特別なシーンでお客様のヘアセットやメイクを施すのがヘアメイクの仕事です。

しかし一言でヘアメイクといっても活躍の場や仕事内容は様々だということをご存じでしょうか。

今回はヘアメイクの仕事内容ややりがいについて詳しくご紹介します。

ヘアメイクの仕事内容を解説

ヘアメイクアーティスト

ヘアメイクというとどのような印象を受けるでしょうか。

モデルや俳優のような華やかな世界の人を相手にしているようなイメージを持つ女性も多いでしょう。

しかし私たちの身近なところでもヘアメイクとして活躍する女性は大勢います。

例えばヘアメイクをするのはどのようなシーンでしょうか。

  • 結婚式への参列
  • 卒業式
  • 成人式

このような場面でヘアメイクはお客様のヘアアレンジやメイクを施します。

もちろんヘアメイクの仕事はこれだけではありません。

今回はヘアメイクの仕事内容について詳しく解説していきます。

ヘアメイクのやりがいや向いている人の特徴もご紹介するのでぜひ最後まで読み進めてくださいね。

ヘアメイクは働く場所がいくつかある

案内する美容師

ヘアメイクはどのような場所で活躍しているのでしょうか。

仕事内容をご紹介する前にまずはヘアメイクが働く場所をチェックしていきましょう。

  • 美容室・ヘアサロン
  • 結婚式場・ブライダルサロン
  • フォトスタジオ
  • ヘアメイクプロダクション

美容室や結婚式場だけでなくフォトスタジオに所属するという方法もあります。

最近では就職活動・転職活動に使う履歴書写真をフォトスタジオで撮影する女性がいるのをご存じでしょうか。

より自分を綺麗に見せることで第一印象をよくすることができるからです。

ヘアメイクはそんな「綺麗に撮影してほしい」という女性の希望を叶えることができる仕事です。

ヘアメイクプロダクションはヘアメイクにとって憧れの1つといえるでしょう。

俳優やモデルのヘアメイクの依頼を受けることが多く華やかな印象があるからです。

高い技術が求められるので経験を積んでから転職を考えるのがいいでしょう。

美容室や美容サロンでの業務内容

美容師とお客様

美容室や美容サロンで働くヘアメイクは多いです。

美容師の資格を取得したらまずは美容室・美容サロンで経験を積む人が多いでしょう。

ここでは美容室・美容サロンの業務内容をご紹介します。

美容師として接客

美容室や美容サロンの業務内容は美容師としての接客が多いでしょう。

ヘアカット・パーマ・カラーといった一般的な美容師の仕事のイメージです。

接客するのは美容室に訪れる一般客がメインになります。

美容師として多くのお客様の髪に触れることもヘアメイクの仕事には大切な経験といえるでしょう。

ヘアメイクとして接客

ヘアメイクの業務は美容室や美容サロンでも行う機会があります。

例えば成人式・卒業式・結婚式の参列のためのヘアメイクです。

地域によってはお祭りのヘアメイクを行う場合もあるでしょう。

成人式や卒業式のシーズンは通常よりも早く仕事をすることが多くなります。

その他事務作業

美容室で働く女性

美容室や美容サロンでは接客以外にも業務がたくさんあります。

美容室へ行くとほとんどの場合お会計も美容師が行っているのではないでしょうか。

受付や事務を置いていないため美容師やアシスタントが会計や金銭管理をしなければなりません。

またシャンプー台の掃除・床掃除・使用したタオルの洗濯など他の業務はたくさんあります。

 

ワンポイント
美容室のヘアメイクは美容師としての接客だけでなくその他業務もたくさんある。

結婚式場での業務内容

結婚式

結婚式場やブライダルサロンで活躍するヘアメイクも大勢います。

ここでは結婚式場のヘアメイクの仕事内容を見ていきましょう。

新郎新婦へのヘアメイク

新婦のヘアメイク

結婚式場のヘアメイクのメインの仕事ともいっていいのが新郎新婦へのヘアメイクです。

特に新婦へのヘアメイクは責任重大ですがやりがいを感じる女性が多いでしょう。

新郎新婦にとって結婚式は一生の思い出になるイベントです。

そのため事前に打ち合わせを重ねて当日のヘアメイクを決めていくことになります。

当日の衣装との相性や希望を伺いながら提案する力も求められるでしょう。

また衣装はドレスだけでなく和装の場合もあるので着付けや和装に合ったヘアメイクのスキルも必要です。

新郎新婦のご家族のヘアメイク

結婚式場では新郎新婦だけでなくご家族へのヘアメイクも行います。

新郎新婦の親は和装のことが多いので着付けのスキルは必須といえるでしょう。

また遠方から訪れた親族・友人が結婚式場でヘアメイクをする場合もあります。

当日希望のヘアメイクを承るのでそれだけの技術が求められるのです。

 

