感じました。

IP関連の貴社であれば前職の知識を活かせると考えています」

未経験であればなぜその業種を志望したのかを具体的に伝えるのも良いでしょう

宿泊関連の志望動機の例文

女性

宿泊関連の志望動機の例文を紹介します。志望動機は書き出しが重要になるでしょう。採用担当者に伝わるように簡潔に書いてください。

経験者

「ビジネスホテルで5年間ホテル勤務しておりました。

お客様のご要望に応えることにやりがいを感じておりましたが、さらに多くのお客様と接したいと感じ転職を希望しました。

友人と貴社ホテルに宿泊した際の丁寧な接客に感激したことを覚えています。

私もスタッフの一員となってお客様に感動を与えたいと考え、貴社を志望いたしました」

経験をアピールするとともに「なぜ応募先の企業なのか」を伝えています。

未経験者

女性

「家族旅行をすることが大好きでホテル業界を志望いたしました。

貴社のホテルに宿泊した際、真夜中に突然紅茶が飲みたくなったことがあります。

従業員の方に相談してみるとレストランは営業時間外でしたが紅茶の購入できる自販機をいくつかピックアップして教えていただきました。

小さなことでも笑顔で対応してくださった従業員の方の優しさを今でも覚えています。

私もあのときの従業員のようにお客様に安心して宿泊していただけるホテルマンを目指したいと考えました」

具体的なエピソードを盛り込んで志望理由を明確にしています。

 

ワンポイント
志望動機を書く時は自分ならではの話題を盛り込もう。

サービス業の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

女性

サービス業の志望動機の書き方にはいくつかのポイントがあります。

「なぜサービス業なのか」「なぜ応募先の企業なのか」を明確に伝えましょう。

もしサービス業の志望動機に困ったら転職エージェントにご相談ください。転職のプロから的確なアドバイスを貰うことができます。

ひとりで悩んでいても解決するのは難しい場合もあるでしょう。転職エージェントとともに悩みを解決して転職を成功させてください。

まとめ

女性

サービス業の志望動機を書き出す前には自己分析を行いましょう。

企業の求める人物像を考えて自分がどのように活躍できるのかアピールしてください。

志望動機は採用担当者に好印象与えるために分かりやすく簡潔に記述しましょう。

志望動機の書き方で困ったことがありましたら転職エージェントを活用するのもひとつの手です。

転職のプロと相談しながら志望動機を書き上げて転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら