正式な書類を書くとなると肩にいらない力が入ってしまいます。

緊張もありますが書類を書くだけでストレスに感じてしまう人もいるかもしれません。

ですがここでしっかりと記入しておかないと次のステップである面接に進むことができません。

最も伝えたいことは何かそれが書けているか見直す必要があります。

エンジニアは幅広い種類からなっています。

その分さまざまな知識やスキルを身につけておけば自分が会社に就職するときに活かせるでしょう。

その職業に就く前にしっかりと書類を完成させましょう。

カスタマーエンジニアの志望動機の書き方を解説

履歴書を書く女性

まずは会社に就職したいと思っても書類選考に通らなければ何も始まりません。

そこで一番悩ましいのが志望動機です。

志望動機はいったい何を書けば正解なのかわからないという人もいるでしょう。

志望動機は自分で書くものですので正解も不正解もありません。

いい例悪い例はありますが思わぬ方向に反らなければいいのです。

会社について知っていること、自分がやりたいことをまとめておきましょう。

言葉では簡単に言うことができますがいざ実践してみるとどうしたらいいのだろうと不安になります。

志望動機の書き方によってその人の雰囲気が伝わります。

担当者にこの人はどんな人だろう、是非一度会ってみたいと思ってもらえるような志望動機にしなければ書類選考は通りません。

適当に言葉を並べているだけではどこの会社でもいいのではないかと思われてしまいます。

この会社ではないと駄目なんだという熱い気持ちが大切です。

その思いを言葉で表現しましょう。

  1. 志望動機の出来で全て決まる
  2. この人に会いたいと思う文面に仕上げる
  3. 内容は濃くかつ簡潔にまとめる

志望動機を書くときのポイント

人差し指を立てる女性

志望動機を書く際にポイントを押さえておかなければなりません。

何も知らずにただ書いているだけでは書類を投げ捨てられてしまいます。

どのような経緯があってその会社に応募したのかということを伝えましょう。

会社にこの人は必要だと思ってもらえるような志望動機にするようにしましょう。

なぜカスタマーエンジニアを選んだのか

エンジニアとひとくくりにするといろいろなエンジニアがいます。

サーピスエンジニアやフィールドエンジニアなどそれぞれの職種で働くエンジニアがいます。

他にもエンジニアの種類はあるのにどうしてカスタマーエンジニアなのかという疑問を明確にしなければなりません。

カスタマーエンジニアの仕事内容をしっかり理解したうえで答える必要があります。

ただパソコンが好きだからやIT関連の仕事がしたかったからでは回答になっていません。

カスタマーエンジニアの仕事はパソコン機器の点検や修理を行うものです。

どのような仕事をしているのか理解したうえでこのような場所に魅力を感じたから自分も働いてみたいといった内容です。

なぜと質問を受けた時にしっかりと答えられるかどうかで志望動機の出来も変わってきます。

なぜこの業界を選んだのか

確認作業を行う女性

業界と聞くと途端に難しく考えてしまう人がいます。

難しく考える必要はありません。

エンジニアの世界に入りたいと思った事柄を述べればいいのです。

知識やスキルが十分にあるでもIT業界で活躍したいことでも構いません。

理由もなしにエンジニアの業界に入ろうと思う人はまずいませんので自分がそのように行動したかった経緯を述べましょう。

なぜこの企業を選んだのか

会社の企業理念、会社概要を把握しておかなければなりません。

自分が入ろうとしている会社のことを知っておかなければ答えられない項目です。

この人は会社のことをどれだけ調べてきているのだろうと担当者は見ています。

会社の仕事内容について答えられないとなれば何がしたくて就職するのかわかりません。

事前に企業を選んだ理由を見つけておきましょう。

 

無料転職相談をして志望動機のまとめ方を学ぼう

 

志望動機は意欲の高さを見られている

ガッツポーズする女性

仕事に対して意識が高いかどうかは文字にも現れます。

仕事内容を確認して最低限必要なことが書けているかどうか担当者は見ています。

志望動機は一番目に触れる場所です。

どこの企業でもよかったのではないかと少しでも疑問を与えてしまっては不採用になってしまいます。

自分のことと会社のことが書けておりまとまりのある志望動機は次につながることができます。

意識が高い人だとやる気も文字に詰め込まれていますので面接に進める可能性も広がるでしょう。

業界研究をしっかりやろう

IT業界に足を踏み入れるわけですが仕事をしていくうえで研究をすることは当たり前となっています。

知らなければどうしてIT業界に来たのかわからないからです。

仕事内容と合わせて業界研究も忘れないようにしましょう。

カスタマーエンジニアは新たなシステムがパソコンに組み込まれた場合などに特にサポートをします。

顧客がスムーズに作業できるようにコミュニケーションを取りながら教えてあげなければなりません。

何か困ったことがあったりトラブルが発生した場合は速やかに対応しなければなりません。

サービスエンジニアやフィールドエンジニアもそうですがエンジニアはIT業界です。

業界はそれぞれ存在していますがどうしてIT業界の世界に入ろうと思ったのかその答えを探しておきましょう。

答えは自分の中にしかありません。

誰かに教えてもらって見つけ出すものではありませんので探しておきましょう。

企業研究も丁寧にやろう

自分が考えている企業であるかどうかは入念に調べておく必要があります。

もしも間違った企業に就職してしまったら仕事をするうえで面白くもなんともありません。

自分に合うかどうかも大事ですがその会社がどのような企業なのかも知っておきましょう。

自分に合った企業が見つかればこの企業で自分が取り組んでみたいことを具体的に書かなければなりません。

志望動機は薄い内容では読んでいても退屈してしまいます。

読み応えのある志望動機を完成させるためにも具体的な内容を盛り込む必要があります。

他社にはないその会社だけが抜き出ている成果があるはずです。

その企業の特徴を拾い集めましょう。

 

無料転職相談をして会社研究のやり方について知ろう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


志望動機を書くときの注意点

指揮棒を持つ女性

志望動機は自分をアピールするチャンスの場です。

そのため何でも好き勝手に書いてはなりません。

注意点を踏まえることでよりよい志望動機が完成します。

何かをするには必ずルールが発生します。

志望動機も同じことでやっていいこと悪いことがあるのです。

それらをしっかりと理解したうえで作成しましょう。

自己分析は時間をかけよう

志望動機を書く前に自己分析から始めようと言われた人もいるかもしれません。

自己分析と聞くと途端に何を書けばいいのかわからないといった人もいます。

ですが自己分析を終わらせないことには次に進めません。

それほど自己分析は大事です。

自分のことを知らなければアピールできるものもできなくなります。

どうしてエンジニアの世界にきたのだろうか、この会社を選んだ決め手はどのようなものだったかを考えます。

一つ疑問が浮かぶたびに答えを見つけて消去していかなければ志望動機を書く際にも困ります。

自問自答を繰り返す作業はとても重要なことです。

疑問点を見つけて答えを出していく作業を繰り返し疑問がなくなれば自己分析が終了します。

時間制限はありませんので満足できるまで自己分析に時間をかけてみましょう。

スキルをアピールしよう

パソコンを使う女性

カスタマーエンジニアは元々サービスエンジニアと呼ばれるような仕事をしています。

顧客がパソコンを操作するうえで満足できるまで点検や修理を行います。

ITに詳しくなければできない仕事です。

そのためITに関する知識やスキルを身につけておく必要があります。

エンジニアとして十分な知識やスキルを持っているなら仕事にも十分活かせるでしょう。

知識やスキルは自分の武器です。

自分が持っている武器を活かさなければ持っていても意味がありません。

仕事に活かすことができるスキルを持っているなら存分にアピールしましょう。

材料として持っているわけですのでそれは活かすことができるものです。

仕事だけに限らず志望動機を書くうえでも伝えられる材料になります。

資格があれば積極的にアピールしよう

資格を所持しているなら伝えましょう。

資格は証明されるものです。

資格は種類が豊富にあり今まで知らなかった資格もあるでしょう。

カスタマーエンジニアは特に取得しておく資格はありません。

ですが資格は持っておいた方が就職や転職に有利です。

パソコンの点検や修理をすることが主な仕事になりますのでIT関連の資格がいいでしょう。

情報処理士やマイクロソフトの資格を持ち合わせておくとアピールできます。

資格を取得することは決して楽なものではありません。

試験本番に備え長い時間をかけて勉強の繰り返しが行われます。

そしてようやく手に入れることができるのです。

簡単なことではありませんがだからこそその分勉強した甲斐があるのです。

志望動機は自分をアピールするチャンス

気合が入る女性

一枚の紙に自分が伝えるべき場所はとても少ないです。

そんな中で志望動機の欄が一番自分を表現できる場所になります。

自分の思いと会社の素晴らしいと思うところの両方を織り交ぜて伝えられるのは志望動機しかありません。

ここでしっかりとアピールしておかなければ志望動機以前に履歴書を作成していても意味がありません。

何がなんでも御社の会社に入りたいという熱い思いを書きましょう。

 

ワンポイント
伝えられる場所があるならその場所を活かすしかありません。チャンスを無駄にしないようにしましょう。

カスタマーエンジニアの志望動機例文

丸印を作る女性

どのように書けば志望動機に目を通してもらえるのでしょうか。

せっかく書き上げた志望動機をみてもらわなければ意味がありません。

この人に直接会ってみたいと思ってもらえるような志望動機が望ましいです。

それぞれ例文を見てみましょう。

志望動機例〜魅力を感じた場所が書けるか〜

「御社では○○などのサービスや、○○といった機器に興味があります」

応募先企業ではどのような機器やサービスがあり、魅力を感じているのでしょうか。

他にはないようなサービスや導入されている機器に触れた内容を話すようにしましょう。

ここにしかないものに触れていれば担当者も鼻が高いです。

そこから話が膨らんだりしますので何か一つでも他にはないものを見つけることが大事となります。

ちゃんと会社のことについて調べてくれていると担当者も実感できます。

会社に入るためには魅力となる部分があるはずです。

そこに着目して伝えるようにしましょう。

志望動機例〜前職とのつながりを書く〜

手を繋ぐ女性

「前職で扱っていた機器と御社の機器は通じるものがあるので機器を扱ううえでは自信があります」

パソコン機器を点検・修理をするうえで、類似した機器の取り扱い経験を持った人であれば、これほど頼もしいことはありません。

率先力があると認められるでしょう。

志望動機例〜スキルをアピール〜

「私は○○などの経験があり、○○のスキルに自信があります」

経験してきたことやスキルは継続していなければ身につけることができません。

ある日突然生まれるわけでもありませんので経験やスキルをしっかりと書けていれば戦力として扱ってもらえます。

 

ワンポイント
志望動機は自分の言葉で伝えることが大切です。アピールできるものをまとめておきましょう。

カスタマーエンジニアの志望動機NG例と改善点

バツを作る女性

何も伝えないのも企業に悪いため何か伝えなければとその場しのぎのような話はうちにはそんな人はいらないと思われてしまいます。

NG例文とそれに対する改善点はどのようなものがあるのでしょうか。

NG例〜自分の過去のことばかり〜

「前職では○○の仕事をしていました」

私が働いていた場所は御社のような職場とは違いメーカー機器などもありませんでした。

新しい会社へ就職しようというときに前職の仕事や雰囲気ばかり話しています。

前職の話はほどほどにしましょう。

力を込めて話す場面でもありません。

NG例の改善点

「前職はこのようなものがなかったけれど今まで経験してきたものを糧に新しい現場で働きたいです」

後ろ向きな話をするのではなく前向きに取り組む姿勢が大事です。

経験や知識は武器になりますのでそれらを活かして次につなげられるように伝えましょう。

 

無料転職相談をして志望動機でやってはいけないことを知ろう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


志望動機がうまく書けない時はどうすればいい?

悩む女性

志望動機が上手く書けないどうしようと悩む人もいるでしょう。

上手く書けない人は理由が発生しています。

その理由を探ることで書き進めることができます。

まずは最も大事な自己分析ができていないことです。

自分のアピールすべき点はどこかを明白にできていなければ志望動機はまだ書けません。

会社情報を調べていないことも原因でしょう。

カスタマーエンジニアは顧客がスムーズにサービスを利用できるように点検や修理を行うサービスエンジニアのようなものです。

志望動機を書くうえでしっかりとその会社の情報収集をしておかないと書くことはできません。

書けないと思った場合は情報収集や分析力が欠けています。

一度大きく深呼吸をして取り組みましょう。

志望動機を書くにあたり時間がかかっても誰にも迷惑はかかりません。

納得いくまで作成しましょう。

 

ワンポイント
書けない理由を探すことが先決です。焦る必要はありませんのでできていない部分を探してみましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談している女性

転職がしたいと考えた時誰かと一緒でなければ不安しかないという人もいるかもしれません。

そんな時は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントなら転職しようと考えている人の味方となってくれます。

不安であれば一緒に求人を探してくれますしコミュニケーションを取りながら転職活動を進めてくれます。

転職者に寄り添い味方となって支えてくれるでしょう。

自分に一番合う会社に就職するために最初から最後までサポートしてくれます。

 

ワンポイント
転職エージェントは転職者の味方です。サポート体制も整っていますので相談するところから始めてみましょう。

まとめ

物書きをしている女性

カスタマーエンジニアはパソコン機器の点検や修理を引き受けてくれます。

そのため顧客の困ったに素早く対応してくれるサービスエンジニアでもあるのです。

その会社にあった志望動機の書き方があるかと思いますがすぐに志望動機を書くのではなくまずは調べるところから始めましょう。

情報収集がいかに大事なことかわかります。

しっかりと備えるためにも情報を入手して是非会ってみたいと思ってもらえるような志望動機にしましょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。