データベース(DB)技術は、どのシステムにも欠かせない普遍的なものです。

だからこそ、DBスペシャリストは誰からも頼られ、代えがきかないオンリーワンな存在

DB技術のスキルと知識を身につければ、将来のキャリアを開く絶対的な強みになります。

アプリやネットワークの設計や構築業務だけでなく、製品知識を極めればセールスという選択肢も。

多様なキャリアパスを描くことができるDBエンジニアに役立つおすすめの資格について解説します。

データベースエンジニアに役立つ資格を解説

図書館で本を広げて座っている女子大生1

DBエンジニアとして仕事をするために資格取得の必要はありません。

しかし、資格取得はスキルアップにつながり、基礎知識に加えて高度で総合的な技術力があることを証明できます。

資格があれば企業から高評価を得て転職に成功し、さらに収入がアップする可能性もあります。

特にDBエンジニアに役立つ資格は次の5つです。

  • 情報処理技術者試験
  • MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)
  • Oracle Master
  • OSS-DB技術者認定資格
  • データベーススペシャリスト試験

それぞれどんな特徴があるのか、詳しくみていきましょう。

 

ワンポイント
DBエンジニアとしてスキルアップできる資格にはどのような特徴があるのか理解しよう

おすすめの資格「情報処理技術者試験」

プログラム・コード

DBエンジニアは、まずITエンジニアとしての基礎知識を身につけていなければなりません。

「情報処理技術者試験」では、データ群を分析してパフォーマンスに優れたDBシステムの基盤を提供するための基礎知識が試されます。

他の資格を取得する前に、まずこの基礎的なインフラ系スキルを身につけ、顧客からだけでなく社内的にも高い評価を得ましょう。

資格の特徴

オシャレなオフィスで仕事する女性の手元1

「情報処理技術者試験」は、経済産業大臣が管轄する情報処理推進機構(IPA)が運営するIT分野では最も認知度が高い国家資格です。

資格は全部で12種類ありますが、DBエンジニア向けには難易度の低い順に次の4種類があります。

  • ITパスポート試験
  • 基本情報処理技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • データベーススペシャリスト試験

おすすめの理由

「情報処理技術者試験」の中でも「基本情報技術者試験」は、ほとんどのITエンジニアの登竜門とまでいわれています。

経験が浅いDBエンジニアでも、この国家資格を取得することで幅広い基本的知識を身につけていることが証明できます。

「情報処理技術者試験」は、転職先に良い印象を与えることができる、おすすめの資格です。

 

無料転職相談をして資格にあった転職先を見つけよう

 

おすすめの資格「MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)」

資料を作成する女性

マイクロソフト社の製品は様々な分野で利用され、全世界で認知されています。

マイクロソフト社製品を確かな知識とスキルで操作できる能力があれば、世界に通用するDBスペシャリストです。

希望の職種と必要資格がMCPにリンクしていれば、転職先に自分を強くアピールすることができます。

資格の特徴

MCPは世界各国の言語で実施され、同内容・基準の世界に通用するベンダー系の資格プログラムです。

DBエンジニアの技術的な専門知識を、マイクロソフトの製品、テクノロジー、ソリューションの幅広い角度から検証します。

MCPでは「マイクロソフト認定ソリューション(MCS) アソシエイト」資格を取得すると、次の2つの資格を取得することができます。

  • エンジニア向けの「MCSエキスパート」資格
  • デベロッパー向けの「MCSデベロッパー」資格

おすすめの理由

ガッツポーズを取るビジネスウーマン

世界的に通用するMCP資格は、さまざまなマイクロソフト社製品に個別に対応できる能力を証明します。

未経験者ではなく、ある程度の実務経験がある転職希望者がMCPを取得していれば、スキルの証明になります。

MCP資格は、目指したいキャリア分野でのスペシャリストとして意識の高さを示すことができる、おすすめの資格です。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


