環境エンジニアへの転職を希望する女性が増えています。その仕事内容は環境保全にかかる機器類の開発や汚染状況の分析などです。

環境問題が世界規模で拡大する中で、その対策を担う環境エンジニアはさらに需要が増加すると予測され将来性豊かな職種だといえます。

しかし環境エンジニアへの転職は簡単ではありません。まずは志望動機で採用担当者にアピールすることが成功への第1歩です。

この記事では環境エンジニアへの転職を希望する女性が、志望動機を書く前に準備しておきたいことや正しい書き方を紹介します。

環境エンジニアの志望動機の書き方を解説

女性エンジニア

専門性の高い環境エンジニアへの転職を成功させるには、採用担当者にアピールできる志望動機を書くことが重要です。

採用担当者は志望動機から、転職希望者が自社の求める人材であるか否かを見極めています。

したがって、単に自分の強みや熱意を伝えるだけでは不十分です。また具体性に欠けるアピールも採用担当者には伝わりません。

企業の求めるスキルや資質を兼ね備えていること、志望する企業に対する熱意を伝えられる志望動機の書き方をマスターしましょう。

環境エンジニアの仕事内容

打ち合わせを行う女性

環境エンジニアの志望動機を書く際には、まずその仕事内容を正しく理解しましょう。

環境エンジニアは環境汚染や水質汚濁、騒音といった公害を防ぐ機器類の開発や運用もしくはメンテナンスを行っています。

また、環境保全に活かすため環境汚染や水質汚濁もしくは騒音の度合いを調査・分析するのも環境エンジニアの仕事です。

さらに火力や太陽光もしくは原子力に代わる次世代エネルギー資源の開発・運用や廃棄物の処理も環境エンジニアの守備範囲となります。

環境エンジニアの就職先

就職先を探す女性

環境エンジニアの活躍の場は多岐にわたっており、求められる人材もそれぞれの就職先によって異なります。

採用担当者にアピールできる志望動機を書くには、就職先にマッチした書き方を学ぶことが不可欠だといえるでしょう。

したがって転職を成功させるには、自分にあった就職先を明確にしておくことが大切です。

環境機器メーカー

環境機器メーカーでは大気汚染・水質汚濁・土壌汚染などあらゆる公害の防止や浄化、抑制などを目的とした機器類を製作しています。

具体的には排ガス除去装置・下水処理装置・ゴミ焼却装置などです。リサイクルに関連する装置も環境機器メーカーで制作しています。

環境エンジニアはこれら機器類の開発や設計・製作・メンテナンスなどを担っており、専門的なスキルが必要な職種です。

環境調査研究機関

環境調査研究機関は大気汚染や水質汚濁・土壌汚染・騒音といった環境汚染の度合いを専門的に研究しています。

環境汚染は凄まじい速度で進んでいますが、環境調査研究機関の目的は委託元に正確な調査データを届けることです。

なお環境エンジニアは環境汚染などの調査・分析に携わるほか、これらに使用する機器類の運用やメンテナンスを担っています。

公共団体

公共団体では地域に密着した環境保全に取り組んでいます。環境保全に関する課題は地域ごとに状況が異なるのが必然だといえるでしょう。

都市部では環境汚染への対策が主な課題となり、山間部では環境保全が主な課題です。

環境エンジニアは地域に即した公共施設の整備や衛生管理など、環境保全に取り組みを担っています。

分析機関

分析機関では企業などからの依頼により、工業製品やその製造過程で及ぼす環境への影響などについて調査・分析を行っています。

環境問題は世界共通の課題です。企業活動が環境に悪影響を及ぼせば、たちまちバッシングを浴び企業イメージはダウンするでしょう。

そこで環境エンジニアは製造過程での環境調査を行うほか、完成した製品の環境貢献度についても調査しています。

無料転職相談をして環境エンジニアの転職先を探そう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機を書く前の準備

考える女性

環境エンジニアの志望動機を書くときには十分な準備を行いましょう。いきなり書き始めるのは無謀でしかありません。

採用担当者は数多くの志望動機をチェックするのが仕事です。準備不足が露呈すると採用担当者は容赦なく低評価を下します。

なお、志望動機の書く前の準備は「自己分析」「企業研究」「企業の求める人物像の把握」の3段階で行うと良いでしょう。

ここでは採用担当者にアピールする志望動機を書くために、必要な準備を考えてみましょう。

自己分析をしよう

自己分析の目的は、自身の資質やスキルが環境エンジニアや志望する企業が求める人材と合致してることを明らかにすることです。

最初に自分の強みや弱み、取得している資格などを書き出します。その中から必要なものだけを志望動機に反映させましょう。

採用担当者がチェックしたいのは、転職希望者の資質やスキル自社の求める人物に合致しているか否かです。

単に自分の強みばかりをアピールしている志望動機は、自己分析が甘いと評価されることを心得ておきましょう。

企業研究を徹底して行おう

企業研究の徹底も志望動機の準備には欠かせません。同じ環境機器メーカーであっても経営方針や強みや特徴は異なります。

企業の採用担当者の目的は、自社に長く貢献してくれる人材を確保することです。自社のことを研究していない人材は必要としていません。

そたがって志望動機には「なぜこの企業でなければならないのか」を明確にすることが極めて重要なポイントです。

なお企業研究は単にホームページから取得できる情報を集めるのでなく、しっかりと深掘りすることが大切だといえるでしょう。

企業の求めている人物像を知ろう

採用担当者にアピールするには、転職希望者が企業の求める人物像と合致していることを明らかしなければなりません。

そのためには各企業が求める人物像を的確に把握しておくことが不可欠です。各企業が求める人物像は求人広告からも確認できます。

ただし求人広告の情報は表面的なものです。企業のホームページやディスクロージャー誌など様々な媒体から情報を集めましょう。

 

ワンポイント
 志望動機を書く前にはしっかりと準備しましょう。

志望動機で押さえるべきポイント

書類を確認する女性

転職に有効な志望動機を書くには、押さえるべきポイントを事前に整理しておくことが大切です。

そのためには、事前に準備した事項を精査・整理して文章に反映させることが不可欠だといえるでしょう。

また、志望動機に単に自分の強みだけを羅列するのは得策ではありません。採用担当者が知りたいのは転職希望者の人となりです。

つまり採用担当者は人となりをチェックすることで、企業が求める人物像とマッチしていることかを見極めています。

ここでは志望動機書く際に確実に押さえるおきたいポイントを考えてみましょう。

なぜその企業・団体なのかを明確にしよう

なぜその企業・団体を志望したのかは、採用担当者が最も興味を持ってチェックしている事項だといえます。

「給料が高い」「休日が多い」といった自分本位なものや、「環境エンジニアにならたから」といった具体性のないものはNGです。

志望動機に納得性を持たせるには、その企業ならではの特徴や社会貢献への取り組みなどを具体的に示すことが不可欠だといえるでしょう。

入社後どう貢献できるのかを書こう

入社後の自分が企業にどう貢献できるかも必ず書きましょう。採用担当者は転職希望者が自社に貢献できる人材か否かをチェックしています。

したがって転職希望者は志望動機に、どう会社に貢献したいのかを記すことで採用担当者に興味をもってもらえるでしょう。

なお志望動機に記す内容は漠然としたものではなく、明確に「○○に貢献したい」などと記して納得性を持たせることが肝心です。

経験・スキルを分かりやすく伝えよう

志望動機にその企業を志望した理由・入社後にどんな貢献ができるかを記す際には、経験・スキルを併せて記しましょう。

「私には○○といった経験があることから御社を志望しました。」「入社後は私の強みである○○をもって貢献したい。」などとします。

自身の経験やスキルを書くことで、志望動機により納得性・具体性を持たせることができるでしょう。

 

ワンポイント
 なぜその企業を選んだのかを具体的に示すことを意識しましょう。

志望動機を書く際の注意点

パソコンで仕事する女性

環境エンジニアの志望動機を書く際に注意すべきは、採用担当者が何を求めているのかを理解しましょう。

採用担当者の目的は自社の企業風土に合った、実績をもたらす優秀な人材を確保することです。

つまり志望動機は転職希望者の資質を見極めるためのツールだと理解して、わかりやすくまとめましょう。

そのためにはアピールポイントは2~3つ程度に絞り込みましょう。あれこれと詰め込むと、何が強みなのかピントがぼやけてしまいます。

また具体例を盛り込み、必ず「自分の言葉」で熱意を持って伝えることを心がけましょう。

 

ワンポイント
 志望動機にはアピールポイントを詰め込まないよう注意しましょう。

志望動機の例文・NG例文

パソコンに向かう女性

採用担当者にアピールする志望動機を書くには、数多くの例文に触れることが大切です。

志望動機を書く際の準備事項や抑えるべきポイント・注意点については、ここまでに紹介してきました。

しかし実際に志望動機を書こうとすると、どう文章に組み立てれば良いのか迷ってしまうことも少なくありません。

ここでは環境エンジニアの転職における良い例文及びNGな例文を紹介します。

ただしこれらの例文を丸写しすることは避けましょう。あくまでも参考とし、実際に書く際には自分の言葉で丁寧に書くことが大切です。

未経験ながら環境エンジニアを目指す場合の例文

エンジニアを目指す女性

「私が未経験ながら御社に応募した理由は、環境保全の仕事に就きたいという夢をもう一度叶えたいと考えたからです。

大学では環境工学を学んでいましたが、いざ就職となると女性に環境エンジニアは務まらないと思い込み諦めていました。

しかし最近では女性の環境エンジニアが多くの企業で活躍していると知り、いても立っても居られなくなりました。

御社は女性エンジニアの採用に積極であること、また産業廃棄物を効果的に処理する技術力の高さに魅力を感じました。

ゼロからのスタートとはなりますが少しでも転職後の仕事に役立つよう、現在土壌環境監理士の資格取得に取り組んでいます。

御社に入社後は前職で養った計画性や分析力を発揮し、1日も早く環境保全にかかる機器類の開発に携われるよう努力して参ります。」

この例文では未経験ながら環境エンジニアに興味を持った理由、なぜこの企業を選んだかを具体的に記載しています。

また資格の取得に取り組んでいることを盛り込むことで、勉強熱心であることをさりげなくアピールしている例文です。

同業他社から転職を目指す場合の例文

エンジニアの仕事をする女性

「私は環境エンジニアとして装置の開発に携わってきましたが、現場ではどういった機器類が真に必要なのか疑問に感じておりました。

御社の掲げる「現場第一主義」「真に必要な機器類を提供する」といったコンセプトは私の長年の疑問に答えてくれるものです。

とりわけ御社が開発された「〇〇装置」は現場の意見が効果的に反映されており、その操作性や効果の高さには感銘を受けました。

今回御社への転職を希望したのは環境エンジニアの原点に立ち帰り、真に現場の役に立つ機器類の開発に携わりたいと考えたからです。

入社後はこれまでの経験とスキルを活かし、女性ならではの計画性をもって御社に貢献したいと考えております。」

同業他社から転職を希望する場合、その理由を具体的かつ納得性のあるものにすることが大切です。

例文ではなぜその企業を選んだのかを明確にするとともに、入社後の自分の姿がイメージできるようアピールしています。

労働環境を志望動機に捉えたNG例文

考えあぐねる女性

「私は御社が掲げる「ワークライフバランスの充実した職場づくり」といった理念に感銘を受け応募いたしました。

環境エンジニアはハードワークだと聞いています。しかし、休日が充実していないと良い仕事はできません。

私の仕事に対する考え方は、給与よりも休暇制度が充実していることであり、御社はまさに理想の職場だといえます。

環境エンジニアの仕事は初めてですが、皆さんに教えていただきながら、しっかりと勉強していきたいと考えています。」

NG例文では労働条件が、その企業を選んだ理由となっていますが、志望動機としては馴染まないので注意しましょう。

また、採用担当者が知りたいのは仕事に対する意欲であり、「教えてもらうこと」を前提としている転職希望者には魅力を感じません。

 

無料転職相談をして環境エンジニアへの転職を成功させましょう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機がまとまらないときの対処法

考えがまとまらない女性

環境エンジニアの志望動機がまとまらないのは自己分析や企業研究が不十分で、アピールポイントが絞り込めていないのが原因です。

また、環境エンジニアの仕事内容や求められる人物像が明確にイメージできていない場合も志望動機をまとめきれません。

自己分析や企業研究の結果を見直し、さらに深掘りしましょう。環境エンジニアとして働く人からアドバイスを受けるのも良い方法です。

また志望動機にはあれこれと詰め込まず、真に自分がアピールしたいポイントに絞り込むことも対処法の1つだといえるでしょう。

 

ワンポイント
 志望動機がまとまらないときは自己分析・企業研究を見直してみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談にのる女性

環境エンジニアへの転職を成功させるには、採用担当者にアピールできる効果的な志望動機を書くことが必須です。

効果的な志望動機を書くには自己分析や企業研究などの準備が大切ですが、自分の力だけでは不安になることも少なくありません。

そこで頼りになるのが転職エージェントです。転職エージェントは数々の転職を成功させているプロであり、多くのノウハウを持っています。

環境エンジニアへの転職を成功に導きたいなら、転職エージェントの活用も選択肢の1つだといえるでしょう。

 

無料転職相談をして転職の悩みを解消しましょう

 

まとめ

環境エンジニアを目指す女性

環境エンジニアへの転職を目指すなら、採用担当者にアピールできる志望動機を書くことが不可欠です。

そのためには事前に自己分析や企業研究を行い、環境エンジニアに求められる人物像を理解しておきましょう。

志望動機を書く際には読み手が採用担当者であることを意識し、企業が求める人材であることを示すのがポイントです。

さらにアピールポイントは2〜3つに絞り込み、具体例をもってわかりやすく書き上げることで説得力が増します。

また、環境エンジニアへの転職をより確実なものとするためには、転職エージェントの活用も検討しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!