技術面接はエンジニアなど、いわゆるリケジョを対象とする技術職・研究職には不可欠な選考試験です。

一般面接とは異なり、面接官の質問内容も専門性が高くなります。高評価を得るには、その特徴をしっかりと把握しておくことが大切です。

この記事では技術面接で女性が高評価を得るために、意識するポイントや質問・回答例を紹介します。

技術面接のよくある質問を解説

女性の面接官

採用担当者の目的は会社に貢献できる人材を確保することです。そのため面接試験では応募者のスキルに加え、人となりを見極めます。

しかし専門性の高い技術職・研究職を雇用する場合、一般的な面接だけではテクニカルなスキルや人となりを見極めることはできません。

そこで技術面接は応募者が作成した資料を元にプレゼン形式で行われ、面接官は技術職や研究職の社員が担当しています。

技術面接で高評価を得るには、その特徴を踏まえた準備が必要です。ここでは技術面接でよくある質問について考えてみましょう。

技術面接での評価ポイント

ポイントを説明する女性

技術面接で高評価を得るには、いくつかのポイントを理解することが大切です。技術面接といえば技術的なスキル対策に傾注しがちです。

もちろん技術的なスキル対策も重要ですが、それだけでは優秀な人材とはいえません。いわゆるマンパワー・資質も大事な要素です。

ここでは技術面接で高評価を得るためのポイントをマンパワー・資質の観点から考えてみましょう。

プレゼン能力

プレゼン能力は技術職・研究職に不可欠だといえます。技術面接の特徴は、自らが作成した資料をプレゼン形式で説明する点です。

実際に技術職・研究職に就くと自身の研究結果などをプレゼンする場面や、講習会などを開催して説明する機会が多くあります。

いくら素晴らしい研究結果であっても、相手に伝わらなければ意味がありません。

そこで面接官は専門的な内容をわかりやすく相手に伝える、プレゼン能力の有無が重視されているといえるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーションを図る女性

技術職・研究職においてコミュニケーション能力は、円滑にプロジェクトを進めるために必要なスキルだといえます。

プロジェクトを成功させるには、専門分野の技術者が連携を密にすることが不可欠です。

それぞれの担当分野のエキスパートの意見に耳を傾け、最善の方向に調整することは簡単ではありません。

そこで求められているのが、高いコミュニケーション能力だといえるでしょう。

課題の解決力

プロジェクトで開発・設計を進めていくと必ず壁にぶつかります。また急なスケジュール変更も日常茶飯事です。

そこで慌てることなく臨機応変な対応を行い、課題の解決力を発揮できるか否かが真の力量だといえるでしょう。

技術面接で研究成果をプレゼンする際には、良いことばかりではなくトラブルや苦労したことも積極的に盛り込みます。

その上で自分がどういった対処をして、問題を解決したのかをしっかりとアピールすることが大切です。

理論的思考

理論的思考は仕事を合理的に進めるとともに、プレゼント能力を引き出すためにも不可欠なスキルです。

プレゼン能力の重要性は前項で説明したとおりですが、単に説明が上手いだけでは通用しません。

相手を納得させるためには理論的な思考に基づいて、相手が納得できるようわかりやすく話すことが大切です。

技術面接においては回りくどい説明・回答を避け、理論的かつ分かりやすく伝えることを心がけましょう。

技術力と専門性

説明する女性

技術職・研究職に就くには高い技術力と専門性を持ち合わせていることが不可欠です。とりわけ、転職者には即戦力求められています。

例え未経験の場合であっても、高いポテンシャルや学習意欲をアピールすることを心がけましょう。

なお技術面接では技術職や研究職の社員が面接官を担当することから、1つの事項に対して次々と質問が深掘りされることが想定されます。

したがって想定される質問を深掘りし、技術力と専門性がアピールできるよう準備しておきましょう。

 

ワンポイント
 技術面接では技術的なスキルだけでなく「人となり」も重要な要素です。

女性が面接で意識することは?

自分の言葉で伝える女性

多くの企業では女性社員の登用が促進されています。エンジニアをはじめとする技術職・研究職も同様です。

つまり技術職・研究職を目指す女性にとっては、追い風が吹いているといえます。そこで意識したいのが「女性ならではの強み」です。

綿密な計画性や分析力・柔軟性に加え、さりげない気配りや心使いも女性の強みだといえるでしょう。

ただし、過剰に女性であることをアピールするのは逆効果です。意識しすぎず適度にアピールすることを心がけましょう。

 

無料転職相談をして技術職・研究職への転職を成功させよう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


技術面接の対策は?

資料を見る女性

技術面接は自身の研究内容から得られた結果やスキルを元に、プレゼン形式で進められます。

一般面接よりも企業の特性が出やすく、1つの質問から次々と深掘りして応募者の力量を見極めるのが特徴です。

なお面接官は技術職や研究職の社員が務めるためごまかしが効きません。ここでは技術面接の対策法について考えてみましょう。

過去の選考情報を調べておく

企業のオリジナリティが強く出るのが技術面接です。したがって技術面接で高評価を得るには、過去の選考情報を調べておきましょう。

過去数年間の選考情報を調べれば、企業の出題傾向を分析して効果的な対策を立てることが可能となります。

過去の選考情報を調べるには専門サイトが便利ですが、先輩など実際にそこで働いている人からアドバイスを受けるのも良い方法です。

転職エージェントに相談する

転職エージェントへの登録も有効な技術面接対策です。転職エージェントでは数多くの具体的な対策法を持っています。

過去の選考情報は専門サイトや先輩などから収集できますが、情報収集だけでは不十分です。具体的な対策が必要になります。

転職エージェントでは収集した情報から具体的な対策法を導き出し、より万全な対策を施しているといえるでしょう。

 

ワンポイント
 過去の選考情報を分析して技術面接の出題傾向を分析しよう。

女性が技術面接で注意すべき点

考える女性

技術面接では応募者の技術的なスキルのほか、仕事を行う上で必要なマンパワーや資質を見極めています。

技術面接の面接官を担当するのは技術職や研究職の社員であり、「一緒に仕事をやっていけるか」といった視点がポイントです。

つまり、より厳しい目で見られているといえるでしょう。そこで女性が高評価を得るには、どういった点に注意すべきか解説します。

自分の言葉で話そう

技術面接では自分の言葉で話すことを心がけましょう。事前に用意してきた回答ばかりだと、マイナス評価されることも少なくありません。

面接を受験するにあたっては攻略本やセミナー受講のほか、模擬面接などを行って質問に対する回答案を用意します。

もちろん、事前に準備することは大切です。しかし技術面接では技術的なスキルだけでなく「人となり」が重要視されています。

想定外の質問にも臨機応変に自分の言葉で答える姿勢こそ、面接官から高評価を得るコツだと心得ておきましょう。

具体的なエピソードを入れよう

技術面接で回答する際には具体的なエピソードを加えることで、回答に納得性を持たせることができます。

面接では普段の姿・人となりを伝えることが大切です。しかし、短時間で本来の自分を伝えることは極めて困難だといえるでしょう。

いくら言葉で「良い回答」を並べても信憑性はありません。具体的なエピソードを入れることでリアリティが生まれます。

ただし長々と述べるのはNGです。コンパクトにまとめることで、自身の本来の姿を端的にイメージしてもらえるでしょう。

面接官の専門知識量を見極めよう

面接を受ける女性

技術面接では専門用語を使って回答する場面が少なくありません。そこで大切なのが、面接官の専門知識量を見極めることです。

ここまで紹介してきたとおり、技術面接では技術職・研究職の社員が担当します。しかし専門知識量は一定ではありません。

また担当外の社員が面接官を担当することもあります。したがって、技術面接が始まった段階で相手の専門知識量を見極めましょう。

敢えて専門外の社員が面接官を担当することで、応募者の対応力を見極めていることもあります。

専門分野の社員であれば、より深掘りした説明が必要です。相手の専門知識量で臨機応変に対応できるだけのスキルを身に付けましょう。

プレゼンの資料は見やすい工夫をしよう

プレゼンの資料は見やすさ・わかりやすさを重視して、女性らしく丁寧に仕上げましょう。

プレゼンの資料は応募者の第1印象を決めるものです。いくら良い説明をしてもプレゼンの資料が雑だと評価にはつながりません。

色の配置や文字の配置・フォントなどに注意し、視覚的に訴えるプレゼン資料となるよう工夫するのがコツです。

また、内容についても長々と書き込むのではなくポイントを絞り込み、詳細は自身の言葉で説明すると良いでしょう。

 

ワンポイント
女性が技術面接で高評価を得るには自分の言葉でわかりやすく答えることを意識しましょう。

技術面接のよくある質問と回答例

プレゼンする女性

技術面接で高評価を得るには、事前によくある質問・解答例に触れておくことが大切です。

事前準備には過去問題の確認やプレゼン資料の作り込み・注意点の確認などがあります。しかし、それだけでは十分だとはいえません。

技術面接は企業によって質問内容は異なりますが、共通するいくつかの質問があります。つまり事前に準備しておくことが可能です。

ここでは技術面接を有利に進められるよう、よくある質問と回答例について解説します。

研究成果について求められる質問・回答例

「あなたの研究成果は、どのように社会や人々の生活に役立ちますか。また、どのように役立てたいと考えていますか。」

企業は社会や人々の生活に役立たなければ意味がありません。したがって、この質問は仕事に対する考え方・責任感を問うものです。

「私の研究結果は〇〇技術に応用可能です。現在○○に問題があり、○○テストを繰り返しているところです。

テスト結果では概ね○○の問題は改善されており、〇年後には実用化が可能だと考えています。」

解答の際には「何に応用できるのか」「現状」「実用化の目途」について具体的かつ簡潔に答えるのがポイントです。

研究を通じて得られたものを求められる質問・回答例

「あなたがこの研究を通して得られたものは何ですか。もしくは得ようとして得られなかったものはありますか。」

企業は応募者の人となりを短時間のうちに見極めます。この質問は応募者の課題解決力・論理的思考・業務遂行力を問うものです。

「研究を進めるにあたって、何度も失敗を重ね心が折れそうになりました。その過程でこれまで以上に理論的な仮説の重要性を学びました。

単に試行を繰り返すだけではなく、「なぜその試行を行うのか」を明確にすることで、失敗が失敗でなくなると実感しています。

実用化に向けて課題が残ったことは残念ですが改良の目途もついており、十分に満足できる結果だったと自負しています。」

回答の際には技術的なことだけでなく、仕事を行っていく上で必要な資質が得られたことをアピールすることがポイントです。

 

ワンポイント
 技術面接で高評価を得るには例文に触れて出題傾向を見極めましょう。

技術面接のNG回答例

困った女性

技術面接は応募者の資質が、求める人材像にマッチしているかを問うものです。したがって自分本位な回答はNGです。

  • あなたが取り組んでみたい分野について教えてください。
  • 希望の部署に配置が叶わなかった場合どうしますか。

この質問は単に応募者の希望を聞いているわけではなく、仕事に対する熱意・意欲を問うものです。NG回答は次のとおりとなります。

  • 私は〇〇分野の研究しかしたくありません。
  • 可能な限り○○分野への配属をお願いします。

企業は個人の都合で動いているわけではありません。例え希望の分野でなくとも「一生懸命に頑張る」といった熱意を見せましょう。

 

無料転職相談をして自分の希望にマッチした職場を探そう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


技術面接でも逆質問の準備をしておこう

質問する女性

一般面接と同様に技術面接においても逆質問を求められます。慌てないように準備しておくのが鉄則です。

なお逆質問の内容としては仕事に取り組む姿勢をアピールできるもの、もしくは入社後のミスマッチを防ぐものとしましょう。

具体的には「入社までに準備しておくことはありますか」技術職・研究職に就くことで注意すべき点はありますか」などが一般的です。

反対に労働条件や処遇に関するもの、もしくは配属先や研究分野に関するものは控えましょう。

あくまでも技術面接では自分の技術的なスキルや人となりをアピールする場であり、自分本位な質問はマイナス評価につながりかねません。

転職面接の不安は転職エージェントに相談しよう

転職相談に乗る女性

技術面接は難易度が高く、いくら準備しても不安が払拭できるものではありません。

そこで相談したいのが転職エージェントです。転職エージェントは転職のプロとして、女性の技術職・研究職への転職を成功に導いています。

技術面接は過去の事例などの「情報」だけではクリアできません。具体的な「対策法」が不可欠です。

転職エージェントでは具体的な対策法に加え、転職希望者のスキルや要望にマッチした職場を紹介してくれるでしょう。

 

無料転職相談をして転職の不安をなくそう

 

まとめ

面接に向かう女性

技術面接は技術職・研究職への転職には非常に重要な意味を持っており、しっかりとした準備・対策が不可欠です。

技術面接は自身で作成したプレゼン資料を説明する形で進められますが、単に技術的なスキルを見極めるためではありません。

応募者の人となりを見極めることも重要な目的です。つまりコミュニケーション力や課題解決力といったマンパワー・資質も問われます。

また自分の言葉で相手にわかりやすくプレゼン力に加え、女性ならではの計画力分析力もアピールしましょう。

なお技術面接の準備には過去の選考情報が不可欠です。しかし「情報」だけでは十分な対策は困難だといえます。

そこで活用したいのが転職エージェントです。具体的な対策法をレクチャーしてくれますので、転職への不安を払拭してくれるでしょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。