おすすめの資格「Oracle Master」

プログラミング・コーディング

Oracle社は世界的に利用されているDB管理システム、Oracle Databaseを提供しています。

2020年、Oracle Masterは累計27万人を超え、DB管理者としてのスキルを証明する最適な資格として確固たる実績を示しました。

また、ITを取り巻く状況が急速に変化しているため、2020年1月から資格体系を刷新しました。

資格の特徴

Oracle Masterは20年以上にわたり市場で広く認知されたITベンダー資格です。

2020年1月より、バージョン非依存の資格になっただけでなく、SQLが独立資格となるなど新体系Oracle Master 2019に移行しました。

DB管理者にはロールごとに以下の4つの認定資格があります。

  • Bronze
  • Silver
  • Gold
  • Platinum

これらの認定資格は、スキルアップの指針として活用することができます。

さらに、プロダクトに依存しない汎用的なSQL言語の知識を証明する「Oracle Master Silver SQL」が導入されました。

これにより、Oracleを扱わないディベロッパーやデータ分析エンジニアなどのユーザーにも有意義な資格になりました。

おすすめの理由

指差しするデスクワークの女性

Oracle Masterの資格は、Oracle専門エンジニアとしてシステムの開発・DB管理・保守・運用スキルがあることの証明です。

「Silver」以上の資格を取得できれば、難易度が高いため即戦力として認められます。

「Gold」を取得すれば、Oracle社認定の世界共通資格Oracle Certified Professional(OCP)に自動的に認定されます。

さらに、転職先で資格手当がもらえる可能性もある、おすすめの資格です。

 

無料転職相談をして自分だけのキャリアパスを描こう

 

おすすめの資格「OSS-DB技術者認定資格」

明るい街並みとビジネスアイコン

オープンソースデータベース(OSS-DB)は、オンライン上で無償公開される改変・再配布が可能ですが商用DBに引けをとりません。

OSS-DBを効率的に活用したい企業は増え、そのスキルを習得する重要性が高まっています。

OSS-DB技術者認定試験では、OSS-DBの基礎知識、システム設計スキル、大規模システム構築力・運用力が認定されます。

「ビッグデータ」「情報セキュリティ」「クラウドコンピューティング」などの今後成長する分野でとても有利です。

資格の特徴

OSS-DB技術者認定試験は、DB管理やアプリ設計・開発技術力を「Gold」と「Silver」の2つのレベルで認定します。

「Gold」は大規模DBの運用管理などに関する応用スキルを認定し、「Silver」は小規模DBの運用管理などに関する基本知識・スキルを認定します。

資格の有効期限は5年間ですが、「Gold」は有効期限内の「Silver」資格を同時に有していることが条件です。

おすすめの理由

ノートパソコンを使う日本人女性ビジネスウーマン

多くの企業が事業発展のためビッグデータの膨大な量のデータを収集、解析できるDBを必要としています。

今日、ビッグデータを迅速に処理できるDB開発・運用ソフトはOSSで制作され、その重要性は高まっています。

OSS-DB技術者資格は、ニーズに合ったOSS-DBを提案・管理・運用できる人材として優位にアピールできる、おすすめの資格です。

おすすめの資格「データベーススペシャリスト試験」

勉強する人1修正版

人工知能(AI)技術が発達し、ビッグデータ解析に精通しているDBエンジニアへの需要は高まっています。

技術革新や情報更新、クラウド化するDBに対応できる知識やスキルは「データベーススペシャリスト試験」で証明することができます。

システム基盤の企画提案・要件の定義・開発・運用・保守ができる高度で幅広い専門知識が問われる難易度が高い国家試験です。

急速に進化するDB技術の最先端で活躍するエキスパートとしての専門性を証明し、転職を有利に進めましょう。

資格の特徴

この試験は経済産業省認定の国家資格「情報処理技術者試験」の一区分ですが、2019年度の合格実績は14.4%と難関です。

DBシステムの企画から保守まで多岐にわたる試験範囲はレベル4とされ、総合的知識を有する上級SEとしての能力を認定します。

次の4つの資格があれば、「データベーススペシャリスト試験」の一部免除があり有利です。

  • 中小企業診断士試験
  • 技術士試験
  • 弁理士試験
  • ITコーディネータ試験

おすすめの理由

アクションマークと女性

「データベーススペシャリスト試験」は難関ではありますが、この資格は上級SEである証明になります。

ぜひこの資格取得にチャレンジして、専門性の高いDBエンジニアとしてのスキルアップにつなげましょう。

大規模DBが取り扱える上、新技術や情報にも精通し、システム構築~運用までを総合的に支援できる人材としてアピールしましょう。

企業から高い評価を得て収入アップにもつながる、おすすめの資格です。

 

ワンポイント
資格にはそれぞれ特徴があり、どれもスキルアップになるので積極的にチャレンジしてみよう

データベースエンジニアの資格取得のメリット

握手するビジネスウーマン

データベース(DB)エンジニアは、システムインフラのスペシャリストです。

DBに関する知識はもちろんのこと、それを企画・開発・運用・保守する網羅的なスキルが求められます。

DBエンジニアは資格を取得する必要はありません。

しかし、資格を取得するための努力を惜しまないこと、そして実際に資格を保有していることにはさまざまなメリットがあります。

では、具体的に説明しましょう。

スキルの証明ができる

DBエンジニアはITシステムのDB設計から保守までを担う総合的な技術者です。

DBに関する基本的知識があることは必須ですが、その知識を実務に活かせるスキルが求められます。

資格があれば、就職や転職に際してスキルがあることが証明され、技術者としてのアピール度がアップ

難易度の高い資格取得は上級エンジニアとしての評価と高い収入が得られる上、将来性や幅広いキャリアパスが描けるようになります。

資格勉強で知識がつく

資格取得のための学習の過程は学びの質と実務性が高く、資格そのものと同じくらい重要です。

資格の難易度に応じた勉強をしっかりと行い、試験当日には万全の準備をして本番に望みましょう。

過去問で傾向と対策を練るだけでなく、記述式の出題にも対応できるよう各テーマを深く理解する必要があります。

下位資格が上位資格の受験条件である場合は、順番に資格を取得してプロフェッショナルとしてのスキルを高めましょう。

転職に役立つ

喜ぶ女性1

経済産業省のデータ駆動型社会に関する報告書には、製造プロセスやモビリティなどの領域でITシステムの革新的変化が生じるとされています。

膨大なデータを取得して管理する方法も例外ではありません。

この急激な変化に対応できるデータ管理のスペシャリストとしてDBエンジニアに対する期待は高いのです。

資格取得は、この高まる期待に応える高度な専門性を証明でき、トレンドを捉えたスキルアップにもつながります。

地道に学習する必要がありますが、将来性のあるDBエンジニアとして明確なキャリアパスを見いだすことができます。

転職に成功するには、資格取得が一番の近道だといえるでしょう。

 

ワンポイント
資格取得にチャレンジして、転職に成功するだけでなく将来のキャリアパスも広げよう
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


募集要項で特定の資格を必要とする企業もある

日本人キャリアウーマンのポートレート3

特定の資格を必要としないDBエンジニアですが、企業の中には必須要件として特定の資格を求めるケースがあります。

Microsoft SQL ServerやOracle、MySQLなどの大規模なシェアを占めるDB製品をシステム基盤とする企業だけではありません。

ビッグデータを高速処理できるMongoDB、Redis、Memcachedなどのソフトを利用する企業も。

プログラマーやSEとしての実務経験に加え、各企業の戦略に応じたスキルセットの要件を把握して資格を取得し転職を優位に進めましょう。

 

ワンポイント
 企業の戦略を分析して、必要なスキルセットを把握しておこう

転職相談は転職エージェントを活用しよう

窓の外を見るビジネスウーマン1

キャリアパスに正解はありません。転職は希望者ひとりひとりの人生に関わる重要事です。

妥協せず納得できる道を探していきましょう。

そのためには最新の情報を多く入手し、転職先への理解を深める必要があります。

自分の力だけに頼らず、経験豊富な転職エージェントに相談して求人内容を詳しく分析し、圧倒的に有利に転職活動を進めましょう。

複数のエージェントを利用すれば情報のブレをなくすことができ、各エージェントが保有する求人を幅広く活用することが可能です。

エージェントには、自分の情報と転職理由、今後つきたい仕事の内容、希望の勤務地や年収を事前に明示してください。

面接対策でも、エージェントを活用すれば転職希望先の企業の営業担当者と直接話をしてくれます。

詳細な情報が得られる上、面接終了後にフィードバックを確認してもらうことも。

直接応募では聞くことができないエージェント経由だからこそ得られる情報をうまく利用しましょう。

給与の交渉もエージェントが支援するので、最終面接から内定の間にエージェントへ希望を伝えて交渉してもらいましょう。

また、内定通知書もエージェント経由で受け取って内容を確認し、必要に応じて条件面談を設定してもらうこともできます。

転職エージェントをフル活用して、転職を成功させましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

オシャレなオフィスで仕事する会社員21

DBエンジニアは、さまざまなビジネスの基幹であるDBを専任で扱う技術者として、情報システムには不可欠な存在です。

しかし、AIやIoTの時代になり、DB技術だけにとどまっていては需要が減る一方。

DB技術は絶対的な強みですが、もはや専門性を追求するだけではだめなのです。

幅広い周辺知識を習得し、加速化するIT環境の革新にも対応できるオールラウンダーとして最高の逸材に成長していきましょう。

デジタル化が進む「データ駆動型社会」の到来を前に、最新の技術動向を捉えたDBエンジニアのスキルこそが不可欠なのです。

DBエンジニアとしてのスキルを証明するために、ここで詳しく解説した「おすすめの資格」に積極的にチャレンジしましょう。

将来性のあるキャリアパスが、貴女の一歩を待っています。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!