ゲームは年齢・性別を問わず世界中で愛されている娯楽の一つです。

プレイするだけでなく自分で作ってみたい、とゲーム業界を目指す方も多いでしょう。

ゲームの開発・制作段階には様々な職種が関わっています。

中でも、プログラムの開発にあたって活躍する仕事がゲームプログラマーです。

今回はゲームプログラマーとして採用されるために、どのような志望動機が適切なのか解説します。

併せて女性が採用されるポイントや注意点についても紹介していきます。

志望動機の良い例・悪い例も取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

ゲームプログラマーの志望動機の書き方を解説

女性、パソコン

ゲームプログラマーと聞くと専門性の高いイメージを抱く方もいるのではないでしょうか。

志望動機を書く際、希望職種の仕事内容・適性・スキルを把握していることは重要です。

ゲームプログラマーに求められている要素を正しく理解し、自身の強みと合致させておきましょう。

より説得力のあるアピールへと繋がります。

さらにゲーム業界や志望企業に対する理解も深めることが可能です。

まずゲームプログラマーの仕事について説明します。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーの主な仕事は、プログラミング言語を使ったゲームシステムの構築です。

複数のプログラマーがチームとして開発に携わる場合には、各作業ごとに担当を分けます。

そして仕様書に従いながら正確にプログラミングを進めていく立場です。

最終的に、本来意図した通りにゲームが動作するかチェックしなければなりません。

もしも不具合があった場合はその都度修正していきます。

このデバッグ作業はゲームの品質を左右するため、非常に大切な工程です。

さらにプログラミング・デバッグ作業後に機能改善や新機能の追加を行うこともあります。

ユーザーにとって使いやすく楽しんでもらえるゲームを追求する姿勢が大切です。

ゲームプログラマーは単純にシステムを作るだけでなく、ゲームの価値を高める役割も担っています。

ゲームプログラマーに向いている人の特徴

ゲームプログラマーに向いているのはどんな人なのでしょうか。

大きな特徴として、ゲーム好きであることが挙げられるでしょう。

たとえ高いプログラミング技術を持っていても、ゲームに興味がなければ不向きだといえます。

ゲームに関する具体的なエピソードがあると目指すきっかけに繋がりやすいです。

論理的な思考ができる人もゲームプログラマー向きだといえます。

物事を順序立てて整理し、説明できる力はプログラミング作業でも活かせるでしょう。

また、常に探求心を持って多彩なジャンルへのアンテナを張ることも必要です。

好奇心旺盛な視点がゲームプログラマーとしての技能を磨いてくれます。

さらに、ハードワークが重なった時でも乗り越えられる体力・精神力があると良いかもしれません。

ゲームプログラマーに求められるスキル

女性、パソコン

ゲームプログラマーはプログラミングが主要な業務です。

そのため、プログラミングスキルを身に着けていることが重視されます。

数多くあるプログラミング言語の中でも、代表的なものは習得しておきましょう。

また、コミュニケーション能力も必須スキルの一つといえます。

ゲーム開発に携わるのはゲームプログラマーだけではありません。

クリエイターやプランナーなど、様々な職種が協力して一つの計画を進めていきます。

作業の過程をチーム全体で共有し、連携を密に取ることが開発成功のカギです。

周囲をしっかり見渡し、円滑なコミュニケーションを心がけてください。

 

ワンポイント
ゲームプログラマーはゲーム制作に携わり、動作確認・機能改善を通して品質を高める役割も果たしています。
ゲームプログラマーに必要なスキルは、プログラミングとコミュニケーションです。
周囲と連携しながら正確に作業を進めていくことが求められます。

ゲームプログラマーとしてアピールするポイントは?

女性、ポイント

ゲームプログラマーに求められる人物像・スキルを押さえて、具体的に志望動機をまとめましょう。

ここではゲームプログラマーになるためにアピールしたいポイントについてお話します。

ゲーム好きだけでは通用しない

ゲームが好きだからゲームプログラマーになりたい、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、これだけでは志望動機としても自己PRとしても平凡でインパクトに欠けてしまいます。

企業にとって、志望者がゲーム好きであることは珍しくないからです。

好きなことを仕事にしたいという動機では漠然としていて、熱意が伝わりにくくなります。

ゲームが好きな気持ちはもちろん大切ですが、内容に具体性が出るよう注意しなければなりません。

ゲームを通じて何を感じたか?

企業の関心を引くためには説得力のある志望動機が必要です。

自分の体験に基づいた具体的なエピソードを織り込むことで、よりメッセージ性が強まります。

ゲームをプレイする中で抱いた感情や起こった出来事を思い出してください。

そして、ゲームの作り手として働きたいと考えるようになった経緯に繋げていきましょう。

世の中には数多くのゲーム作品と関連する職業があります。

その中からあえてゲームプログラマーを選んだ背景が明らかになれば、企業側の納得も得やすくなります。

応募企業へどう貢献できるか?

ゲームプログラマーへの意欲に加えて、応募企業に対する熱い思いも有効なアピールポイントです。

自身の持つスキル・経験を活かしてどんなことができるのか、入社後のビジョンを詳しく描きましょう。

また、スキルアップの展望や新たに挑戦したい仕事についても伝えていきたいところです。

応募先に貢献できる人材としてアピールするためには、企業研究が欠かせません。

企業の特徴と自分の能力をきちんと理解している人物は、採用担当者にとって魅力的です。

採用するメリットが大いにあるという点を強調していきましょう。

応募企業のゲームはプレイしておく

企業研究の一環として、応募企業のゲームはプレイするようにしましょう。

ゲームを通じて企業の独自性や制作スタイルなどを分析することができます。

応募先のどういったところが好きなのか、明確に打ち出せることが大切です。

過去にプレイした経験談を加えれば、さらに深く応募企業への思い入れを示せます。

志望動機とすり合わせて、熱量のこもった自己PRに仕上げてください。

 

ワンポイント
説得力のある志望動機を通して、自分の熱意とスキル・経験を具体的に伝えましょう。
ゲームプログラマーとして活躍できる人材だと、応募企業に強くアピールすることがポイントです。

女性がゲームプログラマーに採用されるポイント

女性、ポイント

ゲームプログラマーを含め、ゲーム業界では男性の割合が多い傾向にあります。

女性のゲームプログラマーは珍しい存在になりがちだといえるかもしれません。

一方でゲーム業界においては技術革新が進み、多彩なニーズに応じてジャンルも拡大しています。

こうした流れに乗り、女性ならではの視点から活躍の場を広げていくことも可能です。

自己分析・企業研究にこだわり、ゲームプログラマーとしての可能性をアピールしましょう。

自分のスキルを棚おろしする

自己分析するにあたり、スキルの棚おろしが重要なポイントとなります。

今までの実務経験や使用したツールをいったん整理しましょう。

実績を客観視することによって、自分の強みを改めて確かめられます。

メインの仕事とは別に身に着けた知識・スキルも貴重な武器です。

現在の自分ができることを冷静に判断すれば、志望企業で働く姿も具体的に見えてくるでしょう。

応募企業の研究をする

応募企業の経営方針からゲームの作風・開発体制まで詳細に把握しておくことは重要です。

この点を疎かにすると、企業側から「どこでもよかったのではないか」と思われかねません。

志望先に選んだ理由は必ず伝わるようにしておきたいところです。

また棚おろししたスキルと企業のニーズとの相性が良いかどうかも、企業研究から見出せます。

志望動機を固める事前準備として、しっかり取り組んでください。

実際にゲームを制作してみる

女性

応募企業について研究し、自分の能力や挑戦したい仕事を整理することで志望動機を強化できます。

プラスアルファのアピールとして、ゲーム制作に取り組んでみるのも良いでしょう。

特に未経験でゲームプログラマーを志望する場合は、実績不足を補う手段として有効です。

企業によっては採用課題とするところもあります。

自分の持っているスキルで何ができるのか、可視化するメリットは大きいです。

またゲーム作りにおける企画開発のセンスも見てもらうことができます。

自分なりのこだわりや意図を説明し、スキルの裏付けとして積極的に活用しましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ゲームプログラマーの自己PRについて

女性

ゲームプログラマーへの転職実現には、具体的な志望動機とスキル・経験に基づいた自己PRが大事です。

職種と企業に対する理解度を深める過程で、自分の能力・可能性も精査しましょう。

また自主制作のゲームを提出することは、ゲームプログラマーならではの自己PRといえます。

こだわったポイントや伝えたいコンセプトなどを丁寧に説明できるようにしてください。

応募企業のゲーム作品にインスパイアされた点があれば伝えてみても良いかもしれません。

採用担当者からの質問内容もある程度想定しておけば、受け答えがスムーズになります。

しっかりと自分の成果を認識・評価できる人物だというアピールに繋がるでしょう。

 

無料転職相談をしてゲームプログラマーとして活躍しよう

 

ゲームプログラマーの志望動機の注意点

女性

ゲームプログラマーの志望動機をまとめる際にはアピールの仕方に注意してください。

プログラミングで使われる言語・ツールの種類は、業界や分野によって様々です。

プログラミングスキルを持っていても、内容次第で異なるアプローチが必要となります。

これまでの経験を振り返り、志望動機で強調するべきポイントを確認しましょう。

企業の求める人物像に自分自身を当てはめることが、効果的な自己PRだといえます。

ゲームプログラマー経験者の志望動機

ゲーム業界には大きく3種類のジャンルがあります。

  • コンシューマー(家庭用ゲーム機)
  • スマホ
  • オンライン

同じハードウェアやジャンルでの経験があるなら、技術面での実績を強調しましょう。

異なるジャンルであっても、業界自体は同じなのでやはり技術と経験のアピールが肝心です。

自分の技術を活かして、志望先で取り組みたい仕事を詳しく話すようにしてください。

さらにスキルや知識を磨いて成長していく姿勢が示せれば、より好印象を与えられます。

プログラマー経験者の志望動機

ウェブなどゲーム業界以外で培った経験も、志望動機には含めておきましょう。

ただし、実績よりもあえてゲーム業界に挑戦する理由を前面に押し出してください。

志望先の企業方針や制作スタンスに共感し、適応できるという意思を伝えます。

また自分の経験・スキルをどうやって応用するのか、きちんとビジョンを提示することが重要です。

新たな視点から企業の成長に貢献できる人材としてアピールしていきましょう。

未経験者の志望動機

プログラマー経験がない場合、より独自性と説得力のある志望動機が求められるといえます。

特に即戦力を探している企業は、未経験者にとって狭き門かもしれません。

まずプログラミングを学んでください。独学でも専門学校に通っても良いでしょう。

自発的に学ぶ意欲と、ゲームプログラマーになりたい具体的な理由をアピールポイントに据えます。

さらに習得したスキルでゲームの自主制作に挑戦することもおすすめです。

実際に仕事内容を想定した取り組みは、志望動機の強化に役立つでしょう。

 

ワンポイント
自分の経験度合いに応じて、志望動機で強調するポイントを変化させましょう。

ゲームプログラマーの志望動機の例文

女性

ゲームプログラマーに転職するなら、自己分析・企業研究を徹底した志望動機がカギを握ります。

アピールポイントを明確に絞り、採用担当者に熱意をぶつけましょう。

ここでは、自分の経験スキルに応じた志望動機の例文を紹介します。

経験者が同じ業界で転職したい場合

「私はゲームプログラマーとして、〇〇会社に3年勤務しております。

仕事としては、主にゲームプログラムの作成とデバッグ作業に取り組んできました。

いつでも正確に仕事を遂行することがモットーです。

また、チームを組んで社内の企画会議に新しいゲームプランを提案したこともあります。

プログラマー同士だけでなく様々なメンバーと意見交換し、ゲームを作り上げる達成感を経験しました。

現在、御社がメインとしているスポーツジャンルは、私の得意分野でもあります。

プレイ歴と開発経験を活かして、御社の主力商品となるゲームを制作したいと考えています。

さらに最新の技術を身に着け、ゲームの購買層を広げていきたいとも考えております」

経験者が異なる業界へ転職したい場合

「私はこれまで〇〇会社に勤務し、webプログラマーとして経験を積んできました。

スタッフやクライアントとコミュニケーションを密にし、最適なプログラム構成を意識してきました。

小さい頃からゲームをプレイすることが好きで、親によく叱られるほどでした。

特に御社のRPGゲームには大いに熱中した思い出があります。

最近発売された御社のゲームをプレイする機会があり、冒険をテーマにした内容に感動しました。

自分も好きなことにチャレンジしたいという気持ちが芽生え、御社を志望しました。

プログラミングスキルを活用して、御社のゲーム作りの基盤を支えたいと考えております。

その上で、web業界での知見を応用し、オンライン分野への進出も提案したいです」

未経験からゲームプログラマーを志望する場合

女性、未経験

「私は、父がゲーム会社に勤めていたこともあり、幼いころから家でよく遊んでいました。

兄妹や友達とゲームで盛り上がった記憶は、今でも宝物です。

仕事上でゲーム関連会社と取引する機会があり、改めてゲーム業界を志すようになりました。

一念発起して専門学校に通い、ゲーム制作に必要なプログラミングを学びました。

在学中には自主的にゲーム作りにも挑戦しました。

スマホゲームを中心に躍進されている御社の、誰でも楽しめるというコンセプトに共感しました。

私も御社の一員としてスマホ市場の開拓に挑戦し、長く愛されるゲームを作りたいと考えています」

 

無料転職相談をしてゲームプログラマーとして活躍しよう

 

ゲームプログラマーの志望動機のNG例

女性、NG

ゲームプログラマーの志望動機としては避けたい例についても紹介していきます。

どこが悪いのか、しっかりと理解しましょう。

ゲーム好きのアピールのみでNG

「私は自他ともに認めるゲーム好きで、これまで数多くのジャンルをプレイしてきました。

その中で、自分でもいつかゲームを作ってみたいという夢ができました。

様々なゲームに触れてきた経験から、ジャンルにこだわらずゲームの開発に取り組めると考えています。

ゲームプログラマーとしてたくさんの人に喜ばれるゲームを作りたいと思っています」

志望動機が漠然としていてNG

「私はこれまでゲーム会社に勤め、プログラマーとしてのスキルを磨いてきました。

その経験を十分に活かして、御社でもゲーム開発に携わりたいと考えています。

老若男女問わず楽しめることがゲームの魅力だと思います。

ゲームの面白さをもっと世の中に広めるられるよう、努めてまいります」

NG例の改善点

上記の2例について、改善するべき点はどこでしょうか。

共通していえるのは、具体性に欠けるということです。

1例目については、ゲームが好きだという主張で終わってしまっています。

プレイした体験から得たものや、ゲームプログラマ―を目指した逸話があると説得力が増すでしょう。

2例目は経験こそあるものの、自分の強みや企業への貢献度に関する説明が不足しています。

せっかくスキルを持っていても、将来性がないと判断されるかもしれません。

自分の能力に応じた展望や目標をはっきりと企業に伝え、将来性をアピールすることが何より大切です。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ゲームプログラマーの志望動機の伝え方を研究しよう

女性

面接時に志望動機をわかりやすく伝えることは、必ず意識したいポイントです。

ロジカルな思考力やコミュニケーション能力があるというアピールに結び付けることができます。

詳細な説明を求められた場合でも、落ち着いて自分の言葉で話すようにしましょう。

志望動機の内容を踏まえながら、適宜補足して回答することでより強い自己PRが可能です。

採用担当者に、ゲームプログラマーとしてぜひ活躍してほしいと思わせる姿勢を追求しましょう。

 

ワンポイント
志望動機は自分の頭でしっかりと整理し、わかりやすく話すことを心がけましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性、ビジネス

転職活動で大きな関門となるのが、志望動機の作成です。

採用の合否に関わる大切なポイントだからこそ、しっかりまとめなければなりません。

丁寧な自己分析と企業研究を通して、企業に対するアピールポイントを絞っていきます。

しかし、自力ではなかなか上手くいかないという方もいるでしょう。

不安や悩みを抱えたままでは、転職活動自体が停滞してしまいます。

そこで手を差し伸べてくれる存在が転職エージェントです。

転職エージェントはプロとして豊富な知識と経験を持ち、親身に寄り添ってくれます。

転職活動で困った時にはぜひ転職エージェントを利用してみてください。

 

無料転職相談をしてゲームプログラマーとして活躍しよう

 

まとめ

女性

ゲームプログラマーはゲーム開発時にプログラミングを行う職種です。

周囲とコミュニケーションを取りながら、プログラミングスキルを活用して仕事に取り組みます。

ゲームプログラマーを目指すなら、志望動機にしっかりと具体性を持たせるようにしましょう。

まずは自己分析と企業研究に取り組み、志望動機のベースを築きます。

自分の経験・スキルが応募企業のニーズと適合していることを第一にアピールしてください。

そこから企業に対してどのように貢献していけるのか、自分の考えを明示します。

自主制作のゲームを提出してポテンシャルを強調することも有効です。

女性目線からの発想も、ゲーム業界の今後を見据えた強みとして活かせるでしょう。

そして面接の際に志望動機をわかりやすく説明できるかが大切なポイントとなります。

ぜひ自信の持てる志望動機を書き上げ、面接に臨んでください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!