データサイエンティストはIT業界の中でも専門性が高くキャリアアップとして目指す人も多い職種の1つです。

そんなデータサイエンティストの転職を目指す時に自己PRの書き方で悩む女性もいるのではないでしょうか。

今回はそんな自己PRの書き方について詳しく解説していきます。

データサイエンティストの自己PRの書き方を解説

考える女性

志望する企業が決まったら応募書類を作成することになります。

この応募書類が転職を成功に導く第一歩といってもいいでしょう。

企業に提出する応募書類は多くの場合「履歴書」と「職務経歴書」です。

この中で自己PRをどのように書けばいいか悩んだ経験のある女性は多いのではないでしょうか。

データサイエンティストの仕事は専門性があり高いスキルが求められます。

そのためデータサイエンティストに必要なスキルのアピールが求められるでしょう。

また他の職種であっても共通して押さえておきたい自己PRのポイントもあります。

今回はそんなデータサイエンティストの自己PRの書き方についてご紹介します。

例文だけでなくNG例文もご紹介するのでぜひ最後まで読み進めてください。

採用担当者に好印象を与える自己PRを書いて転職成功を目指しましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

自己PRを書く前に

考える女性

いきなり自己PRを書こうとしても何を書けばいいかわからず悩む人も多いのではないでしょうか。

データサイエンティストの自己PRを書く前にまずは準備をしておくといいでしょう。

ここでは自己PRを書く前に押さえておきたいポイントをご紹介します。

これまでの実績をまとめよう

自己PRはこれまでの仕事での経験や身に付けたスキルを書きます。

しっかりと伝わる内容にするためには書く前に実績をまとめるといいでしょう。

  • これまでの仕事内容
  • 経験したポジション(リーダーやマネージャーなど)
  • 過去の実績(プロジェクトの成功や業績アップなど)

これまでの仕事内容や実績をまとめることでどのような経験をしてきたのか自分で振り返ることができます。

振り返りをすると自分がどのようなことをアピールすべきか見えてくるでしょう。

実績をまとめることで「そういえばあんなこともあった」「書き忘れたことがあった」という書き忘れを防ぐことにつながります。

せっかくアピールできることがあっても、それを活用できなければもったいないですからね。

企業の求めている人物像を知ろう

採用担当者は応募者の書類を見てどのようなことを知りたいのでしょうか。

その人の経験やスキルはもちろんですが企業とのマッチングを確認していることを押さえておいてください。

企業と応募者が同じベクトルで進むことができなければ成果を出すことができません。

そのため自己PRや志望動機に書かれている内容から企業とのマッチングを見ているのです。

応募する企業がそのような人材を求めているのかを知っておくことをおすすめします。

また企業がデータサイエンティストにどのような期待をしているのか、社内での位置づけなども知っておくといいでしょう。

これらは求人情報や企業のWebサイトを熟読するとわかることが多いです。

 

ワンポイント
自己PRを書く前に自分の実績をまとめ、企業について調べておこう。

自己PRのポイント

手を打つ女性

ここまではデータサイエンティストの自己PRを書く前の準備をご紹介しました。

それでは実際に自己PRを書く時のポイントを見ていきましょう。

実績や強みを明確にしよう

電球、アイコンマーク、考える女性

自己PRのポイントは自分の実績や強みを明らかにして採用担当者にアピールすることです。

学歴・職歴を書けば伝わるのでは?と思う人もいるでしょう。

確かに学歴がわかればその人が何を勉強したのかがわかります。

また職歴からどのような仕事についたのか想像することができるでしょう。

しかしそれでは実際にあなたが学んだことや実際にどのような業績を残したのかを伝えることができません。

職歴のみで判断しようとすると実際よりも低く評価されることもあるでしょう。

そのため自分の実績や強みが採用担当者に伝わるように明確にする必要があるのです。

先ほど「自己PRを書く前に」のところでお伝えしたようにまずは実績をまとめてください。

そしてそこから実績や強みを明確にしましょう

具体的なエピソードを書こう

実勢や強みを明確にしたらそれを具体的なエピソードで伝えることが大切です。

単に実績や強みをアピールするだけでは説得力に欠けてしまいます。

実績を残したのにはそれまでの過程があるはずです。

また自分の強みをもつまでに何らかの経験をしてきたでしょう。

そういったことを具体的なエピソードを添えてアピールしてください。

内容に説得力が生まれ採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功に導こう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己PRを書く際の注意点

注意喚起をする女性

自己PRを書く時にはポイントを押さえるだけでなく注意点を知っておくことも重要です。

ここではデータサイエンティストの自己PRを書く時の注意点を解説します。

企業の求めている人材にあわせたアピールをしよう

オフィスにいるビジネスウーマン

自己PRを書く時には企業が求めている人材に合わせたアピールが必要です。

転職の成功のカギは「応募者と企業がマッチングするか」であるということを押さえておきましょう。

つまり経験や知識があっても企業が求める人材でなければ不合格となる可能性があるということです。

「企業が求める人材ってどういうこと?」と思う人もいるでしょう。

それはもっている知識やスキルはもちろんのこと企業が抱くビジョンと明らかな違いがないかということです。

データサイエンティストとして働くにあたり企業が求めるものと自分がやりたいことが違っていたらどうでしょうか。

入社後にお互いが後悔しないためにもマッチングは重要なのです。

そのため企業研究を入念に行いどのような人材を求めているのかを把握しておきましょう。

そして自分が企業の求める人材に当てはまることをアピールしてください。

今後に活かせるスキルをアピールしよう

これまでの実績・経験・スキルはどれもあなたの財産です。

しかし転職の自己PRではあれもこれも伝えるのではなく今後に活かせるスキルをアピールする必要があるでしょう。

企業がどのようなスキルや経験をもつ人材を求めているのか把握してそこをアピールします。

求人情報や企業のWebサイトなどを確認して仕事内容や必要なスキルを把握しておくといいでしょう。

 

ワンポイント
自己PRを書く時には企業研究をして求める人材や活かせるスキルを把握しておこう。

データサイエンティストに求められるスキル

オフィスで仕事をする女性

自己PRを書く時にはその仕事で求められる人物像やスキルにそったアピールも必要です。

ここではデータサイエンティストに求められるスキルをご紹介します。

未経験で転職を目指す女性は特に求められるスキルを押さえておきましょう。

分析力

データサイエンティストは多くのデータを分析して課題を見出していきます。

そのためデータを分析するスキルが必要です。

AIが普及している現代ですがAI任せではなく人間の分析力はまだまだ求められるといっていいでしょう。

高い分析力があればそれだけクライアントが求める成果を出すことができます。

データ分析の経験がある女性は積極的にアピールしてください。

未経験の女性は数学的知識など分析に関わる知識・スキルがあれば自己PRで伝えましょう。

論理的思考力

書類を見る女性

論理的思考力もデータサイエンティストに求められるスキルの1つです。

データサイエンティストはデータ分析を活用してクライアントの課題を見出します。

そこまでの過程では多くの業務が行われているのでその内容を見ていきましょう。

  • データ収集・分析
  • 課題の抽出
  • 仮説の立案
  • 仮説立証
  • ビジネス課題を明確にして解決策を見出す

これらがデータサイエンティストの主な仕事内容です。

仕事内容を見ると論理的に物事を考える必要があることがわかりますね。

プログラミングスキル

プログラミングスキルもデータサイエンティストに必要なスキルの1つです。

データ収集や処理の際にプログラミングを活用するからです。

ビッグデータと呼ばれる大量のデータの収集・処理にはプログラミングスキルは必須といっていいでしょう。

データサイエンティストの仕事で用いられることが多いプログラミング言語は「Python」「R言語」です。

未経験で転職を目指す女性はまずはプログラミング言語を身に付けておくといいでしょう。

 