ワンポイント
結婚式場では新郎新婦・ご家族・友人など大勢のヘアメイクを行っている。

フリーランスの場合

ヘアメイクアーティスト

ヘアメイクは美容室や結婚式場に所属せずフリーランスとして活動することもできます。

経験を積んで高い技術を身に付けたらフリーランスという選択肢もあります。

それではフリーランスのヘアメイクはどのような仕事をしているのでしょうか。

依頼者へのヘアメイク

フリーランスの場合は依頼者へのヘアメイクが主な仕事です。

テレビ・CM・雑誌撮影といった依頼が多いでしょう。

撮影前の準備だけでなく撮影の合間の手直しを行います。

そのため長時間の撮影の際は体力勝負となるでしょう。

しかし芸能人やモデルへのヘアメイクは華やかでやりがいを感じられるはずです。

また結婚式場やブライダルサロンでは専属ではなくフリーランスとして契約することもあります。

依頼があれば結婚式当日に会場へ行きヘアメイクを行うのです。

営業活動

営業活動はフリーランスにとって重要な仕事の1つです。

当然ながらフリーランスは仕事がなければ収入に繋がることはありません。

そのため自分で営業活動をしてヘアメイクの仕事に繋げていきます。

フリーランスのヘアメイクの営業で必要なことは「人脈」と「技術のアピール」です。

美容業界だけでなく様々な業界で人脈を作っていきましょう。

結婚式場やフォトスタジオと契約を結ぶという方法もあります。

そこで実力が認められればヘアメイクとしての評判を上げるきっかけになるでしょう。

またSNSを使って情報発信をしたりコミュニティーを広げることも大切です。

ヘアメイクのやりがい

ガッツポーズをする女性

ヘアメイクは女性をより綺麗にすることができる魅力的な仕事です。

そんなヘアメイクの仕事にはどのようなやりがいがあるのでしょうか。

女性の美容のサポートができる

女性の美容をサポートできるのはヘアメイクのやりがいの1つです。

仕上がりを見てお客様が満足してくれた時には自分も嬉しくなるでしょう。

「こんな風になりたい」「こういう印象にしてほしい」といった要望を実現させることができれば達成感を味わうことができます。

女性にとって同じ女性をより魅力的にすることはやりがいがあることなのです。

お客様の大切な日に関われる

振袖姿の女性たち

ヘアメイクはお客様の大切な日に関わることができます。

結婚式・成人式・卒業式は人生で1度きりの大切な日です。

そのような特別な日に関わることができる仕事は限られているでしょう。

お客様にとって大切な日だからこそ責任が重い一方でやりがいもあるのです。

結婚式で新婦が参列者から「綺麗」といわれたらきっと嬉しいでしょう。

それを見たヘアメイクも達成感や喜びを感じられるはずです。

美容の知識や経験がつく

美容の知識や経験がつくのはヘアメイクのやりがいといえるでしょう。

ヘアメイクをしているとお客様から美容の悩みを相談されることがあります。

  • 「髪をサラサラにする方法は?」
  • 「自分で簡単にできるヘアアレンジは?」
  • 「メイクのりを良くするためにはどうすればいい?」

このような悩みに的確なアドバイスができるとヘアメイクとしての信頼が厚くなるでしょう。

美容に関する知識や経験は仕事をするうちに身に付くことも多いです。

 

