水着モデルの仕事内容を徹底解説!モデルの種類や働き方・危険性は?安全な求人の探し方や収入相場・オーディションの流れも紹介

今回の記事では、高収入で初心者でもできる、水着モデルの仕事内容について注目しています。

副業OKなので、空き時間に水着モデルをバイトにしている子も少なくありません。

キャバクラのような接客が苦手、長時間労働が苦手、短期間でお金が必要な人には、時間の融通もきくのでおすすめです。

では、水着モデルとは一体どういうものなのでしょうか。

詳しく説明していきます。

水着モデルの仕事内容は大きく分けて3種類

水着

水着モデルは、その名前の通り水着を着て撮影するモデルのことです。

大きく分けて、3つの種類があります。

  • 女性カタログ向けの水着撮影
  • 雑誌・ネットグラビアなどの水着撮影
  • 撮影会

1つずつチェックしていきましょう。

女性カタログ向けの水着撮影

水着モデルといえば主に通販やメーカーの水着を着用した撮影が多いです。

女性向けのネット通販、女性カタログに掲載されます。

着用した水着をもらえる特典があったり、割引で購入できるなどの特典もあります。

雑誌・ネットグラビアなどの水着撮影

水着

雑誌媒体での撮影もあります。

雑誌カタログ、スポーツ紙やネットなどに掲載されるグラビア撮影など男性誌で掲載されることの多い撮影です。

多くの人に見られるのでやりがいもあります。

撮影会の仕事もある

中には、男性向けのイベントでスクール水着コスプレ系の水着撮影会もあります。

こちらは、撮影内容もイベント側に合わせる必要があります。

その分、時給も割増になりますよ。

水着モデルとしての働き方は?

ビーチ、水着

撮影の方法として水着モデルには、主にふたつの働き方があります。

等身大モデル

まず1つ目が、顔から全身までを披露する等身大モデルです。

モデルを目指している人や体に自信のある人、撮影慣れしている人は等身大モデルがおすすめです。

高収入なだけでなく、カタログや広告媒体で撮影されることで次の仕事にも繋がりやすくなります。

自身の知名度をアップさせるためにも有効な仕事だといえるでしょう。

パーツモデル

女性、水着

顔出しNGな場合は、パーツモデルという方法もあります。

顔が映らない状態で着用イメージカットを撮影したり、ヒップやバストなどパーツだけを撮影します。

顔や体型に自信がない、家族や知人に知られたくないという人はパーツモデルの仕事がおすすめです。

ただし注意が必要なのは、パーツモデルの給与面。

基本的に等身大モデルよりも安くなることを頭に留めておきましょう。

水着モデルの収入の相場は?

お金を手に微笑む女性

さて、気になるのが収入面です。

水着モデルは露出が多いこともあり通常のバイトよりも時給は高め。

求人サイトの平均を見てみると、水着モデルは2時間で約25,000円(1セット2時間)。

コンスタントに撮影が続けば、月給35万~40万円と一般0Lより高額収入を見込めます。

また、時給補償、交通費全額支給されるところがほとんどなのもポイント。

契約モデルになれば、さらに給与アップと魅力的な面が満載です。

水着モデルの応募条件をチェック

水着

では、どんな人が水着モデルに応募できるのでしょうか。

応募条件について確認してみましょう。

18歳以上であること

18歳以上であることは基本条件。そしてその場合、高校生はNGです。

年齢は18才~40才までです。

多くは水着・下着モデルという形で応募しています。

そのため、幅広い年齢層を指定しています。基本的に水着モデルの半分は10~20代が占めているのも頭に留めておきましょう。

勤務地に近いこと

撮影では、海やハウススタジオのプールサイドで撮影したり、屋内のスタジオで撮影します。

市内近郊の撮影場所として多く挙げられるのが、東京・横浜・埼玉・神奈川・千葉・群馬・山梨・茨城などの関東圏。

現地集合ということもあるので、応募する際に通える範囲内に在住していることは必須です。

体形が細くないけど大丈夫?

水着モデルと聞くと、体型が気になる人も多いでしょう。

とはいえ、実際に着用するカタログ用の水着は、さまざまなサイズがあるのも事実。

購入者が着用イメージできるものを撮影するため、必ずしも痩せていなければならないというわけではありません。

ただ、グラビア撮影に関しては、ある程度体のラインが綺麗であることが求められます。

勤務形態について

基本的に水着モデルは登録制です。

初心者でも応募可能で、最短週1~2からの勤務でも大丈夫なことがあります。

副業も可能。

撮影があるときに参加する自由勤務という形も可能なところが多いです。

かなり自由度が高いので、登録だけしておいて、紹介された仕事に合わせてスケジュールを調整していくことができます。

水着モデルで注意すべきは「個人」のもの

水着、ビーチバレー

基本的に登録制の事務所を介した撮影では、水着になることが前提です。

また、内容によってはグラビアのような難易度の高いポージングを求められることもあります。

ただし、本意ではない撮影はカメラマンの要求を断ることができます。

注意が必要になってくるのは、SNSを使った個人経由の撮影のイベントです。

イベントの内容や撮影人数など詳細が不明な撮影会には気をつけましょう。

たとえ待遇が魅力的であっても、現場に入ってしまうと断りづらい雰囲気で流されてしまうという事例も少なくありません。

個人対個人でのやり取りは、危険度が高くなると認識して行動することが大切です。

水着モデルの仕事の安全な探し方

手軽な登録制

スマホを弄る女性

求人情報や水着モデル募集などで検索してみて、良さげなサイトに登録してみましょう。

求人サイトにメール・電話・LINEいずれかで連絡するのみ

詳細はやり取りする中で決められます。

履歴書や応募動機など面倒なことが一切いらないのが嬉しいポイントでしょう。

クライアントに直接応募

中には、水着モデルを募集している企業へ直接応募する場合もあります。

写真審査に通過できれば、オーディションに行くことになります。

オーディションの流れ

ここからは、クライアントのオーディションの一連の流れを説明します。

撮影内容によっては、セリフや演技を求められる場合もあります。

おおまかな一連の流れとして、把握しておきましょう。

オーディションシートを記入する

オーディション会場では、シートが配布されます。

事務所名・氏名・年齢・スリーサイズ・主な出演歴などを記入。

顔と全身のポラロイド写真を撮影して、オーディションシートに貼り付けます。

オーディションの時のポイント

水着、ビーチ

着こなし方や撮られ方などのバリエーションがわかるブックを持参することを忘れないようにしましょう。

もしないのであれば用意しておく必要があります。

担当者にブックを見せ、プロフィール・アピールポイントなどがあれば伝えてください。

顔のアップや全身撮影を行う際には、それに合わせて簡単なポージングができるとベスト。

ゆっくりとその場でまわり、正面、横顔、バックスタイルを見せます。

髪が長い人は、結んだ時のイメージができるように手で持ったり、ゴムで軽く結んだりするとイメージを伝えやすいです。

また、主催側がどの程度モデルとして動けるか、表情のバリエーションを知りたい場合。

ウォーキングやポージングを求められる場合もあることを頭に留めておきましょう。

また大きな広告などの案件では、撮影の合否がでるまで体型維持は必須

そして髪型、髪の色など撮影のイメージが大きく変わってしまうようなイメージチェンジは控えましょう

まとめ

女性、後ろ姿

今回は水着モデルについて注目してきました。

水着モデルとひと口にいっても、商品カタログとして着用イメージを求められるものから雑誌や広告など幅広い分野があります。

普通のバイトよりも短時間に高収入を得られて、かつ簡単な登録制なので挑戦しやすいです。

自分にあったペースでスケジュール調整できるなど、メリットもたくさんあるといえる仕事です。

今の給与に満足できない人、空き時間を有効活用したい人、人と話すのが苦手な人にもおすすめですよ。