Web業界の中でも重要な役割を果たすバックエンドエンジニアへの転職を目指す女性は多くいらっしゃいます。

今回はそんなバックエンドエンジニアのキャリアパスをスキル別にご紹介します。

バックエンドエンジニアのキャリアパスを解説!

キーボード、メガネ、ペン、時計、ピンク色

バックエンドエンジニアはWeb業界の中でもシステムを支える存在として重宝されます。

「バックエンド」とはWebサイトやサービス内の「目に見えない場所」を意味します。

バックエンドエンジニアはその目に見えない場所の開発や運用を担当する職種です。

サーバーサイドエンジニアと混同されることがありますが、これらには明確な差がありません。

バックエンドエンジニアはWeb業界に、サーバーサイドエンジニアはソフトウェア開発に携わることが多いようです。

対になる職種としてフロントエンドエンジニアが挙げられます。

「フロントエンド」とはバックエンドとは逆の「目に見える場所」を意味する言葉です。

フロントエンドエンジニアは目に見える場所の開発や運用を行います。

エンジニア全体のキャリアパスの描き方は主に2つに分けられます。

1つ目は業務で習得したスキルで専門性を高め、キャリアアップを目指すケースです。

2つ目は更にスキルを習得し、対応できる範囲を広げキャリアチェンジするケースになります。

キャリアアップを目指すケースは、特定分野の専門家としてスペシャリストを目指すことができます。

各分野において高い専門性と高度な技術や知識を発揮して活躍するパターンです。

バックエンドエンジニアがフロントエンドのスキルを身につけてフルスタックエンジニアになることもあるようです。

また、専門分野のアドバイザーとしても活躍することもできます。

セキュリティ対策やサイバー攻撃対策として専門家需要が増加しているため、注目を集めるキャリアパスといえるでしょう。

キャリアチェンジするケースでは、コンサル知識を習得しITコンサルタントの道を歩みます。

また、習得したスキルと共通点を持つWeb業界の職種にキャリアチェンジする場合もあるようです。

バックエンドエンジニアの仕事内容

コーディング画面

まずバックエンドエンジニアの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

バックエンドエンジニアの主な仕事内容は、

  • サーバー構築
  • データベース構築
  • システム開発と運用

に分けることができます。

サーバー構築とは、Webサービスをユーザーに届ける為にネットワーク構成を設計し構築することです。

ネットワーク構成に必要なハードウェアの選定や導入、ソフトフェアのインストールや定義・設計・構築を行います。

Webサーバーに障害が起これば、ユーザーはWebサービスを利用できなくなります。

その障害が出来る限り発生しないようにサーバー構築を行うのがバックエンドエンジニアの大事な仕事です。

ここでは、Webサーバー・OSアップデートに関する知識やネットワーク環境を構築する技術が求められます。

データベース構築とは、Webサービスのデータを保存・管理するために必要なデータベースを構築・運用することです。

Webサービスが大規模になるとデータ量も増えるため、効率や書き込み速度を考えてデータベースを構築する必要があります。

不正なアクセスを防ぐために、セキュリティ向上業務についても担当する場合があるようです。

データベース構築では、データの活用方法やOracle・MySQL・MSSQLなどのデータベースソフトに関する知識が求められます。

システム開発と運用は、プログラミング言語を駆使してアプリケーションやシステムを開発・運用することです。

データの計算処理やデータベースとの接続、データを呼び出すためのプログラミングも行います。

構築したサーバーやプログラムが安定するようにバグを修正したり、仕様の変更や追加することも業務に含まれます。

PHPPythonといったサーバーサイド用のプログラミング言語の知識や、Rubyなどのフレームワーク知識が必要です。

 

ワンポイント
バックエンドエンジニアの仕事にはサーバー構築・データベース構築・システム運用と開発があります。

バックエンドエンジニアの選択肢

選択肢、女性の背中

では、バックエンドエンジニアのキャリアパスにはどのような選択肢が存在するのでしょうか。

主なキャリアパスについて解説していきます。

キャリアアップ

上を向く矢印、女性

バックエンドエンジニアのキャリアアップエンジニアスキルを活かしたり、更に磨いていくものが多くなります。

まず挙げられる選択肢がリーダーやマネージャーへのキャリアアップです。

バックエンドエンジニアとしての技術を高めながら、プロジェクトやチームの管理を行いマネジメントスキルを身につけます。

そうすることで、プロジェクトリーダープロジェクトマネージャーとしてキャリアアップが可能です。

また、フロントエンド知識やインフラ知識と必要なスキルを身につけてフルスタックエンジニアを目指すことも出来ます。

マルチにエンジニアとしての能力を発揮し、サービス設計から開発と運用まで一貫して行えます。

他にも、システムエンジニアやスマホアプリエンジニアなどにキャリアアップすることも可能でしょう。

バックエンドエンジニアとしての知識と技術を更に磨き、スペシャリストとして活躍することもキャリアアップの一種です。

こういったキャリアアップはベンチャー企業で需要があり、場合によっては大幅な収入アップに繋がります。

キャリアチェンジ

チェンジの文字、キーボード、スマホ

バックエンドエンジニアのキャリアチェンジは、エンジニアスキルよりもWeb業界に関するスキルや知識を活用します。

まず、顧客の要望やニーズを把握する能力を活かしてITコンサルタントになるパターンがあります。

バックエンドエンジニアはシステム開発の全体像を捉える力が磨かれるので、これを活かしてキャリアチェンジするのです。

システム開発を伴う案件を担当するWebディレクターや、サイト改修提案を行うWebマーケターとしても活躍できます。

キャリアパスを決める時のポイント

これらのキャリアパスを決める時のポイントは、エンジニアスキルWebスキルのどちらを軸にするかです。

エンジニアスキルを更に高めていきたいのか、Webスキルを活かして活躍したいのか考えましょう。

 

ワンポイント
バックエンドエンジニアのキャリアパスにはキャリアアップとキャリアチェンジがあります。
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


バックエンドエンジニアに向いている人の特徴

虫眼鏡を持つ女性

バックエンドエンジニアにはどんな人が向いているのでしょうか。

ここではその特徴を3つに分けてご紹介します。

根気強さがある

バックエンドエンジニアの業務は細かい修正や構築作業が多く、それらを繰り返し続けられる根気強さが求められます。

プログラムの構築や修正作業を楽しいと感じられる根気強さがあれば、バックエンドエンジニアに向いているでしょう。

勉強が苦にならない

ノート、女性、ペン

IT業界は常に進化を続けており、求められる知識や技術もあわせて変化していきます。

そのため、IT業界では情報のアップデートに置いて行かれないように勉強ができる人が求められます。

それはバックエンドエンジニアでも同じことです。

身につけた知識だけに固執するのではなく、新しいことを自ら学ぼうとする姿勢や意欲を持つ人が向いています。

協調性がある人

Web業界の仕事は一人で進めることはできません。

様々な職種のメンバーと円滑にコミュニケーションをとって業務を進めるためには、協調性が必要不可欠です。

自分の意見だけを通そうとするのではなく、相手の意見や気持ちを汲み取って行動できる人は向いているでしょう。

バックエンドエンジニアを目指す場合、これらの特徴と自分の性格や強みの共通点を探す必要があります。

もし共通点が見つからずに悩んでいる場合は、転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントはあなたの経験や強みからバックエンドエンジニアに求められるスキルとの共通点を探してくれます。

志望動機を考える時にも必要となるポイントなので、転職エージェントの活用はおすすめの方法です。

 

無料転職相談をして特徴を押さえてバックエンドエンジニアを目指す

 

バックエンドエンジニアの理想のキャリアパスのために

顎に手を当てる女性

バックエンドエンジニアには様々なキャリアパスが存在します。

その中でも理想のキャリアパスを辿るためには、どのようなことをしておくべきなのでしょうか。

フロントエンドの知識を身につけよう

バックエンドエンジニアのキャリアパスの中でも需要が大きい職種が、フルスタックエンジニアです。

フルスタックエンジニアはフロントエンドとバックエンドの知識とスキルを身につけたマルチなエンジニア職といえます。

ベンチャー企業やスタートアップ直後の中小企業では大変重宝されるため、大幅な収入アップを狙うこともできます。

そんなフルスタックエンジニアを目指すためにはフロントエンドの知識が必要です。

また、フロントエンドの知識を持っていれば、逆算してバックエンドで必要なこともわかります。

フロントエンド知識はまずHTML・CSSやPHPに加え、Java言語を学ぶことをおすすめします。

更にUI・UX、SEO対策、マーケティングに関する知識などが必要になるので、地道に勉強していきましょう。

資格取得を目指そう

上を指す女性、顔の絵

キャリアアップやキャリアチェンジする際はスキルを証明できる資格があると有利になります。

バックエンドエンジニアとしてのスキルを証明できる資格は以下のようなものがあります。

  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • CCNA
  • CCIE
  • PHP技術者認定試験
  • Oracle認定Javaプログラマ
  • Linux技術者認定試験

これらの資格を持っているとバックエンドエンジニアとしてのスキルを持つ即戦力としての証明ができるでしょう。

バックエンドエンジニアの将来性

ペンをもって考える女性

近年、クラウドコンピューティングや開発プラットフォームの存在でバックエンドエンジニアの将来性は案じられています。

AWSやDockerによりバックエンド部分の開発が手軽になったため、自動化により需要が減ると考えられているのです。

しかし、自動化されても人の手が必要となる部分は必ず出てくるものです。

Webサービスは新しいものが次々と開発されているため、バックエンドエンジニアの需要がなくなることはないでしょう。

更にいえば、IT業界自体がどんどん需要を伸ばしているため、エンジニアの仕事の将来性も同じく広がっているのです。

バックエンドエンジニアをこれから目指した場合、ITの進化によって新たなキャリアパスが生まれる可能性もあります。

もしバックエンドエンジニアへの転職を目指しているのなら、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは希望したキャリアパスに沿ったバックエンドエンジニアの求人を紹介してくれます。

ネットの検索では表示されない非公開求人なども紹介が可能なので、活用して損はありません。

どのようなバックエンドエンジニアになりたいか、その後はどんなキャリアパスを辿りたいか相談してみましょう。

 

無料転職相談をしてバックエンドエンジニアへの転職を成功させる

 

エンジニアスキルを活かせるキャリアパス

パソコンをもってガッツポーズする女性

ここではバックエンドエンジニアのエンジニアスキルを活かしたキャリアパスについてご紹介します。

システムエンジニア

システムエンジニアはフロントエンドとバックエンドどちらの知識も必要となる職種です。

バックエンドエンジニアの経験が活かしながらキャリアアップすることが可能でしょう。

また、システムエンジニアは顧客の要望に沿ってシステム設計や開発を行うため、コミュニケーションスキルも必要です。

バックエンドエンジニア業務で培った協調性を活かせる場面も多く存在します。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアはフロントエンドとバックエンドの知識を持ったオールラウンダーを指します。

サーバーサイドからHTML・CSSといった幅広い知識とスキルを持ち、システム設計から開発と運用を一貫して行えます。

このようなオールラウンダーは中小企業で重宝されるため、大幅な収入アップを狙うことが可能です。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアはバックエンドエンジニアと対になる職種です。

Webサービスの見える場所、つまりデザインやフレームワークなどを担当します。

バックエンドエンジニアを経験していれば、フロントエンドエンジニアのやるべきことも自ずとわかってきます。

フロントエンドエンジニアに必要なプログラミング言語やスキルを習得していれば活躍は可能です。

 

ワンポイント
エンジニアスキルを活かしたキャリアパスにはシステムエンジニアやフルスタックエンジニアがあります。
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


Webスキルを活かせるキャリアパス

SEO対策をする女性

エンジニアスキルの他に、Webスキルを活かしたキャリアパスも存在します。

ここではWebスキルを活かしたキャリアパスの詳細をご紹介します。

Webディレクター

Webディレクターは顧客の要望を技術者へ伝えてWeb制作業務を進める管理者です。

Web知識に加え、顧客と技術者双方と円滑なコミュニケーションをとる力が求められます。

バックエンドエンジニアの経験はシステム開発に関わる業務に活かすことができます。

システム開発についての詳しい知識や技術を持ったディレクターは少ないため、重宝されるでしょう。

Webマーケター

Webマーケターは顧客のサイトを上位表示させるためのSEO対策や分析、広告運用をしながらマーケティングを行います。

Webマーケターとバックエンドエンジニアの繋がりは一見見えないかもしれません。

しかし、Webマーケターにはサイトやサービスの改善を提案する機会があります。

この時にバックエンドエンジニアとしての経験を活かせます。

 

ワンポイント
Webスキルを活かしたキャリアパスにはWebディレクターやWebマーケターがあります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ソファ、人差し指を立てる女性

バックエンドエンジニアは将来性が高いため、転職先として人気があります。

しかし、転職活動はそう簡単にできるものではありません。

今後のキャリアパスを考えながら転職活動する時は転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントは希望条件に合った求人紹介や、志望動機の作成サポートを行っています。

また、面接の対策などもしてくれるので、転職活動において大変役立ちます。

 

無料転職相談をして将来性が高いバックエンドエンジニアになる

 

まとめ

パソコンをもってガッツポーズする女性

バックエンドエンジニアは真価を続けるIT業界でも将来性の高い職種です。

エンジニアスキルとWebスキルを活かして様々なキャリアパスを描くことができます。

そんなバックエンドエンジニアを目指して転職活動する場合は、転職エージェントの活用をおすすめします。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。