ワンポイント
ヘアメイクの仕事は大切な日にお客様を綺麗にできるというやりがいがある。

ヘアメイクに向いている女性の特徴

美容部員の女性

ヘアメイクはお客様の特別な日に関わることができやりがいを感じられる仕事です。

そんなヘアメイクの仕事は女性にとって魅力的な仕事ではないでしょうか。

ここではヘアメイクに向いている女性の特徴をご紹介します。

美意識が高い人

美意識が高い女性はヘアメイクに向いています。

お客様の要望や似合うヘアメイクを考える時に美意識があれば存分に活かすことができるでしょう。

美しい髪を保つことや肌を綺麗にすることは女性にとって大切なことです。

美意識が高いヘアメイクならお客様に適切なアドバイスをすることができます。

トレンドや情報の感度が高い人

メイク用品

ヘアメイクは時代に合ったものがありトレンドを取り入れることが必要です。

お客様に似合っていると思ってもひと昔前に流行ったものだとどう思われるでしょうか。

綺麗に仕上がったとしてもお客様の満足感を得られない可能性があります。

特にテレビ・CM・映画・雑誌の撮影ではトレンドを押さえたヘアメイクは必須といえるでしょう。

いち早くトレンドを取り入れるためにも情報の感度が高い女性が向いているのです。

臨機応変な人

臨機応変な人もヘアメイクに向いているでしょう。

ヘアメイクはルーチンワークではなく相手に合わせた仕事が求められます。

お客様から「こういうヘアアレンジにしてほしい」「こんなイメージのメイクをしてほしい」といった要望を伺わなければなりません。

仕上がりを見てイメージと違う場合は手直しをすることもあるでしょう。

また結婚式のヘアメイクではエステの痕や日焼けを隠してほしいという要望が出ることがあります。

そのような時でも慌てず対応できる臨機応変さが必要なのです。

コミュニケーション力がある人

ヘアメイクの仕事は相手がいてこそ成り立つものです。

そのためコミュニケーションを上手く取ることができなければ仕事が進まないことがあります。

コミュニケーションが上手くいかないことでトラブルが生じれば信頼を失うことになりかねません。

ヘアメイクにとってコミュニケーション力は必要不可欠といえるでしょう。

未経験でもヘアメイクになれる?

初心者マークをもつ女性

ヘアメイクの仕事は未経験でもなれるのでしょうか。

結論からいうと未経験でもヘアメイクの仕事をすることはできます。

しかし美容師としての仕事はできないということを知っておきましょう。

ヘアメイクの仕事に資格はいらないものの美容師のようなカット・パーマ・カラーといったことは美容師の資格が必須です。

美容師の資格取得のメリットはこちらを参考にしてください。

  • 専門学校などで実践的な実技を学ぶ機会がある
  • 知識やスキルを体系的に学ぶことができる
  • 資格があることで仕事の幅が広がる
  • 美容師の資格があればスキルの証明になる

美容師の資格は国家資格なので受験のための条件があります。

専門学校などで一定期間勉強して試験に合格しなければなりません。

お金も時間もかかりますが資格があれば活かされる場面は多いでしょう。

もし未経験でヘアメイクになるのなら美容室のアシスタントから始める方法があります。

しかしアシスタントの仕事がメインでなかなかヘアメイクを担当できない可能性があるので注意が必要です。

ヘアメイクの仕事は実力主義といわれています。

未経験であっても経験を積めば実力をつけていくことができるでしょう。

 

ワンポイント
ヘアメイクの仕事は未経験でもできるが仕事の幅を広げたいなら美容師の資格取得を目指そう。

ヘアメイクに困ったら転職エージェントに相談しよう

頭を抱える女性

女性をより綺麗にするヘアメイクの仕事に憧れる人は多いのではないでしょうか。

ヘアメイクは美容室・結婚式場・フォトスタジオなど活躍の場はいくつかあります。

また実力をつけてフリーランスになるという方法もあるのがヘアメイクの特徴です。

そんなヘアメイクへの転職で不安や悩みがあれば転職エージェントに相談してください。

転職相談に登録すると担当のエージェントがあなたの希望を伺い求人を紹介します。

まとめ

ガッツポーズをする女性

今回はヘアメイクの仕事内容や働く場所別の業務内容について解説しました。

ヘアメイクは未経験でも転職できますが美容師の資格があれば仕事の幅が広がります。

美容師は国家資格なのでスキルの証明になり仕事をする上で有利になることも多いでしょう。

ヘアメイクの仕事は女性の特別な場面に関わることができる魅力的な仕事です。

そんなヘアメイクへの転職は転職エージェントに相談してくださいね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら