ラウンジのバイトの仕事内容を徹底解説!キャバクラやガールズバーとの接客の違いって?年齢や顔の採用基準と体験談もご紹介

一般的なナイトワークとして有名なキャバクラやスナック。

今回は「ラウンジ」というナイトワークについて紹介していきます。

キャバクラやガールズバーと似通っている部分も多いラウンジですが、一体どんな違いがあるのでしょうか。

採用基準などと一緒にチェックしていきましょう。

ラウンジのバイトって?

バーとアルコール

最初に、ラウンジとは何かというところから紹介いたします。

ラウンジは、キャバクラなどのようにいわゆるナイトワークというカテゴリーの仕事です。

お店のオープン時間はだいたい夜~深夜

お客さんとお酒を飲んだり、おしゃべりを楽しんだりするのがメインの仕事です。

これでは、キャバクラと変わらない印象を受けるかもしれません。

それでは、キャバクラやガールズバーとの違いをもう少し詳しく見てきましょう。

キャバクラやガールズバーとの違いって?

キャバクラもガールズバーもラウンジも共通点を持っています。

それが、お店に来たお客さんとお酒やおしゃべりを楽しむ接客業という部分。

では、何が違うのでしょうか。

それが、接客するときのスタイルや服装です。

キャバクラは綺麗に整えお客さんの隣に座る

鏡の前の女性

キャバクラでは、綺麗にドレスアップした女性キャストがお客さんのとなりに座ってお酒を作ったり、トークの相手をします。

服だけでなく、ヘアやメイクもきっちりと整えます。

お客さんの隣に座ってすることが接客の基本のスタイル。

女性キャストがお酒を作ってお客さんに提供することもキャバクラの特徴です。

ガールズバーは「バー」の名の通り

バー

ガールズバーは、バーと名のつくようにバーカウンターがあるお店をイメージすると分かりやすいかもしれません。

お酒を作ってお客さんに提供したり、お客さんと話したりというのはキャバクラと共通する部分。

キャバクラと違うところは、接客スタイルです。

ガールズバーではカウンターを挟んで接客します。

キャバラクでは隣に座るのに対しカウンターが間にあるため、お客さんとの距離感が違ってきます。

服装はキャバクラよりもカジュアルめな傾向にあります。

制服があるお店もあれば、私服OKという店舗も存在するようです。

ラウンジはキャバクラとガールズバーの中間

ワイン、グラス

ラウンジでのお仕事は、キャバクラ・ガールズバーそれぞれと似ているところがあります。

まず、メインの仕事はお客さんとのトークやお酒の相手をすること。

これは、キャバクラやガールズバーと共通しています。

違うところは接客スタイルや服装です。

ラウンジの接客はお客さんの近くに座って行う

お客さんとの接客は、キャバクラなどのようにお客さんの近くに座って行うのがラウンジの基本的なスタイル。

それから、メインのお仕事はお客さんとお酒の時間を楽しむことです。

特にトークがメインなようです。

服装はカジュアル傾向

接客はキャバクラに似ていますが、服装は異なりカジュアルめです。

私服OKなお店もあれば、ドレスを貸し出しているお店もあります。

ヘアメイクもキャバクラほどきっちりする必要がない店舗が多いです。

私服OKとはいえ、どんな服装でもよいというわけではありません。

お店によりますが、パンツはNGというところもあるようです。実際にお店に確認しましょう。

キャバクラのように近くで接客しつつ、ガールズバーのようにカジュアルめな服装

イメージでいえば、キャバクラとガールズバーの中間的存在といえるでしょう。

気になる採用基準は?

華やかな夜の街のイメージのあるラウンジバイト。気になる採用基準などもチェックしてみましょう。

年齢は18歳以上(高校生は除く)

女性、帽子

ラウンジバイトはナイトワーク。

当然、年齢は18歳以上でないといけません。高校生は不可です。

いくつかのお店をリサーチしてみると、働いている女の子は20代以上が多いようです。

とはいえ、30代、40代の女性が働いているお店も存在しています。

年齢制限なしで求人を出しているところも。

若い女の子じゃないとダメ、何歳までじゃないとダメといったことはないようです。

個々のお店の立地やコンセプトにもよるので一概にはいえないということですね。

求められる顔立ちなどの傾向はお店のコンセプト次第

年齢制限はなくても、やはり美人の方が採用されやすいのでしょうか。

例えば、会員制のあるラウンジではハーフっぽい顔立ちはっきりしている顔立ちのタイプの女性が採用されやすいという傾向があるようです。

清楚系の女性、ノリのよい女性を求めているというお店もありました。

会員制のラウンジの場合は、容姿である程度のレベルを要求されるお店も多いようです。

しかし、ラウンジバイト全般的な基準というよりも、お店のある場所やお店のコンセプト次第です。

更にいえば、お客さんのタイプなどにあわせた個々のお店の基準によるところが大きいということになります。

お店のコンセプトなどをよく調査して、自分に合った店舗を探して応募してみましょう。

アルバイトする前に参考になる体験談

ここからは、実際にラウンジで働いていた女性からの体験談に触れながら紹介いたします。

気になる給料などをチェックしていきましょう。

ラウンジバイトの給料事情と金銭感覚

女性、大人、人

ラウンジバイトの時給は、3,000円前後かそれ以上というお店が多いようです。

昼間の仕事に比べるとかなり高い時給です。

その分給料はたくさんもらえるのでしょうか。

時給が高くても、指名がもらえないとなかなか稼げない日もあるそうです。

逆に、贔屓にしてもらえるようになると、ドリンクなどの金額が高いためたくさん給料をもらえるようになったという女性もいます。

まとまった給料をもらえるようになるためには、贔屓のお客さんがついてくれることも大事ということです。

中には、たくさんお金を稼げるようになったため金銭感覚が変わってしまったという女性もいました。

大金を得られることはいいことですが、自己管理も大切だといえるでしょう。

ラウンジは自由度が高くノルマがない

お金の話も気になりますが、バイト中やバイトのしやすさも気になりますよね。

ラウンジはノルマがありません。

お客さんを獲得しなければならないといったプレッシャーは少ないそうです。

ある意味、のびのびと働けるのではないでしょうか。

出勤日も自由に決められる場合が多く、大学生などは学業とも両立しやすいそうです。

私服OKなお店やドレスレンタルOKのお店、ヘアメイクがいるお店もあります。

そのため、学校帰りにそのまま出勤するといったこともできてしまうようです。

様々なライフスタイルに合わせて働きやすい環境といえるかもしれません。

仕事中に気を付けるべき「トーク」

レストラン、カップル

ラウンジのお仕事はお客さんとのおしゃべりがメインです。

話上手な人、人と話すのが得意な人・好きな人は、ぜひその場を盛り上げたり、お客さんを楽しませてあげてください。

反面、人と話をすることが苦手なタイプだとはじめは苦労するでしょう。

そんな方でもできる、1つのコツが「聞き上手になる」ということです。

自分が何か話をしようとするよりも、お客さんの話を聞くことにシフトしていきましょう。

そうすれば、相手も話を良く聞いてもらえて気持ちが良くなり、満足度の向上に繋がります。

トークや愛嬌といった居心地を良くするためのスキルも必要だということです。

お客さんがお店にいる時間を楽しく満足感を得ながら過ごしてくれるようにしましょう。

容姿が採用基準のひとつになっているお店があるのは事実です。

しかし、単に容姿だけが良ければいいというわけではないことが分かります。

ラウンジバイトはいろいろな人と知り合える

三人の女性

今回の記事では、ラウンジでのアルバイトについてチェックしてきました。

ラウンジで働くと、色々な業界の方と知り合うことも珍しくありません。

また、就職や結婚のきっかけになったという女性も多いそうです。

中には下心があって近づいてくる人もいるそうなので、注意してください。

賢く生活・仕事をしながら、充実した毎日を送っていきましょう。