様々な分野での活用が期待されるビッグデータを解析分析するのがデータサイエンティスト。

最近はいろいろな分野で活用されることが増え注目されることも多くなり、将来の仕事として考える人も多くなりました。

データサイエンティストを志望するに参考になる情報をご紹介していきます。

データサイエンティストの志望動機の書き方を解説!

女性、パソコン

データサイエンティストとは、ビッグデータを始めとするさまざまなデータを解析・分析します。

そして企業が必要な情報にまとめて、企業の意思決定をする際の支援を行うことを仕事としています。

近年、多くの企業などでビッグデータを有効活用し、ビジネスチャンスへ繋げたいという思惑があります。

データサイエンティストの需要も高まりつつあります。

データサイエンティストには年齢制限もありませんし、女性のデータサイエンティストも少なくありません。

メディアで取り上げられることも多くなった
ので、華やかさだけでこの職業を目指す人も増えているのも確かです。

そのため、データサイエンティスト仕事内容を理解されていない人も多いようです。

専門的知識を取り扱うために理解することが難しいということもあります。

データサイエンティストになるためには、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?

実際に何を求められているのかについてを、志望動機の書き方と共に確認していきましょう。

業務内容をしっかりと把握する

考える女性

データサイエンティストは需要の高まりと共に目指す人も増えてきています。

理解されていないことも多く理解されていない部分もとても多いです。

志望するにあたって業務内容をしっかりと把握することが大切になっています。

なぜその企業なのかを明確にする

データサイエンティスト以外の職業でもいえることですが、なぜその企業を志望したのか、志望理由を明確にすることはとても大事です。

目的もなくデータサイエンティストになるだけであれば、他の企業でも構わないわけですし、企業側にとってはそのような人には魅力を感じさせません。

魅力を感じさせるには、なぜその企業でなければいけないのか、理由を明確にして伝えることが必要です。

しっかりとした理由はその人の意欲を感じることができます。

将来のビジョンを説明する

将来を見据えた仕事に繋がるデータサイエンティストにとって、自分の仕事において将来のビジョンを持つことはとても大事です。

そして常に向上心を持つことにも繋がります。

将来のビジョンを説明し、会社に貢献できる人材となることを伝えましょう。

ワンポイント
業務内容をしっかり確認することと志望動機を明確にして、将来のビジョンを説明しましょう

志望動機を書く時の注意点

やる気のある女性

企業側にとって志望動機はあなたのやる気を確認できる場所です。

どれだけデータサイエンティストに興味関心を持ち、スキルや資格の有無や今までの経験などを確認することができます。

面接前にあなたの意欲を知る場所は志望動機の部分しかない、そういっても過言ではありません。

それほど志望動機は重要な部分であるので、気を抜くことが出来ない部分になります。

無料転職相談をしてチャンスを掴もう!

未経験の人が志望動機を書く時のポイント

悩む女性

未経験からデータサイエンティストになることは難しく感じるかもしれません。

データサイエンティストは、理系や数学を得意としていないと難しいと思われるでしょう。

確かにスキルや知識、勉強しておくべきことはたくさんあります。

スキルや知識は、入社後に勉強しても良い部分であり、悩む部分ではありません。

未経験者であっても経験者であっても、最終的に重視されることは行動特性といわれる部分です。

積極的に学ぶ姿勢
成長志向リスクを取る姿勢高い順応性や決断力といった部分の評価が重要なのです。

これは後から教えることが難しい部分であるため、企業側としては最初から持ち合わせてほしい部分です。

この部分をアピールすることはあなたにとってプラス材料になります。

データサイエンティストは変化が激しく柔軟な判断を求められる場合が多く、トライアンドエラーで
進めていくことが多くなります。

そのような状況下でどれくらい高いパフォーマンスを発揮できるかを必要とするからです。

データサイエンティストを志しているのであれば、未経験だからと諦めることなく、まずはチャレンジしてみることが重要となるのです。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


データサイエンティストの志望動機例文

女性、後ろ姿

志望動機をどのように書くかによって採用担当者の受け取り方も大きく変わります。

実際にデータサイエンティストの志望動機の例文を確認してみましょう。

例1.

物事を調べたり分析することが好きで、より深く関わりたいと思い、大学では統計学を専攻していました。
コンピューターなどに対しての関心も高く、プログラミングなどについても独学ですが勉強をしております。
私の興味がある統計学やプログラミングなどを活かした職業として、データサイエンティストという職業があることを知り、関心を持ちました。
データサイエンスの分野では業界をリードし続ける貴社の環境の中で、今まで得た知識と最先端のデータサイエンスを身につけて、貴社に貢献できる人材になりたいと考えております。

例2.

私は今まで広告会社にてweb開発を担当してきました。
PythonやPHP、C言語などを扱うことができます。
データサイエンティストとしての実績はありませんが、ビッグデータなどを扱う職種には以前から興味があり、オンラインスクールでデータサイエンティスト養成講座を受講しております。
習得までは時間がかかるかもしれませんが、今までの経験と習得した知識を活かして、会社に貢献していくつもりです。

例3.

私が貴社を志望した理由は、ビッグデータが解析や分析をすることで有益となる情報になり、さまざまな分野で活用できるということに魅力を感じたからです。貴社はこの分野でのパイオニアであり、その最先端の技術などを身近な場所で習得したいと強く感じました。
大学時代は統計学を専攻し、プログラミングなども勉強しています。
私のスキルを貴社で活かせるようになり、1日も早くお役に立てるようにと思っております。

自分がデータサイエンティストとしての資格やスキルも持っている場合には、そのスキルや資格を伝えたり実績なども出しましょう。

データサイエンティストとしては未経験であった場合でも、企業へ貢献する意思前向きな姿勢を出すことで、企業側もあなたの魅力に気づいてくれます。

そして重要なのが、応募企業の業務内容を理解し、どうしてこの企業に応募したのかを伝えることです。

ワンポイント
志望動機は自分の気持ちを採用担当者へ数少ない場所なので、しっかりアピールしましょう

データサイエンティストの志望動機NG例

ダメ

データサイエンティストは最近メディアで取り上げられることが多くなり、とても魅力のある職業だと思いました。
ビッグデータを扱い、さまざまな分野に活かすことができることは素晴らしい仕事だと思います。私もそのような仕事に関わりたいと思い、今回応募いたしました。

スキルや資格があるのかもしれませんが、文章の中には書かれていないので知ることができません。

せっかくのスキルや資格を書かなければ、あなたの魅力は半減してしまいますので、スキルや資格は必ず書くようにしましょう。

スキルや資格がない場合は、入社後に取得したり経験していくことで覚えていくなどを書き加えましょう。

企業によっては、入社後に資格取得のための勉強期間を設けてくれているところもあるので、利用できる制度は利用することも大事になります。

応募企業についての知識も書かれていないので、興味関心を持っての応募なのか分からないので、興味を持ったうえでの応募であることをしっかり伝えましょう。

せっかくアピールできる場所なのですから、しっかりとアピールをしましょう

ワンポイント
自分のアピールポイント、応募企業についての知識などは必ず入れるようにしましょう

データサイエンティストに求められるスキル

パソコン

さまざまなスキルを必要とするデータサイエンティストですが、実際に求められるスキルはどのようなものなのでしょうか?

仕事内容によっても変わってきますので、詳しく見ていきましょう。

アナリスト寄りの求人の場合

コミュニケーション

データアナリストよりの求人の場合であれば、プログラミング、統計学、コミュニケーションスキル、理論的思考力を必要とします。

データアナリストは解析・分析以上に問題解決に対するコンサルタント的な要素が強いです。

データアナリストよりの求人であれば、企業の抱える問題点の解決策を提案するコンサルタント部分に強い人材が求められます。

エンジニア寄りの求人の場合

マーケティング会議

エンジニア寄りのデータサイエンティストの場合は、プログラミング、統計学、分析スキルなどを重要視します。

解析・分析した内容を企業の要求にあった内容に活用することが仕事となり、それらの知識に長ける人材を求めています。

無料転職相談をしてチャンスを掴もう!

データサイエンティストの面接でのポイント

面接

面接を行う際に重要となってくるのはどのようなことなのでしょうか?

ポイントを確認しましょう。

業界のトレンドを把握しておく

データに基づいた意思決定をするたねにサポートを行うのがデータサイエンティストです。

ビジネスやトレンドなど幅人い知識が求められるので、さまざまな業界のトレンドにも精通しておくことが必要になります。

応募企業のトレンドなども把握しておくことが大切です。

どのように貢献できるかを説明する

企業としては会社に貢献できる人材を常に求めています

面接の際にはどのような場面で貢献することが出来るかを伝えることが大切です。

積極的な姿勢は前向きさと、企業に対する情熱を感じさせます。

意欲とスキルなど併せてどのようなことを貢献できるかを説明できるようにしましょう

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


データサイエンティストの面接でよくある質問例

面接官,質問意図

データサイエンティストの面接にてよくある質問の種類をご紹介します。

例(中途者・未経験者) 「なぜデータサイエンティストを選んだのか?」

なぜデータサイエンティストを選んだのかという動機を中心に聞かれます。

未経験であっても既卒の社会人です。

前職と違う道に進もうとする理由は必ず聞かれると思って回答を準備するようにしましょう。

曖昧な答えではなく、明確な理由を伝えられると良いでしょう。

例(新卒者) 「なぜデータサイエンティストを選んだのか?」

中途者の未経験者と一緒ではありますが、さまざまな業種がある中で、どうしてデータサイエンティストを選ぶのかは気になるところです。

理工系とそれ以外でも質問は変わってきます。

それ相応な理由を準備しておきましょう。

例(統計学・IT分野を学んできた場合) 学生時代の研究内容など専門的な内容について。

経験者ではありませんが、統計学やITなどの知識はありますので、その部分についてより深く具体的な質問をされることが多いようです。

思いもよらぬ質問をされる場合も多いと思いますので、統計学やIT分野、自分が学んできた分野について再確認してみるのも良いでしょう。

ワンポイント
事前に予測できる質問は答えを準備しておくことも必要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性エージェント

データサイエンティストは未経験では難しいと思われ、チャレンジすることをためらってしまうかもしれません。

このように不安や悩みを抱えたまま転職活動をしていても良い結果に繋がりません。

不安や悩みがある時には「転職エージェント」に相談をしてみるのも一つの手です。

転職エージェントはあなたの転職をさまざまな方向からバックアップして、採用に繋がるお手伝いをしていきます。

希望する職業もご紹介することも可能です。

志望する職業への転職に対する不安を感じる時は転職エージェントを活用してみてください。

無料転職相談をしてチャンスを掴もう!

まとめ

女性 ガッツポーズ

データサイエンティストは解析・分析を行い、データ化したものを活用できる形にすることが中心となります。

志望動機については例文などを参考にして、採用担当者が興味関心が持てるような志望動機を作成してください。

専門的な知識も必要ですが、積極的に学ぶ姿勢成長志向リスクを取る姿勢高い順応性や決断力といった部分も重要視されます。

未経験であってもその部分をアピールすることで採用へと繋げることが可能です。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!