近年では運用コスト削減のために、インフラ環境をクラウドへ移行する動きが高まっています。

そのような状況の中、クラウドエンジニアの需要も今まで以上に高まっているといえるでしょう。

クラウドエンジニアとはどのような職業なのでしょうか。

向いている女性の特徴や必要なスキルなどもあわせて解説していきます。

クラウドエンジニアの仕事内容

ポイント

クラウド製品を使いながらシステムの設計・構築・運用などを行う技術者のことをクラウドエンジニアと呼びます。

クラウドサービスの台頭とともに、その市場価値も大きく高まっているようです。

具体的にどのような仕事内容があるか詳しく見ていきましょう。

クラウド上のインフラ設計

クラウドエンジニアの大きな仕事の1つとして、クラウド上のインフラ設計が挙げられます。

つまり、ITシステムがクラウド上で正常に動作するように環境を整えることです。

システムにとって最適な環境を把握し、具体的な要件や指示内容をまとめていきます。

それを踏まえ、利用するクラウドサービスの選定や将来の拡張予定なども考慮して設計していくことが必要です。

物理的要素がないインフラの設計だけに、より安全性・安定性の高い設計が求められます。

クラウドの構築

パソコン

設計ができたら、その設計をもとにクラウド上でシステム環境を構築していきます。

新しく1から構築する場合もありますが、既存のシステムをオンプレミスからクラウドに移行するための知識も必要です。

構築の内容としては、ソフトウェアの導入・仮想サーバーの作成・ストレージ設定・データベースの構築などが挙げられます。

また、構築後のサーバー動作テストもクラウドエンジニアの仕事です。

クラウドの運用・保守

システムの構築後には、サービスが安定して稼働できるように運用・保守を行わなければなりません。

OSやミドルウェアのバージョンアップのほか、システムの監視や運用コスト管理などもクラウドエンジニアの仕事に含まれます。

データセンターのような物理機器を扱う必要がないため、保守・運用ではこれらの働きが中心といえるでしょう。

クラウドエンジニアの役割

ポイント

上記の仕事内容を見てわかるように、情報のクラウド化が進む現代においてクラウドエンジニアは欠かせない存在です。

クラウドエンジニアはクラウドサービスをインターネットのインフラとして活用するために大きな役割を果たしています。

インフラエンジニアにも同じことが言えますが、近年はITインフラそのものがクラウド化される場合も多いです。

今後はクラウドエンジニアがこれまで以上に必要とされていくでしょう。

クラウドエンジニアのやりがいや大変なことは?

スーツパソコン

クラウドエンジニアの仕事におけるやりがい大変なことについても詳しく見ていきましょう。

やりがい

クラウドエンジニアにとって一番のやりがいは、やはり設計・構築したサービスが安定して機能し、高い評価を受けることでしょう。

とはいえ、こうしたITサービスはトラブルがあるときには意識されますが、安定しているときはほとんど意識されません。

例えば他のサービスでトラブルが起こったときに、比較として「あのサービスは安定している」と評価を受けることが多いようです。

それまではまさに縁の下の力持ちとして、人の見えないところで社会を支えている存在といえます。

大変なこと

クラウドエンジニアが一番大変だと感じるのは、なんといっても障害が起こったときの対応でしょう。

システム障害が発生すると、たとえ早朝や真夜中であっても対応が必要となり、原因調査や問題解決まで拘束されることになります。

「いつ障害が起こるか分からない」という状態は体力的にも精神的にもつらく、それが原因で現場を離れる人も少なくありません。

それだけに、より安定性の高い設計・構築・運用が求められ、障害を極力起こさないようにする技術が問われます。

 

ワンポイント
縁の下の力持ちであるクラウドエンジニア。障害が極力起こらないように高い技術力が求められます。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


クラウドエンジニアに向いている女性の特徴

ノートパソコンとスーツ姿の女性

クラウドエンジニアになるために向いている特徴というのはあるのでしょうか。

どのような女性が向いているのか、具体的に説明していきます。

最新のトレンドに関心がある

ITサービスの世界は知識のバージョンアップのサイクルが早く、常に新しい技術の導入が求められます。

サービス向上、そして自分の技術力向上のためにも常に最新の情報を取り入れ、アップデートしていく姿勢が必要です。

そのため、最新のトレンドに興味・関心がある人には向いているといえるでしょう。

義務感からではなく自分の関心からトレンドを追える人であれば、楽しみながら作業を進めることができます。

コミュニケーション能力が高い

会議

クラウドエンジニアの仕事は黙々とパソコンに向かって行うだけと思われがちですが、それだけではありません。

顧客やシステム開発者・別部門の職員など、様々な関係者との打ち合わせが必須です。

顧客の要望を深掘りするための丁寧なヒアリング技術や、システムの要件などを正確に伝える説明力が求められます。

そのため、コミュニケーション能力の高さはクラウドエンジニアの仕事を行う上で大きな武器となるでしょう。

自発的に行動できる

クラウドエンジニアは誰かに言われたことだけをやればいい仕事ではありません。

例えば障害が起こったとき、誰かが何かを指示してくれるまで待っていては問題解決が大きく遅れてしまいます。

自分で原因を考えて検証しながら調査し、問題解決のために自発的に行動できる人でなければ務まらないでしょう。

そのため、常に自分の頭で何をやるべきか考えて行動できる人には向いている仕事といえます。

 

ワンポイント

クラウドエンジニアに向いている女性の特徴

  • 最新のトレンドに関心がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 自発的に行動できる

クラウドエンジニアに必要なスキル

タイピング

クラウドエンジニアにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

仕事を行う上で必須とされる知識やスキルをご紹介します。

クラウド技術の専門知識

クラウドを扱うエンジニアなので当然といえば当然ですが、クラウド技術に関する専門知識が必要となります。

例えばサーバーやネットワークの仮想化に関する技術に加え、データベースの技術が必要です。

サーバーの仮想化のための手順や機能を正確に把握していなければスムーズに作業ができません。

またネットワークを仮想化するための技術としては、VLANやVPNなどの知識が必要となります。

さらに、提供するサービスや格納するデータによってはRDBMSやNoSQLなどのデータベースサービスの知識も必要です。

クラウドサービス全般の知識・スキル

テキストを読む女性

クラウドエンジニアとして、クラウドサービスを活用するスキルももちろん重要です。

主なパブリッククラウドサービスとしては、AWS・GCP・Azureが挙げられます。

AWSはAmazonが提供しており、IoTシステムの構築や機械学習に関するサービスが利用できることで人気の高いサービスです。

GCPはGoogleが提供しており、Googleのインフラを使える点やビッグデータの解析が利点とされています。

AzureはMicrosoftが提供しており、Microsoftの製品やOffice系ソフトと相性が良いのが特徴です。

そして、これらのシステムを扱う上で必要なInfrastructure as CodeDevOps・CI/CDといった知識も必要になります。

インフラ全般の知識・スキル

クラウドエンジニアはITインフラに関わることも多く、そのためインフラ全般の知識やスキルも求められます。

サーバーやネットワークに関する知識はもちろん、ミドルウェアやオンプレミスに関する知識やスキルも必要です。

クラウドエンジニアがくみ上げるシステムには、特定の動作や業務に必要な機能を備えたミドルウェアなどのツールが欠かせません。

また、すでにオンプレミスで稼働しているサービスをクラウドに移行する際などは、その仕組みを深く理解している必要があります。

このようにITインフラ全般に広く精通していることが求められるでしょう。

コミュニケーション能力

前述の通り、クラウドエンジニアにはコミュニケーション能力が欠かせません。

仕事をするうえで顧客とのやりとりのほか、システム開発者や別部門の職員との綿密な打ち合わせが必要になるからです。

特に顧客の要望が正確に汲み取れていない場合は、何度も修正をしなければならなくなり、完成までに多くの時間を要してしまいます。

スムーズな仕事のためにはスムーズな意思の疎通が必要になるのです。

 

無料転職相談をして自分に合った仕事を見つけよう

 

クラウドエンジニアの年収

ノートパソコン、口に手を当てる女性

クラウドエンジニアの年収はどのようになっているのでしょうか。

転職を目指す上で気になるポイントについて解説します。

平均年収

正社員として働くクラウドエンジニアの平均年収は550~600万円程度といわれています。

これは一般的なインフラエンジニアの平均年収と比べると50~80万円ほど高い金額です。

派遣社員の平均時給としてはおよそ2500円程度となっており、こちらも高い水準となっています。

幅広い知識や高いスキルが求められることから、経験者の採用が多くなっていることも平均年収が高い一因です。

今後もより一層クラウドエンジニアの需要が高まるとみられ、年収の高さは続く傾向にあるでしょう。

年収を上げるには?

クラウドエンジニアは実力が大きく問われる職種といえます。

そのため、年収はスキルや知識・経験を積み上げることによって連動して上がっていくことが多いでしょう。

スキルや知識があることを証明するために、また顧客の信頼を得て大きな契約を任せてもらうためにも、資格の存在は有用です。

AWS認定ソリューションアーキテクトやGoogle Cloud認定資格などを取得することで、スキルに合わせ年収アップが期待できます。

 

ワンポイント
クラウドエンジニアの年収は高い傾向にあり、スキルを積み上げることでさらに年収アップが目指せます。

クラウドエンジニアは未経験でも転職できる?

人差し指を立てるビジネスウーマン

求められるスキルや知識の幅広さから経験者がより求められるクラウドエンジニアですが、もちろん未経験でも転職は可能です。

未経験でも自分の強みや資格をアピールし、それが企業の求める人材とマッチすれば、採用される可能性は大いにあります。

未経験でも応募できる求人を探すためには、転職エージェントに相談してみるとよいでしょう。

必要なスキルや資格の相談ができますし、自分の求める条件に合った非公開求人があれば紹介してもらうことも可能です。

 

無料転職相談をして強みを活かした転職にしよう

 

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


未経験で転職する場合に準備しておきたいこと

女性

未経験でクラウドエンジニアに転職を考える場合には、何よりもまず仕事に必要な知識を事前に身につけておきましょう。

前述のAWS認定ソリューションアーキテクトやGoogle Cloud認定資格に加え、Microsoft Azure認定試験もおすすめです。

また、これらの資格を取得する前にLinux技術者認定であるLinuCを取得するのもいいでしょう。

Linuxをベースにしたシステムを多く扱うこともあるため、あらかじめLinuxの知識を持っていることが役に立ちます。

これらの資格を事前に取得しておくことで、しっかりとした知識を身につけた技術者であることをアピールできるでしょう。

 

ワンポイント
未経験で転職する場合には資格で知識やスキルをアピールしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

応援する女性

転職の際には一人では判断がつかないことや人に聞けない悩みがたくさん出てきます。

そんな時にはプロである転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは様々な業種や職種の求人情報に精通し、自分に最適な応募先を提案してくれます。

そのほかにも自分のスキルの棚卸しや模擬面接などを通じて、転職が成功するように全面的にサポートしてくれる心強い存在です。

転職エージェントは無料で利用できますので、ぜひ活用して効率よく転職活動を行いましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

ガッツポーズをする女性

クラウドエンジニアはクラウド上でインフラの設計や構築を行い、またその運用や保守を行う技術者です。

クラウド化が加速する現代において欠かせない存在であり、その需要は今後も高まっていくでしょう。

クラウドエンジニアに向いている人の特徴は、流行に敏感でコミュニケーション能力が高く、自発的に行動できる人です。

クラウドエンジニアになるためにはクラウドを中心とした幅広い知識やスキルが必要になります。

それらの関連資格を取得することで、経験がなくても知識やスキルを証明することは可能です。

しっかりと準備を整え、クラウドエンジニアへの転職を成功させましょう。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。