ワンポイント
データサイエンティストに必要なスキルを知って自己PRに活用しよう。

自己PRの例文

指示棒をもつ女性

ここまではデータサイエンティストの自己PRのポイントや注意点をご紹介しました。

それらを踏まえて自己PRの例文を見ていきましょう。

データサイエンティストの自己PRの例文を経験者・未経験者にわけてご紹介します。

経験者の例文

「私は現在データサイエンティストとしてデータ収集や分析を行っています。

当初はプログラミングスキルが未熟でデータ分析までにかなりの時間を費やしました。

そこでプログラミングスキルを向上させるために通信教育で学びなおしたのです。

プログラミングスキルが向上したため勉強前を比較して〇%の業務効率化を図ることができました。

この経験を通してできないと自分で限界を決めず向上心をもつことの大切さを学びました。

御社に入社したらプログラミングスキルとこの向上心で活躍していきたいです」

未経験者の例文

「私はこれまでIT業界でプログラマーとして働いてきましたがデータサイエンティストの仕事は未経験です。

プログラマーとして仕事をする中でビッグデータに興味をもつようになり独学ですが勉強をしました。

プログラミング言語はPythonを多く扱ってきたので御社でも活用できると思います。

また大学で数学を学んできたため数学的知識にも自信があります」

自己PRのNG例文

バツマークを前に出す女性

データサイエンティストの自己PRのNG例文をご紹介します。

ここまでご紹介したポイントや注意点を振り返りながら見ていきましょう。

具体性がない自己PR

「これまでデータ分析の仕事に3年関わってきました。

一連の仕事は問題なくできると思います。

前向きな姿勢で頑張ります」

こちらの例文は3年間データ分析をしてきたのはわかりますが具体的なことがわかりません。

やる気は伝わりそうですが具体的な実績やスキルを書くといいですね。

企業へのアピールが伝わらない自己PR

「データサイエンティストの仕事は未経験ですがデータの活用には以前から興味がありました。

子どもの頃から好奇心旺盛でいろいろなことに挑戦したいと思っています。

プログラミングやビッグデータなど必要な知識やスキルはこれから身に付けてきたいです」

こちらもやる気は伝わりそうですが、どの企業に対しても同じ文章が使えるでしょう。

未経験だからこそ応募する企業についてよく調べてアピールする必要があります。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


自己PRがまとまらないときの対処法

女性

転職の応募書類に書く自己PRは転職成功の第一歩となるでしょう。

しかし書き方のポイントを見てもなかなか自己PRがまとまらないという女性もいるのではないでしょうか。

そんな時の対処法をご紹介します。

  • アピールしたい内容に優先順位をつける
  • 応募する企業で求められるスキルをアピールする
  • 強みが思いつかない人は学歴・資格を活用する

アピールしたいことがたくさんあってまとまらない場合は優先順位をつけるといいでしょう。

この時に大切なのが応募する企業の仕事内容や求められるスキルを意識することです。

せっかくすばらしい実績や経験があっても応募する企業と関係ないものではマッチングにつながりません。

反対に好印象を与えるアピールポイントがあっても「これは書かなくていいか」と思って書かないともったいないですね。

そのため書く内容は応募する企業に合わせて優先順位を立てることをおすすめします。

未経験者の場合はアピールすべき経験や強みが見つからないという人もいるでしょう。

そういう時は学歴や資格を活用するという方法があります。

数学の勉強をしてきた女性やデータ分析に関連する資格があればアピールしましょう。

 

ワンポイント
自己PRがまとまらない時は企業が求める人材を把握してアピールすることに優先順位をつけよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツ姿の女性

書類選考を通過しなければ面接に進めないことも多いので応募書類の書き方は大切ですね。

そのため自己PRの書き方に悩む女性も多いのではないでしょうか。

転職活動では「どの企業が自分に合っている?」「どうやってアピールすればいい?」など悩みがつきものです。

そんな転職の悩み事や不安は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職相談に登録すると転職エージェントが求人の紹介だけでなく応募書類の相談に乗ることもできます。

  • 「自己PRがまとまらない」
  • 「採用担当者に伝わる内容になっているかわからない」
  • 「私の強みって何だろう?」

そんな時は1人で悩まず転職エージェントに相談してください。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

 

無料転職相談をしてデータサイエンティストの転職を成功させよう

 

まとめ

万歳をする女性

今回はデータサイエンティストの自己PRの書き方についてご紹介しました。

自己PRは転職成功のカギとなるものの1つです。

データサイエンティストに必要なスキルや企業が求める人材を把握して自己PRを書きましょう。

これまでの実績やスキルは具体的なエピソードを添えると説得力があり採用者担当者の印象に残ります。

自己PRの書き方など転職活動で不安や悩み事があれば転職エージェントに相談してください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!