不動産業界の中でも資産の管理や経営に関わる職種であるプロパティマネージャーの仕事はどういったものなのでしょうか。

今回はプロパティマネージャーの仕事内容とあわせてその大変さ・メリットを解説していきます。

プロパティマネージャーの仕事内容を解説

ノートパソコン、女性の手、スマホ

プロパティマネージャーは簡単にいえば不動産関連の資産管理の仕事です。

プロパティとは資産や不動産のことを指し、マネージャーはその管理者・運営者を指します。

不動産を所有しているオーナーの悩みを解決するべく、入居者の管理や建物の管理・運営といったサポートを行います。

近年、不動産運用で収益を上げたいと考えるオーナーが、専門会社に管理等のアウトソーシングをするケースが増えてきました。

所有者と経営者が別々になることで、効率的な運営が可能となるためです。

その経営部分を担当し、オーナーの期待以上の利益を上げることがプロパティマネージャーの仕事といえるでしょう。

そんなプロパティマネージャーの仕事内容は多岐にわたります。

ここでは具体的な内容をご紹介していきます。

リーシングマネジメント

賃貸物件、名刺を差し出すビジネスウーマン

不動産業界におけるリーシング(Leasing)とは、商業用不動産の賃貸支援や、その契約の仲介業務を指します。

リーシングマネジメントは商業用不動産の空室にテナントを誘致するための営業活動を行い、物件の稼働率を上げる業務です。

マーケット調査やポジション査定はもちろん、テナント募集から賃貸借契約の締結まで担当します。

この賃貸借契約やリーシング業務を有利に行うために必要な提案をオーナーにすることも業務のひとつです。

商業用不動産から得られる収益を高めることを目的に運営を行う視点が必要となります。

テナント管理

笑顔のビジネスウーマン、会議

テナント管理は不動産へ入居するテナントの窓口となる業務です。

入居者と円滑なコミュニケーションを行い信頼関係を築くことで、契約を継続させ安定した賃貸収入を得ることができます。

テナントとの関係性はクレームや賃料未払い、退去トラブルなどの防止に繋がる重要なポイントです。

また、信頼関係があることで新規案件の提案なども出来るようになります。

このように、テナント管理はプロパティマネージャーの仕事の中でも不動産の収入に直接かかわる業務といえるでしょう。

建物管理

作業着、ヘルメット、悩む女性

建物管理業務はビルディングマネジメントとも呼称されます。

この業務は建物に対する巡回点検や、定期的な法定点検・自主点検・清掃などの管理を行うものです。

これには入居者や来訪者の満足度を高める効果があるため、テナント管理と共に信頼関係を築くことも可能です。

さらに、適切な管理・修繕・点検をしていくことで建物の資産価値を維持することもできます。

コンストラクションマネジメント

ヘルメットを持つ作業着の女性

コンストラクションマネジメントはCM方式とも呼ばれる方法です。

建物の修繕・増築などの工事の際、オーナーと建設請負人の間を取り持ち、工事の運営管理を担う業務を指します。

具体的には、予算に見合うコスト調整や工期の進捗管理といったものを一括で管理するのです。

大型施設やマンションといった大きな物件の修繕やリニューアル工事では計画性が重要視されます。

第三者が専門的な視点から工期や工程・コストのマネジメントを行うことで、コンプライアンスや透明性が高まります。

 

ワンポイント
プロパティマネージャーには建物管理やリーシングマネジメントなどの仕事があります。

プロパティマネージャーの大変さ

頭を抱えて悩む女性

プロパティマネージャーには商業用不動産やマンションなど大規模な建物の運営・管理を行えるというやりがいがあります。

大勢の人の暮らしを支えるという社会的な貢献度も高いのですが、その反面、大変なことも存在します。

ここではプロパティマネージャーの大変さを具体的に見ていきましょう。

抱える業務が多い

困るビジネスウーマン、スマホ

プロパティマネージャーの業務は先ほどご紹介したもの以外にも存在します。

  • 入居者やテナントに対する請求書の発行・入金確認
  • 物件管理費用の清算業務
  • オーナーに対する収支予算計画の作成・実績管理・報告
  • 賃料の未納・滞納に対する督促と交渉
  • 入居者やテナントからのクレーム対応
  • 停電・漏水・故障などの緊急対応
  • 原状回復工事の対応
  • 空室の対策や設備投資といった資産価値を向上させる提案

このように、実に多くの業務を抱えているのがプロパティマネージャーです。

プロパティマネージャーは不動産から得られる収益を高めるための仕事です。

オーナーの視点から不動産の運営・管理について立案し、責任をもって行動していかなければなりません。

そのため、不動産業界の中でも特に抱える業務が多く、覚えるのが大変というポイントがあります。

また、会社としては土日休みでも管理物件に何か問題が発生すれば休日出勤もやむを得ないケースも存在します。

責任が大きい分、私生活よりも仕事に対する比重も大きくなる傾向があるのです。

クレーム対応

プロパティマネージャーはテナントや入居者のクレーム対応もしなければなりません。

大型施設や大きなマンションになればなるほどテナントや入居者は増え、トラブルも増えていきます。

トラブルの種類も隣人関係の不仲や騒音・ゴミ出しマナー・施設設備の故障や破損など多岐にわたります。

クレームが起きるような問題がないことが一番良いのですが、生きている人間が関わっている限りそれは不可能といえるでしょう。

プロパティマネージャーには小さな問題から大きな問題まで、様々なクレームに柔軟な対応が求められます。

また、こういったクレーム対応の為に休日出勤や長時間労働を強いられることもあります。

 

