広告業界といえば華やかなイメージから人気の高い職業です。

特にスマホが身近なものになったことでインターネット広告の普及により広告業界が注目されています。

広告営業に興味はあるけど、本当に未経験でも転職できるのか疑問に思っている方も多いでしょう。

未経験からでも広告営業を目指す方法や就職活動でのアピールポイントを解説します。

Contents

広告営業に未経験で目指す方法を解説

ポイント

広告媒体が多種多様になってきた影響で、広告営業の求人は増加傾向にあります。

広告営業で必要なのは、クライアントや生活者のニーズを把握し的確な提案をすることです。

そのために、広告媒体の基礎知識を身につけておきましょう。

また、広告業界は常に時代の流れとともに変化している業界です。

広告営業を目指すなら変化に対して敏感であり、日頃からSNSなどでトレンド新しい情報などにアンテナを張りましょう。

そうして得た情報が転職活動で活かせる場面があるはずです。

このように広告営業への転職活動を成功させるために必要なポイントを押さえて転職成功を目指しましょう。

広告営業の未経験求人から仕事内容をチェック

広告営業に興味があるけれど実際にどんな仕事なのかわからないという人もいるでしょう。

まずは実際の求人から仕事内容を解説します。

営業担当者の仕事のサポート業務

女性

営業担当者に同行して顧客先に出向き、サポート役として打ち合わせや会議に出席することもあるようです。

営業担当者は1人の場合もあれば複数人の場合もあるので、コミュニケーション能力チームワークが求められます。

営業担当者のサポートもしつつ、一緒になって最適な提案が考え出せるように成長していきましょう。

慣れてくると自分の顧客を持つ場合もあるので、サポートをしながら早く営業に慣れていくことが必要です。

来客や電話対応、書類作成などの事務作業

パソコンと女性

クライアントからの問い合わせ対応や提案書などの資料作成のサポートなどの事務作業も仕事の1つです。

前職で営業事務経験があると即戦力になるので大きなアピールポイントになるでしょう。

事務経験がなくても、一般的なPCスキル(ExcelやWord)ができればよいという企業もあります。

またスケジュールの管理も大切な仕事です。

納期までに入稿したり提案したりと、先を見据えながら仕事をするのでスケジュール管理は非常に重要になります。

デジタルメディアプランニングのツール作成

デジタルメディアプランニングのツール作成という仕事を行う求人もあります。

多くの企業から注目されている「メディアプランニング」に関わる仕事です。

SNS利用者が増えたことでターゲットの興味や関心・web検索履歴などからニーズを細かく把握できるようになりました。

これにより、クライアントの目的に合わせた媒体の選択や予算を決めることが可能になっているのです。

クライアントの効果的な広告運用を促すために、多くの広告代理店がメディアプランニングサービスを展開しています。

そのため、未経験でもメディアプランニングのツール作成やサービスに関わる求人があるようです。

求人情報を見るだけでは分からないことも多く、難しそうと構えてしまう方もいるかもしれません。

「先輩や上司と一緒に学びながら経験を積みましょう」という求人も多いので過度に心配する必要はないでしょう。

未経験が伝えたいアピールポイント

未経験者が転職を成功させるには、仕事に活かせるアピールポイントを知ることが大切です。

広告営業に転職するには、基本的に必須の資格はありません。

そのため未経験であれば資格などの分かりやすい基準よりも人間力を表すスキルの方が重視されるでしょう。

どのようなことがアピールポイントになるのか解説します。

行動力

女性

まず未経験で広告営業を目指す場合には行動力が大きなアピールポイントになります。

困難な課題でも乗り越えていけそう・チームの中でも行動力が発揮できそうという良いイメージを与えることが重要です。

面接官に行動力を評価されるには伝え方にもポイントがあります。

それは具体的に自分の行動力が発揮されたエピソードを伝えることです。

ただし、その行動は自発的な行動だったのかを確認しましょう。

自主的な行動でない場合は、どの企業も共通して理想的な行動力とはいえません。

また、単独での行動であった場合、独断が多いのではないかといったマイナスな印象を与えてしまうおそれがあります。

行動力を発揮して実績を出していても、採用担当者が評価しているのは結果だけではなくどのように行動したのかです。

採用担当者が注目するポイントを意識しつつ、企業が求める行動力をアピールしましょう。

明るさ

笑顔で話す女性

広告営業では明るさは非常に大切な武器になります。

いくら専門知識の元で的確な提案ができても、淡々としたプレゼンで暗い印象を持たれると契約につながりにくいでしょう。

面接で明るさをアピールすることは採用担当者に営業職に適性があるというイメージにつながります。

明るさをアピールすることに抵抗がある方もいるかもしれません。

しかし未経験だからこそ明るさをアピールする意味があります。

未経験の場合は即戦力としての期待は薄いでしょう。

しかし明るい人であれば顧客先に営業担当者と同行した際、クライアントに良い印象を残すことができます。

1人で営業する時やキャリアアップして自分が担当者になった時に、良い印象を持たれていた方が契約にもつながるでしょう。

コミュニケーション能力

未経験が伝えたいアピールポイントとして欠かせないのがコミュニケーション能力です。

一言にコミュニケーションといっても、他人との人間関係を良好に築くためだけではありません。

例えば、コミュニケーションをしっかりとってクライアントが求めていることを正確に察知することが必要です。

相手が何を求めているのかコミュニケーションスキルを使って引き出すことが求められます。

また、社内でのコミュニケーションも欠かせません。

チームの目的達成のためにいかに周囲と協調できるか、他社を巻き込む力があるかが問われます。

自分のコミュニケーション能力は、応募企業が求めるものなのか、どのように活かせるのかを具体的に説明しましょう。

そのためには、企業の求める人物像具体的な仕事内容などを調べておくことが大切です。

広告営業の転職動向

女性

前述のとおり、広告業界はテレビや新聞などのマスメディアが伸び悩む一方で、インターネット広告が躍進しています。

インターネット広告は、YouTubeやインスタグラムなどのSNSの普及に伴い動画広告需要が急激に増えました。

これから伸びる一方なので、転職する際は総合系だけでなくネット系の道に進む方法もあります。

特に未経験OKでチャレンジしやすいといわれているのがインターネット広告営業です。

未経験で広告営業に挑戦したい人は、まずはインターネット広告営業に応募してみると転職のチャンスを掴みやすいでしょう。

 

ワンポイント
インターネット広告の需要は高く、未経験求人も多い。

広告営業の未経験転職のための応募書類

未経験で転職する際には応募書類から自分をアピールすることが大切です。

履歴書・職務経歴書を書く際のポイントを解説します。

履歴書を書くポイント

履歴書

ほかの応募者と自分を差別化しアピールするには、志望動機が重要になります。

華やかでクリエイティブなイメージがあるからなど、外見的な印象を書くのはNGです。

入社したら成し遂げたい目標や、なぜほかの企業ではなくこの会社が良いのかを具体的に書きましょう。

具体的に書くために、事前に企業ホームページをチェックし企業研究しておくのがおすすめです。

企業の色を見極め、求める人物像にうまくすり合わせて志望動機を考えましょう。

職務経歴書を書くポイント

採用担当者に興味を持ってもらうには、経歴書の内容だけでなく読み手が読みやすいように作れているかも重要です。

文字の大きさが統一されているか、また要所でメリハリをつけたりするなどの工夫がされているか確認しましょう。

職務経歴を書く際、どんな実績を上げたのか、またそれが志望先の企業にどう活かせるのかを伝えることが大切になります。

採用担当者が知りたいのは入社後にも活かせるスキルの証明になる実績です。

エピソードやデータで表すとわかりやすくなり、自分の経験やスキルを評価してもらいやすくなります。

 

ワンポイント
応募書類を書く前に企業研究・業界研究をしっかり行おう。

広告営業の未経験求人の探し方は

広告営業を目指しているけれど未経験求人がなかなか見つからないという人もいるでしょう。

どのように求人を探すとよいのか、求人の探し方を解説します。

求人サイトをチェック

パソコン、女性

まず自力で求人を探す方法として、求人サイトをチェックしましょう。

求人サイトでは誰でも手軽に求人情報を得ることができます。

また新しい求人情報が日々更新されているため、こまめにチェックすることで未経験求人が見つけられるでしょう。

しかし日々更新されているからこそ、求人に応募するか迷っている間に求人募集期間が終わってしまう可能性もあります。

また募集期間が終わっている求人が掲載されている場合もあるため、見つけた求人はまだ募集しているのか注意が必要です。

転職エージェントを活用しよう

広告営業の未経験求人は数が少なく、自力で募集を探すのはとても時間がかかるでしょう。

特に仕事をしながらの転職活動の場合は求人を探す時間も限られてしまい、思うように探せないかもしれません。

しかし、転職エージェントに登録すれば非公開の求人を知ることもできます。

非公開求人にも挑戦できるため、未経験でも広告営業界に就職するチャンスの幅が広がるでしょう。

転職エージェントを利用する最大のメリットは企業の詳しい情報を就職前に入手できることです。

社内の様子や空気感など企業webサイトだけではわからない情報が入手できます。

また、面接対策や入社後のキャリアアップまで、転職に関わるあらゆる場面のアドバイスをもらえることもメリットです。

 

ワンポイント
転職エージェントに相談すると自力では見つけられない非公開求人にも挑戦できる。

広告営業で女性の転職成功は

未経験での転職の場合本当に広告営業として活躍できるのか不安という人もいるでしょう。

実際に転職に成功した方の例を紹介します。

一般企業の営業職から広告会社に転職できたケース

女性提案

まず紹介するのは、広告業は未経験でも前職での実績が評価され採用になったケースです。

前職で培った営業経験をこの会社でも活かせると採用側にイメージを与えられたことが採用につながったといいます。

広告業界の専門知識さえ身につけたら、即戦力になるので未経験でも営業経験があると評価されやすいようです。

販売職から、広告会社営業に転職できたケース

転職相談

商品やサービスの販売経験はあっても、営業経験がなかったのに広告営業に転職できた方もいます。

ここで役立ったのは転職エージェントの応募書類の添削だったとそうです。

広告業界や営業職のことがわからないからこそ、転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーに気軽に相談しましょう。

営業事務から広告会社営業に転職できたケース

事務の経歴があり、書類作成やパソコン操作に慣れているという観点から採用されたケースもあります。

広告会社の営業職に就職しても、すぐには営業担当者とは同行せず最初は担当者のサポート業務や事務処理がメインでした。

前職での事務経験で予算管理など数字にも強いことがアピールポイントになったといいます。

未経験からのキャリアパスの立て方

メモ

広告営業は未経験からでもチャレンジしやすい職種で、20代であればポテンシャル次第で採用される場合もあるでしょう。

ただし、いきなり広告営業になれる求人は限られています。

まずは広告営業のアシスタントから経験や実績を積み、営業担当者になることを目指すというパターンもあるでしょう。

営業として実績を積み、プロデューサーディレクターなどの上位職にキャリアアップしていくこともあるようです。

また、人脈ができ十分な業務スキルがあれば独立するという選択肢もあります。

 

ワンポイント
広告営業のキャリアパスは選択肢が多い。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職を考えるとき、未経験でも採用してもらえるのか・自分に向いているのかなどの多くの不安や悩みがつきものです。

そんな不安や悩みから、転職活動までの一歩が踏み出せないでいる人も多いでしょう。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントでは自分の適性に合った就職先を探すところから、面接時のアドバイスサポートも受けられます。

広告営業を目指す場合のアピールポイントや面接対策なども相談することができるでしょう。

場合によっては志望した企業の動向から、将来性を分析し、キャリアブランの設計のアドバイスももらえます。

1人での転職活動に不安を抱えている場合はぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

女性

今回は広告営業を未経験で目指す方法を解説しました。

広告業界という華やかな印象のある業界に対し、憧れを抱いている人も多いことでしょう。

しかし漠然としたイメージだけで転職活動をしては、思うような結果は得られないものです。

特に未経験の場合は業界知識や動向を知り、その知識を身につけることでアピールすべきスキルもみえてきます。

未経験で転職する場合に大切なのは、企業の求めている人材とマッチしていると思ってもらうことです。

企業研究や業界研究を行い、より効果的に自分をアピールして転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら