歯科衛生士は歯科疾患の改善や予防・口腔衛生の向上を目的とした医療スタッフです。

高齢化社会が加速するにつれ歯科医療の分野が注目を集めており、歯科衛生士への転職を目指す人も増えています。

しかし、どうすれば歯科衛生士になれるのかを的確に答えられる人は少なく、特に未経験の人にはハードルが高いと思われがちです。

この記事では未経験で歯科衛生士に転職するためのポイントや、求人の探し方について詳しく解説します。

歯科衛生士に未経験で転職する方法を解説

歯科衛生士の女性

歯科衛生士に転職するには国家資格が必要です。したがって、未経験の人は国家資格を取得する方法を理解することから始めましょう。

ただし、国家資格を取得してもすぐに転職できるものではなく、他の職種同様に就職活動を行わなければなりません。

なお転職を成功に導くには、未経験であっても有利になるポイントや不利になる可能性を理解して準備することが大切です。

そこで、どうすれば国家資格を取得し、未経験でも歯科衛生士への転職を叶えることができるのかを考えてみましょう。

未経験の歯科衛生士の需要は?

働く歯科衛生士

未経験の歯科衛生士の需要は、今後さらに高まることが想定されています。その理由の一つが高齢化社会の加速化です。

高齢化が進むことによって、できるだけ長い間自分の歯で食事をしたいと考える人が増えています。

少なくとも80歳までに20本の歯を保持しようとすれば、若い時から定期的に歯科医で適切な予防・処置をしなければなりません。

こういった状況から歯科衛生士の絶対数が必要となっており、未経験求人も増えています。

 

無料転職相談をして未経験求人を探しましょう

 

歯科衛生士に未経験で転職する方法

歯科衛生士を目指す女性

歯科衛生士になるには国家資格が必要です。つまり転職先を探す以前に、国家資格の取得が課題となります。

歯科衛生士資格は他の医療系資格と比較すると合格率が高いことで知られていますが、誰でも受験できるわけではありません。

まずは国家資格の受験資格を得ることが不可欠です。ここでは、歯科衛生士の国家資格の取得方法について順を追って紹介します。

専門学校や通信教育で勉強

歯科衛生士の国家試験を受験するには、文部科学大臣指定の大学・短大・専門学校など養成校でカリキュラムを修了することが必須です。

大学であれば4年間、短大・専門学校であれば3年間学ぶ必要があることから、すぐには転職できないことを理解しておきましょう。

したがって社会人が歯科衛生士への転職を目指す場合、専門学校に通うのが一般的です。

既に養成校のカリキュラムを修了している場合でも、ブランクを考慮して通信教育などで再度勉強しておくと良いでしょう。

国家資格を受験

歯科衛生士の国家試験は年に1回、2月もしくは3月に実施されています。

マークシート方式で実施され、歯科衛生士の役割や歯と口腔の構造や機能・疾病の際の回復法など幅広く出題されるのが特徴です。

合格率は近年90%を超えており、養成校で3年以上しっかりと勉強しておけば、難なく合格できるでしょう。

国家試験合格後は、「一般財団法人歯科医療振興財団」に登録申請することで免許証が発行されます。

歯科助手は資格が不要

歯科衛生士と混同しやすい職種に「歯科助手」があります。歯科助手は資格が不要であるため、歯科医療業界にすぐに転職したい人に人気です。

ただし歯科助手の仕事内容は受付事務や患者の口腔内に触れない診療補助のほか、片付け・滅菌などアシスタント業務に限定されます。

歯科医療において大切な業務であることに変わりありませんが、歯科衛生士と比較すると転職の幅が狭まるのは否めません。

したがって、歯科衛生士を目指す傍ら歯科助手として経験を積む人も多くいます。

 

ワンポイント
 歯科衛生士になるには養成校を修了して国家資格を取得しよう。
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


未経験が有利になるポイント

働く歯科衛生士の女性

歯科衛生士に未経験で転職するには、有利となるポイントを理解しておくことが大切です。

歯科衛生士はスキル・経験を身に付けて転職する人が多く、経験者が優遇される傾向にあります。

もちろん歯科衛生士は絶対数が不足しているため、未経験であっても転職は十分に可能です。

しかし処遇の良い職場に転職するには、未経験であってもアピールできる「強み」が必要だといえます。

コミュニケーション力を発揮

歯科衛生士には、コミュニケーション力を如何なく発揮できる人材が求められています。

歯科診療をスムーズに行うには医師や歯科助手との連携が重要であり、高いコミュニケーション力が必要です。

また、歯科衛生士は患者とのコミュニケーションも大切だといえるでしょう。

例えば、幼少の子供は極端に歯科診療を怖がり診療に支障を来すことも少なくありません。

怖がる子供の不安を取り除く際にも、歯科衛生士の高いコミュニケーション力が不可欠だといえます。

接客の経験があれば有利

患者に接する歯科衛生士

歯科クリニックにおいて患者は顧客であり、接客経験は歯科衛生士の強みになります。

的確な歯科診療を行うには、患者から症状や治療の要望を聞き出すことが不可欠です。

接客経験があれば相手の表情や仕草から気持ちを汲み取ったり、上手く要望などを聞き出すことができます。

接客経験がある人は歯科衛生士の仕事と無関係と思わず、自分の強みとしてアピールしましょう。

謙虚に学ぶ姿勢

歯科衛生士は日々学びの連続であり、謙虚に学ぶ姿勢は強みになります。歯科診療は虫歯の予防・治療だけではありません。

歯周病の予防・治療や歯並びの矯正・ホワイトニングなど多岐にわたり、予防・治療法も日々進化しています。

歯科衛生士として活躍するには新しい予防・治療法を積極的に学び、実践することが大切です。

転職後も向上心を忘れることなく、謙虚に学び続ける姿勢こそが歯科衛生士に不可欠な資質だといえるでしょう。

 

ワンポイント
 未経験でも有利になるポイントを磨いて転職にチャレンジしよう。

歯科衛生士への未経験転職が不利になる可能性

悩む女性

歯科衛生士は絶対数が不足しているといった背景もあり、未経験求人が多い職種です。

歯科衛生士の活躍の場は歯科クリニックが一般的ですが、大学病院・総合病院や介護施設なども求人を募集しています。

経験者が優遇されると思われがちですが、敢えて未経験者を採用して育成・指導する歯科クリニックも少なくありません。

その一方で経験者が優遇される傾向も根強く、未経験では転職できない職場があるのも事実です。

未経験で歯科衛生士に転職する際には、転職先が求めているレベルを確認しておくことが大切だといえるでしょう。

歯学の専門知識が必要

大学病院や総合病院などでは歯学の専門知識が必要とされており、未経験者よりも経験者が優遇されます。

歯学は新たな技術が次々と研究されており、インプラントなどの先進技術を扱う歯科クリニックでも高い専門知識が必要です。

したがって求人募集を確認する際には、専門知識が必要か否かをしっかりと確認しておきましょう。

即戦力を求めている場合

歯科クリニックによっては極度の要員不足のため、即戦力として活躍できる歯科衛生士のみを求めている場合があります。

こういった歯科クリニックでは未経験者に仕事を教える余裕はなく、仮に転職しても十分に仕事を教えてもらうことは困難です。

特に未経験者は最初が肝心であり、しっかりと仕事を教えてもらわないとその後のキャリアにも大きく影響します。

したがって未経験で職場を探す際には、即戦力を求めている職場は回避すべきだといえるでしょう。

 

ワンポイント
経験者が優遇される職場の特徴を理解しておきましょう。

歯科科衛生士への未経験転職を有利にするスキルは

問診する歯科衛生士

未経験者が歯科衛生士への転職を有利に進めるには、求められるスキルを理解し身に付けることが不可欠です。

歯科衛生士への転職に未経験者は不利だといった風潮もありますが、実際には多くの職場で未経験者が採用されています。

大切なのは職場が求めているスキルと、転職を希望する人が持っているスキルがマッチしていることです。

「未経験だから転職は難しい」とネガティブにならず、求められるスキルを磨きポテンシャルをアピールしましょう。

強い責任感

歯科衛生士に最も強く求められるスキルが責任感です。歯科治療は医師が中心となって行い、歯科衛生士はサポートの役割を担います。

歯科衛生士が「治療の責任は医師であり、私はサポートをするだけ。」といった無責任な気持ちでいるとどうなるでしょうか。

たちまちチームワークは乱れ、職場の雰囲気は最悪の状態になります。医療事故が起きてしまうかもしれません。

患者のために「自分の役割を最後まで全うするんだ。」という強い責任感を持つことが歯科衛生士への第1歩だといえるでしょう。

根気強さ

減菌する歯科衛生士

根気強さも歯科衛生士に求められる重要なスキルだといえるでしょう。歯科衛生士の仕事は幅広く根気を必要とするものばかりです。

治療を怖がる子供を安心させるのも一筋縄ではいきませんし、高齢者から症状を聞き出すのも簡単ではありません。

歯垢の除去や歯面の研磨、診療器具の滅菌・準備といった仕事も根気が不可欠であり、投げ出したくなることもあるでしょう。

しかし根気強く努力する姿勢が大切であり、歯科衛生士に必要なスキルだといえます。

気配りが上手

歯科衛生士と歯科医

歯科衛生士には気配り上手であることも求められます。歯科診療は医師だけが行うものではありません。

医師をはじめ歯科衛生士や歯科助手らが連携し合って、チームで行うものです。

円滑に歯科診療を進めるには、互いに気配りをもって接することが大切だといえるでしょう。

また不安を抱える患者の気持ちを和ませるのも、歯科衛生士のちょっとした気配りの賜物だといえます。

 

ワンポイント
責任感・根気・気配りは歯科衛生士に不可欠なスキルだと心得ましょう。

歯科衛生士の未経験求人の探し方

就活する女性

歯科衛生士の国家資格を取得し免許証の交付を受けたら、いよいよ転職活動がスタートします。

しかし未経験の場合、歯科衛生士の未経験求人の探し方がわからない人も多くいるのが実態です。

また「未経験OK」の条件だけで転職先を決めてしまうと、想像していた職場とのギャップに苦しむことにもなりかねません。

未経験だからこそ、自分に合った職場を探すことが大切です。そこで歯科衛生士の未経験求人の探し方を紹介します。

転職サイトを確認

最もオーソドックスな未経験求人の探し方が転職サイトの確認です。歯科医療に特化した転職サイトも数多くあります。

転職サイトの特徴は給与をはじめ勤務時間や休日・休暇制度など基本データが詳細に掲載されていることです。

また、検索機能が充実したサイトも多く「未経験可」で検索すれば未経験求人を簡単に探せます。

ただし基本データ以外、例えば職場の雰囲気などの情報が転職サイトでは把握できないことがデメリットだといえるでしょう。

転職エージェントを活用

転職サイトのデメリットを補ってくれるのが転職エージェントです。転職エージェントは単に未経験求人を探すのが目的ではありません。

転職を希望する人の希望や要望にマッチした、優良な未経験求人を徹底的に探すことが目的です。

さらに職場の雰囲気やキャリパスといった詳細な情報もレクチャーすることから、転職後に後悔することもありません。

 

無料転職相談をして自分に合った職場を探しましょう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


歯科衛生士のキャリアパス

笑顔の歯科衛生士の女性

歯科衛生士は次のとおり非常に多くのキャリアパスが考えられます。

  • 歯科クリニックでキャリアを積む
  • フリーランスとして働く
  • 認定歯科衛生士となる
  • ケアマネージャーを目指す

歯科クリニックでキャリアを積んで、スキルを磨けば役職が上がります。

この場合、指導衛生士からスタートして副主任・主任を経て衛生士長となるのが一般的です。

フリーランスとして複数の歯科クリニックで働くケースもあります。フリーランスは歩合給が一般的であり、高収入も期待できるでしょう。

専門性が高い知識やスキルを磨いて「認定歯科衛生士」となれば、専門病院など好待遇の職場への転職が叶います。

歯科衛生士として5年以上の実務経験を積んで、ケアマネージャー資格を取得するのもキャリアパスとしては魅力的です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談に乗る転職エージェント

未経験で歯科衛生士に転職する場合、「本当にやっていけるのか」「転職先はあるのか」など様々な不安や悩みを抱えます。

兎角、転職活動中は物事をネガティブに捉えがちです。未経験からの転職であれば、なおさらその傾向は強くなるでしょう。

転職希望者の不安や悩みを払拭し勇気づけてくれるのが、転職のプロである転職エージェントです。

転職エージェントは多くの歯科衛生士の転職を成功に導いてきたプロです。未経験求人の紹介に加え、様々なアドバイスをもらえるでしょう。

 

無料転職相談をして悩みや不安を解消しましょう

 

まとめ

歯科衛生士の女性

歯科衛生士は需要が高く安定的な収入が見込まれることから、転職市場において注目を集めています。

国家資格を取得するには文部大臣が認定する養成校で過程を修了することが必須ですが、しっかりと勉強すれば高確率で合格可能です。

歯科衛生士が活躍する場は歯科クリニックが一般的ですが、大学・総合病院や介護施設などにおいても求人があります。

未経験者であっても歯科衛生士になることは可能ですが、専門的な知識や即戦力を有する職場では不利になるので見極めが必要です。

また、歯科衛生士になるには強い責任感はもとより、根気強さや気配りができる人材であることが必須となります。

未経験で転職する場合、職場探しも重要です。自分に合った職場を探すには、転職のプロである転職エージェントに相談すると良いでしょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。