ネットワークエンジニアとしてこれからキャリアを上げていきたいと思われていても、実際に何をするべきか悩んでいたりしませんか?

キャリアパスを考えるにあたり何が必要となるのか、理想のキャリアについて考える必要があります。

ネットワークエンジニアのキャリアパスについて考えてきましょう。

ネットワークエンジニアのキャリアパスを解説

PC画面

キャリアパスとはその仕事における最終目標です。

ネットワークエンジニアにとって、キャリアパスは以前はあまり選択肢はありませんでした。

プログラマー・システムエンジニア・プロジェクトリーダーからプロジェクトマネージャー、このような流れが一般的でした。

そして皆、この道を進んでいました。

現在はキャリアパスも多様化してきて、選択肢の幅はかなりの広がりをみせています。

選択肢が広がった理由としては、IT業界の需要が広がったことが理由です。

必要とされる分野が広がることにより、さまざまな仕事をする人材が必要になります。

そのための専門家が必要になったことで、キャリアパスとしての選択肢が広がりました

キャリアパスを目指すには性別問わず、年齢なども関係ありません。

誰でも同じ条件で選択肢に対してのキャリアップをしていくことなります。

ネットワークエンジニアの中での女性の割合は低く、女性の進出が遅れている分野です。

だからといって、女性に不利な職種であるのかというとそうではありません。

これから女性がどんどん活躍していける分野であります。

やる気さえあればチャレンジ可能であるのです。

キャリアパスには選択肢があり、働き方も大きく違うのでどのような内容なのか確認してみてください。

 

無料転職相談をしてキャリアパスを成功しよう

 

ネットワークエンジニアの選択肢

PCで仕事をする女性

ネットワークエンジニアとしてキャリアを上げていく方法は2つあり、この2つのどちらを選ぶかによって求められるスキルなどが変わります。

その選択肢はスペシャリスト系ゼネラリスト系、この2つの種類となります。

どのような職種であるのか見ていきましょう。

スペシャリスト系

スペシャリストとは、ネットワークの道を極めて、ネットワークの専門家「スペシャリスト」となることです。

webネットワークに関する一部の分野において卓越した専門技術や知識を持つ存在です。

ゼネラリストが対応できない状況や案件などを適切に処理し、状況を改善することを求められることになります。

スペシャリストは知識やスキルだけではなく、経験も求められる立場です。

ネットワークエンジニアとしてリーダー職以上を目指し、その経験を活かしながらスペシャリストを目指すことになります。

スペシャリスト系にはいくつかの職種が存在します。

ゼネラリスト系

ネットワークエンジニアのもう1つの選択肢がオールラウンドに活躍できる「ゼネラリスト」になることです。

ゼネラリストとは、幅広いIT知識を持つオールラウンダーな人材のことです。

プロジェクトマネージャーなどを務める要素を持ち合わせ、IT知識についてのバランス感覚が必要になります。

縁の下の力持ち、必要不可欠な存在です。

ゼネラリストを目指すのであれば、さまざまな業務を上手にコントロールできる能力を持つことがゼネラリストには必要です。

ゼネラリストになるためには、さまざなスキルに対しての十分すぎる経験が必要になります。

それくらい重要な存在になるのです。

ゼネラリストにはいくつかの職種が存在しています。

 

ワンポイント
スペシャリスト系とゼネラリスト系とそれぞれの専門職種に分かれることになります。

キャリアパスが広がるタイミングは?

パソコン作業をする人

ネットワークエンジニアのキャリアパスが広がるタイミングはさまざまですが、スペシャリスト系とゼネラリスト系の場合では大きく異なります。

どちらにしても重要なのは自分の適性を知り将来のビジョンを明確にすることでキャリアパスは広がります。

スペシャリスト系の場合

スペシャリスト系を目指すのであれば、ネットワークエンジニアとして最も重要な仕事である「基本設計」に強みを持てるようにしましょう。

基本設計は導入システムの将来を含めたすべてに大きく影響を与える部分です。

基本設計で活躍ができるようになるとスペシャリストとしての活躍が期待できます。

スペシャリストを目指す場合は、下記2つのキャリアパスがメジャーです。

  • テクニカルサポートエンジニア
  • セキュリティエンジニア

ゼネラリスト系の場合

ゼネラリスト系を目指す場合は、ネットワークエンジニアからサーバー系も担当できる「インフラエンジニア」を目指しましょう。

ITインフラはネットワーク、サーバ、OS、セキュリティなどが連携しています。

ゼネラリスト系を目指すのであれば、こちらも主要キャリアパスを紹介します。

  • インフラエンジニア
  • クラウドエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

 

ワンポイント
自分の適性に合った選択をすることが求められ、高みを目指すことになります。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


スペシャリスト系の主な職種

パソコン作業をする人

ここでスペシャリスト系の主な職種のについてご説明していきましょう。

キャリアパスとして目指す際の参考にしてください。

テクニカルサポートエンジニア

テクニカルサポートエンジニアとは、ITに関わる技術的な問い合わせについてサポートするエンジニアを指します。

個人客を中心に問い合わせ対応をするわけではなく、技術を要する内容を検証をしながら解決に導くことが必要です。

会社によってはネットワークの監視などテクニカルサポートエンジニアの仕事になることもあります。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティに特化したエンジニアのことを指します。

インターネットが一般化した現在、企業や団体がサイバー攻撃に対して対策を行う必要があります。

セキュリティエンジニアがその役割を担います。

ゼネラリスト系の主な職種

女性

次にゼネラリスト系の主な職種についてもご紹介します。

ゼネラリストについてもキャリアパスの選択肢としてチェックしてみてください。

インフラエンジニア

インフラエンジニアには明確な定義はありませんが、ITインフラ全体を担当するエンジニアのことを指します。

幅広い技術力を必要とするサーバエンジニアを募集する際に利用する名称である場合もあります。

広い意味を持つ用語なので、求人を確認する際は詳細もチェックするようにしましょう。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは、文字通りクラウドに精通したエンジニアを指します。

クラウドを利用しながら、ネットワーク構築や保守などを行うようになり、サーバやネットワークの設計構築の知識が求められます。

クラウド化が進む昨今において増えつつある職種ですが、まだまだエンジニアの数は少ない状態です。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの全体の進行を管理し、予算や納期、内容のクオリティについても責任を持つ役職です。

全体を見通したうえで意思決定を行い、プロジェクトを成功へと導くまでが仕事となります。

裏方といえる部分を担い、プロジェクト内のスタッフの対人関係を円滑にするためのサポートなども行うようになります。

理想のキャリアのために必要なスキルは?

解説する女性

スペシャリスト系、ゼネラリスト系、どちらを目指すかによって必要になるスキルは異なってきます。

理想のキャリアを目指すにあたり、自分自身の適性や思考に合わせた方向を確認することが大事になります。

そして目指したキャリアパスに必要なスキルを保有することが必要です。

スペシャリスト系を目指すのであれば、「基本情報技術者資格」「応用情報技術者資格」を保有しておきましょう。

ゼネラリスト系を目指す場合は、上記の2つと共に「CCNA」「Cisco」ネットワーク関連の資格も取得しておきましょう。

ゼネラリストにおいてはプロジェクトマネージャーなどの道もあります。

スキルとは別にコミュニケーション能力や全体を見通す力も必要になってきます。

資格を取得することで、その先のキャリアパスや今するべきことも見えてくるでしょう。

 

ワンポイント
スペシャリスト・ゼネラリストに合わせたスキルの取得をしましょう。

キャリアパスを描くポイント

ポイント

ここでキャリアパスを描くにあたってのポイントなどを説明します。

ネットワークエンジニアの仕事で重要となるのは「提案・設計・構築・保守・運用・監視」の6つになります。

スタートは「運用・監視」から入ることがほとんどです。

それ以降のキャリアについて、目指す分野に合わせた専門的なスキルアップをすることが必要です。

ネットワーク構築の経験を積む

パソコン操作

ネットワーク構築は、ネットワークに関する基本的な知識とコンフィグの知識が必要になります。

基礎知識なしでは携われない部分です。

CCNA、CCNPなどの基礎知識を学び実際に設定できるようにしておかなくてはいけません。

経験を積まなければいけない部分になります。

保守管理から業界に入り、ネットワーク構築の経験を積んでいくことが大事です。

ネットワークに関する資格を取る

デジタル

ネットワークに関する資格といっても種類はたくさんありますが、そのなかでも有名であり取得しておきたいものをご紹介します。

  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 基本情報技術者試験
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験
  • シスコ技術者認定(CCNAなど)
  • LPIC(エルピック)
  • LinuC(リナック)
  • CompTIA(コンプティア)

資格取得者は基本的なネットワークの実務レベルの能力があると認められますので、資格があれば現場での作業が可能であると認められます。

最低限の資格になりますので、これ以外の資格も取得してされにスキルアップをすることも必要です。

 

無料転職相談をしてキャリアパスを成功しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


その他のネットワークエンジニアのキャリアパスは?

悩む女性、ノートパソコン

ネットワークエンジニアからのキャリアパスは先にご紹介した以外にはどのようなものがあるのでしょうか?

主なものについてご紹介したいと思います。

コンサルタント

女性,スーツ

コンサルタントの定義は難しいですが、インフラ系のエンジニアとしての実務を積むことで自然と見えてくる職業です。

営業とエンジニアを併せた職業になります。

提案や折衝が好きな人に向いた職業ですが、エンジニアの経験がない人は出来ない職業です。

エンジニアとしてのスキルや経験を積んだうえで、コンサルタントを選択肢と選べるようになります。

独立してフリーランスへ

マネジメント

独立してフリーランスを目指すのであれば、会社員のエンジニアとは異なるスキルを必要とします。

ネットワークに関する知識、より高いコミュニケーション能力、そしてヒューマンスキルが必須になります。

フリーランスになるということは、通常のエンジニアの能力にも、マネジメント能力が必要です。

マネジメント能力には収入に関する管理や健康管理なども必須なのでエンジニアの時よりもエンジニア以外の仕事量がぐんと増えます。

 

ワンポイント
コンサルタント、フリーランス、どちらもかなりのより高い技術やスキルが必要です。

転職での悩みは転職エージェントへ相談しよう

面接する女性

ネットワークエンジニアのキャリアパスについてご説明しましたがいかがでしたでしょうか?

女性のネットワークエンジニアの数はまだ少ないですが、業界自体はこれからも大きくなっていきます。

今後の需要が高まっている業界です。

キャリアパスを考えてみても、キャリアパスや転職について、分からないことも多いと思います。

そのような時には「転職エージェント」に相談をしてみましょう。

転職エージェントにはネットワークエンジニアなどのキャリアパスに関する相談を得意とする担当者が多数おります。

あなたに合った企業の紹介や、履歴書・志望動機などの作成、模擬面接など、あなたと共に希望するキャリアへの転職をサポートします。

不安や悩みについて転職エージェントと共に解決しませんか。

 

無料転職相談をしてキャリアパスを成功しよう

 

まとめ

女性編集者の画像

女性ネットワークエンジニアのキャリアパスを解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

理想のキャリアのために必要なスキルや、キャリアパスを描くポイントについてご紹介しました。

キャプアップした先に目指すキャリアパスが見えてきますので、ポイントを押さえて頑張っていきましょう。

キャリアパスについて不安な部分は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!