ナイトクラブのバイトの仕事内容を解説!平均時給や案件の傾向は?きつい評判を口コミから検証!メリットとおすすめ理由もご紹介

ナイトクラブでの仕事は、カフェやレストランなど一般的な飲食店と共通する業務も含まれます。

ただ、夜間に営業している部分はもちろん、他にも異なるところが多いのがナイトクラブです。

この記事では、ナイトクラブのバイトについて注目しています。

どのような仕事があるのかはもちろん、平均時給やメリット、注意点などもチェックしていきましょう。

ナイトクラブのバイトにはどんな仕事内容がある?

クラブ、ディスコ

ナイトクラブの仕事にはさまざまなものがあり、業務の区分けもはっきりしています。

バイトをする際は職種によって仕事内容が違うため把握しておきましょう。

ホールスタッフ

ナイトクラブの仕事でバイト率が高い部門はホールスタッフです。

ホールスタッフの仕事内容でメインとなるのは、お客様のオーダーを取り、飲み物や料理を運ぶなどの接客業務です。

テーブル周辺をクリーンな状態に保つ業務なども他の飲食業と共通します。

ただ、ナイトクラブはVIPのお客様が訪れることも多く、高級ボトルを開けてサーブすることも珍しくありません。

こういった部分が一般的な飲食店とは異なります。

また、ナイトクラブは音楽やダンスで盛り上がり、誕生日などの記念日にはさらに熱気が高まります。

そのためお客様を盛り上げることも業務のひとつであるといえるでしょう。

フロントスタッフ

ナイトクラブには、ホテルのフロントのような業務を行うポジションもあります。

問い合わせや予約の電話への対応、来店したお客様のお迎えやお見送りなどもメインの業務です。

店内を知り尽くしていることが必要になってきます。

また、VIP客が来店した際のエスコート役を担うなど、まさにナイトクラブの顔ともいえる仕事でしょう。

また、フロントスタッフはお金の管理も行っており、バイトが業務をサポートするときは責任感が求められます。

エントランススタッフ

お店の印象を最初に感じるエントランススタッフの業務も、フロントスタッフと似ているところがあります。

VIP客の問い合わせ業務のほか、新規客に対しての初期対応も主な仕事のひとつです。

店内の状況を把握しておき、できるだけお客様の要望に沿った席に案内。

満足してもらいながら店の売上にも貢献する対応力や営業力が必要とされます。

他にも、混雑時の人員整理やドレスコードのチェック、ゲスト管理などもエントランススタッフの業務です。

バーテンダー

バーテンダー

バーテンダーはお客様の注文を聞いてドリンクを作るのが仕事です。

ただ、落ち着いた雰囲気のなかでお客様と会話をしながらドリンクを作るバーなどのお店とは少し違います。

ナイトクラブでは大勢のお客様から注文を受けることもあるため、手際よい仕事が求められます。

そのなかでVIPのお客様の注文にも応えなければなりません。

テキーラガール

球場にいるビールの売り子のように、ナイトクラブやイベントでテキーラを売る仕事がテキーラガールです。

かわいい衣装や少々セクシーな衣装を身につけ、店内でテキーラを売り歩いています。

バイトを始めるにあたって特にお酒の知識が必要なわけではなく、お酒を飲めなくても大丈夫です。

ただし、お客様からテキーラをおごられることもあるため、お酒は飲めるほうがメリットになるでしょう。

また、ノリのいい人のほうが売り上げも上げやすいといえます。

DJ・ダンサー

DJ、女性

DJのかける音楽やダンサーの情熱的なダンスで盛り上がるところがナイトクラブの特徴のひとつです。

お店のアピールポイントともいえる役割を担っていることもあり、バイトのポジションとしては珍しいです。

パフォーマンスも質の高いものを求められるため、多くはプロの人が出演しています。

ただ、経験やパフォーマンスマンスに自信があるという人であればチャンスはゼロではないでしょう。

お店によってはバイトやフリーランスとして参加できるチャンスはあるかもしれません。

セキュリティ

ナイトクラブのお客様が心配なく店内で楽しめるように働くのがセキュリティの仕事です。

怪しい人を入店させない、危険物を持ち込ませないようにします。

また、お酒を提供するお店であることから、未成年が入店しないようにチェックもしています。

ほかにも、忘れ物や落とし物探し、泥酔した客の対応なども業務に入ります。

セキュリティは仕事柄男性がメイン。

格闘技経験者やスポーツをしている体育会系の人など腕っぷしに自信がある屈強な男性が中心です。

ナイトクラブのバイトの傾向は?

お酒

ナイトクラブのバイトは一般的な飲食店などと比べると、大人っぽいイメージを持つことが多いでしょう。

基本的にナイトクラブはお酒を提供し、夜間のみ営業するお店です。

そのため、イメージ通り大人を相手にする仕事だといえます。

実際にバイトをしているのはフリーターや大学生など20代の若者が多く、女性よりも男性の方が多めです。

ただ、女性のバーテンダーなどは珍しい存在ではありません。

決して男性だけの職場というわけではないのです。

ナイトクラブのバイトの平均時給は?

ドルの札束

ナイトクラブの営業は夜間ということもあり、一般的な飲食店のバイトに比べると時給は高めです。

たとえば、ファミリーレストラン。

東京都や大阪府などの都市部で時給1,000円程度のところがあるものの、地方の場合は時給800円台や900円台のところも多いのが実情です。

一方で、ナイトクラブは1,000円~1,500円程度の時給になることも珍しくありません。

職種によってはもっと高額になることもあります。

たとえば、テキーラガールの場合は基本給だけでなく売り上げに応じた歩合給がプラスされるケースもあります。

実質的に時給3,000円程度の高収入になることも珍しくありません。

ナイトクラブのバイトはきつい!?

大人っぽいイメージで高収入も望めそうなナイトクラブのバイトですが、メリットばかりではありません。

そこで、仕事がきついという口コミをもとに、ナイトクラブでバイトする場合の注意点について説明します。

昼夜が逆転した生活

ナイトクラブでのバイトは夜間であるため、出勤する日は当然夜に就寝して朝起きるという通常の生活ができません。

「人が少ないとロングのシフトばかり任される」という声も見られます。

結果的に仕事が休みの日も倦怠感に襲われ、体力的に限界を迎えていた方も珍しくないようです。

出勤する日が続けば昼夜が逆転した生活になってしまうでしょう。

毎日出勤していない場合でも、生活のリズムが乱れがちになる可能性があります。

カレンダー通りの休みは取れない

カレンダー

昼夜逆転の生活では「友人と予定が合わない時もある」という意見も見られます。

ナイトクラブをはじめとしたサービス業は、土日や祝日が休みという仕事ではありません。

そのため、昼夜逆転の生活同様、土日祝が休みの友人と約束が難しいことも珍しくないでしょう。

特にハロウィンやクリスマスなどのイベントがあるとナイトクラブは余計に忙しいです。

お酒を出すお店ならではの苦労

特にバーテンダーやテキーラガールの場合、お客様からお酒を勧められることもあります。

事実、何かにつけてお酒を勧められて飲む機会があるという評判が見られます。

お酒が好きな人にとっては嬉しいことかもしれません。

とはいえ回数が多いと体調に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

また、酔っぱらったお客様に絡まれることや、酔いつぶれた人の対応をすることもあります。

そういったお酒関連の出来事でストレスを感じてしまう可能性も高いでしょう。

ナイトクラブでバイトするメリット

セクシーな女性

実際にバイトするとなると大変なこともあるナイトクラブ。

しかし、そのような苦労を相殺する、またそれ以上に魅力的なメリットもあります。

ここからはナイトクラブでバイトをするメリットについて詳しく紹介します。

高給が期待できる

やはりナイトクラブのバイトはほかのバイトに比べて時給が高めというところがメリットのひとつです。

たとえば、時給1,200円で8時間勤務すると一晩で9,600円になります。

歩合給が加算される職種やチップがもらえる職種では、さらに稼ぐことも可能です。

そのため、短時間・短期間で稼ぎたい人にとってとても魅力的なバイトだといえるでしょう。

出会いが多く、コネを作ることができる

ナイトクラブには実にさまざまな人が訪れます。

お客様のなかには経営者の人もいれば、大手企業勤務の人などもいます。

お酒を飲みながら盛り上がっていることもあって、バイトの立場でもお客様と打ち解けて会話ができる機会も多いです。

ゲストの管理や問い合わせ等に対応すべく連絡先を交換することも珍しくないため、コネを作ることができます。

有名人に会えることも多い

店舗にもよりますが、ナイトクラブには芸能人やスポーツ選手、海外アーティストなどの有名人も訪れます。

もちろん、業務上知り得たことは外に漏らさないという守秘義務があるため注意は必要です。

ただ、間近で有名人を目にすることができるのは事実。

場合によっては会話ができるチャンスすらあるかもしれません。

ある意味これも大きなメリットだといえます。

ナイトクラブでのバイトをおすすめする理由

ディスコ、カップル

ホールスタッフはシャンパンなどをサーブすることがあり、バーテンダーやテキーラガールはお酒を提供する仕事です。

ただし、バイトを始めるにあたって必ずしもお酒の知識は必要ではありません。

未経験でも大丈夫という求人が多いのです。

もちろん経験があれば優遇されることはあります。

しかし、接客業に携わってみたい人にとって始めやすく、仕事をしながらお酒の知識も得ることができる仕事です。

また、ナイトクラブには日本人だけではなく外国人のお客様も増えています。

英語はもちろん、中国語など需要のある外国語を話せるなら言語能力を生かして働ける場としておすすめです。

さらに実践的な会話力を身につけたい人や、これから外国語を学びたいという人にとっても生の外国語に触れる機会を手に入れられます。

ナイトクラブはお客様が日常を忘れて楽しく過ごすことができる空間です。

お酒が提供されるお店でもあり、多くの人が盛り上がっています。

スタッフはその盛り上げ役を担うこともあるため、ノリがよく、盛り上げるのが上手な人は向いています。

ナイトクラブの仕事に興味があるならば、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。