レコーディングエンジニアとは、アーティストや楽器のレコーディングで音響機器を調整する技術者です。

それぞれのパートの音量などをバランスを見ながら調整し、良いサウンドに仕上げます。

音楽が好きな人や制作に興味がある人から注目を集めている仕事です。

この記事では、レコーディングエンジニアにおすすめの資格を解説します。

レコーディングエンジニアに興味のある人はぜひお読みください。

レコーディングエンジニアにおすすめの資格を解説

手で左を示す女性

この記事では、レコーディングエンジニアについて、おすすめの資格を中心に解説します。

転職を希望する仕事があるならば、仕事の特徴や有利な資格について知っておくべきです。

情報を持っていることで適切な対策がとれるため、スムーズな転職活動につながります。

特に未経験から転職するのであれば、知識を証明するためにも資格があると良いでしょう。

仕事について知り、適切な対策をとることが大切です。

 

無料転職相談をしてレコーディングエンジニアについて知ろう

 

サウンドレコーディング技術認定試験

手で丸を作る女性

最初に、サウンドレコーディング技術認定試験の紹介をします。

レコーディングエンジニアに必要な、音楽や機器などの基礎的知識が問われる試験です。

出題内容

サウンドレコーディング技術認定試験はすべて主催のJAPRSが発行した書籍から出題されます。

出版された書籍は複数ありますが、そのうち「サウンドレコーディング技術概論」の内容は以下のとおりです。

  • 音響の基礎
  • 音響物理の基礎
  • 電気音響の基礎
  • 音響機器
  • 録音技術
  • 音楽理論と楽器
  • 音楽著作権
  • 音楽制作の歴史・スタッフの役割
  • レコーディング用語

音響や録音などレコーディングに関する知識はもちろん、歴史や音楽に関わる法律などの知識も問われます。

レコーディングエンジニアに必要な基礎的知識といえるでしょう。

難易度

サウンドレコーディング技術認定試験は合否ではなく、スコア判定の試験です。

1000点満点で、スコアによってランクがつけられます。

  • A:1000~901点
  • B: 900~701点
  • C: 700~451点
  • D: 450~201点
  • E: 200点以下

Aランクの取得率は受験者の30%弱であり、決して不可能ではありません

基礎的な問題が中心のため、しっかり勉強すればAランクを含めた高スコアを狙える試験です。

勉強法

先述したとおり、サウンドレコーディング技術認定試験の試験はJAPRS発行の書籍から出題されます。

公式サイトにテキスト情報が掲載されていますので、そちらで勉強するのがもっとも効率的です。

また、公式サイトには過去の試験問題とその解答も掲載されていますので、そちらも利用すると良いでしょう。

JAPRS発行のテキストで基礎を固めてから過去問を解くのがおすすめの方法です。

Pro Tools技術認定試験

女性

Pro Tools技術認定試験では音楽系ソフトウェア「Pro Tools」のオペレーション能力が問われます。

サウンドレコーディング技術認定試験と同様、JAPRSが主催する試験です。

出題内容

Pro Tools技術認定試験の出題範囲は以下のとおりです。

  • Pro Tools概要
  • 録音・編集
  • ミキシング
  • シンク・MIDI・ファイル管理など

名前のとおり、デジタル・オーディオ・ワークステーション用ソフトウェアであるPro Toolsについて問われます

Pro Toolsの基礎的内容から活用法まで幅広い知識が必要です。

難易度

Pro Tools技術認定試験は合否ではなく、スコア判定により能力を把握する試験です。

1000点満点で以下のようなランク付けがされます。

  • A:1000~901点
  • B: 900~701点
  • C: 700~451点
  • D: 450~201点
  • E: 200点以下

特別難易度の高い試験ではないため、しっかりと勉強すればAランクの獲得も可能です。

勉強法

Pro Tools技術認定試験はサウンドレコーディング技術認定試験と同様、JAPRS発行の書籍から出題されます。

まずは出版された書籍や、公式サイトに掲載されたテキストを使用して勉強するのがもっとも効率的です。

テキストで基礎を固めたら、公式サイトに掲載された過去問を解きましょう。

勉強法がわかりやすく対策がしやすい試験です。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


レコーディングエンジニアに資格は必須?

