バックエンドエンジニアを目指している女性なら、資格を取っておくことをおすすめします。

IT関連の資格はたくさんありますが、バックエンドエンジニアとして取得しておきたい資格を解説しましょう。

まずは、資格を取ることの目的を意識しましょう。

転職に有利になるのは当然だとしても、資格を取るためにかなりの勉強をしなければなりません。

実務経験があっても、合格できないレベルの資格もあります。

それだけ、スキルを求められますし、スキルを持っていると評価されるのです。

バックエンドエンジニアに有利な資格を解説

カウンセラー

バックエンドエンジニアに有利な資格を知るには、仕事内容を把握しておくことが大切です。

バックエンドエンジニアの特徴を紹介しましょう。

名称からわかるようにエンジニアですが、インターネットやネットワーク関連の仕事をするエンジニアです。

資格を持っていなければ仕事ができないわけではありません。

しかし、担当者のスキルの違いが、構築するシステムのパフォーマンスに影響します。

会社として顧客から信頼されることを重要視しますから、優秀なバックエンドエンジニアは優遇されます。

高いスキルを持っていれば、将来への雇用不安はないでしょう。

そして、スキルを知るための指標として、資格が活用されています。

これから転職しようと考えているなら、積極的に資格取得を目指しましょう。

 

無料転職相談をして資格取得

 

バックエンドエンジニアの特徴

女性

バックエンドエンジニアはネットワークを構築するシステムのユーザーから見えない部分を担当する仕事です。

フロントエンドエンジニアがユーザーに見える部分を担当していますから、対比してみるとよくわかるでしょう。

広い範囲の役割を担当しますから、豊富な専門知識が求められます。

一般的な企業内での作業では、部分ごとに担当者を割り振ることが少なくありません。

ただ、高いスキルを持っている人は、部分だけではなくシステム全体を理解できます。

システム構築のチームのマネージメントも任されることもあるでしょう。

何を担当している?

バックエンドエンジニアが担当する内容を具体的に説明しましょう。

システムは、大きくハードウェアとソフトウェアに分かれます。

ハードウェアはネットワークを構成する機器であり、どの製品を使ってシステムを構築するかの知識が求められます。

また、ソフトウェアは、選んだハードウェア上で動作するプログラムを作成します。

ソフトウェアも基本部分は購入品となりますが、目的に合わせた仕組み作りが重要となります。

バックエンドエンジニアの仕事は、それら全体をまとめ上げる仕事です。

インターネットは世界中に広がっている技術ですから、ネットワークの国際規格などが決められています。

その仕様に基づいてプログラムを作成しなければなりませんが、システムの規模に応じた作り方がポイントです。

適性のある人の特徴

バックエンドエンジニアとしての適性は、目的となるシステムに必要な機能やパフォーマンスを意識できることです。

目的に合わせて、全体を見渡すスキルが求められます。

チームとして作業をすることが多く、担当者間でのコミュニケーションも重要です。

一人でパソコンに向かうのではなく、必要な時には議論をして、信頼性のあるシステムを作り上げなければなりません。

プログラムは作成するだけで終わりではなく、その後に動作試験を実施します。

この作業もバックエンドエンジニアの仕事の一つとなります。

プログラムのスキルだけではなく、論理的な思考を持った人が活躍しやすい職種といえるでしょう。

 

ワンポイント
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・ネットワークスペシャリスト試験

バックエンドエンジニアに役立つ国家資格

図書館、女性

バックエンドエンジニアとしての適性を示すために、国家資格があります。

この資格を持っていることで、一定レベルのスキルを持っているとみなされます。

もちろん、学生の時から試験を目指している人もいますが、合格率は決して高くありません。

しっかりと勉強をしておかなければなりません。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は国家資格の中ではベースとなる部分です。一番合格しやすいと考えていいでしょう。

専門学校や大学などでは、学生の時に資格合格を目指す人が少なくありません。

試験に合格するために勉強しているとしても、それらの用語や意味を理解しなければなりません。

それがバックエンドエンジニアとしてのスキル習得につながります。

基本という名称になっていますが試験範囲は広範囲にわたっています。

パソコンで簡単なプログラムを作れる程度では合格できません。

応用情報技術者試験

パソコンの画面

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験の上のレベルになります。

ただ、求められる知識は、実務でバックエンドエンジニアとしての働いている人でも、簡単には合格できないレベルです。

システム構築・プログラム作成・システムマネージメントなど、すべてのことを知っておかなければなりません。

現代においてインターネットは日常生活の中に深く入り込んでいます。

しかし、その仕組みを理解して活用している人はほとんどいません。

つまりバックエンドエンジニアが裏方として世界を支えているといっても過言ではありません。

応用情報技術者試験の資格取得は転職に有利になるでしょう。

データベーススペシャリスト試験(DB)

ネットワークを使ったシステムでは多量のデータ処理が当たり前となっています。

その処理をする仕組みがデータベースと呼ばれています。

データベースのことを十分理解し、使いこなせるスキルを評価するのがデータベーススペシャリスト試験です。

コンピューターの機能はどんどん高度化しており、ネットワークで処理するデータ量も増加の一途をたどっています。

そのため、データベースをうまく活用して適切なシステムを作り上げることが大切です。

データベーススペシャリストの資格を持っていれば、バックエンドのかなめとなる部分のプロと評価されることでしょう。

 

ワンポイント
・Linux技術者認定試験
・オラクルマスター
・CCNA
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


バックエンドエンジニアに役立つ民間資格

女性、本

3種類の国家試験を解説しましたが、同じように役に立つ民間資格もあります。

バックエンドシステムで世界中に利用者がいるプログラムやハードウェアのメーカーが主催しています。

資格を取得しておくことで実務にも役立ちますから、企業として社員に取得を推奨しているケースも少なくありません。

Linux技術者認定試験

Linux技術者認定試験はベースとなるOSの知識を評価する試験です。

Linuxはフリーソフトですが、日本だけではなく世界中のシステムで使われています。

つまり、この試験に合格しておけば、外資系や海外への転職も視野に入れることができます。

具体的な試験ではいくつかのレベルに分かれています。

簡単なレベルから始めて、上を目指すことで自分のスキルを確かめることができるでしょう。

オラクルマスター

オラクルマスターはデータベースメーカーであるオラクルが主催している試験です。

オラクルに特化した試験となりますが、基本的な知識はどのようなデータベースでも役に立ちます。

転職先のシステムがオラクルを使っていないとしても、オラクルマスターに合格することは高評価を得ることになるでしょう。

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

CCNAは世界中のネットワーク機器を製造販売しているCiscoが実施している試験です。

Ciscoのネットワーク機器は業界標準と考えられています。

CCNAに合格することで、バックエンドエンジニアとしてのスキルの高さを示すことができます。

ほとんどのネットワーク機器に精通することになります。

 

無料転職相談をして転職しよう

 

バックエンドエンジニアの資格取得のメリット

女性、履歴書

バックエンドエンジニアの資格取得のメリットを考えてみましょう。

一般的に技術に関するスキルを客観的に評価することは簡単ではありません。

そのために試験の合否で一定のスキルに達していると認定することができます。

国家資格の場合は、スキルを国が認定していることになりますから、一般の民間試験よりも高評価となります。

また、ここで取り上げた民間の試験についても、国際的に評価が高い試験です。

日本以外でも通用するレベルとなっています。

スキルや知識の証明になる

パソコンを見ながら電話する女性

自分のスキルや知識を言葉で表現しても、その内容に説得力がありません。

そのため、資格を提示することは、アピールするための手段として重要でしょう。

もちろん、取得する資格は難易度が高いほど評価も高くなります。

単なる勉強だけで合格するレベルではなく、ある程度の実務を伴っていなければ答えられない問題も少なくありません。

転職で有利になる

資格取得はスキルのアピールとなりますから、間違いなく転職に有利です。

できるだけハイレベルの試験を目指しておくことが大切です。

 

ワンポイント
 資格取得でデメリットはない。

バックエンドエンジニアの資格取得のデメリット

女性、本

バックエンドエンジニアの資格取得がデメリットとなるケースはどうでしょうか。

試験そのものはマークシートやインターネットを使った試験ですから、実務経験の有無は問われません。

したがって、高いレベルの試験に合格していても、実際の業務への活かし方がわからない人もいるでしょう。

ただ、システム構築の作業はプログラム作成や機器のセッティングだけではありません。

全体をまとめるマネージメントや将来のメンテナンスの仕事もあります。

また、顧客に対して自社システムのメリットを説明するための資料作成も必要です。

このような時には専門的な知識が役に立つはずです。資格取得がデメリットになることはないと考えてください。

 

ワンポイント
・プログラミング能力は基本
・知識と資格を活用する
・クラウドを知る

バックエンドエンジニアに必要なスキル

パソコン 女性

具体的にバックエンドエンジニアに必要なスキルを紹介しましょう。

すべてのスキルを持つことは現実的ではありません。多くの人は実務経験を通じて、徐々にスキルアップしています。

ただ、資格取得をしておけば、知識の部分は確保できることになり、それが実務に活かされます。

プログラミング能力

プログラミング能力は簡単な部分を学校で教えていますが、実務として行うためには多くの知識を持たなければなりません。

資格取得では概念的な理解は十分カバーできます。

しかし、実際にパソコンのキーボードを触ることでプログラミング能力は身につきます。

ネットワークやデータベースの知識と資格

キーボード、ノート、ペン

ネットワークやデータベースの知識は直接目に見えないため、理解しにくいと感じる人が少なくありません。

そのため、資格取得を通して知識を得ることがいいでしょう。

バックエンドエンジニアとして、ネットワークやデータベースの担当をすることもあります。

その時には資格で得た知識を活用することができます。

クラウドのスキル

クラウドは現代のインターネット産業を支えている技術です。

クラウドを活用して新しいビジネスがたくさん展開されています。

バックエンドエンジニアはクラウドを構築し、メンテナンスする立場です。

社会的需要も高く、非常に重要な役割と言えるでしょう。

 

無料転職相談をしてバックエンドエンジニアを目指そう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


資格をバックエンドエンジニアの転職に活かす方法

カウンセラー

資格取得のために勉強したことをバックエンドエンジニアの転職に活かすことが重要です。

履歴書の資格の欄に記載することは当然ですが、その資格をどのように活かすかを意識しておかなければなりません。

バックエンドエンジニアの業務範囲は非常に広いため、自分が得意としている部分を積極的にアピールします。

採用されたら、企業の一員として、どのような役割を果たしたいかを具体的にしましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

OKサインの女性

バックエンドエンジニアの転職を目指しているなら、資格取得は積極的に取り組んでください。

ただ、どの資格が有効なのかがわからない場合には、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

企業の業務内容によってバックエンドエンジニアの仕事も変わってきます。

転職を成功させるためには転職エージェントのサポートが役に立つはずです。

まとめ

ガッツポーズする女性

バックエンドエンジニアには高いスキルが求められます。

転職時にそのスキルをアピールするためには資格取得が有効です。

どのような資格を取得しておけばいいかをしっかりと考えなければなりません。

ネットワークを取り巻くシステムは国際的な標準化が進んでおり、海外でも通用する資格が少なくありません。

もちろん、日本の国家資格もありますから、多くの資格にチャレンジしてみましょう。

自分の知識を深めることは仕事に対するやる気を示すことになります。

転職先からは、スキルアップを客観的に評価してもらうことができます。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!