これから金融系エンジニア転職を目指すなら、必要なスキルを身につけておくことが重要です。

ただ、SEとしてのスキルを身につけていることを具体的に示すことは難しいですから、履歴書に書く資格が重要となります。

金融系エンジニアになるために資格が必要なわけではありません。資格を持つことでスキルをアピールできるのです。

金融系エンジニアにおすすめの資格はたくさんあります。どれも持っていてデメリットはありません。

自分の目標を決めて、積極的に資格取得を目指しましょう。

金融業界の業務は正確な計算が重要なポイントとなっており、資格に求められるスキルにも反映されています。

それぞれの資格の特徴を理解してください。

ただ、資格を持つことだけにこだわるのではなく、試験勉強の過程を通して、幅広い知識を身につけることができるでしょう。

金融系エンジニアを目指す女性におすすめの資格を解説

女性

金融系エンジニアを目指すなら持っておきたい資格があります。

IT関連の資格だけではなく、金融業界に関連した資格です。

パソコンなどがまだなかった時代から、金融業界では計算間違いを防ぎ、誰が見てもわかるお金の流れが考えられてきました。

それが現代の経理業務の基本的な仕組みとなっています。

金融業界では経理業務の考え方を知っておくことが当然と考えなければなりません。

もちろん、志望している職種はエンジニアですから、経理だけの知識では不十分です。

また、女性であることのハンデもメリットもありません。

自分の将来の方向性が定まっていないとしても、資格が転職に有利になります。

おすすめの資格をピックアップして解説しましょう。

 

無料転職相談をして資格を取得しよう

 

おすすめの資格「日商簿記検定」

はつらつとした女性

まずは、日商簿記検定です。

日商簿記検定はパソコンなどない、そろばんの時代から経理業務の基本として実施されてきました。

現代はパソコンを使ってすべての計算をしてしまうため、内部でどのような数字の動きになっているかが見えません。

内容を理解せずに経理業務をやっている人が少なくありません。

ただ、金融系エンジニアはそのパソコンや見えないところで稼働しているサーバーのメンテナンスを担当する仕事です。

数字の計算方法などを熟知しておくことが求められます。

資格の特徴

電卓を持つ女性

日商簿記検定は1級から3級まであります。

金融業界で働こうと考えるなら1級がおすすめです。ただ、知識だけでは1級に合格することは難しいでしょう。

しっかりと勉強してください。

会計に関する基本的な知識から始まり、企業での帳簿の記載方法など幅広い知識が求められます。

商業高校などでも学生たちが受験しています。試験勉強をすることで、会計の考え方を身につけることができます。

おすすめの理由

金融業界ではお金を扱いますから、その計算は非常に重要です。

そのため簿記という計算を正しく行う仕組みが作られました。

現代ではコンピュータが計算をしていますが、その仕組みを知っておかなければ、プログラムを作成することができないでしょう。

金融系エンジニアにとっては、基本的な資格と考えてください。

 

無料転職相談をして資格を取ろう

 

おすすめの資格「銀行業務検定」

女性

銀行業務検定は銀行だけではなく、証券会社や保険会社などいわゆる金融業界での実務スキルを検証するために行われてきました。

日商簿記と合わせて取得しておくことをおすすめします。

資格の特徴

ポイント

日商簿記が企業の経理業務に役立つ知識を求めているのに対して、銀行業務検定は銀行関連に特化した試験内容となっています。

長い歴史があり、銀行員のほとんどは持っていると考えていいでしょう。

おすすめの理由

金融系エンジニアとして働くなら、銀行業務の流れを知っておくことは当然です。

そのために、この銀行業務検定の取得は転職のためのスキルとして重要と考えてください。

銀行内のシステムは実際の銀行業務に基づいた仕組みですから、エンジニアの仕事を遂行するために必要な知識を習得できます。

銀行のシステムはこの業務を電子化したものと考えることができますます。

システムを理解しなければ、エンジニアとして貢献することが難しくなります。

資格取得によって確実な理解ができるでしょう。

転職にも有利なことは当然ですが、それだけではなく採用された後の仕事にも役立つはずです。

 

ワンポイント
銀行業務検定は金融業界の実務のスキルを示す資格である。
 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


おすすめの資格「証券アナリスト」

見上げる女性

証券アナリストは証券のプロとしてのスキルを検証するための資格です。

もちろん、この資格がなくても証券会社で働くことはできます。

ただ、自分のスキルをアピールするために持っておくことをおすすめします。

資格の特徴

証券アナリストは前述の日商簿記や銀行業務検定と同じように古い歴史があります。

経済界を支えている証券会社ですから、そこで必要となる知識や考え方を身につけることは非常に重要となるでしょう。

エンジニアとして必要なスキルではないと考える人がいるかもしれません。

しかし、システム構築においてプログラムの考え方や計算の仕方を知っておくことは基本です。

おすすめの理由

現代の証券業界はすべてインターネットによって接続されています。

金融系エンジニアの果たす役割は非常に重要と考えていいでしょう。

システムの仕組みを理解するためには、証券アナリストの資格を取っておくことは当然と考えましょう。

もちろん、しっかりと受験対策をしておかなければ合格することはできません。

 

ワンポイント
証券アナリストは金融系システムの理解に役立つ。

おすすめの資格「AFP資格」

ファイルを持つ女性

AFP資格は金融業界の内部業務に必要な資格とは少し違います。

AFPは金融商品をお客様に提案するために必要なスキルを検定するものです。

たくさんある金融商品の特徴を理解するだけではありません。

時代やお客様のニーズに合わせた商品提供がフィナンシャルアドバイザーの役割です。

フィナンシャルアドバイザーにとっては必須の資格と考えていいでしょう。

資格の特徴

たくさんの金融商品があり、それらの違いを理解するとともにメリット・デメリットをお客様に説明できるスキルが求められます。

時代の変化に対応するために定期的な更新が必要な資格となっています。

おすすめの理由

金融系エンジニアとして証券関連のシステムを構築する場合、証券商品の仕組みや取引の仕組みを知っておくことが求められます。

独学で学ぶよりもこのような資格を持っておくことが一番確実なスキルの表現となるでしょう。

証券業界のエンジニアは数字の動きに敏感でなければなりません。異常な動きと正常な動きを区別する知識が求められます。

セキュリティ関連のおすすめの資格

ポイント

金融業界だけではなく、世界全体が重要視しているのはセキュリティです。

規模の大小にかかわらずシステムにとって、インターネットが必須の世界となっています。

情報系システムに携わるSEはセキュリティの考え方だけではなく実務に役立つスキルが求められています。

特に金融業界は個人情報や電子化されたお金を取り扱っていますから、サイバー攻撃などで被害を受けるリスクが伴います。

情報漏洩などが発生すれば、社会的な信頼を失うことになるでしょう。

その対策は非常に重要です。金融系エンジニアはこれらの危険を未然に防ぐためのシステムづくりが求められます。

情報処理安全確保支援士

スマホと女性の手

情報処理安全確保支援士は国家資格です。

もちろん、この資格を持っていなくてもエンジニアとして業務を遂行することはできます。

ただ転職を考えているなら資格取得が有利になることは間違いありません。

試験の難易度は高く、幅広い知識が求められます。技術的な知識とともに経営層の考え方も出題範囲となっています。

短期的だけではなく長期的な安全を確保するために、どのような仕組みが求められるかを理解しなければなりません。

CISSP認定資格

情報処理安全確保支援士が国内での資格であるのに対して、同じ目的の国際資格がCISSP認定資格です。

国内の金融業界に限定するならば、情報処理安全確保支援士の資格でも問題ありません。

しかし、証券会社などは国際的な取引が日常的になっています。CISSPの必要性が高まっていると考えてください。

ネットワーク情報セキュリティマネージャー

セキュリティに対する知識や考え方の知識が求められる資格としてネットワーク情報セキュリティマネージャーがあります。

この資格はエンジニアとしてのスキルを持っていることを示すものです。

ただ、情報処理安全確保支援士に包括されたスキルとなっているため、これから目指す資格ではありません。

すでに持っている資格なら、積極的にアピールすべきでしょう。

 

ワンポイント
現代のSEはセキュリティの知識と資格が重要視される。

上記以外に取得するとより有利な資格

本を読む女性

これまで解説してきた資格は、どれも高いスキルが求められます。

すべての資格を取得することは難しいかもしれません。

ただ、転職後も試験にチャレンジしている人は少なくありません。

直接、金融系エンジニアとしてのスキルに関係しませんが、転職の際に有利になる他の資格を解説しましょう。

TOEIC

TOEICは多くの人が受験している英語力の検定試験です。

エンジニアとしては必要ありませんが、業界で使われている多くの専門用語はほとんどがカタカナです。

つまり、英語がそのまま専門用語になっています。

英語力があれば、それだけで業務に役立つでしょう。

また、国際取引が増加していますから、コミュニケーションの手段としての基本的な英語は必須と考えてください。

システム監査技術者試験

システム監査技術者試験とはシステム監査を行う人を対象とした試験です。

求められるスキルは情報処理に関する幅広い知識です。

ただ、システム監査という業務は実務として少ないのが実情です。

そのため、システム監査技術者試験の受験者はあまり多くありません。

国家試験となっている情報処理技術者試験の一つです。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験はシステム構築のマネージャとしてのスキルを確認するための試験です。

金融系エンジニアとして長く働きたいと考えているなら、必須の試験と考えてください。

ただプロジェクトマネージャ試験の出題範囲は幅広く、他の情報処理技術者試験をすべて含むと考えなければなりません。

つまり、難易度はかなり高くなっています。

 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


資格取得のメリット

金融系エンジニアとして転職を希望しているなら、自分のスキルをアピールすることが大切です。

そのスキルを客観的に示すものが資格です。履歴書には資格を記載する欄が必ずあります。

エンジニアと無関係な資格を書くよりも、関連性の高い資格を書く方が間違いなく有利になるでしょう。

それぞれの資格はいくつかのレベルに分かれています。

学生でも合格できるレベルから、実務経験を求めるレベルまで幅広くなっています。

自分のレベルを高めるためにも資格取得にチャレンジすることが大切です。

 

無料転職相談をして資格にチャレンジ

 

資格を活かして金融系エンジニアになる方法

作業服の女性

資格取得が直接金融系エンジニアの転職に活かせるわけではありません。

しかし、業界で一般的に使われている専門用語やシステムの仕組みを理解することが大切です。

資格を持っていれば、それらの知識を持っていると評価されるでしょう。

これから転職を考えているなら資格取得は重要な武器になると考えてください。

ただ、資格そのものが役に立つのではなく、資格取得の過程で得られた知識や考え方が実務に役立つことを意識してください。

例えば、簿記検定に合格していない人は、簿記の仕組みを十分理解していません。つまり、経理の仕事ができないのです。

資格を持っていれば、実務を経験してフリーランスとして働くことも可能でしょう。

自分が進むべき道を見極めていないとしても、資格取得はメリットが大きいはずです。

 

ワンポイント
資格取得と得られた知識が重要な武器になる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

転職に関する悩みは誰にでもあります。

女性の社会進出の門戸が広がっていますが、簡単に転職できるわけではありません。

悩みを抱え込むのではなく、誰かに相談することが大切です。

転職エージェントはそのような女性を支援しています。相談してみることで問題解決の糸口が見えてくるでしょう。

まとめ

階段を上がる女性

金融系エンジニアの転職を考えている女性におすすめの資格があります。

たくさんの資格がありますが、資格取得が転職に有利になることは間違いありません。

資格取得を通して、自分のスキルを確認することができるでしょう。

また、転職後もスキルアップのために上のレベルの資格にチャレンジすることが大切です。

エンジニアが対象としているシステムは時代とともに進化しており、求められるスキルも変わっています。

歴史のある資格と時代に即した資格の両方を取得できれば、金融系エンジニアとして一人前と評価されるでしょう。

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!