クラウドシステムの構築や運用に必要となるクラウドエンジニアについて解説します。

今後の需要や必要性について触れながら、クラウドエンジニアに必要なスキルにも触れる特集です。

また、その後のキャリアパスなども併せて紹介します。

クラウドエンジニアの将来性を解説

パソコンの画像

かつての企業が用いてきたITシステムとはオンプレミスなものが主流でした。

しかし近年になってから、クラウドシステムが誕生したことで移行が急増しています。

今ではクラウドシステムを使用する企業は、全体の6割へと到達しているともいわれています。

そこで必要となるのが、クラウドシステムに精通したエンジニアです。

今回はクラウドエンジニアについての特集です。

クラウドエンジニアには、今後どのような将来的展開があるのかを中心に解説していきます。

将来性

笑う女性の画像

これからもクラウドシステムの将来性は見通しが明るいといえるでしょう。

今では、スタートアップ企業・ベンチャー企業が中心となってクラウド導入を進める率が高まっています。

また、有名企業のほとんどがクラウドへ完全移行する流れが出来上がりつつあるようです。

AmazonではAWS、MicrosoftはAzure、GoogeならGCPなどが代表例といえます。

クラウドシステムは既存のシステム以上にメリットが多いので、ますます浸透することでしょう。

今では敏速な開発スピード向上などを理由に、インフラ環境をパブリッククラウドへ移行する過渡期です。

そのため、クラウドシステムを取り扱えるエンジニアの必要性も急激に増えている現状です。

今後はどうなる?

ITエンジニアは今までオンプレミスでの知識やスキルで活躍してきました。

しかし、今後生き残るためには、クラウドへ移行する流れに乗っていくことが望ましいでしょう。

クラウドシステムに関する知識と経験が求められる時代に差し掛かっています。

また、オンプレミス自体がなくなるかどうかは未知数でしょう。

今でも必要性に応じて稼働しているのも事実てす。

今後のITエンジニアとしては、オンプロミスとクラウドの双方に対応していくことが命題になりつつあります。

ITエンジニアとして今後活躍するためにも、クラウドエンジニアの業務に注目すべきです。

クラウドエンジニアの仕事内容

付箋の画像

クラウドエンジニアの仕事は、クラウド内でのシステム設計や構築・運用などを行ないます。

クラウド上でのサーバーやネットワーク構築といった実装が可能になったことで実現しました。

従来のエンジニアとはやや違った作業がメインとなっています。

他にも、データベースのミドルウェア設計や構築など、クラウドでのITインフラ作りに貢献するのが仕事です。

 

無料転職相談をして好きな仕事ができる企業に転職しよう

 

クラウドエンジニアの需要は?

仕事中の画像

クラウドへの移行が増えている理由は、コスト削減できることにあります。

また、ハードウェアの管理がすべて外部へ委任できるので、システム開発のスピードも向上するからです。

そのため、従来のオンプレミスからクラウドへの移行の過渡期に差し掛かっています。

当然ながら、クラウドエンジニアとしてのポジションは始まったばかりです。

まだまだ人材が少なく需要が高まっている傾向といえます。

 

ワンポイント
クラウドエンジニアはまだ人手不足で需要で高まっている。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


クラウドサービス市場の動向

トレイとパソコンの画像

近年では移行がますます進行しているクラウドシステムです。

普段の生活の中でも、個人的にクラウドサービスを使用している人も多いのではないでしょうか?

世の中自体もクラウドシステムの導入によって、さまざまな変革を遂げつつあります。

では、クラウドサービスの市場動向がどのようになっているのかを解説していきましょう。

クラウド導入企業が増えている

スマホを持つ女性の画像

サービス業・不動産業・情報通信業は、元々クラウドシステムの導入が早くから行われ既に定着しています。

近年では、それ以外の全業種でのクラウドサービスの利用が急速に伸びている傾向です。

とくに金融・保険業では約90%近くにまで浸透し、そのほとんどの企業でもクラウド化が当然となっています。

おそらく、あり得ないような業界ですらクラウド化を実現させることも考えられるのです。

今後も高い需要が見込める

国内クラウドサービスの市場規模については、すでに各調査会社が調べてデータが公表されています。

今現在の時点でもすでに1 兆円を突破した市場であることが分かっています。

今後も着実にクラウドサービスは、さまざまな職種や企業に浸透していくはずです。

おそらく数年後には市場規模3兆円を超えることも予測されています。

 

無料転職相談をして好きと思える企業に転職成功しよう

 

クラウドエンジニアの需要が高い理由

タブレットを見る画像

社会的にもクラウドシステムは大きな波と化しているため、そこに追いつけるエンジニアを求めています。

クラウドエンジニアの今後の伸びしろはかなり広がる様子です。

そのため、今後クラウドエンジニアを目指すことには大きな利点があるといえます。

では具体的に、クラウドエンジニアの需要が高い理由を解説していきましょう。

AWSの売上が好調

クラウドサービスが好調な理由は、AWSの順調な売上が証明しています。

AWSとは、「アマゾン・ウェブ・サービス」の略称です。

ECプラットフォームとして親しまれているAmazonが、展開を開始したクラウドサービスを指します。

AWSは今最もクラウドサービスをリードしているといえるでしょう。その売上はますます向上し続けています。

毎年度の成長率も34%~37%へと、年々30パーセント以上の推移で上がっているのが特徴です。

クラウドシステムはこのまま好調に推移が上がると予想されています。

テレワーク化の促進

テレワーク中の女性の画像

コロナウィルスが蔓延したことによって、よい意味で人々の働き方自体が急速に変化を遂げました。

その一番顕著な事例としては、テレワーク化が進んだことではないでしょうか?

テレワークへと切り替わったことによって、人々は今までの働き方への見直しもするようになりました。

例えば、Zoomなどを使用した会議なども普通に取り交わされ始めています。

面接試験そのものも直接の対面式ではなく、オンラインで実施する企業もあるようです。

他にもチャットによる進捗確認やコミュニケーション機能・リモート接続ツールも需要が増えています。

より快適なネット環境が求められ、クラウドシステムは現代人に必要なシステムだといえるでしょう。

 

ワンポイント
AWSなどの普及が高まりテレワークも日常化したことでクラウドシステムは当たり前になってきている。

クラウドエンジニアの年収

お金の画像

クラウドエンジニアとは、クラウド上にてシステム設計や構築・運用などの業務を行ないます。

一般的なシステムエンジニアの仕事の流れと一緒ですが、作業をする舞台が異なっているのが特徴です。

仮想空間でのシステム設計から構築などをします。

そのため、今までのITエンジニアにプラスアルファした、新しいスキルが要求されるはずです。

それに伴って収入の高さも期待ができるといえます。

ここでは、クラウドエンジニアになると、その収入はどれくらいになるのかを解説していきましょう。

平均年収

クラウドエンジニアになるとその平均年収は590万円台になるとされています。

月給換算すると50万円くらいで、初任給にすれば22万円程の基準といえるでしょう。

他のIT系エンジニアと比較しても、やや高めなのが注目点です。

今一番話題性もあり需要もあるので、今後の期待値も込めた金額ではないでしょうか?

ただし、まだまだ人材が不足しているのも事実です。

これからの成り行きによって、需要と収入について一層の変化が伴ってくることは間違いありません。

年収を上げるには?

クラウドエンジニアとして年収を上げることを目指すのであればそれなりに実現が可能です。

おそらく年収1000万円を目指すことも夢ではありません。

その際には、現行の企業にて課長や部長などの管理職のポジションへの昇格を目的にするのが近道です。

もちろんその分の仕事の責任範囲は大きくなっていきます。

他にも、外資系やコンサルティングファームへの転職が成功すれば、年収の数段アップが期待できるでしょう。

 

無料転職相談をして内定を確実にしよう

 

クラウドエンジニアとしての需要を高めるための知識

ノートとパソコンの画像

今後もますます注目されていくクラウドエンジニアには、どのような人が最適なのでしょうか?

これから目指す場合に必要となるスキルや知識はどのようなものなのかを、具体的に紹介していきます。

ここでは、クラウドエンジニアの需要を高めるのに必要な知識について解説します。

ネットワークの知識

まずクラウドエンジニアへ求められるスキルが、ネットワークの知識です。

クラウドサービスの場合、遠隔地にベースとなるサーバーがあります。

そこへアクセスするまでに多くの機器を介する仕組みです。

サーバーが正常に作動しない時、ネットワークのどこかがエラーになっています。

原因分析や対応をするには、ネットワークの知識が欠かせないからです。

他にもセキュリティに関する問題への対処もあります。

データ通信時に不正への対応として暗号化などをするにも、ネットワークの知識が生かされることでしょう。

サーバーの知識

クラウドエンジニアに必要な知識の2つ目はサーバーに関する内容です。

クラウドサービスを利用してサービスが動くためには、クラウドの基盤を構築します。

必要なスペックや設定提案する際にも、サーバーの知識を持っていないと実現しません。

また、サーバーの状態を正しく監視できるスキルも持ち合わせていることが大切です。

プログラミングのスキル

プログラミングスキルもクラウドエンジニアに必要です。

まず、サーバー構築用のプログラムを用意することになるでしょう。

一度の多くの数のサーバーを自動化させ効率よく稼働させます。

その際に、プログラミングスキルが必要になるからです。

 

ワンポイント
クラウドエンジニアにはネットワークやサーバー・プログラミングの知識が必須である。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


クラウドエンジニアになるためのキャリアパス

デスクトップの画像

これから需要がますます高まりそうなクラウドエンジニアです。

そこで、他の業種からクラウドエンジニアになりたいという需要も増えることでしょう。

その際のキャリアパスはどのような経緯をたどればよいのでしょうか?

ここでは、クラウド園児名になるためのキャリアパスについて解説していきましょう。

インフラエンジニアから転職

クラウドエンジニアになるには、IT関連のエンジニア出身者が近道です。

中でもインフラエンジニアからの転職が最適といえるでしょう。

今までのインフラエンジニアは、実装や構築・運用保守フェーズに関する業務をこなしてきました。

そしてクラウドエンジニアは、さらに上流な設計フェーズを業務にしています。

インフラ構築の知識や経験を生かして、上流工程に携わっていけばクラウドエンジニアになれるでしょう。

未経験からでも目指せる?

クラウドエンジニアに未経験から目指すのは、全く不可能とは言い切れません

なぜなら、クラウドシステムの歴史自体が新しいため、浸透するまでもう少し時間がかかるからです。

誰しもその気になれば目指すことができ、その門徒が広げられています。

ただし、エンジニア経験が全くない人をいきなり採用する企業はどこにもないでしょう。

まずは独学やスクールなどを活用して知識を得ることや、IT系資格を取得するなどの前向きな行動が大切です。

 

ワンポイント
現行の企業で管理職になるかコンサルタントとして転職するといったキャリアがある。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスの画像

新しい仕事を見つけたい、あるいは未経験だけどやりたい仕事があるという方は多いはずです。

しかし、転職はハードルが高くて不安がつきものでもあります。

転職活動に関する悩みの相談や不明点を解消して、すっきりとした気分で転職活動をしましょう。

そこで、転職エージェントに登録して利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職についての専門家です。

未経験者でもどのようにスケジュールを組んで課題解決をすればよいのかをアドバイスしてくれます。

担当アドバイザーが客観的に判断しながら転職の成功へと導いてくれるはずです。

あなたの理想とする転職活動が期待できることでしょう。

まとめ

ガッツポーズする女性の画像

クラウドエンジニアの需要は高騰し始めていて、将来性も期待が込められています。

まだまだ始まったばかりのシステムで、さらに利便性のある内容も広がっていくことでしょう。

そのためにも、今からクラウドエンジニアを目指すというのは最適な進路かもしれません。

クラウド自体の歴史が浅いため未経験者でも転職は可能です。

しかし、ITインフラ知識やクラウドのスキルを身につけてからでないと難しいことも事実といえます。

独自に勉強をするなり、オンラインスクールなどを利用いしてみてはいかがでしょうか?

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!