セクキャバの仕事内容を徹底解説!キャバクラとの違いやメリットは?給料相場やお店選びのポイント・注意点も確認しておこう

「今の仕事では貯金もままならないから夜のお仕事をしたいけど、怖くてなかなか一歩を踏み出せない…」という女性は多いものです。

しかし、昔と違い今の夜のお仕事は比較的安心して働ける場所が多くなりました。

風俗営業の取り締まりの厳格化など、警察がしっかりと介入するようになったので目立った詐欺ができなくなってきています。

今回はセクキャバの具体的な仕事内容、キャバクラとの違い、働くメリット、給料はもちろんお店選びの仕方までまとめてご紹介していきます!

あなたが迷っているその間に、ライバルとなり得る他の女の子は勇気の一歩を踏み出しているでしょう。

セクキャバの仕事内容!セクキャバはお触りOKのキャバクラ

最初はセクキャバの仕事内容についてご紹介していきます。

「男性にちょっとセクシーなサービスをする」のがセクキャバのお仕事概要です。

お店によってはペナルティを犯してしまうと罰金が発生してしまう可能性もあります。

セクキャバのお仕事内容!NG行為のペナルティに気をつけよう

女性のポートレート

セクキャバとは、お触りOKのキャバクラ(セクシーなキャバクラ)のことになります。

セクキャバの明確な定義はなく、お店によりルールもまちまちであるのが特徴です。

基本的には、以下のようなルールが設けられています。

  • キスと下のお触りはNG、胸や足はお触りOK
  • キスと下着の上からのお触り、胸、足全てお触りOK

上記に加えて、お店ごとに「胸は下着の上からならOK」「出勤時間帯はノーブラで」など細かいルールが決められています。

体験入店を考えている女性は、自分はどの程度のサービスができるかを考えておきましょう。

また、女の子側にも制約を設けているお店がほとんどです。

下着の下に手を入れるのはNGというルールがあるにもかかわらず、男性の手を下着の下に導く行為はNGになります。

セクキャバに遊びに来るお客さんの特徴

遠くを見て立っている男性

セクキャバに遊びに来る男性客はセクシーな行為を求めている男性が多く、年代は30代以上の方が多いです。

20代の若い人も遊びに来る場合もありますが、頻繁に来店しません。

お店によって男性客の層や雰囲気は全然違うので、ちゃんと体験入店で見極めておくと良いでしょう。

立地によっても男性客の層は変わります。

キャバクラに行った後にセクキャバに足を運ぶ流れが多いので、お酒に酔った男性客が多いのが特徴です。

キャバクラとの違い

若い女優

キャバクラとの主な違いを下記にまとめました。

  • お触りOKがセクキャバ、NGがキャバクラ
  • セクキャバのほうがキャバクラよりも時給が高め

キャバクラとセクキャバの一番の違いは「お触りがOKか否か」になります。

その他はキャバクラとほとんど同じです。

女の子のドリンク代は原則男性客が払う、時間制のお支払い、指名諒や時間延長などのシステムもキャバクラと同じになります。

セクキャバのメリットとデメリット

それでは次は、セクキャバのメリットとデメリットをご紹介していきます!

セクキャバのメリットは下記の2つです。

  • お給料がよく、保証も高い
  • 女の子の用紙のハードルが低めだから気軽

そして、デメリットは下記の2つになります。

  • 体を酷使するので胸や舌が痛くなる場合がある
  • ルール違反を男性客が犯したときに怖い思いをする場合がある

それぞれ詳細を解説していきます。

メリット1|保証が高いのでお給料が良い

ドルの札束

夜の業界の中でもトップレベルの高い保証金がセクキャバの最大のメリットです。

なんとセクキャバは地方でも時給3,000円程度、都内だと5,000円前後が相場になります。

時給に決まり方はその人の売り上げに応じて変わりますので、能力によっては3,000円~5,000円よりも多く稼げることが特徴です。

頑張っている女性には7,500円以上の保証がついている場合もあります。

最低時給は基本的にキャバクラよりも高めに設定されていますので、未経験の人でも稼ぎやすいといえるでしょう。

また、キャバクラと違いノルマがないところがほとんどです。

今となってはキャバクラもノルマが課せられない場所も多くなってきましたが、セクキャバほどではありません。

セクキャバはノルマなどにとらわれたくない人におすすめといえます。お店によって条件は変わりますので、きちんと調べましょう。

メリット2|女の子の容姿のハードルが低めである

写真を見て思考する女性

女の子の容姿のハードルが低めであるのも特徴の一つになります。

お店や場所によってハードルは変わりますが、ほとんどのお店の女の子はキャバクラよりも外見の質が低いです。

自分自身の見た目に自信が持てなくても、「セクキャバなら働ける」と考え働いている女性はたくさんいます。

夜の世界で働きたいけど自分の見た目がネックになっている人、少しセクシーな行為に抵抗感がない人は一度足を運んでみましょう。

デメリット1|胸や舌が痛くなる場合がある

女性のポートレート

セクキャバは基本的に下半身を触る行為は禁止になっています。おっパブとの別名があるように、おっぱいがメインです。

何時間も胸を弄られ続けられますので、胸、特にちくびが痛くなってしまう場合もあります。覚悟をしておきましょう。

またディープキスなどもお店によっては日常的に行われます。

舌を酷使したりなんらかの間違いで舌に歯を立てられたりした際に舌を痛めてしまうのです。

それでも男性客へのサービスは続きます。そういった身体的な問題もしっかりと認識した上で、お仕事をするかどうかを考えてくださいね。

デメリット2|男性客にルール違反をされたときが怖い

手錠

前述した通りセクキャバはお酒に酔った男性客がほとんどです。挨拶代わりにセクハラなんて日常茶飯事といっても過言ではありません。

キャバクラでは味わえない「お触り」で気分が高まってしまい、お店で禁止されている行為を男性客からされてしまう場合もあります。

お店のボーイさんがしっかりと対応してくれるところであれば安心して働けますが、助けてくれないところはかなり危険です。

仮にきちんとした対応(男性客への処罰)をされても、そのときの恐怖や感触は残ってしまうでしょう。

きわどいセクハラがどうしても無理だ、耐えられないと感じる人はセクキャバ嬢を諦めることをおすすめします。

セクキャバの報酬形態と給料

次は、セクキャバの報酬形態や給料についてご紹介していきます。

セクキャバは、基本的に時給制です。

そこにプラスで本指名バック・場内バック・ショーバック・ボトルバック・ドリンクバックなどが加算されていきます。

指名料などのバック率はお店によって変わりますので注意しましょう。

時給制の中でも、さらに下記の二つに分けられます。

  • 売り上げスライド制
  • ポイントスライド制

それぞれ説明していきましょう。

売り上げスライド制

ドル通貨

売り上げスライド制は、女の子が出した利益によって時給が変動するシステムです。

本指名が多くなったり、単に出勤日数が増えたりなどお店への貢献度により売り上げがぐっと変わるのが特徴になります。

売上金額と時給
~30万    3,000円
60万     4,000円
80万     6,000円
110万~       7,500円以上

※イメージ

お店に貢献した売り上げに給料が左右されます。安定しにくい分、大きな稼ぎを得られるのです。

ポイントスライド制

積み重ねられたお金

もう一つのポイントスライド制は、お店での成績によって時給が変わるシステムです。

売り上げスライド制と比べて給料は大きく上がりませんが、下がりません。

ポイントと時給
~15pt   2,500円
30pt    3,000円
50pt    5,000円
80pt ~  7,500円以上

※イメージ

自分がどちらの制度に合っているかを考えてください。

自分のお客さんを持たない未経験の人はポイントスライド制、そして自分のお客さんを持てるようになったら売り上げスライド制が稼げるでしょう。

セクキャバで働きたい時のお店選びのポイントと注意点

最後は、セクキャバで働きたいときのお店選びの方法についてまとめていきます。

セクキャバで働くときには以下の項目を重視しましょう。

  • お店の立地やコンセプトやキャストの人数を確認する
  • お店のルールを把握する。どこまでOKなのかを確認する
  • 面接のアポイントメント対応、体験入店で実際に確認するのが一番

それぞれ解説していきます。

お店の立地やコンセプトやキャストの人数を確認する

バラを持った少女

お店の立地やコンセプト、キャストの傾向、人数などを確認しましょう。

お店の立地は非常に重要です。駅前から近い、飲み屋街に近いところは集客も良く、人気のお店が勢揃いといえます。

人気で大手のお店は女の子へのバックアップや給料、その他安全面などにしっかりと配慮している場合が多いです。

キャストの人数を確認すると大体の規模をつかめます。

地域によってどのくらいのキャストで大手なのかは変わってきますので、近隣のお店と比較してください。

その中でも、自分の容姿にあったお店を選びましょう。

ギャルがコンセプトのお店に清楚系の子が行っても売れません。お店のコンセプトを確認して、面接に挑むと良いです。

コンセプトがお店から大きくずれていると、容姿が良くても面接に落ちてしまいます。

お店の立地、人気度、コンセプト、キャストは事前に確認しておくと良いでしょう。

お店のルールを把握する。どこまでOKなのかを確認する

手錠とバラ

セクキャバで働く上で一番大事なのは、店のルールの確認です。

お店のルールではどこまでOKなのかを事前に確認してください。

しかし下のお触りは禁止というお店のルールでも、売り上げのためにボーイさんがわざと見過ごしている場合があるというのが現実です。

不正を見抜くためにおすすめの方法は、お店の名前で検索を掛けて掲示板を探すこと。

風俗やキャバクラでも同じですが、男性たちはお店の女の子の名前を出して情報を共有している場合が多いです。

自分が働くお店を一番リアルに知れる場所ですので、確認しておいて損はありません。

「あのお店は触らせてくれるよ」などの書き込みがある場合、そのお店は選ばないほうが賢明です。

面接のアポイントメント対応、体験入店で実際に確認するのが一番

iphoneで電話

面接のアポイントをとるときが、実はお店選びで一番大切な場面です。

セクキャバの働きやすさはボーイさんの対応に左右されます。

お店のスタッフの方がどれだけ親切に対応してくれるのかを面接から確認しておきましょう。

女の子に対して親切な対応をしてくれるのか、面接時の態度はどのようなものかで、大体のお店の質はつかめます。

また、体験入店が決まった時は以下の項目を確かめましょう。

  • ほかの女の子はどんな子が良いか、どんな雰囲気か
  • 男性客の層
  • お店全体の雰囲気

また体験入店は複数のお店で行いましょう。

それぞれのお店を比較できるだけの情報が手に入りますし、より自分に合ったセクキャバを選ぶためにも必要です。

女の子の雰囲気が良くお話ができる状態であれば、行かない方が良いお店についても教えてもらえる可能性があるので積極的に話しかけましょう。

まとめ

ドレスを着た女性

セクキャバについてご紹介してきました。セクキャバの特徴は、

  • 保証が高く、時給が良い
  • お触りOKのキャバクラ

になります。セクキャバは効率よく稼げますが、以下の点に注意が必要です。

  • 酔った勢いでルール違反を犯す男性がいる
  • 挨拶代わりに触ってくる人がいる
  • 上半身メインだから胸や口がキツくなる

セクキャバは上半身がメインとなりますので、必然的に胸を酷使します。身体的な問題を患う可能性も加味しましょう。

お店を選ぶ際は、しっかりと下調べをして自分に合ったお店をみつけてくださいね。

セクキャバは、容姿に自信のない女性でも比較的高収入を得られるお仕事です。お店選びをしっかりとして自分に合ったお店を見つけましょう。