面接に向かう女性

レコーディングエンジニアに特別な資格は必要ありません

特に資格を持っていなくても、レコーディングエンジニアとして働くことが可能です。

ただし、資格は知識や能力の証明に有用なものといえます。

サウンドレコーディング技術認定試験やPro Tools技術認定試験のスコアは知識量のアピールに便利です。

高スコアを獲得していれば、即戦力としてのアピールが可能でしょう。

資格がなくてもレコーディングエンジニアになることはできますが、所持していると便利です。

 

ワンポイント
転職活動において資格は何かと便利に働きます。

資格を習得するメリット

PCで仕事をする女性

資格を取得するメリットを紹介します。

資格がなくてもレコーディングエンジニアになれるとはいえ、できる限り取得することがおすすめです。

スキルの証明になる

資格はその分野における知識やスキルの証明になります。

知識やスキルをどれほど有しているかというのは、第三者はなかなか把握することができません。

自分で伝えるにしても主観的になってしまうため、説得力に欠ける部分があるでしょう。

しかし、資格は客観的な評価によって与えられるものです。

そのためスキルがあることを明確に証明でき、自身をアピールすることができます。

自分の力を適切に伝えるためにも、資格はかなり効果的です。

転職活動に役立つ

ポイントを説明する女性

先述したとおり、資格はスキルや知識の証明になります。

そのためアピールポイントとして転職活動に役立ちます。

転職活動では自身をアピールすることが大切ですが、スキルや知識を主観で伝えるのは難しいです。

その点資格は客観的にスキルや知識を証明するもののため、堂々とアピールできます。

採用担当者も明確な基準として活用できるため、選考において有利に働きます。

転職活動で一歩リードするためにも、資格はかなり便利です。

 

ワンポイント
資格をとることにはメリットが多いです。

レコーディングエンジニアに求められる知識

資料を見る女性

レコーディングエンジニアに求められる知識を紹介します。

仕事において活躍するためにも、必要とされる知識は事前に有しておきましょう。

音響機器の知識

ビズネスウーマン

レコーディングエンジニアには、音響機器の知識が必須です。

レコーディングエンジニアは、適切なレコーディングのために数々の音響機器を使用します。

そのため音響機器を適切に使用するための知識が求められます。

趣味で使用したことがありなんとなく知識があるという人もいるかもしれませんが、それでは足りません。

レコーディングエンジニアとして仕事をする以上、しっかりとした知識が必要です。

音響機器の基本的な知識や使い方など、幅広く勉強することが必要とされます。

良い音楽を作り上げるためには、レコーディングに必要な音響機器を上手く使いこなすための知識が欠かせません。

Pro toolsの操作スキル

レコーディングエンジニアとして楽曲の調整をするときには、Pro Toolsを使用することが多いです。

どんなに音楽や音響機器の知識があっても、ソフトウェアを使いこなせなければ良い仕事はできません。

仕事で活躍できる人になるためには、使用するツールの操作スキルが必須です。

レコーディングエンジニアの場合は、Pro Toolsの操作スキルが該当します。

Pro Toolsには無料で使用できるプランもあるため、未経験であればまずはそちらを使用してみると良いでしょう。

Pro Tools技術認定試験の勉強をおこなうのも効果的です。

スムーズに仕事をするためにも、使用するツールの操作スキルを身につけておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
必要な知識やスキルを身につけておきましょう。

