デジタル化が進む社会の中で、IT技術も日々発展しています。

企業にとって、こうした時代の流れに適応することは急務でしょう。

経営方針・社内体制を変革するために、IT分野に特化した人材のニーズが高まっています。

そんな中で注目を集めている職種が、ITアーキテクトです。

ITアーキテクトは人とシステムの橋渡し役として活躍が期待されています。

IT業界志望の方は特に気になる仕事ではないでしょうか。

そこで今回、ITアーキテクトへの転職に役立つ資格と取得するメリットについて紹介していきます。

ITアーキテクトへの転職に役立つ資格を解説

女性、パソコン

ITアーキテクトとは、ITシステム全体の構造を設計することで企業の経営戦略を促進させる仕事です。

システム開発の要件定義から企画立案・運用保守に至るまでの工程を総合的に管理します。

個々の作業に関する知識はもちろん、企業経営についての理解力も欠かせません。

専門家でありながら幅広い視野を持つことが求められます。

では、ITアーキテクトになるためには何か資格が必要なのでしょうか。

またその場合、どのような資格が役に立つのでしょうか。

まずはITアーキテクトの具体的な仕事と必要なスキルについてお話していきます。

ITアーキテクトの仕事内容

ITアーキテクトは、企業戦略に沿いながらシステム開発の課題を分析して解決策を提案します。

その解決に適した設計を行うことが主要な役目です。

また3つの専門分野を担当しています。

アプリケーション・アーキテクチャでは個別の業務機能を設計し、操作性の検証まで行います。

企業内でシステム連携を実現させるための設計業務が、インテグレーション・アーキテクチャです。

そしてインフラストラクチャ・アーキテクチャを通して、システム基盤を設計する重大な役割を担います。

どの分野においても、プロジェクトの参加メンバーとの意思疎通が不可欠となる立場です。

ITアーキテクトに必要なスキル

ITアーキテクトはシステム構造を設計し、付随する作業全般を統括します。

プロジェクトの管理者として、仕事内容は広範囲に及びます。

中でもアーキテクチャに関する専門分野では、知識・技術の高さが重要です。

アーキテクチャ設計においても、状況から的確に判断して代替案の提示を行うなど柔軟性が求められます。

またIT業界・IT技術の最新動向を掴み、常に知識を更新しておきましょう。

時にはクライアント・経営層ともやり取りしなければなりません。

システム開発の進行にあたって、ビジネス業界への知識と理解を深めておくことが大切です。

プロジェクト成功のため、マネジメント能力や交渉力がカギとなる場面もあるでしょう。

さらにリーダーシップを発揮し、作業する技術者達と綿密にコミュニケーションを取る必要もあります。

このようにシステム面と人材面をバランスよくフォローすることが、ITアーキテクトの責務です。

そのためマルチな対応力が業務遂行のポイントになるといえます。

 

ワンポイント
ITアーキテクトは、企業の経営戦略に沿ってシステム開発を設計・進行していく仕事です。
ITのプロフェッショナルとしてハイレベルな知識と技術が求められます。
同時に、様々な立場の人とコミュニケーションを円滑に取れる力も大切です。
多岐にわたる業務を担当しながら、臨機応変な対応ができるスキルを身に着けておきましょう。

ITアーキテクトになるために必須の資格はある?

女性、後ろ姿

ここまでITアーキテクトの仕事とスキルについて解説しました。

知識と経験を幅広く活かしながら臨機応変に対処する能力が重視されます。

専門色の強い職種といえますが、何か必須の資格があるのでしょうか。

必須の資格はない

ITアーキテクトになるために、資格は必須ではありません。

しかし、ITアーキテクトに関連する国家資格が複数あります。

こうした資格を取得することで転職を有利に進め、実際の就業にも役立つでしょう。

ITアーキテクトとしての能力をアピールするなら、資格が一つの証明となってくれますよ。

IT業界での経験が重視される

女性、グループ

ITアーキテクトの転職には、実務経験のレベルが大きく影響してきます。

これまでどのようなプロジェクトに携わってきたのか、経験がそのまま実力として評価されるからです。

成果に加えて、全工程の調整役として何に取り組んだかということも問われるでしょう。

コミュニケーション能力・リーダーシップといった目に見えないスキルは、経験値で測られます。

実践を積むことがとても大切な要素だといえます。

 

