ブリッジエンジニアという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

エンジニアはSEと略されていますので当然ブリッジエンジニアもSEの仲間入りです。

こちらの職業は比較的新しい職種になります。

そのためどんな仕事をする人なのか見当がつかないという人もいるでしょう。

ブリッジは橋という意味ですので他国の人とのプロジェクトの橋渡しをする役割があります。

他国と仕事をするということは日本語以外を話さなければ仕事になりません。

具体的な仕事内容やスキル、将来性についてご紹介します。

ブリッジエンジニアの仕事内容を解説

パソコンを操作する女性

ブリッジSEはプロジェクトを行うためよりスムーズに進めるために橋渡しをします。

システム開発の一部を海外に請け負ってもらいますがそれは海外の方が人件費が安くなるからです。

システムの一部を海外で作業するためさまざまなスキルが必要になります。

ブリッジSEのスキルはもちろん必要ですがそれに加えて言語力も必要です。

日本語しか話せないではブリッジSEにはなれません。

その他にも仕事はありますがブリッジSEの仕事はどのようなものがあるのかご紹介します。

オフショア開発

業務を海外へ委託することがオフショア開発です。

海外へ委託すると人件費やコスト削減となり安く済みます。

これらをすべて日本のみで行なう場合コスパが低くなり人件費がかかってしまうことがあります。

海外へ委託することによってコスト削減や人件費を抑えられるのはありがたいことです。

ですがいいことばかりとは限りません。

日本と海外とで仕事をするわけですから当然言葉の壁があります。

コミュニケーションが成り立たないことや、現場で活躍するエンジニアの技術力不足といった問題です。

特に設計や商品の説明はコミュニケーションスキルが問われます。

語学力を活かして上手く伝えることができなければ大きなミスにつながるでしょう。

ニアショア開発

書類を持つ女性

こちらはオフショア開発とは違い国内で行えるものとなります。

システム開発の一部を地方へ受け渡すことで人件費やコスト削減につなげます。

海外と違って言語力はありませんが全ての人が標準語とは限りませんので言葉が伝わりにくいといったことがあるでしょう。

 

無料転職相談をしてブリッジSEの仕事内容を詳しく知ろう

 

ブリッジエンジニアの主な業務内容

本を開いている女性

ブリッジSEは日本と海外の間に立ち橋渡しをしているエンジニアのことです。

仕事を依頼する海外によって大幅な時差が生まれたり文化が違っているためそれらを総合して仕事をこなさなければなりません。

一つの製品を作り出すためにもお互いが協力していかなければ完成しないでしょう。

具体的な事業内容はどのようなものがあるのでしょうか。

プロジェクト説明

同じ社内で仕事をする場合進め方や取り組み方が同じのためある程度説明すればわかってくれます。

ブリッジSEの場合はそうはいきません。

海外の企業と合同で作業をしていかなければなりませんので仕事の進め方から教えてあげる必要があります。

国によって文化の違い仕事の進め方は違います。

日本と海外が同じように仕事を進めなければ完成するものも完成しなくなるのです。

現地のエンジニアにわかりやすいように説明してあげましょう。

設計書の翻訳や補足

書類を手にする女性

日本語が話せる・わかる海外の人であればなんの問題もありませんが全ての人が日本語を知っているとは限りません。

日本で設計したものは日本人がわかりやすいように作られています。

わかっている内容について多少省略している部分もあるでしょう。

現地の方に日本で作られたシステムを翻訳してあげる必要があります。

その場合オンラインや電話を用います。

国によってはかなりの時差が生まれてきますので時間に配慮しながら設計書の翻訳に努めましょう。

納品物のチェック

何をするにも同じことですがチェックを怠ってはいけません。

チェック漏れが発生すればその商品に欠損が見つかった時大きな事故になる可能性もあるかもしれません。

オフショア先からの納品物を確認するときにミスがないよう、目を光らせるようにしましょう。

間違った箇所が発生した場合、すぐに修正依頼をかけましょう。

進捗や品質報告

伝えようとしている女性

どのようにして作業が進んでいるかその作業状況を確認する必要があります。

オフショア先は日本ではなく海外です。

そのため日本とはどうしても距離ができてしまいます。

電話やメール、オンラインなどどの媒体を使ってもいいので適度に連絡を取り合うようにしましょう。

連絡を取り合うだけでも大きな手間がかかってしまいますが連絡を取らないと作業が遅れて納品できないというトラブルを招きます。

現地のエンジニアとコミュニケーションを取りながら作業を進めるようにしましょう。

  1. 日本と海外の企業を橋渡しするエンジニア
  2. 開発にはオフショアとニアショアがある
  3. 語学力は必須
  4. わかりやすく伝えることが大事

ブリッジエンジニアに求められるスキルは?

ガッツポーズする女性

海外との橋渡しをしているエンジニアになりますので一般のエンジニア以上にスキルが必要となります。

これだけは押さえておかなければブリッジSEとして働いていくことは不可能だというスキルがあります。

そのスキルとは一体どのようなものなのでしょうか。

開発スキルや知識

製品を開発するスキルは必須といえるでしょう。

仕事をしていく上でエンジニアはプログラムの開発やシステムの開発を担当します。

発想力のある人の方がエンジニアは向いているといえるでしょう。

マネジメントスキル

ブリッジエンジニア は日本と海外をつなぐ架け橋になりますのでその仕事内でのリーダーに該当します。

日本の品質としてよりよい製品になるように開発現場で立ち回りを担います。

その人が中心となって作業を行うようにしましょう。

マネジメントをすることはとても大変なことです。

エンジニアの統括者になったのならさまざまな確認作業に抜けがないようにする必要があります。

みんなをまとめる力を持っていればどこの現場に行っても不自由なく作業が回るでしょう。

コミュニケーションスキル

話ししている女性たち

オフショア先の海外と一緒に仕事をするわけですのでコミュニケーションはなくてはならないものです。

日本人同士で仕事をするにもコミュニケーションは大事ですが海外ともなるとより大事になります。

現場のエンジニアの方とコミュニケーションを取りながら作業を進めていくわけですので会話が成り立たないと話になりません。

語学力を高めてより円滑に仕事ができるように努めていきましょう。

一つの作業が終わるまでオフショア先とは長い間ともに仕事をする仲間になります。

言葉の壁は大きいかもしれませんがそれを少しでも乗り越えられることによってより良いシステムが完成するでしょう。

 

ワンポイント
さまざまなスキルを兼ね備えておかなければブリッジSEとして働くには厳しいでしょう。スキルを持っている方が有利です。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ブリッジエンジニアのやりがい

電車に乗る女性

海外の人と仕事をしていくにはそれなりに大変なことも増えてくるでしょう。

思い通りに行かないことやこんなはずではなかったといったこともあるかも知れません。

そういった大変な経験を積むことも仕事を達成する上では必要になります。

大変なこと、苦労することも含めてやりがいといえるでしょう。

グローバルなビジネスを経験できる

現地のエンジニアと連携して作業をします。

オフショア先はさまざまで中国やインドなど国境を超えてつながります。

グローバル化が進んでいる中で日本だけにとどまっていてはいけません。

日本だけに限らず世界を見なければ今後はエンジニアの仕事は成り立たないでしょう。

このような経験ができる仕事は限られてきますのでビジネスを通して世界とつながれることは誇りです。

これから自分が輝いていけるようにもっと活動の場所を広げていきましょう。

そうすればより多くの国の人とつながることができます。

仕事一つでビジネスは変わります。

これからはグローバルな世界です。

このような経験ができる場所は多くないため世界の人とつながって仕事ができる環境に胸を張りましょう。

国外企業との取引に強くなれる

日本のみで仕事をしている人に比べ海外との橋渡しを行なっているブリッジSEは相手が海外の人です。

国境を超えて仕事でやりとりするときもつながりがあるため強くなれます。

日本人同士なら安心感や言葉の壁を感じることはあまりありません。

その方が仕事をこなしていくにもやりやすいと思っている人もいるでしょう。

グローバルを目的とした人なら今後海外企業とのやり取りも視野に入れています。

一度仕事を共にしてきた国外の人がいるならまた新しい海外の方とも仕事をする場合があるかもしれません。

そうなった時経験している人の方が取引に強くなれます。

 

ワンポイント
海外の方とともに仕事ができることはなかなか経験できるものではありません。自分自身の成長にもつながるでしょう。

ブリッジエンジニアに役立つ資格

タブレットを持つ女性

必須といえる資格は特にありません。

職業によって中にはこれは絶対に取得するべきというものもありますがブリッジSEには絶対という資格はないです。

絶対ではありませんが持ち合わせておけば有利になる資格があります。

PMPの資格です。

こちらは国家試験になるため難易度が非常に高くなります。

世界中で知られている資格になりますので国内・国外問わず認められるものになります。

その他語学力も必要とされるため語学関連の資格を取得しておくのもいいでしょう。

資格は持っておくに越したことはありません。

資格所持の必要はないのですが、持っている方がいろいろな人から認められ仕事を自分のものにできるでしょう。

 

無料転職相談をしてブリッジSEに必要な資格があるのか確認しよう

 

ブリッジエンジニアの年収は?

財布を持つ女性

海外との橋渡しを行なっているブリッジSEの年収はどのくらいなのでしょうか。

海外に一部業務を委託しているとなると人件費やコストが抑えられます。

そのような面を考えたときに一般的なエンジニアに比べて年収は安いのではないかと考える人もいるでしょう。

ただしブリッジSEもIT業界に精通するエンジニアです。

ブリッジSEの平均年収は400万から800万といわれています。

一般的なエンジニアが450万の年収ですのでさほど変わりありません。

最初こそ一般のエンジニアと変わらない年収ですが経験を積むことでより多くの年収を獲得できるでしょう。

特にリーダーのような位置についたブリッジSEはより多くの年収が期待できそうです。

未経験でもブリッジエンジニアを目指せるの?

初心者マークを手にする女性

ブリッジSEになりたいと思っても未経験からなれる人はいません。

経験している人のほうが有利になりますし認めてもらえます。

何も知らない人は経験を積むところから始めましょう。

経験を積まないことにはエンジニアの道は切り開けません。

エンジニアのサポートとプログラマ見習いをして経験を積むようにします。

いきなりブリッジSEにはなれませんが見習いなら未経験であってもなれます。

自分が立派なブリッジSEになれるまで遠いことかもしれませんが夢を手放さないようにしましょう。

せっかく見習いとして働くことができたとしても諦めてしまうのはもったいないです。

一度掴んだ大きなチャンスを手放さないようにしましょう。

 

無料転職相談をして未経験でもエンジニアになれるかどうか確認しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ブリッジエンジニアの将来性やキャリアパス

考えている女性
将来のことを考えろといわれて想像できる人はどのくらいいるでしょうか。

自分がこうなっているという想像が出来る人はあまりいません。

想像することは自由ですしそれがたとえなれないものだとしても人はあらゆるものを想像します。

ここではブリッジSEについて想像してみましょう。

将来性やキャリアパスについてどのようなものがあるのかご紹介します。

将来性

IT業界、エンジニアは多大な人材不足に陥っています。

その道にまず興味を示さないといったことが原因でしょう。

人は不足していますがIT業界でエンジニアが必要とされる場所は増えてくるでしょう。

国内でエンジニアが少ないことを解決してくれるために海外のエンジニアが必要になってくるのです。

そのためブリッジSEも必要とされるでしょう。

将来が不安と思われますがブリッジSEは今後も需要が大きい職業になります。

キャリアパス

現地の言葉や文化を知るために語学力は今後も身につけておいた方がいいでしょう。

その国によって話し方やニュアンスも違ってきますので自分がその国についていかなければなりません。

仕事をする以前に現地で生活していくためにも語学力は必須といえるでしょう。

語学力を身につけて話せるようになれば現地の人と仲良くなれます。

よきパートナーがたくさん増えると仕事も行いやすくなるでしょう。

人により作業が早い人そうでない人がいます。

もし自分が現地で作業することになった時、ゆっくりと作業が進んでいくこともあるでしょう。

そんな時自分だけの方針で作業を早く済ませようとしてはなりません。

その人たちのやり方もあるためたとえ作業速度が遅かったとしてもその人たちに合わせる必要があります。

 

ワンポイント
将来のことは誰にもわかりませんが目標を立てることはできます。なりたい自分になれるように行動することも大事です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩んでいる女性

転職ということを考えるとため息しか出ないといった人もいるかもしれません。

自分の将来に関わることですが転職を決めたのもまた自分自身です。

行動に移そうと思いながらもどうすればいいのかわからないといった人もいるでしょう。

どうすればいいのかわからないといった人のために転職エージェントがいます。

転職を支えてくれる人なら転職が終わるまでパートナーになってくれます。

転職することはとても勇気のいることです。

その勇気ある行動を自分が起こそうとしているのです。

それだけでもすごいことですので次の一手に進んでみましょう。

転職することは誰にでも起こりうることです。

わからなければ相談できる人を味方につけましょう。

 

ワンポイント
転職は自分の人生を大きく変えるものです。エージェントと相談して転職をよりよいものにしましょう。

まとめ

手を繋ぐ女性

海外に業務の一部を手渡し日本と海外の橋渡しをするエンジニアがいます。

そのエンジニアのおかげで仕事が成り立ち一つのプロジェクトが完成します。

携わらない人からするとかなり大掛かりな仕事をしているように思えるでしょう。

人件費やコスト削減にはつながりますが同時に言語の理解も必要になります。

さまざまなスキルを持っておかなければブリッジSEは務まらないでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!