必要な知識を身につける方法

女性

レコーディングエンジニアに必要な知識を身につける方法を解説します。

転職活動をスムーズに進め仕事で活躍できる人になるために押さえておきたい方法です。

専門学校に通う

もっとも近道なのが、専門学校に通うことです。

レコーディングエンジニアを目指す人に適した専門学校は多くあります。

音楽や音響系の専門学校の多くには、レコーディングエンジニアを目指す人に適した学部やコースがあります。

専門学校に通うことで、必要な知識の習得やレコーディングエンジニアとして活かせる経験を積むことが可能です。

大学生や社会人など、昼間は忙しい人に向けて夜間コースを設けている専門学校もあります。

効率的かつ確実に知識を身につけたいのであれば、専門学校がおすすめです。

アシスタントとして経験を積む

パソコン作業をする人

いきなりレコーディングエンジニアとして働くのではなく、まずはアシスタントとして経験を積むこともできます。

アシスタントはその名のとおり、レコーディングエンジニアのサポートをする立場です。

レコーディングや楽曲の調整そのものよりは、指示に従って庶務やデータ入力などをおこないます。

しかし実際の仕事現場を間近で見ることができるため、イメージが湧きやすくなります。

ある程度経験を積めば、レコーディングエンジニアの仕事を任されるようになる可能性も高いです。

現場で実務経験を積みながら知識を身につけたいのであれば、まずはアシスタントになると良いでしょう。

レコーディング業界へのアンテナを張る

どんな仕事であれ、業界や分野に情報収集は大切なことです。

レコーディングエンジニアであれば、レコーディング業界へのアンテナを張りましょう。

レコーディング業界の動きや流行などを把握し、情報収集をおこないます。

その過程で自然と、レコーディングエンジニアに必要な知識が身についていきます。

レコーディング業界へのアンテナを張り、生きた情報を手に入れることが大切です。

 

ワンポイント
 自分に適した方法で知識を身につけましょう。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


レコーディングエンジニアの女性の働き方

パソコン作業をする人

レコーディングエンジニアは女性があまり多くありません。

その理由として、業務時間の長さによる体力的な厳しさや結婚・出産などの影響が挙げられます。

しかし女性はレコーディングエンジニアになれないわけではありません。

女性は気配りや雰囲気作りに強いという傾向があります。

多くの人と関わりながら仕事をしなければならない現場において、このような能力はかなり有用です。

女性特有の繊細さや細かな音の聞き分けなども、レコーディングエンジニアとして役立ちます。

女性がレコーディングエンジニアとして働くならば、これらの強みを活かすのが良いでしょう。

気配り能力の高さや繊細さを武器にすることで、レコーディングエンジニアとして活躍できます。

 

無料転職相談をして女性として活かせる強みを知ろう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンを持つキャリアウーマン

目指す業界や仕事があるならば、そのために細かな対策や志望動機作成などをおこないます。

情報収集や勉強も欠かせないでしょう。このように転職活動中はやることが非常に多いです。

そんななかで何らかの悩みが生まれると、他の行動にも影響を及ぼします。

ひとつの悩みが原因で転職活動全体がスムーズに進まなくなる可能性が高いのです。

転職活動を快適に進めるためには、悩みをそのままにしないことが大切です。

転職活動に関する悩みは、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは多くの求職者をサポートしてきた、転職活動のプロといえる存在です。

さまざまな転職相談の経験から、実用的かつ的確なアドバイスをすることができます。

転職エージェントに相談することで、悩みを解決させるための糸口が見つかることでしょう。

悩みはそのままにせず、転職エージェントを活用して解消させるべきです。

 

無料転職相談をして転職活動をスムーズに進めよう

 

まとめ

笑顔の女性

レコーディングエンジニアとして有利な資格は、勉強がしやすく難易度もそれほど高くありません。

そのためレコーディングエンジニアを目指すのであれば、ぜひ紹介した資格を取得するべきでしょう。

必要なスキルや知識を身につけることも、スムーズな転職活動や仕事での活躍に大切です。

やるべきことがたくさんありますが、夢を叶えるためにひとつひとつクリアしていきたいところです。

悩みや不安があれば、いつでも転職エージェントにご相談ください。

転職活動がスムーズに進むよう、全力でサポートします。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。