キャンペーンガールの求人内容を徹底調査!派遣会社の登録方法を解説!バイトの仕事内容とは?イベントコンパニオンとの違いも

「短期で効率よくお仕事がしたい!」
「長時間のお仕事はちょっと…」
そんな女性におすすめのお仕事がキャンペーンガールのアルバイトです。

この記事ではキャンペーンガールのお仕事内容のほか、求人内容派遣会社の登録方法などをご紹介します。

キャンペーンガールとは

女性、モデル
街頭や量販店の店頭で商品やサービスのPRを行う女性をキャンペーンガールといいます。

コスチュームを着てチラシや商品サンプルを配ったり、お客様とコミュニケーションをとったりして、商品やサービスの告知をすることが主な役割です。

イベント当日だけのお仕事短期間のお仕事が多く、1日あたりの拘束時間も短めで効率的に収入を得ることができます。

サクッと高収入を得たいという方だけでなく、副業で拘束時間の長いアルバイトができない方にもおすすめのお仕事です。

キャンペーンガールの求人内容

女性達
キャンペーンガールは、履歴書不要や友達どうしの応募OKなど気軽に応募できることをアピールしている求人が多いです。

しかし誰でもできる仕事ではなく、キャンペーンガールの求人で重視されやすいポイントがあり、大きく分けて次の3つです。

人目に留まる容姿

一般的にキャンペーンガールは数人のチームで同じコスチュームを着てお仕事をします。

通りかかったお客様の注目を集めるモデル的な役割も仕事に含まれるので、外見的にはある程度の華やかさがあるとよいでしょう。

また、街角や店頭で人前にずっと立つお仕事ですので、明るさや清潔感が必要とされます。

基本的なマナーの知識があること

多くのお客様に接するうえで失礼にならない程度の基本的なマナー知識は必要です。

とはいえ、最初から完璧な知識がなくても問題ありません。マナー研修を行う企業もたくさんありますので不安がある方も安心してください。

キャンペーンガールの対応が企業イメージにつながることを意識してお客様に向き合えることが大切です。

派遣会社の登録方法

書く、デスク
キャンペーンガールのアルバイトをしたい場合は、イベント系の案件を得意とする派遣会社に登録してお仕事をするのが一般的です。

インターネット検索すると、たくさんの求人が出てきます。勤務地や勤務日数などをみて興味のあるものを見つけたら応募しましょう。

その後、登録の流れなどについて連絡が来て案件の詳細について詳しく説明を受けて研修などを経てお仕事ができます。

他にもイベント企画会社のホームページに求人が出ていることもあるので、チェックしてみてください。

キャンペーンガールバイトの仕事内容

顔、少女、クローズアップ
キャンペーンガールのアルバイトのお仕事では、主に以下のような仕事を担当します。

チラシやサンプルの配布

タバコやエナジードリンクなどの商品サンプルや企業が提供するサービスのチラシを配ります。お仕事する場所は量販店のこともありますし、街頭の人通りの多いところのこともあります。

お客様とのコミュニケーション

商品やサービスについては事前に研修が行われますので、当日のお仕事であってもきちんと頭に叩き込んでおかなければなりません。

お客様から質問をされた場合にはキャンペーンガールが対応します。難しい質問をするお客様もいるため、基本的な質問はきちんと答えられる準備が必須です。

たまに、セクハラ的なことをするお客様もいるので怒らせないように注意を払いながら、うまくあしらうようにしましょう。

写真撮影への対応

一般的には数人のキャンペーンガールがおそろいのコスチュームを着てチームで仕事をします。お客様から写真撮影を求められたら応じる場合もあります。

ただし、企業やイベントによっては写真撮影なしとなっている場合もありますので、事前にルールを確認してください。

イベントコンパニオンとの違いは

魅力的、キュート
キャンペーンガールと似ている仕事にイベントコンパニオンがあります。

イベントコンパニオンも単発や短期間のお仕事で、立ち仕事が中心である点などはキャンペーンガールと共通しています。

しかし、イベントコンパニオンはイベントでお客様への受付対応や商品説明等を行いますが、キャンペーンガールはモデル的な役割が大きいです。

イベントコンパニオンよりもキャンペーンガールの方がメディアに露出する機会が多くあります。

キャンペーンガールに向いている人

美しい、息を吹く
キャンペーンガールというとかわいいコスチュームで楽しくお仕事できるイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、向いているのはどんな人でしょうか。

気持ちの切り替えが得意な人

キャンペーンガールのお仕事では、お客様への対応がうまくいかず嫌な思いをしたり、クレームを受けたりすることもあります。

また、自己主張のはっきりした女性が多い職場のため、人間関係にもかなりの気遣いが必要なことがよくあるようです。

外見に気を配ることは当然として、他のキャンペーンガールやお客様との関わりでの苦労があります。

嫌な思いをしても気持ちを切り替えて、明るくお仕事をこなせる人は向いているといえるでしょう。

覚えることが苦にならない人

先ほどもお伝えしましたが、キャンペーンガールはPRする商品についてお客様から質問を受けることがあります。

お仕事で扱う商品やサービスについては、事前の研修で、しっかりと把握しておく必要があるのです。

知識が少ないキャンペーンガールはお客様からクレームを受けたり企業イメージを損なってしまう恐れもありますから、覚えることが苦にならない人が向いています。

体力がある方

キャンペーンガールは立ちっぱなしでお仕事をするので体力が必要。足がパンパンでも笑顔を絶やさず接客することが求められます。

また、常に大きな声で告知をし続けることもありますので声の小さい方や人前で大声を出すことに抵抗がある方はあまりキャンペーンガールには向いていません。

キャンペーンガールの年齢層や時給は?

大人の女性、紙幣

キャンペーンガールのアルバイトの年齢層は、20代~30代が中心です。学生やフリーターのほか、社会人の方が副業として働くこともあります。

モデルやタレントを目指しながら、キャンペーンガールのアルバイトをするケースもあるようです。

年齢制限は基本的にありませんが、タバコなどの年齢制限がある商品ではそれに応じてキャンペーンガールの年齢も20歳以上とする場合があります。

キャンペーンガールのバイトの平均時給は1,300円~1,600円以上と比較的高めになっています。日給制の場合、1万円くらいとなることが多いようです。

まとめ

女性、写真
キャンペーンガールは単発や短期間のお仕事が多く、短時間で効率よく働きたいという人にぴったりのお仕事です。

お給料が高めではありますが、商品やサービスの知識など覚えることはたくさんあり立ち仕事で体力勝負な一面もあります。

かわいいコスチュームを着てお仕事ができて楽しいですが、嫌な思いをしても笑顔で対応しなければならないなど、つらい面もあります。

お給料が高いように見えても、事前の研修や知識を覚える時間などを含めると拘束時間が長くなり、効率がよいと思えないケースもあります。

一方で、お客様に接する際のマナーや美しい立ち居振る舞いなど、社会人として得られるものも多く、就職前になったという声もありました。

何のキャンペーンをどのような場所で行うのかなど、お仕事の内容は多岐にわたりますので、お仕事の内容とお給料のバランスをよく見て選ぶことが必要です。

今回の記事がキャンペーンガールのアルバイトに興味のある方にお役に立てましたらうれしいです!