スタイリストはメディアに出る人物の洋服などをコーディネートする仕事です。

華やかな世界を支える仕事として人気を集めています。

特にファッションやおしゃれが好きな人が志望することが多いです。

この記事では、スタイリストとして転職する際の志望動機の書き方について解説します。

スタイリストを目指す人はぜひお読みください。

Contents

スタイリストの志望動機の書き方を解説

女性

この記事では、スタイリストの志望動機の書き方を解説します。

志望動機を書くときには押さえておきたいポイントがいくつかあります。

また、その仕事にあった志望動機を書くことも大切です。

志望する強い気持ちやその仕事である理由などを伝えることで採用担当者へアピールができます。

スタイリストとしての転職を成功させるためにも、良い志望動機を作りましょう。

スタイリストの主な仕事内容

ポイント

スタイリストの主な仕事内容を紹介します。

  • 打ち合わせ
  • 衣装やアクセサリーの用意
  • 撮影で使用する品の管理
  • 現場での対応
  • 完成物のチェック、調整

最初にコーディネートの方向性を決めるため、クライアントや関係者と打ち合わせをおこないます。

出演するメディアの内容によって求められるものが大きく違うため、すり合わせが必要なのです。

打ち合わせが完了しイメージやコンセプトの共有ができたら、使用する衣装やアクセサリーを用意します。

全て購入するわけではなくリースの場合もありますが、そのときの手配もスタイリストの仕事です。

撮影当日には微調整や、イメージに合わなければ急遽衣装を変えるなどの対応をします。

最後に出来上がったものを関係者とチェックすることもあります。

コーディネートを決めるだけでなく、付随するさまざまな作業もスタイリストの仕事です。

 

ワンポイント
スタイリストの仕事内容は幅広いです。

スタイリストになると得られる資質は?

ポイント

スタイリストになることで得られる素質を紹介します。

得られる素質についてのイメージは、仕事のモチベーションとなる要素のひとつです。

ファッションセンス

スタイリストは主な仕事がコーディネートなため、自然とファッションセンスが磨かれます。

センスは感覚によると認識されることが多いですが、仕事を通して知識としてファッションセンスを得ることが可能です。

ファッションアイテムに関する知識や素敵に見せるための方法を学ぶことができます。

基本的なコーディネート力はもちろん、人の魅力を引き出すための衣装の選び方も身につきます。

ファッションセンスはスタイリストの仕事だけでなく日常生活でも存分に活かせるスキルです。

最先端情報

スタイリストの仕事を通して、最先端の情報も得ることができます。

ファッションに関して新しい情報が出回ればすぐに取り入れる必要があるため、自然と情報が入ってきます。

また、スタイリストが関わる案件の多くは流行が大切なものです。

流行をテーマにした広告に限らず、テレビや雑誌・舞台などでは流行を無視できない場面が多いです。

そのため常に今なにが流行っているかを意識することになり、結果として流行に詳しくなります。

コミュニケーション力

おしゃれな女性

スタイリストの仕事を通してコミュニケーション力も身につきます。

スタイリストは広告や番組の制作者・衣装を身につけるモデル・衣装のリース元など、多くの人と関わります。

打ち合わせ段階ではイメージの相違を起こさないようしっかりと情報共有をするために、丁寧なやり取りが必要です。

そして撮影当日は気持ちよく仕事を進めるために、モデルや関係者への細やかな気遣いや誠実な対応が求められます。

さまざまな立場や仕事の人と接するため、コミュニケーション力が向上するのです。

スタイリストの志望動機を書くポイント

指をあげる女性

それではスタイリストの志望動機を書くポイントを紹介します。

スタイリストへの熱意や自分を採用することによるメリットを伝えることが大切です。

なぜスタイリストなのか?

まず、なぜスタイリストを志望するのか具体的な説明が必要です。

さまざまな仕事がある中でスタイリストを選んだ理由について説明することで、志望度をアピールできます。

ここでのポイントは、なるべく具体的なエピソードを使うことです。

スタイリストを目指すようになったキッカケや憧れる理由などを自分の言葉で話します。

その人にしか話せないオリジナルのストーリーには人を引きつける力があります。

説得力があり熱意の伝わるような志望動機をつくりましょう。

アピールできる強みは?

スタイリストの仕事で活かせる強みについてもアピールするべきです。

ファッション関係の仕事や案件に関わった経験や知識を持っていれば即戦力として活躍できる可能性があります。

コミュニケーション力も仕事において重要なため、エピソードがあれば伝えましょう。

自分がスタイリストとして活かせる強み、それによる企業のメリットを話します。

採用担当者に、自分を採用することは企業にとって効果的であると思わせることが大切です。

過度な遠慮や謙遜はもったいないだけです。強みを積極的にアピールするようにしましょう。

 

ワンポイント
自分だけのエピソードを存分に盛り込みましょう。

スタイリストの志望動機の例文

解説する女性

スタイリストの転職時に使える志望動機の例文を紹介します。

あくまで例ですので、具体的な話を肉付けしながらアレンジしてください。

ファッションの知識経験を活かしたいから

自分が活かせるものを活かして貢献したいというのは志望動機として効果的です。

スタイリストの場合であれば、ファッションの知識経験が当てはまるでしょう。

自分がその分野において知識経験を有しており、それを活かすためにその職に就きたいとアピールします。

知識経験の具体例や身につけるまでのエピソード、どのように活かすかの展望も併せて話します。

持っている知識経験が企業にとって強みと認識してもらうことが目的です。

スタイリストとしてその人の美しさを引き出すお手伝いをしたいから

スタイリストの仕事でどうなりたいかという未来の話です。

将来望むことを話すときは、利己的な理由ではなく社会や他者への貢献に関する望みを話します。

自分の力をどう活かしたいか、社会でどう役に立ちたいかをなるべく明確にイメージできるよう伝えましょう。

その考えに至るまでの理由についても話せると説得力が増します。

大切なのは具体性やイメージのしやすさです。熱意が伝わるような志望動機にしましょう。

将来的にもファッション業界で活躍し続けたいから

女性、パソコン

将来の夢を叶えるためにスタイリストとして仕事をし経験を身につけたいというのも志望動機として使えます。

特定のファッション関連の仕事を志望し、まずはスタイリストとして活動したい場合もあるでしょう。

それを伝えることも問題ありませんが、注意点もあります。

それは、志望先の会社を踏み台にするつもりはないと伝えることです。

あくまで下積みのために就職を希望する、いずれはやめるつもりであると露骨に伝わっては良い印象を抱かれません。

仕事に関連した将来の目標を使うのは有用ですが、伝え方を誤っては逆効果となります。

企業に悪印象を与えないように織り交ぜることが必要です。

スタイリストの志望動機のNG例

悩む女性

志望動機のNG例を紹介します。

せっかくのアピールポイントを台無しにしないよう注意しましょう。

ファッションセンスを身につけたいから

スタイリストとして働くとファッションセンスを身につけることができます。

しかしそれを志望動機とするのはおすすめできません。

スキルを身につけたいという理由だけでは利己的な印象を抱かれてしまう恐れがあるからです。

ただし将来的な目標があるのでしたら、肉付けができればファッションセンスを身につけたいという理由が使えます。

ファッション業界における夢がある、キャリアアップのためにまずは力を身につけたい、将来に活かしたいなどです。

ただの利己的な理由だけでなく、社会に活かすために力をつけたいとアピールできると良いでしょう。

華やかな雰囲気の中で働くことに憧れているから

スタイリストの仕事は華やかな雰囲気の中でおこなわれることが多いですが、これを志望動機にするのもNGです。

社会への貢献や仕事を通じての目標などが伝わってこないことが理由です。

志望動機という名称がついていますが、正直な理由だからといってただの欲望を伝えるだけでは意味がありません。

この仕事で社会にどう貢献したいか、自分の力をどう活かしたいかを伝える必要があります。

会社側が採用のメリットを感じられないような利己的な志望動機はNGです。

NGの改善ポイント

NG例の共通点として、自分の欲望のみを伝えていることが挙げられます。

嘘のない本心だとしても、利己的な志望動機では採用担当者に響かず魅力的にも映りません。

志望動機をアピールポイントとして活かすためには、自身を採用することのメリットを感じてもらう必要があります。

熱意を持っていることも大切ですが、熱意だけなら工夫次第で誰でも伝えられます。

しかし人と差がつく志望動機は、自分を採用するメリットや自分が活かせる強みが盛り込まれているものです。

採用担当者に「ぜひ採用したい!」と思われるよう、仕事で活躍する自分をイメージさせられる志望動機にしましょう。

 

ワンポイント
利己的な理由のみでは魅力的な志望動機になりません。

スタイリストの自己PRポイントは?

悩む女性

スタイリストとして転職活動をするときに使える自己PRのポイントを紹介します。

自分をしっかりとアピールできることが大切です。遠慮せず自信を持って話しましょう。

人と接するのが好きである

スタイリストの仕事はコミュニケーションが多いです。

そのため人と接することが好きということは、積極的にアピールするべきです。

仕事を円滑に進めるためにはコミュニケーション力が欠かせません。

人と接することが好きであれば、前向きな気持ちで仕事をできるでしょう。

ファッションと直接の関係はありませんが、スタイリストの仕事においてかなり重要なポイントです。

その企業である理由

女性

スタイリストとして働ける企業は数多くありますが、その企業を選んだ理由もあるはずです。

企業を選んだ理由については絶対に伝えるべきといえます。

熱意が伝わるような理由にするためにも、企業についてなるべく多く情報収集をします。

そのうえでさまざまな要素を盛り込みながら、その企業を志望する理由を作り上げましょう。

さらに、企業についての知識は自己PR以外でも面接で活用できる可能性が高いです。

 

ワンポイント
自己PRの時間も有効活用しよう。

 

履歴書と職務経歴書での注意点は?

女性

履歴書と職務経歴書の書き方について注意点を紹介します。

志望動機についてはすでに詳述したので問題ないかと思いますが、基礎的な部分を忘れてはいけません。

  • 誤字脱字をしない
  • 正確な情報を記載する
  • アピールポイントを漏らさない

誤字脱字のミスは意外と多いです。手書きであれば書き損じ、PCであれば変換ミスがないか今一度確認しましょう。

記載内容に誤りがないかも確認します。虚偽の情報を記載すると、採用後に内定取り消しとなる可能性があります。

アピールポイントを漏らさないことも大切です。資格を持っているなら絶対に書くようにします。

注意点を押さえて良い書類を作りましょう。

転職エージェントに相談しよう

相談

転職活動中はやることや考えることが多く忙しくなりがちです。

特に志望動機を考えるのは大変なことで、悩みの原因になり頭から離れない可能性もあります。

しかしわからないことを自分一人でなんとかしようとしても解決は難しく、悩みを抱え続ける原因になります。

そこで、転職活動で悩みが生まれたらすぐに転職エージェントに相談するようにしましょう。

転職エージェントは転職活動のサポートをするプロであり、さまざまな知識やノウハウを持ちます。

多くの転職者の相談に乗ってきた経験を活かした、実用的で的確なアドバイスが可能です。

さらに、転職エージェントは無料で活用することができます。

悩みを相談できる相手がいるのですから、一人で抱え込む必要なんてありません。

転職活動で困ったことがあれば、なんでも転職エージェントに相談してください。

まとめ

ジャンプ、女性

どんな仕事であっても、志望動機は大きなアピールポイントになります。

しかしなんでもいいというわけではなく、スタイリストであればスタイリストに適した志望動機を書くことが大切です。

ただ願望を羅列しただけの志望動機では意味がありません。

せっかくアピールできるチャンスなのですから、思いっきり活かしましょう。

人に響く志望動機を書くのは大変と思われるかもしれませんが、ポイントを押さえれば誰でも書けます。

もし書き方で悩んでも、転職エージェントに相談してもらえれば全力でサポートします。

良い志望動機を作って採用担当者に強くアピールをし、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら