転職活動を考えている方にとって、転職をどのように行うかというのはまず初めに考えるべきことです。

自分に合った方法をしっかりと選択しなければ、転職活動をスムーズに行っていくことは難しいでしょう。

今回の記事では転職活動にはどういった方法が存在しているのかをご紹介します。

それぞれについて知ることによって、自分に合った転職活動の仕方が明確になるでしょう。

転職方法の種類を徹底解説

オフィスにいる女性

転職方法には様々な種類があり、人によって転職活動の成功方法も様々です。

そうした種類について事前に知っておくことで、自分に合った方法というのが見つかることでしょう。

もしこれから転職活動をしようと考えているのであれば、転職方法について深く知っておくと成功の確率も上がります。

今回は転職方法の種類について具体的に解説していきましょう。

どういった種類があるのか、詳しく解説していきます。

転職サイトの活用

ガッツポーズを取るビジネスウーマン

まずは転職サイトを活用するという方法です。

転職サイトには求人が多数掲載されており、自分で求人を探す場合には転職サイトの活用というのは有力な手段の1つとなります。

転職サイトでは以下のような形で求人に応募することが可能です。

直接応募

直接応募というのは転職サイトやエージェントなどを介さずに直接応募することを指します。

そのため、転職サイトを活用して自分が応募したい求人を見つけた場合、その企業のホームページなどから直接応募するという方法です。

この場合、転職サイトを求人の確認として活用します。

転職サイト経由ではなく直接連絡を取り合うこととなるため、企業から入社の意欲が高いと思ってもらうことが可能です。

企業から熱意や意気込みを評価してもらいやすい応募方法だといえます。

検索応募

求人サイトで検索することによって自分の条件に合いそうな様々な企業を見つけることができます。

もし気になった求人があった場合には、応募機能によってその企業に自分からコンタクトを取ることが可能です。

検索エンジンで検索するよりも精度が高く自分の条件に合致する求人だけを調べることができるのが求人サイトの大きな利点だといえます。

エージェント紹介

笑顔の女性

求人を探す際には転職エージェントを活用することによって、エージェントから求人を紹介してもらうことも可能です。

この場合、事前に転職エージェントと面談をして自分の転職先に対して求める条件を伝えます。

それによって、その条件に合った求人を紹介してもらうことが可能なのです。

エージェントを利用する場合、企業とのやり取りもエージェントが代わりにやってくれるため転職対策に専念することができます。

自分だけで求人を探すことに対して不安を抱えている場合にはエージェントの利用を検討してみましょう。

スカウト機能

転職サイトの中にはスカウト機能と呼ばれるものが用意されている場合があります。

これは転職者が登録した情報を企業が確認し、会社が求める人材と合致しそうな場合にスカウトをしてくれるというものです。

転職者はそのスカウト情報の中には企業の情報が掲載されており、そこから選考に進むことができます。

自分から求人探しをするのではなく、企業から声をかけてもらうことができるため効率的です。

また、企業側から条件が合致していると思ってもらえている状態で選考が始まるため、ミスマッチが防げるという利点もあります。

転職イベントへの参加

指差しするデスクワークの女性

次の転職方法は転職イベントに参加するというものです。

転職イベントというのは、転職希望を対象にしたもので転職フェアとも呼ばれます。

その内容は企業の合同説明会であり、転職希望者はそこで企業の採用担当者と直接話をすることが可能です。

転職イベントに参加

転職イベントでは企業ごとにブースがあり、自分が気になる企業の担当者や先輩と直接話をすることができます。

具体的には以下のような内容について話をしてもらうことが可能です。

  • 企業の雰囲気
  • 職務内容
  • 企業が求める人物像
  • 採用条件

書類選考などを通過せず、直接企業に所属している人物と話すことができるというのが転職イベントの最大の利点だといえるでしょう。

応募を検討している企業に所属している人物と実際に話をしてみたいと考えている場合には良い方法だといえます。

1日完結型選考に参加

1日完結型の選考は、その名の通り1日で選考が終わる形式の選考です。

まず初めに会社説明会があり、その後に書類選考に進んでそれを通過すると一次面接といったように1日の内に選考が進んでいきます。

合否結果がその場で発表されるものと後日発表されるものがありますが、この選考方法ではスピーディーに内定を決めることが可能です。

転職活動にかかる時間やコストを削減することができるというのが大きな利点だといえます。

もし転職先をすぐにでも決めたいという場合には1日完結型選考に参加してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
・転職イベントでは企業の採用担当者や先輩社員と直接会社について話をすることができる
・1日完結型選考では企業の選考を1日の内に終えることができるため選考結果がスピーディーに分かる

企業サイトの活用

資料を手にする女性

次は企業サイトを活用して応募する場合の方法です。

以下のような方法でも転職活動を行うことはできます。

もし入りたい企業が固まっているという場合には以下のような方法も検討してみてはいかがでしょうか。

採用ページから応募

企業が新規で人材を採用したいと考えているのであれば、企業サイト内に採用ページが設けられている場合が多いでしょう。

その企業が転職サイトや転職エージェントに対して求人を出していない場合でも採用ページが用意されていれば応募することが可能です。

また、転職サイトなどで積極的に求人を出している企業と違って、採用ページでしか募集していない企業は倍率が低い可能性があります。

そのため、そうした企業よりも内定を貰いやすいということも考えられるでしょう。

もし転職サイトなどに掲載されていない企業でも興味がある場合には採用ページを探して応募してみると良いのではないでしょうか。

直接電話で応募

企業サイトで転職希望者向けの電話番号が記載されている場合、電話で応募することも可能です。

直接電話で応募する際には必要事項を事前に話せるように用意し、メモを取る用意などもしておきましょう。

その際、必ず企業の営業時間内に電話をかけるように気をつける必要があります。

電話というのは先方の時間を取る行為であるため、しっかりとビジネスマナーを守り言葉遣いや声のトーンなども気を付けましょう。

 

ワンポイント
・転職サイトに求人を出していない企業には採用ページから応募できる可能性がある
・電話で応募する場合には営業時間内に連絡し、ビジネスマナーを守るように気をつける

ハローワークの活用

外回りする女性

ハローワークは「公共職業安定所」が正式名称で、求人紹介や就職相談などを行うことができる場所です。

国によって設立された機関であり、求人が豊富であるというのが最大の利点だといえます。

そのため、自分の条件に合致した求人を見つけやすいでしょう。

また、全国47都道府県にハローワークが存在しているためどこでも求人を確認することができます。

ハローワークでは全国の求人を見ることができるため、広域で求人を探している方にもおすすめです。

また、ハローワークでは事前に予約をする必要がなく、服装も自由であるため気軽に転職相談に行くことができます。

知人経由でリファラル採用を活用

パソコンを使う女性

リファラル採用というのは社員が会社に対して、知人や友人を人材として紹介するという手法です。

この手法では自社の求める人物像に合致するであろう人材に社員が直接声をかけるため、会社側は採用コストが低く済みます。

また、知人経由であり親しい関係性の人物が入社するため仕事が効率的に行いやすいという利点もあるのです。

多くの業界で人材不足であるため、企業が人材を効率的に集める方法の1つとしてリファラル採用を制度化しています。

それを活用するために、リファラル採用がある企業に所属している知人に声をかけてみるというのも手でしょう。

 

ワンポイント
リファラル採用は企業と転職者の双方にメリットがある手法です。
【無料】転職ナビで求人を探す

転職活動の流れや期間は?

