急速に進むIT化の中で、さまざまな技術が登場しています。

AIやビッグデータ、IoTやクラウド環境など、続々と登場するIT化への対応はなかなか難しいです。

多くの企業がITに強い人材を欲している中、注目されているのが、ITアーキテクトという仕事です。

この記事では、ITアーキテクトの仕事の役割ややりがいについて紹介します。

IT業界に興味がある人、専門性の高い仕事に就きたい人は必見です。

ITアーキテクトの仕事内容

会議

まずは、ITアーキテクトがどのような仕事なのか紹介していきます。

IT業界で働いていない人にとっては、聞き馴染みがない仕事でしょう。

どのような仕事かを知った上で興味が出た方は、ITアーキテクトへの転職を検討してください。

アーキテクチャの検討・設計

ITアーキテクトは、企業で導入されているシステムの仕様を検討したり、設計したりする役割があります。

開発から保守・運用までをITアーキテクトは担当。そのため、ITに関する幅広い知識が必要です。

「今使われているシステムで良いのか」「どのようなシステムを導入すべきか」

ITアーキテクトはシステムを通して、企業のビジネスを最適な方向へと導いていかなければなりません。

開発プレイングマネジメント

ITアーキテクトには、マネジメント力も必要とされます。

チームのメンバーをまとめ、開発を滞りなく進めなければなりません。

チームのモチベーションを高め、より良いシステムを開発する力がITアーキテクトには求められます。

そのため、リーダーとしての経験があると、転職の際に有利になるかもしれません。

新規システムの開発

IT業界は変化が目まぐるしい業界。次々に新しい技術が生まれています。

ITアーキテクトにはその技術も視野に入れて、新規システムを開発する力も必要です。

今まで使われていたシステムから新規システムに一新することで、企業のビジネスにも影響を与えるでしょう。

ITアーキテクトは、今まで以上に価値を生み出すシステムを開発することも役目のひとつです。

ITアーキテクトとITコンサルタントの役割

パソコンバスト

ITアーキテクトと混合されやすい仕事に、ITコンサルタントというものがあります。

二つの仕事の大きな違いはシステム開発の目的です。それでは、二つの仕事の違いを見ていきましょう。

ITアーキテクトの役割

パソコン手元

ITアーキテクトの役割は、企業のビジネス戦略で、最適な企画を立案すること。

システムの全体の方向性を決め、運用や保守点検までの企画を提示しなければなりません。

そのため、システム開発における幅広い知識が求められています。

ITアーキテクトの具体的な業務内容がこちら。

  • システムの企画・構想を練る
  • システム全体の構造設計
  • 顧客のニーズをシステムに反映する
  • 顧客に対してシステムの促進化を図る

ときにはITコンサルタントとタッグを組み、顧客の課題を解決するお手伝いをします。

さらにチームメンバーをまとめる役割があるので、マネジメント力も大切です。

ITコンサルタントの役割

ITコンサルタントの役割は、ITの知見を活かして顧客の課題を解決すること。

ITアーキテクトと仕事内容は重複する部分がありますが、課題解決が目的であることが最大の違いです。

ITコンサルタントの業務内容がこちら。

  • 顧客からのヒアリング内容を元に、経営課題をあぶり出す
  • 課題を解決するためのシステムを提案する
  • システムエンジニアに開発するシステムの指示を出す

課題を解決するためにはどのようなシステムが必要かを提案する能力が必要とされます。

ITコンサルタントは、ITアーキテクト以上に、ビジネス面のスキルが重要な仕事です。

 

ワンポイント
 ITアーキテクトとITコンサルタントの大きな違いは、システム開発の目的。

ITアーキテクトの専門領域

打ち合わせ

ITアーキテクトという職業は、それぞれの専門領域に応じて、さらに細かく分けられます。

アプリケーションアーキテクチャインテグレーションアーキテクチャインフラストラクチャアーキテクチャの3つ。

それぞれどのような専門領域なのか、ご紹介していきます。

アプリケーションアーキテクチャ

アプリケーションアーキテクチャは、アプリケーションに特化したITアーキテクトです。

利用者が問題なく利用できるようなシステムを作らなければなりません。

システムを設計する力はもちろん、ユーザビリティに関する知識も要求されます。

3種類の中で最も、利用者の目線に立って設計する力が重要です。

インテグレーションアーキテクチャ

インテグレーションアーキテクチャは、複数のシステムやアプリケーションを連携させる技術が必要です。

将来、環境が変化したときでも対応ができるようなシステムを構築しなければなりません。

企業内ではなく、企業同士のシステムを開発するケースもあります。

フレームワークやシステムの互換性に責任を持つ役割です。

インフラストラクチャアーキテクチャ

性能や保守・点検といった機能面以外の分野に特化したのが、インフラストラクチャアーキテクチャです。

ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークと、複雑に絡み合うシステムを開発します。

そのため、アーキテクチャの中で最も幅広い知識が必要です。

セキュリティ面の管理も、インフラストラクチャアーキテクチャの仕事にあたります。

 

ワンポイント
 ITアーキテクトの専門領域は3つ
・アプリケーションアーキテクチャ
・インテグレーションアーキテクチャ
・インフラストラクチャアーキテクチャ
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ITアーキテクトに必要なスキル

女性電話

ITアーキテクトの仕事内容について紹介してきました。

ここで気になるのが、ITアーキテクトに必要とされるスキルでしょう。

ITアーキテクトに必要なスキルは大きく分けて3つ。IT以外のスキルも必要とされています。

IT技術の幅広い専門知識

スマホ

最も必要とされるのが、IT技術の知識。

IT業界の進化は目まぐるしく、常に知識をアップデートしなければなりません。

最新のIT事情を常に把握し、顧客に説明する力が求められます。

全ての知識を身につけることが最も良いですが、一人では追いつけないほどITの知識は複雑です。

そのため、ほとんどの企業では分野に精通した人材を育てています。

自分の得意分野、苦手分野を見極めて、仕事をすることが重要です。

ITアーキテクトに必要とされる知識は、ITスキル標準において8つに分類されています。

  • アーキテクチャ設計
  • 設計技法
  • 標準化と再利用
  • コンサルティング技法の活用
  • 知的資産管理活用
  • テクノロジー
  • インダストリ(ビジネス)
  • プロジェクトマネジメント
  • リーダーシップ
  • コミュニケーション
  • ネゴシエーション

そしてそれぞれの専門分野で、取得すべきスキルを定義。

ITアーキテクトを目指す方は、まず自分の得意分野を把握することから始めましょう。

ビジネスの観点を持てる

女性ビジネス

ITアーキテクトがシステム開発をする目的は、顧客のビジネス戦略を成功させるため。

ビジネスの観点においてアドバイスができないと、ITアーキテクトは務まりません。

ITの専門知識を学ぶことも必要ですが、ビジネスの視点も持つ必要があります。

ITアーキテクトの役目は、ITと経営を結びつけること。

ITとビジネス両方の知識を持っていれば、ITアーキテクトとして活躍できるでしょう。

ビジネスの観点があれば、将来的なキャリアアップで経営に携わることもできます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション

ITアーキテクトは、システム開発を滞りなく進めなければなりません。

システム開発は長期的になることも多く、チームのモチベーションを保ち続けることが必要です。

そのためには、チームメンバーとのコミュニケーションが大切となります。

ITアーキテクトは、開発チームのリーダーとなる存在。

チームを引っ張っていくリーダーシップはもちろん、一人ひとりに寄り添いながら業務を遂行していくことが重要です。

ITアーキテクトの力次第で、開発するシステムのクオリティは決まります。

コミュニケーション能力がないと、信頼してもらえるITアーキテクトにはなれないでしょう。

もしITアーキテクトに転職することを決めた場合は、コミュニケーション能力をアピールすることが大切です。

人に説明する力だけではなく、人の意見を聞く力も身につけるようにしましょう。

 

ワンポイント
 ITアーキテクトに必要とされるスキル
・IT技術の幅広い専門知識
・ビジネス観点から提案できる力
・コミュニケーション能力

ITアーキテクトのやりがい

ITアーキテクトの仕事は、企業のシステム全体に影響を与えるため、責任が重い仕事です。

高度な専門知識高い人間力も必要とされるため、決して楽な仕事ではありません。

しかし、自分が携わったシステムによって企業に好影響を及ぼせば、それが達成感につながります。

顧客から感謝されることも多く、大変な仕事でもやりがいにつながるでしょう。

大規模なプロジェクトを任されることも多いため、自分のスキルアップにもなります。

自分が開発したシステムが形になったときには、大きな喜びも得られるでしょう。

新しい技術を取り入れたシステムだと、前例がない場合もあります。

その場合、ゼロから作らなければならないので、よりシステムの難易度は高いです。

難しさをチーム一丸となって乗り越えることで、最終的には大きなやりがいが感じられます。

ITアーキテクトの年収

お金まる

ITアーキテクトは、IT社会の次世代を担う重要な仕事です。そのため、他業種と比べて年収は高い傾向にあります。

20代だと700万円以上、30代では1,000万円を超えるケースも。

2017年に経済産業省が発表したIT関連産業の給与等に関する実態調査結果では、780万円が平均年収でした。

他業種と比べて、非常に高い年収が期待できることがおわかりになったのではないでしょうか?

ITアーキテクトの年収は、自分のスキルによってアップさせることもできます。

知識やスキルがあれば、どんどん上を目指せるので、ITアーキテクトは夢がある仕事です。

 

無料転職相談をして年収アップを目指す

 

ITアーキテクトの将来性やキャリアパス

ミーティング

仕事をする上で、その職業の将来性や今後のキャリアパスも気になると思います。

自分がしている仕事が、将来どのように活かされるかは、仕事を選ぶ上でも重要な判断基準。

そこで、ITアーキテクトの将来性やキャリアパスはどうなるのか、見ていきましょう。

将来性

IT業界では、全般的に人手不足が嘆かれています。

専門的な知識が必要な業界なので、なかなか人材確保ができないことが、人手不足の要因のひとつ。

その中でも専門的な知識が必要とされるITアーキテクトは、さらに需要が高い仕事です。

多くの企業が、自社システムを開発するためのITアーキテクトを求めています。

IT化はこれからも進み続けるので、ITアーキテクトの需要はさらに高まるでしょう。

このように、ITアーキテクトは将来性がある仕事だということがわかります。

必要とされるITアーキテクトになるには、常に情報をアップデートし続けなければなりません。

日々進化し続けるIT化に置いてかれないよう、向上心を持ち続けることが重要です。

キャリアパス

ITアーキテクトは、経営に近い立場で働くことができます。そのため、経営の知識も身につくでしょう。

ITアーキテクトとして働いている人は、上昇志向が高い人が多いです。

そのため、ITとビジネスの知識を活かして、CTOに就く未来もあります。

CTOとは、最高技術責任者のこと。システム開発の最高責任者です。

自分が働いている企業の技術のトップになることで、技術面から企業の経営にも影響を与えることができます。

 

ワンポイント
 ITアーキテクトは将来性があり、キャリアアップも目指せる仕事。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ITアーキテクトは未経験でも転職できる?

スマホ悩み

ITアーキテクトには専門知識が必要とされるため、未経験の求人は少ないことが現状です。

即戦力として活躍できる経験者を、多くの企業は求めています。

しかし、未経験だとITアーキテクトになれないというわけではありません。

未経験でも、高いポテンシャルがあれば、ITアーキテクトに転職することは可能です。

特に若い人であれば、これからの成長を見越して採用される可能性が高くなります。

未経験からITアーキテクトを目指す場合は、高いポテンシャルをアピールしましょう。

 

無料転職相談をしてITアーキテクトに転職する

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

専門的な職種だと、どのように転職活動を進めれば良いかわからないでしょう。未経験から目指している人は尚更。

もし、あなたが転職で悩んでいるなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントなら、あなたの悩みに寄り添いながらアドバイスをもらうことが可能です。

転職を迷っている人から思うように転職活動が進まない人まで、転職のプロがマンツーマンでサポート。

あなたにぴったりの企業も紹介してもらえるので、転職活動も有利に。

履歴書や面接のアドバイスももらえるので、試験にも安心して臨むことができます。

給料の交渉もあなたに代わって行ってもらえるので、最適な条件で転職することができるでしょう。

転職について悩んでいる人は、転職エージェントを有効に活用して、転職活動を成功させてください。

 

無料転職相談をして転職の悩みを解決する

 

まとめ

スマホガッツポーズ

今回は、ITアーキテクトについて紹介しました。転職活動の参考になれば幸いです。

ITアーキテクトは、専門的な仕事になるため、誰でも簡単になれる仕事ではありません。

未経験からITアーキテクトへの転職は高いポテンシャルがないと難しいです。

しかし、他の業種と比べると年収アップが望めたり、キャリアアップにもつながります。

大変な仕事ではありますが、それ以上のやりがいを感じられる仕事です。

IT業界で働きたい人や専門的な知識をつけたい人は、ITアーキテクトを目指してみてはいかがでしょうか?

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!