ワンポイント
プロパティマネージャーの大変なポイントは抱える業務の多さやクレーム対応にあります。

プロパティマネージャーに転職するメリット

ポイントを指さすビジネスウーマン

大変なことも多いプロパティマネージャーですが、転職するメリットも存在します。

どんなメリットがあるのか詳しく解説していきます。

将来性がある

プロパティマネージャーは近年将来性が高まっています。

不動産オーナーの中でプロパティマネジメントの重要性が高まってきているためです。

日本の人口が減少し始めると、賃貸物件の空室率が上昇して不動産の価値が下がり始めました。

空室状態が続くと賃料も下落し、空室対策としてリノベーションなども必要となります。

このリスクを避け、物件価値を上げてくれるのがテナントや入居者の管理をしてくれるプロパティマネージャーという存在です。

他にもプロパティマネージャーは賃料の徴収・督促・賃上げ交渉といったテナントや入居者の対応も可能なのでオーナーの強い味方です。

経済情勢が変わるにつれ、不動産は単なる運営ではなく、収益率を高める経営をしなければ生き残れなくなってきました。

しかし、オーナーが経営するのは難しいので、専門知識を持ったプロパティマネージャーに依頼するケースが増えているのです。

このプロパティマネージャーの将来性の高まりは、不動産売買や鑑定においても影響を及ぼし始めています。

これからの時代は更に収益率を高めるような経営戦略が必要となるといわれています。

そのため、この先も不動産経営のプロとしてプロパティマネージャーは重宝されていくといえるでしょう。

資格は必要ない

プロパティマネージャーはオーナーが所有する不動産の管理と経営を担う責任の大きな仕事です。

しかし、プロパティマネージャーになるための資格というものは特に必要ありません。

そのため、未経験の初心者でもやる気さえあれば飛び込める職種なのです。

業界未経験・職種未経験でも経験を積んでスキルやノウハウを学ぶことで活躍することが可能となります。

やりがいや責任の大きな仕事をしたい・不動産の経営に関わる仕事をしたいといった場合はおすすめの職種といえます。

もしプロパティマネージャーへ転職を目指したいと考えている場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントはあなたの経験やスキル・希望条件に合う求人を紹介してくれます。

プロパティマネージャーに向いている人の特徴は?

クエスチョンマーク、悩むビジネスウーマン

プロパティマネージャーはオーナーの要望を汲み取りながら不動産の管理・経営を行っていかなければなりません。

プロパティマネージャーに向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 相手のニーズを汲み取る能力がある人
  • 収益率を上げる提案実行力がある人
  • 不動産知識を積極的に勉強する気持ちがある人
  • チームで成果をあげるための協調性がある人
  • どんなトラブルでも取り乱さないおおらかさがある人

こういった特徴があればプロパティマネージャーに向いているといえます。

オーナーや入居者のニーズを汲み取る力を持っていなければ経営と運営がうまくいかないでしょう。

また、要望を聞いてばかりではなく、能動的に経営戦略に関する提案をして実行していく力を持っていることも重要です。

プロパティマネージャーの業務は多岐にわたるため、様々な不動産知識が必要となります。

多くの知識を積極的に吸収する熱心さはプロパティマネージャーとして成長するためにもそなえておくべきでしょう。

プロパティマネージャーは1人ではなくチームで経営戦略や運営を担うこともあります。

チームで成果を上げるためには協調性が必要不可欠です。

さらに、プロパティマネージャーは入居者やテナントからのクレーム対応も担当します。

こういったクレーム対応では、冷静に対処することが求められます。

また、トラブルやクレームというものはどんなに対処してもどこかから生まれてくるものです。

完璧主義よりも少しおおらかな方がストレスを抱えずに仕事をこなしていけるでしょう。

 

ワンポイント
プロパティマネージャーに向いている人には協調性があることなど様々な特徴があります。

プロパティマネージャーに必要なスキル

人差し指をたてるビジネスウーマン

プロパティマネージャーは初心者でも挑戦できる職種のため、必ず持っていなければいけない資格は存在しません。

しかし、スキル面ではどうでしょうか。

基本的に、プロパティマネージャーは不動産業界での経験や不動産管理の知識などを持っていると歓迎される傾向があります。

また、不動産のオーナーや入居者・テナントと直接かかわる機会があるため、コミュニケーションスキルは必要といえます。

経営戦略や運営に関わる仕事ではありますが、オーナーや入居者の立場で物事を考えることも大切です。

また、数字管理スキルや分析経験を持っていることも歓迎条件となっていることが多くなります。

マネジメント経験やプロジェクトリーダー経験があると、チーム型のプロパティマネージャー職では重宝されるでしょう。

 

ワンポイント
プロパティマネージャーにはコミュニケーションスキルやマネジメント経験が必要です。

プロパティマネージャーの年収事情

電卓を持つビジネスウーマン

プロパティマネージャーへの転職を考えている場合、気になるのが年収事情です。

プロパティマネージャーの平均年収は500万円前後となっています。

しかし、企業規模や管理する不動産の種類によってこの水準は変動してくるので注意が必要です。

経験やスキルに応じて良い条件を提示してくる企業がいる場合は700万円以上の年収になるケースもあります。

また、資格手当を出している企業も多いため、不動産資格を保有していれば年収が上がる傾向があります。

入社時は年収が少ない場合でも、経験を積んでスキルを磨けば報酬を得ることができる職種です。

努力次第で高額な年収も目指せるプロパティマネージャーへ転職を考えている場合は転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントは希望年収にあわせた企業の求人を探して紹介してくれます。

応募書類の添削や面接対策など転職活動に関する総合的なサポートを行っているので、一度利用してみることをおすすめします。

プロパティマネージャーで役立つ資格はある?

ノート、スマホ、ペン

プロパティマネージャーになるために必要な資格というものはありません。

しかし、プロパティマネージャーの業務上で役立つ資格は存在します。

ここではその資格について詳しくご紹介していきます。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は宅建の名でも親しまれている不動産の国家資格です。

不動産取引に関する法令・税務知識や建築基準法など不動産業界で働く人が知っておきたい知識が詰まった資格といえます。

宅地建物取引士の資格を持っていることは宅地建物の取引の専門知識を持っているという証明になり、信頼度が上昇するのです。

宅地建物取引士の資格を持っていれば、出来る業務の幅が広がります。

  • 宅地建物取引の契約締結で重要事項の説明をする
  • 宅地建物取引の契約締結後の書類に署名・押印をする
  • 土地・建物の売買をしたい顧客のサポートをする
  • 上記の契約締結サポートを全般的に行う
  • 不動産運用のコンサルティング事業を行う

こういった業務を信頼感のある状態で担当できるため、プロパティマネージャーとしてキャリアアップにも繋がる資格です。

管理業務主任者

こちらは管理の委託契約の重要事項を説明したり、記名・捺印をしたりと独占業務に関する専門性の高い資格です。

マンションやビルの事務作業や理事会の運営サポート・設備や建物の管理なども行うことができます。

こういった建物の管理人に対する指導や支援も任されるでしょう。

マンションや大型ビルの管理やマネジメントを主軸としている企業で必要になる可能性が高い資格です。

マンション管理士

こちらはマンション管理の専門知識とトラブルの対処方法・管理組合運営代行など多くのスキルを証明できる資格です。

マンション運営で発生する管理トラブル対応や入居者にとって居心地の良い運営を行う提案をすることができます。

マンション・アパートなどの賃貸運用と管理をメインで行っている企業ではこちらの資格が重宝されます。

プロパティマネージャーと似ている職業

比べるビジネスウーマン

不動産業界にはプロパティマネージャーと似ている職業がいくつかあります。

具体的な職業を見ていきましょう。

アセットマネージャー

アセットマネージャーは不動産を含めた資産全体の利益を最大化するための経営戦略を提案する職業です。

プロパティマネージャーと業務内容が似ているため、混同されることも多い職業といえます。

アセットマネージャーは不動産以外の資産、つまり金銭といったものの運用も担当することが大きな違いです。

対するプロパティマネージャーは不動産の専門家といえばわかりやすいでしょう。

ファシリティマネージャー

ファシリティマネージャーはより不動産の経営管理に特化した職業を指します。

管理施設や設備・周辺環境など多くのものを関連づけて考え、利害関係者の利益につながる企画立案や管理・運営を行います。

プロパティマネージャーよりも広い視野で物事を考え、長期的に利益が生まれるようにマネジメントする仕事です。

転職の悩みは転職エージェントに相談してみよう

スマホを操作する笑顔の女性

不動産業界は将来性の高い職種が多く、転職先の業界として選ぶ方が多くいらっしゃいます。

その中でもプロパティマネージャーはやりがいが大きく、初心者でも挑戦しやすいため人気の職種です。

プロパティマネージャーを目指して転職活動をする中では多くの悩みが生まれるかと思います。

特に書類選考や面接対策など、合否に直接かかわるポイントの悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントはプロパティマネージャーとして必要とされるスキルやポイントを押さえたアドバイスをしてくれるのです。

新しいフィールドでプロパティマネージャーに転職して活躍したい場合は活用すべき方法です。

まとめ

住宅模型を持つビジネスウーマン

プロパティマネージャーは年々将来性が高まっている注目の職種です。

プロパティマネージャーの仕事内容を理解し、役立つ資格を取得することで転職に有利な状況を作り出すことができます。

転職活動で悩みを抱えているときは転職エージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら