違法風俗店を見分ける方法を徹底調査!違法店で働いてはいけない理由と摘発された場合はどうなる?合法店を見極めるコツも解説

風俗店は全国各地に展開されており、多くの方に需要があります。風俗嬢の給料の相場もかなり高く、稼げる仕事としても有名です。

ですが風俗店の中には怪しいお店もあり、警察沙汰になってしまう可能性があるかもしれません。

安全に風俗店で働くにはしっかりと見極めることが大切です。

違法風俗店で働いてはダメな理由

隠す女性

そもそも何故違法風俗店で働いてはいけないのでしょうか?高い給料で働けるなら効率が良いはずです。

ですがその裏には様々な怖い話が潜んでいます。

警察沙汰になる可能性

違法風俗店とは知らずに普段通りの業務をこなしていたとしても、警察に摘発される日は遅かれ早かれ必ずやってきます

パトカーがお店の前に並び、複数人の警察に囲まれるのはトラウマになってしまうでしょう。

またその際にはお店の周りに集まった野次馬にも自分の顔が知れてしまうかもしれません。

望まない本番行為

応募時には記載されていなかった本番行為を強要してくる可能性があります。

本番はしたくないからとお店選びをしたのにもかかわらず結局本番をせがまれ、お店側も守ってくれないのが違法風俗店です。

自分の体を大切に守り、違法風俗店には注意しましょう。

違法風俗が摘発される理由

メモする女性

違法風俗店は一体どんな点が違法となるのでしょうか。風俗の営業には様々なルールが設けられています。

どんな法律があるかを知ってしっかりと見極めましょう。

児童福祉法違反

風俗店が18歳未満を雇用するのは違法で、もし18歳未満の風俗嬢がいれば児童福祉法違反にあたります。

年齢は隠していても風俗嬢と話している際に次々とボロが出てきて摘発されるケースもあるのです。

売春防止法違反

お店のメニューには無いのにお客さんと本番行為をしてしまうと売春防止法違反になってしまいます。

よくあるケースだと、お店の料金とは別で高いお金を渡しお店には内緒で本番行為をしてしまう場合です。

インターネットでの口コミで本番行為が出来るお店と書かれて摘発される可能性もあります。

風営法違反

お店を営業するにあたって公安委員会へとしっかりと申請をしていなければ風営法違反になります。

公安委員会へと申請をする際には様々なルールが設けられ、それを不満に思う店主もいるでしょう。

そうして営業許可を取らずに自由に営業をしてしまうことで後に大変な事態へと繋がってしまうのです。

風俗営業法違反

風俗店を実際に営業している人の名義で許可を取得するのですが、名義が違う場合には風俗営業法違反となります。

営業許可を取った人が仕事を辞めて、別の人にお店を名義そのまま譲ってしまうケースがあります。

違法風俗店が摘発される過程

内緒話

店長と風俗嬢のトラブルだったり、お客さんとお店側のトラブルだったりといくらでも摘発されるケースはあります。

望まない本番行為をされた風俗嬢が警察に相談する、お客さんがインターネット上で口コミを書くなどと手法も様々です。

もし摘発されたらどうなる?

悩む女性

もし違法風俗店で風俗嬢として働いていたら、どうなってしまうのでしょうか?

お店側に騙されていたとしても前科が付いてしまうのであれば、そこで人生が台無しになってしまうでしょう。

摘発された後に一体どうなってしまうのかを知れば、違法風俗店での勤務がいけないとされる理由が分かります。

風俗嬢は逮捕されない

違法風俗店と分かっていてもいなくても、風俗嬢は逮捕されません。お店側が全ての責任を負うことになるので風俗嬢に前科が付くこともないでしょう。

逮捕されないからといって身勝手な行動はやってはいけません。

合法なお店で働いていてもお客さんが多めにお金をくれるからと一人でもルールを破ってしまえば摘発理由になります。

一人の行いでお店を潰してしまうことになるので注意ましょう。

職を失う

前科は付かないとしても、摘発された時点で働いていたお店の営業が停止してしまいます。

それまであてにしていた仕事を一つ失うことになるので生活面で困難を迎える場合もあるでしょう。

せっかくお店のやり方にも慣れてきた時に新しい仕事を探さなくてはならなければ大変です。

自分の履歴書にも職歴を書くでしょうし後に困る事になります。

警察での事情聴取

風俗嬢からも事情聴取がしたいと任意で警察署に同行する場合があります。

任意ではありますが警察官とお話することになればトラウマになってしまう可能性があります。

パトカーに乗りたくなければ違法風俗店では働いてはいけません。

違法風俗店を見分ける方法

見極める女性

違法風俗店の特徴を知って、しっかりと見分けましょう。違法風俗店だと分かれば様々な問題を未然に防げます。

未成年の雇用

お店側が未成年を雇用しているかどうかしっかり調べましょう。お店へ応募する際に未成年でも大丈夫か聞くだけでも分かります

また未成年を雇いやすくするために、募集文に上手く誤魔化して書いている可能性もあるため注意深くチェックするのが大切です。

本番行為を店側が隠蔽

応募する際には本番行為はしないと言っていたのにもかかわらず、実際に働いてみると本番行為を許容している場合があります。

他の風俗嬢の話や、部屋から聞こえる声などで不審に思いお店に相談したとしても相手にされないケースもあるでしょう。

お客さんが本番行為が出来るお店だと思って、次は自分の身に降り注ぐかもしれません。

営業法を確認する

デリヘルなら24時間の営業が可能ですが、その他の風俗店は朝から0時までと決まっています。

0時を過ぎての営業が当たり前だったり、その時間でもお客さんの出入りがあるのであれば注意しましょう。

合法店をしっかり見極めるコツ

調べる女性

合法店をしっかり見極めることでお店を選ぶ際も効率よく探せるでしょう。合法店で安心安全に稼ぐことが大切です。

ただしお店側は上手に募集文を書いているため、お店の募集文だけを信じることはせずに行動を起こしましょう。

少し疑うくらいの気持ちでお店を探すのが重要です。

雇用条件の年齢の確認

募集要項に未成年は不可能と書かれていたり、応募する際に未成年は働けるか聞いてみたりしましょう。

すぐにお店側から無理と答えて貰えれば安心ですが、一度直接話すと言って呼び出されたら注意です。

電話やメールでは直接伝えられない秘密を面接の際に話してくる可能性もあります。

相手の上手い話に乗っかってしまい容易に契約をしてしまうケースもあるため十分に注意が必要です。

お店のジャンルと営業時間の確認

腕時計をする女性

デリヘルなら24時間、他のジャンルの風俗なら0時までと営業時間を守っているかしっかりと確認しましょう。

また、風俗店のジャンルによっては本番行為はしないはずのお店があります。

同じジャンルで他のお店との料金の相場を調べたり、口コミを調べたりしてリスクヘッジをするのが大切です。

面接等で実際にお店に行こう

面接でお店に行くのであればその際にお店の入り口などに掲示している許可証のチェックをしましょう。

しっかりと許可証を取っていればお客さんがすぐに安心だと分かるように入り口付近に掲示しているはずです。

もし面接会場が違う場所に設けられた場合でも、実際にお店に行ってみてリサーチをすることをおすすめします。

お店選びに成功すれば沢山稼げる仕事

自由な女性

合法の風俗店を見付ければそのお店で長く安心して働けることになります。

自分の生活スタイルに合わせて沢山稼げるお仕事なので生活水準も上がるでしょう。

せっかく合法店を見付けられたのであればしっかりとお店のルールに従うことを忘れてはいけません。

一人の風俗嬢がルール違反をしてしまえば、一気にお店が違法風俗店へと変わってしまいます。

しっかりとお店選びをしてルールに従い沢山稼ぎましょう。