ワンポイント
ITアーキテクトに必須資格はありませんが、取得することで転職が有利になるでしょう。
またIT業界で積んできた経験が重視される傾向にあります。

おすすめの資格「システムアーキテクト試験」

パソコン

システムアーキテクト試験は、IPA(情報処理推進機構)が国家資格として主催しています。

上級エンジニアを目指すにあたり、最適な資格として位置付けられています。

ITアーキテクト志望ならばぜひ取得しておきたい資格です。

資格の特徴

午前・午後ともに2部ずつ、計4部での試験構成となっています。

午前の試験はマークテスト形式です。

午後には記述式と論文の試験が行われます。

特に午後の論述試験が難しいといわれており、きちんと対策しなければなりません。

問題集や参考書を活用し、重点的に試験勉強を進めましょう。

専門スクールでの講義を受けることも有効な手段です。

試験内容や合格率

システム開発において上流工程となる要件定義から運用・保守に至るまで、幅広い範囲から出題されます。

プロジェクト全体に及ぶ理解力と、開発に対応できる技術力の両方が問われる内容です。

近年の合格率は12〜15%で推移しています。

難易度の高い試験なので、徹底した事前準備が合否の分かれ道となるでしょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


おすすめの資格「ITストラテジスト試験」

女性、ネットワーク

ITストラテジストとは、事業・IT戦略の計画段階から関与して企業経営に貢献する職種です。

経営者目線でシステム開発に携わるため、IT技術に対する豊富な知識実務経験が求められます。

また経営陣と円滑にコミュニケーションを取れることが重要です。

こちらもIPAが試験を実施しており、国家資格としての難度も高いとされています。

資格の特徴

午前中に、2部にわけて四択式の試験が行われます。

午後には記述式と論文形式の試験があります。中でも論文試験は、A評価以外が不合格となる難関です。

知識だけでなく、実務経験に基づいて意見を述べる能力が重要となってきます。

合格するためには、特に論文対策にしっかりと力を入れましょう。

試験内容や合格率

ITを活用した戦略の作成・提案・遂行に必要な知識を問う試験です。

同時に、問題を正しく読み解く力や記述力も試されます。

実際の業務経験を元に解答する問題もあるため、取り組んだ仕事について整理しておきましょう。

試験の合格率は15%程度です。

ただ、実務経験者や他の資格取得者がスキルアップのために受験することもあります。

そのため、合格率以上に問題が難しくなる傾向にあるようです。

 

無料転職相談をしてIT業界で働きましょう

 

おすすめの資格「応用情報技術者試験」

女性、パソコン

エンジニアとしてレベルアップしたい場合におすすめなのが、応用情報技術者試験です。

IPAの国家資格の一つに設定されています。

システム開発やIT基盤構築などの担当工程で、より高い水準の業務が行えることを示します。

資格の特徴

午前に四択式、午後に記述式の試験が実施される2部制です。

IT関連の基本的な知識だけでなく、応用力を併せ持っているかが問われます。

今後、難易度の高いシステムアーキテクト試験などにチャレンジするなら押さえておきたい資格です。

試験内容や合格率

四択式の試験では、主に基礎知識の習得度合いが判断されます。

また記述形式では、設定されたテーマに対して論理的に思考し説明できる力が必要です。

合格率は約22〜24%となっています。

決して簡単とはいえない試験だからこそ、油断せずに対策を練りましょう。

必要な知識を学ぶ方法

ノーと、ペン、時計

ITアーキテクトにおすすめの国家資格は、いずれも比較的難度が高いといえるでしょう。

実務経験で身につけた知識以外にも、新しく学んでいく必要性があります。

そこで、2つの対策方法を取り上げてみました。

自分の知識レベルにあったやり方を選んでくださいね。

専門学校に通う

必要な知識を学ぶために、専門学校に通うという選択肢があります。

システムアーキテクト試験を始めとして、各試験対策に特化したコースが開講されています。

また講座だけでなく、模試の受験などにも挑戦できる環境です。

自身の経験とスキルを補強したい場合に、検討してみると良いかもしれません。

独学

女性、ノート

関連書籍を活用し、独学で取り組むのも1つの手です。

参考書からは試験に必要な知識や要点を学ぶことができます。

また過去問を含めた問題集も有効です。

出題傾向を把握するとともに、本番を見据えた学習を心がけてみてください。

ここで知識の基盤を確立することができれば、さらなるスキルアップにも繋げていけるでしょう。

 

無料転職相談をしてIT業界で働きましょう

 