考える女性

実際に転職活動を行う場合、どのような流れ期間で行うこととなるのでしょうか。

具体的に転職活動をしていくスケジュールを立てるためにもそうした情報は知っておく必要があります。

詳細に解説していきましょう。

転職の流れ

転職活動は以下のような流れで行うこととなります。

  1. 転職活動の準備
  2. 応募書類の作成
  3. 求人に応募
  4. 面接対策
  5. 内定

まず転職活動の準備では転職に関する情報収集を行います。

自己分析を行ったり業界を調査したりして、どういった条件で転職先を探すかなどを整理しておきましょう。

次に実際に応募するために履歴書・職務経歴書といった応募書類を作成していきます。

自己分析を活かして、自分のこれまでの経歴・スキルなどについて企業の採用担当者に伝わりやすい形で書いていきましょう。

次は実際に自分の条件に合う求人を探して応募していきます。

求人の書類選考に通ったり免除になったりした場合、次は面接対策を行っていきましょう。

面接選考に通ることができれば内定を得ることができます。

一般的な転職の期間

パソコン作業をする女性

一般的に転職にかかるのは3〜6ヶ月程度とされています。

自分の条件に合った企業に転職するのにはある程度期間が必要となるため、長い目で見て転職活動を行っていくことが大切です。

具体的にどういった日程で転職活動を行っていくのか、具体的なスケジュールを立てる必要があります。

 

ワンポイント
・転職活動の流れを知ってスケジュールを立てることが大切
・転職活動は一般的に3〜6ヶ月程度かかる

転職でよくある女性の悩み

書類を見る女性

次に転職でよくある女性の悩みについてご紹介していきます。

以下のような悩みは転職活動をする女性が抱えることの多い悩みです。

以下の悩みについて解決する方法を解説していきましょう。

初めての転職で何をしたらいいかわからない

初めての転職でどのようにすれば良いのか分からないという場合、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

転職エージェントはあなたの条件に合った求人を紹介してもらうことができます。

その後も選考書類の作成や面接対策などをサポートしてくれるため、初めての転職でもスムーズに転職活動を行っていくことが可能です。

これから初めて転職活動を始めようとしている方は転職エージェントを活用していくと良いでしょう。

産休や育休が取れるか不安

悩む

産休育休が取れるかどうか不安だという方は、求人サイトなどで産休・育休といった女性向けの制度が充実している企業を選びましょう。

女性に対しての支援が手厚い企業を選ぶことによってこうした不安を解消することができます。

こうした不安がある場合には、会社説明会や面接選考の際に直接企業に対して聞くという手もあります。

ワークライフバランスが取れるか不安

ワークライフバランスが取れるか不安な方は、休暇制度が充実している企業や定時で退社しやすい業界・職種を選びましょう。

どういった業界・職種を選べばワークライフバランスを取れるのかということが分からないという方もいるかもしれません。

そのような場合も、転職エージェントに相談すると親身に相談に乗ってくれます。

もし自分で求人を選ぶことが難しい場合には積極的に転職エージェントを利用しましょう。

【無料】転職ナビで求人を探す

初めての転職で困ったら転職エージェントを活用しよう

スッキリした表情の女性

先述したように初めての転職や条件に合った求人の探し方が分からないといった場合には転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは転職のプロとして様々な形であなたの転職活動をサポートしてくれます。

自分だけで転職活動をしていくことに不安があるという方は、求人を紹介してくれるエージェントに相談すると良いでしょう。

転職エージェントを活用すれば、エージェント経由で連絡を取れるため時間を有効活用できます。

転職活動をスムーズに進めていきたい方におすすめです。

【無料】転職ナビで求人を探す

まとめ

サインを出す女性

今回は転職方法の種類について解説してきました。

転職活動には様々な方法があり、それぞれに異なる利点があります。

そのため、そうした種類の中で自分に合ったものがどれなのかしっかりと吟味して進めていく必要があるでしょう。

今回の記事を参考に、自分に合った転職活動の方法を模索していただければと思います。

また、初めての転職でどうすれば良いのか分からないという方は転職エージェントを活用してみましょう。

あなたの転職活動をサポートしてくれるエージェントは心強い味方となります。

この機会に是非検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら