サーバーシステムの構築から運用などを管理するサーバーエンジニアの将来的なキャリアパスについて解説していきます。

サーバーエンジニアを取り巻く現状から今後の需要まで、どのような点を配慮しキャリアパスを描けばいいのでしょうか?

理想となる転職先の職種なども併せて解説していきます。

サーバーエンジニアのキャリアパスを解説

パソコンを触る女性の画像

サーバーの設計・構築・運用と保守を担うのがサーバーエンジニアです。

クラウドシステムが急激に進む中で、サーバーエンジニアの活躍するフィールドにも、今までとは違った変革が強いられています。

では、サーバーエンジニアはこれからどのようなキャリアパスを描くとよいのでしょうか?

今回は、サーバーエンジニアのキャリアパスについて解説していく特集です。

サーバーエンジニアを取り巻く業界の状況は?

仕事中の女性の画像

近年のIT業界は、クラウドシステムの台頭により既存を上回る変化が起こっています。

そのため、サーバーエンジニアはその波に乗れるように、十分な知識の蓄えと柔軟な対応が求められているのです。

では、サーバーエンジニアが今後仕事をこなしていく上で、どのような状況へ対応しながら生存していくべきでしょうか?

サーバーエンジニアを取り巻く未来を具体的に見てまいりましょう。

人手不足

本来はサーバーエンジニアだけに限定したことではありません。

IT系エンジニアやプログラマーなどすべてを含めて、IT業界は常に人材不足に悩まされています。

コンピューター関連の業務が一般化されて当初から、この人手不足の問題は恒常化され続けている状況です。

しかもいつ解消されるか予測もつかない永遠の問題になっているともいえるでしょう。

しかしこれは、これからIT系の業務やサーバーエンジニアを目指したい人にとってはチャンスでもあると考えられます。

ニーズに応えられるスキルや行動が取れれば、サーバーエンジニアとして認知してもらえる土壌がまだまだあるといえるでしょう。

しっかりとした知識と判断力・経験値を積んでいくことで、ますます必要性が高まっていく兆しでもあるからです。

クラウドサーバーへの移行

キーボードを打つ画像

本来のサーバーシステムは、オフィスや自社内にて契約した設置されたオンプレミスをメインに稼働しています。

その最中にクラウドサーバーでのシステム構築が導入され、徐々に移行が開始されていると判断できるしょう。

今のところオンプレミスで構築したサーバーが多数存在してはいます。

しかし、今後は間違いなくクラウドサーバーへの移行が大多数になると見込まれているのです。

サーバーエンジニアにとっても、クラウドシステムの技術をいかに吸収して実用できるかが生存の分かれ道になると予測されています。

 

無料転職相談をして内定を確実にしよう

 

サーバーエンジニアになるには?

タブレットを触る画像

サーバーエンジニアの仕事とは、基本的にサーバーの設計から構築、やがて運用と保守に至るまでを引き受ける内容です。

一環した業務の流れがあるので、幅広いITの知識が不可欠になるでしょう。

もしサーバーエンジニアになろうという場合には、どのような準備をしていけばよいのでしょうか?

ここでは、サーバーエンジニアになるための主な方法について解説していきましょう。

IT全般の知識を得る

サーバーエンジニアには広義なIT知識が要求されます。

サーバーについての運用ができれば終わりではありません。

とくに注目しておく必要があるのは、ネットワークインフラやビッグデータについての知識です。

実践の中でもウェイトを占める分野なのでしっかり身につけたい項目といえます。

常にセミナーや勉強会にも参加しながら自分を成長させる意識を持っておきましょう。

また、やや設定の高い案件にも積極的に取り組むことで、向上心や技術力がダイレクトに上がるような工夫をするのもよい方法です。

資格を取得する

考える女性の画像

サーバーエンジニアになりたいのであれば、IT系資格に注目して取得を目指しましょう。

どのような技術職でも、採用されるための努力やスキルの証明をする必要があります。

その顕著な例として、資格制度を活用することがおすすめです。目標を掲げながらも知識やスキルの習得へと繋がります。

当然ながら、資格があれば安泰だとはいえません。

それでも資格を取得することでスキル証明になり、履歴書や職務経歴書に詳細が記入できるのは強みとなるからです。

運用・保守の求人から探す

サーバーエンジニアのビギナーがまず取り組む業務は、主に運用と保守に関することを任されます。

そのため、サーバー運用・保守についての募集案件が目についたら、迷わず応募してみるとよいでしょう。

サーバー運用と保守の基本的な仕事を身につけてから、構築や全体の管理をするといった段階を踏むからです。

また、サーバーの構築実績や保有スキルについては、独自にポートフォリオを作成し準備しておきましょう。

IT系エンジニアにとってポートフォリオこそが転職成功のカギになります。

中途採用では実績やスキルの判断が問われるため、何かしら自分の力や成果を証明できる材料を作ることが大切です。

 

ワンポイント
サーバーエンジニアには幅広いIT知識とスキルの証明が重要になる。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


サーバーエンジニアの選択肢

macとケーキの画像

どのような仕事でも、中長期的なビジョンを描きながら仕事をすることでやりがいを感じるはずです。

それはサーバーバーエンジニアの業務についてもいえます。

サーバーエンジニアとして仕事を積み重ねながら、将来的にどのような方向へ行こうとしているのかを考えているでしょうか?

サーバーエンジニアにも将来的なビジョンとしてはいくつかのルートが考えられます。

では、サーバーエンジニアとしての今後の選択肢について解説していきましょう。

管理職へ昇進

どの企業のシステム開発も、単独行動ではなくチーム制を取って進行していくはずです。

その点はサーバーエンジニアも同じで、チームを組みリーダーやマネージャーといった役割が分担されています。

そのまま経験を積んでいきながらその企業の中で昇進を重ねて管理職となるキャリアが描けるでしょう。

スペシャリストで継続

女性サーバーエンジニアのスペシャリストの画像

サーバーエンジニアが描くキャリアパスの代表的なものとしては、そのままサーバー関連のスペシャリストを目指す道です。

昇進そのものが目的ではなく、一生現役のサーバーエンジニアとして貫いて専門性を磨きたいという職人タイプの人に向いています。

とくに現場での実践的な業務そのものが好きでたまらないという人に多くみられる傾向です。

数多くの開発経験を積みながらOSやアーキテクチャの理解を深めていく必要性があるでしょう。

その道のスペシャリストとして、さらに難易度の高いシステム開発をしていくキャリアです。

フリーランスで独立

1つの企業内だけで一生を終わらせたくはないという人も世の中にたくさんいるものです。

スペシャリストのさらに上級レベルとして、企業から独立しフリーランスとして仕事を得るという方式も考えられます。

ただしフリーランスのサーバーエンジニアになるには、実務経験年数が重視され、その違いで単価相場も変動していくようです。

将来のキャリアが独立だという場合は、まずは企業へ就職し一定年数の実務経験を積んでおくのがフォーマルなっやり方といえます。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

サーバーエンジニアの転職先

オフィスの画像

サーバ―エンジニアの肩書気を保持したキャリアパスがある一方で、完全に別なキャリアを模索して歩むという人もいます。

サーバーエンジニアとして培ったIT系の知識は、さまざまな分野でも生かすことができるからです。

では、サーバーエンジニアがその後に歩む典型的な転職先について解説していきましょう。

ネットワークエンジニア

サーバーエンジニアともよく混同されやすいのがネットワークエンジニアの存在です。

ネットワークエンジニアは、コンピューターネットワークのシステム構築や保守を専門に担う業務を行ないます。

ネットワーク構築のためにはサーバーに関する幅広い知識と回線の配置についても理解していないと務まりません。

そのためサーバーエンジニアとしてのキャリアを生かして転職する人も多いのが特徴です。

ITアーキテクト

サーバーエンジニアからITアーキテクトへと転身する将来的ビジョンも考えられるでしょう。

システムインフラの提案・性能や運用への要件定義・サーバー・OSなどの複合的設計などにITアーキテクトは実力を発揮します。

サーバーエンジニアとしての実績が高く評価されれば転職先としておすすめです。

プロジェクトマネージャー

昇進を重ねることでプロジェクト管理は堅実なキャリアパスとして見込めます。

実はプロジェクト管理に至るまで有能なサーバーエンジニアが少ない現状です。

なかなかプロジェクト管理を目指す確率が少なかったのが理由とされています。

プロジェクトマネージャーは、顧客への交渉力・チームの統率力などが問われるニーズの高い職種です。

責任はかなり重いのですが、1つのプロジェクトが完了した時のだいご味は、他では経験できない魅力といえるでしょう。

 

ワンポイント
サーバーエンジニアの将来にはネットワークエンジニアなどの多くの選択肢がある。

サーバーエンジニアの年収は?

女性がパソコンを見る画像

サーバーエンジニアの平均年収はどのくらいでしょうか?

年齢によっても幅がありますが、20代なら約400万円、30代で約500万円が平均です。

概ねで未経験からスタートしたら、300万円から400万円が標準といえるでしょう。

また、中堅のサーバーエンジニアになれば構築や設計の実績によって500万円くらいにまでアップすることがあります。

 

無料転職相談をしてIT系エンジニアを目指そう

 

サーバーエンジニアの需要

PC作業をする女性の画像

今ではクラウドシステムが台頭してきたことにより、サーバーシステムの在り方が変貌しつつあります。

その影響はサーバーエンジニアが一番実感しているはずです。

そこでここでは、サーバーエンジニアの今後の需要について解説していきましょう。

既存サーバー運用は減少

中長期的に考えて、運用や保守を担当するサーバーエンジニアの需要は減少する予測がされています。

それは、クラウドシステムの普及によりサーバーの運用業務が自動化しているからです。

物理的なサーバー機器の保守も不要になり保守作業自体が減少していくことを想定しているのです。

とはいっても、それはあくまでも完全自動化が確立されればの話といえます。

全くの無事故でトラブルがない世の中は考えにくいものです。ましてや機械を客観的に見れるのは人間しかいません。

サーバーエンジニアという括り方は無くなったとしても、それに代わる新たな役目は引き続き必要になるはずです。

クラウドサービスの必要性が高まる

クラウドシステムでのサービスが高まることで、既存のサーバー運用や保守業務は減少していく傾向です。

従来のサーバーエンジニアの需要も減少することになるでしょう。

ただし、サーバー設計・構築ができるエンジニアはまだ需要があります。

当分の見通しではクラウドシステムのスキルとともに習得して、クラウド知識を併行していけるエンジニアが必要とされていきます。

 

ワンポイント
クラウドシステムへの移行に伴ってますますサーバーエンジニアの必要性が高まっている。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


女性はサーバーエンジニアとして長く働ける?

スマホを見る女性の画像

上述した内容とも被りますが、今後もサーバーエンジニアの役目は必要です。

その理由は、いまでもIT系エンジニア自体の人手が全く足りていないことが大きいでしょう。

しばらくエンジニアをどのように増やしていくかが課題になるからです。

サーバーの環境は変化を遂げてきましたが、それに伴って新たな課題や将来も期待されています。

自身の素質さえ適合するのであれば、サーバーエンジニアとしての選択は間違いではありません。

 

ワンポイント
サーバーエンジニアには新しい活躍の場が期待できる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンとスマホを操作する女性の画像

転職についての取り組み方は応募者なりに万全に整えていくものです。

とはいっても、1人で準備をしているのは不安ばかりが募ってしまいます。

今の自分が行なっていることが果たして正しいのかどうかを判断してほしいという方もいるはずです。

そこで転職エージェントに登録して活用することをおすすめします。転職エージェントとは転職の専門家集団です。

転職の些細な悩みを抱え込まずいち早く解決したいのであれば、ぜひ転職エージェントに相談をしてみるとよいでしょう。

まとめ

ポイントする女性の画像

インターネットが普及されて、さまざまな検索作業が日常的になりました。そのためにサーバーを毎日稼働をしています。

ただし従来型のサーバーからクラウドへの移行期に差し掛かっています。

今のこの移行時期にこそ、サーバーエンジニアとしてのチャンスが多く芽を出していると考えてもよいでしょう。

豊富な知識を持って柔軟な対応ができるサーバーエンジニアは、まだまだ求められています

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!