データベースというのは多くの企業の経営において欠かすことのできないシステムです。

データベースエンジニアはそんなデータベースに携わる仕事であり、IT業界において欠かすことができません。

今回はそんなデータベースエンジニアに未経験で転職する方法を解説していきます。

未経験で転職を成功させるにはどういったことに気をつければ良いのでしょうか。

データベースエンジニアを未経験で目指す方法を解説

手で丸を作る女性

データベースエンジニアというのはデータの蓄積・管理・運用など、企業にとって必要不可欠な業務を担う職種です。

データというのは企業にとって重要なものであるため、データベースエンジニアの担う役割も重要だといえるでしょう。

専門的な技術や知識が必要とされるデータベースエンジニアですが、未経験から転職することは可能なのでしょうか。

未経験の場合は経験者よりも転職は難しくなりますが、方法というのはないわけではありません。

早速未経験からデータベースエンジニアになるために知っておくべきことをご紹介していきます。

データベースエンジニアを目指す前に知っておくべきこと

面接に向かう女性

まずはデータベースエンジニアを目指す方法をご紹介する前に知っておくべきことを紹介します。

次の2つのポイントを押さえることによってどういったことに注意を向けるべきかが分かるでしょう。

異業種からの転職は難しい

まず1つ知っておきたいのはデータベースエンジニアとして働く際、異業種からの転職は難しいということです。

異業種であると専門知識や経験などもゼロからになります。

そのため自分の知識や経験が活かしやすい同業種からの転職の方が有利になるでしょう。

異業種からの転職の場合には事前に専門知識・スキルを身に付けておくなどの対策が必要となります。

どうすればデータベースエンジニアとしての適性がある人材だと思ってもらえるかをしっかり考えるようにしましょう。

ITでの実務経験がアピールになる

ITでこれまでに実務経験を積んできたことは、大きなアピールポイントとなります。

IT業界というのは即戦力を求めるケースが大変多いため、実務経験があるだけで評価されることでしょう。

自分のこれまでの業務経験を具体的に伝えることができれば、データベースエンジニアへの転職に役立ちます。

 

ワンポイント
・異業種からの転職は難易度が高くなる
・IT業界での実務経験は転職に大いに役立つ

データベースエンジニアの未経験求人から仕事内容をチェック

質問する女性

次はデータベースエンジニアがどういった仕事をするのかをご紹介します。

未経験求人で募集されることのある仕事内容を解説していきましょう。

現在未経験から転職を考えているという方はこちらの仕事内容を参考にしていただければと思います。

データベースの開発・設計

まず、データベースエンジニアの未経験求人で多いのがデータベースの開発・設計に携わる業務です。

求人によっては企画から携わることもあり、顧客がどういったデータベースを開発したいのかを汲み取る能力が必要とされます。

また、その後は具体的にデータベースの設計を行い、その設計に従って開発を行っていくこととなるでしょう。

開発では以下のようなアプリケーションを使うことになるので事前に知識を身につけておくと転職も有利になります。

  • Oracle Database
  • Microsoft SQL Server
  • PostgreSQL
  • MySQL

開発・設計というのはデータベースの根幹を作り上げる仕事であるため、ミスは許されません。

ITに関する専門知識が全くない場合には未経験からの転職は難しいと考えられるでしょう。

データベースの管理

笑顔の女性

データベースの管理というのも求人の中では一般的なものです。

データベースというのは開発して終わりではありません。

開発ができたら、次はデータを適切に管理できる環境を作り出していかなければなりません。

大容量のデータを保存していくためストレージの最適化やデータ処理の効率化などが必要となります。

これらのチューニングを行うのがデータベース管理の主な業務です。

データベースの運用

データベースが完成したら、実際にデータベースを運用していくことになるでしょう。

運用もデータベースエンジニアの主な仕事の1つだといえます。

未経験求人の場合、データベース運用から仕事を始めるケースも多いようです。

これは開発・設計や管理などに比べて求められる知識量が少ないということが関係しています。

運用しながらデータベースのことを勉強できるため、未経験者には最適な仕事だといえるでしょう。

運用業務では未経験者向けの求人が多いため、これから転職しようと考えている方には最適だといえます。

 

無料転職相談をして理想の職場を見つけよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


データベースエンジニアのメリット

ワンポイント

次はデータベースエンジニアとして働くことのメリットを解説していきます。

以下のようなメリットがあるということを知れば、転職のモチベーションにもつながっていくことでしょう。

IT業界全般が注目している

多くの企業にとってデータベースは必要不可欠なものとなっています。

そのため、IT業界全般でデータベースへの注目度が上昇しているのです。

そのため、そんな注目されているデータベースに携われるということは仕事のやりがいにもつながっていきます。

やりがいというのは仕事を続けていく上で欠かすことのできないものです。

もし自分の仕事に意味を見出せなくなってしまったら、仕事へのモチベーションも下がってしまうでしょう。

そういった意味でデータベースエンジニアとして働くことにはメリットがあるといえます。

ビッグテータが未知数

女性

ビッグデータの活用方法には未だに未知数の可能性が秘められています。

データベースエンジニアというのはそんなビッグデータの可能性を切り拓ける職種の1つです。

ビッグデータはこれからも業務効率化・新商品の開発など様々な課題解決に役立つことでしょう。

データベースの開発・管理・運用というのは、ビッグデータを上手に活用していくために必ず行わなければいけない業務です。

その業務を行うデータベースエンジニアというのはビッグデータの発展に貢献できる職種だといえます。

 

ワンポイント
・IT業界全般からの注目度が上昇しているため、活躍の幅が広い
・データベースエンジニアはビッグデータの可能性を切り拓ける職業

データベースエンジニアへの転職前にやっておきたいことは?

考える女性

次はデータベースエンジニアへ転職する前にあらかじめやっておきたいことをご紹介します。

以下の3つはその後の業務に大きく役立つため、転職前にやっておくと良いでしょう。

製品に詳しくなる

データベースに携わる上でシステム製品に詳しくなることによって、転職後の業務に大きく役立つことでしょう。

また、転職活動でもそうして自ら製品について勉強していることは大きなアピールポイントになります。

転職への意欲や本気度が伝わるため、積極的に勉強しておくと良いでしょう。

有効な資格取得をする

データベースエンジニアとして働いていく上で有効な資格を事前に取得しておくというのも良いでしょう。

ここでいう有効というのはデータベースに関する知識が求められる資格のことです。

その資格取得のために培った知識というのは必ず転職後の業務に役立ちます。

具体的には以下のような資格です。

  • Oracle Master
  • データベーススペシャリスト試験
  • 情報処理技術者試験
  • OSS-DB

こうした資格を取得すればデータベースエンジニアとして働く上で欠かすことのできない知識を身に付けることができます。

また、転職活動でも自身のデータベースエンジニアとしての適性をアピールすることができるのでおすすめです。

もし転職を考えているという方は転職活動の前にこれらの資格取得に向けて勉強すると良いでしょう。

自分でデータベースを構築してみる

パソコンを使う女性

少しハードルが高くなりますがデータベースを実際に自分で構築してみるというのもおすすめです。

そうすることによってどういった手順でデータベースを構築していくこととなるのかが具体的に分かります。

自分だけでやると時間がかかりますが、丁寧に1つずつやっていくことでデータベースの仕組みを理解することができるでしょう。

 

ワンポイント
・製品への理解を事前に深めていくと業務に役立つ
・データベースエンジニア関連の資格を取得すると転職と業務の両方に役立つ
・自分でデータベースを構築することで仕組みを理解することができる

より確実な転職を目指すポイント

パソコンを持つキャリアウーマン

次は転職活動をより確実なものにするために考えておくべきポイントをご紹介します。

以下のポイントを守ることによって内定が更に近づくことでしょう。

SQLを学ぶ

SQLというのはデータベース言語の1つです。

その中でも特に普及しているものであり、ISO(国際標準化機構)によって規格が標準化されているのが特徴です。

規格が標準化されているため、1つのSQLを覚えれば他のデータベース言語にもその知識を活かすことができます。

そのため事前に1つSQLの言語を学んでおくだけで、業務にも幅広く活かせるのです。

転職活動においてSQLを学んでいるということは大きなアピールポイントとなるでしょう。

転職を確実なものにするために最適なアプローチです。

データベース固有の知識を得る

IT技術の基礎的な知識だけでなくデータベース固有の知識を学んでおくのも良いでしょう。

データベースの専門用語などは、事前に知っておくと業務で戸惑わなくて済みます。

またデータベースの種類や言語なども特徴を知っておくことで、転職活動でも知識の豊富さをアピールすることができるでしょう。

未経験であってもそうした知識があれば即戦力になる人材だと思ってもらうことができます。

 

ワンポイント
・SQLの知識は幅広い業務に活かせる
・データベース固有の知識があると転職後の業務が楽になる

データベースエンジニアの需要や将来性

PCを持つビジネスウーマン

様々な業界でIT化が進んでいるため、多くの企業にとってデータベースエンジニアというのは高い需要を誇ります。

そのためこの職種に就けば長期的に活躍していくことができるでしょう。

しかし多くの企業で時代の変化によりデータベース専任の仕事は減ってきているようです。

サーバー・ネットワーク・セキュリティなどの他のITインフラに関する知識も同時に求められる業務が多くなっています。

そのためデータベースのみではなく他のインフラ関連の知識もあると多くの企業から必要とされる人材になれるでしょう。

また、IT業界においては、AIによって仕事がなくなるということも考えられます。

データ整理・メンテナンスなどの業務はAIが行うことになる可能性が高いでしょう。

要件定義や設計などのコミュニケーションが必要不可欠な業務は今後も人間が行っていくと考えられます。

そのためそうした業務に携わるデータベースエンジニアになれば将来的にも活躍していくことができるでしょう。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを実現しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


データベースエンジニアの未経験転職を成功させるには

パソコンを持つ女性

次は未経験からのデータベースエンジニアへの転職を成功させるためにしておくべきことを解説していきます。

以下のようなことは他の職種に転職する場合にも役立つことです。

是非知っておきましょう。

スキルの棚卸しをする

スキルの棚卸しというのは今までの業務経験を振り返ることでどういったスキル・能力を培ったかを明確にする作業のことです。

しっかりと振り返ることによって自分が持っているスキルの中からデータベースエンジニアに役立つスキルが見つかることでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントというのは転職活動をサポートしてくれる専門家のことです。

自分だけで集めるのは難しい転職の情報収集や対策なども、転職エージェントを活用すれば容易になるでしょう。

未経験での転職を成功させたい場合には、転職エージェントに相談してみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔で通話する女性

前述したように、転職活動というのは自分だけで対策を行うのには限界があるため転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェントは転職活動のプロフェッショナルであり、模擬面接の実施や選考書類の作成などを手伝ってくれます。

もし仕事をしながら転職活動をする場合、自分だけでは転職活動がなかなか進まない場合があるでしょう。

そんな時、転職エージェントが手伝ってくれれば自分でやるよりもスムーズに転職活動を進めていくことができるはずです。

この機会に是非、転職エージェントへの相談を検討してみてください。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

前向きな女性

今回はデータベースエンジニアに未経験で転職する方法を解説してきました。

データベースエンジニアへの転職では経験・スキル・技術など様々なものが必要となります。

そのため今回の記事を参考にして効果的な転職対策をしていきましょう。

また、もし自分だけで転職活動をすることに不安がある場合には転職エージェントを活用すると安心できます。

転職の成功確率を上げたい場合は転職エージェントを活用しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!