資格を取得するメリット

女性、パソコン

ITアーキテクトの資格内容と取得方法についてお話してきました。

取得に関して前向きになった方もいるのではないでしょうか。

ここからはさらに資格を取るメリットについて考えていきます。

転職で有利になる

システムアーキテクトの資格を持っていることは、転職時に強力な武器となり得ます。

IT分野に詳しい人材を求めている企業側にとって、資格の有無は大事な判断材料です。

スキル面で高く評価されれば、即戦力として役立てるアピールにもなります。

他の応募者との差別化を図るために、ぜひ取得しておきたいですね。

知識やスキルの証明になる

先述の通り、ITアーキテクトの条件に資格は必須ではありません。

しかし高い専門性が求められる分、その証明として資格が役立つことも事実です。

システムアーキテクト試験に合格すれば、アーキテクチャ設計に深い理解があると示せます。

また実践経験をしっかり積んでいることから、信頼感にも繋がるでしょう。

適切なシステム構築とスムーズなコミュニケーションができることは、大きな強みです。

期待して業務を任せてもらえるなら、とてもやりがいがあります。

資格の取得によって実力を証明し、周囲から一目置かれる存在を目指しましょう。

 

ワンポイント
資格取得は、知識やスキルを確実に証明してくれます。
転職活動でも大きな強みとして活かすことができるでしょう。
活躍を期待されるITアーキテクトを目指してみませんか。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


資格を活かしてITアーキテクトに転職する方法

ステップアップ

せっかく資格を取得したなら転職活動に活かしていきたいところです。

ITアーキテクトとして働くために意識したい点について解説します。

資格取得の理由を明確に

女性、後ろ姿

資格の取得によって、ITやビジネスに関する豊富な知識・経験が証明できます。

実力を活かして、将来のビジョンも明確に打ち出せるようになるでしょう。

またIPAの国家資格はどれも難易度が高く、合格には努力が必須です。

資格は、目標に向けて努力できる姿勢のアピールにも効果的だといえます。

このようなメリットを踏まえて、資格取得に取り組んでください。

ITアーキテクトに適した人材としての価値を積極的に高めていきましょう。

転職エージェントを活用

IT技術の成長に伴い、各業界でIT分野の見直しや強化が進んでいます。

この流れに比例してITアーキテクトも注目されるようになりました。

ITアーキテクトの求人は増加傾向にあり、IT関連の転職市場も活性化しています。

転職したい方にとっては、多くのチャンスに恵まれているといえるでしょう。

そんな状況下で転職エージェントを利用するケースも多いようです。

資格・スキルの最適な活かし方を教えてくれるエージェントがいれば、転職活動が有利に進みます。

転職エージェントに後押ししてもらい、ITアーキテクトへの転身を実現させましょう。

 

ワンポイント
資格を活かして、自分のスキルややる気のアピールに繋げましょう。
近年求人が増加しているITアーキテクトを目指す場合、転職エージェントを活用するのもおすすめの方法です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスウーマン、女性

転職に向けて活動していると、様々な悩みや不安が湧いてくるのではないでしょうか。

どれだけ自己分析や業界研究を重ねても、1人では行き詰まる時もあるはずです。

また自分の適性・スキルに対する、第3者からの評価も気になります。

もし親身に寄り添いつつ的確なアドバイスをしてくれる存在がいるとしたら、頼もしい限りですよね。

こうしたニーズに応えているのが、転職エージェントです。

個々の希望をヒアリングし、転職の成功に必要なプランを提案してくれます。

サポート体制が整うことにより、自信を持って転職活動に取り組めるでしょう。

理想の環境で働きたいなら、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

無料転職相談をしてIT業界で働きましょう

 

まとめ

女性、パソコン

ITアーキテクトは、最新のIT技術を導入して成長したい企業にとって重要な存在です。

企業の経営戦略に基づいたシステムを開発するにあたり、アーキテクチャ全体を設計します。

業務の性格上、専門知識の深さ技術の高さが求められます。

またスキル強化のために実務経験も幅広く積んでおきたいところです。

クライアント・技術者との細やかなコミュニケーションも欠かせません。

各作業フェーズを見渡し、人材とシステム双方に柔軟に対応できることが大切です。

このようにITアーキテクトの仕事内容・スキルは複合的かつハイレベルだといえます。

ITアーキテクトになるために、資格は必須条件ではありません。

一方で、資格を取得したことが転職活動に役立つ面も多くあります。

おすすめの資格はシステムアーキテクト試験・ITストラテジスト試験・応用情報技術者試験です。

それぞれ特徴はありますが、知識・経験の裏付けとして活用できます。

ただ、いずれも難しい試験となっているため対策はしっかり行うようにしてください。

専門学校か独学か、学習の仕方を工夫して合格を目指しましょう。

資格を取得すれば、業務に必要なスキルを習得していることを示せます。

経験で培ったマルチな対応力もアピール可能です。

転職するにあたって有効な自己PRの1つとなってくれるでしょう。

ITアーキテクトを目指す場合、資格を取るメリットは非常に大きいといえます。

さらに転職エージェントに相談することで、難しい専門職の就職にも取り組みやすくなりますよ。

ITアーキテクトへの転職には、資格と転職エージェントの活用がキーポイントです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!