広告の企画営業であるアカウントプランナーは広告主に広告の企画提案を行う仕事です。

広告を載せる媒体が幅広くなっている現在において、どのプラットフォームが適切かどうかを提案することが重要になっています。

そのためアカウントプランナーの役割を重視する企業も多くあるようです。

この記事ではアカウントプランナーの仕事内容を解説します。

やりがいや年収・将来性も紹介しますので参考にしてください。

アカウントプランナーの仕事内容を解説

女性

アカウントプランナーはただ単純に広告のスペースを確保して広告主に売る仕事ではありません。

アカウントプランナーは「どんな媒体」に「どんな広告」を「誰に向けて」行うのかを考えることが求められます。

また多くの企業に売り込みをしていくための能力も求められるでしょう。

多くのスキルや能力を求められる職種に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが実際の業務は周囲と協力しながら行うため安心して業務に打ち込める環境が多いようです。

新規顧客開拓のための営業

女性

新規開拓のための営業については飛び込みや物量で広く営業をすることではありません。

クライアントの課題悩みを聞き出し具体的な解決策や提案を提示することで売上につなげていきます。

クライアントによって広告の媒体やターゲットは全く違うものです。

そのためクライアントごとにじっくり向き合って企画や提案を行います。

アカウントプランナーに重要なことはクライアントが何を求めているのかを的確に知るコミュニケーション能力です。

担当している顧客への企画提案

女性

担当している顧客に対してもコミュニケーションを欠かすことはありません。

契約を維持しながらさらなる契約の拡大や新しい広告の提案を行っていかなければなりません。

担当している顧客と対話をしながら常に変化する課題や要望に対応します。

広告制作や運用

女性

クライアントにマッチした広告媒体を最大限活かせるような広告の作成もアカウントプランナーが重要な役割を担います。

実際の作成はデザイナーに依頼する事になっていても、どのような広告を制作すれば良いのかはアカウントプランナーが決めるのです。

デザイナーや制作チームに指示を出すための資料を作らなければなりません。

また広告を出した後の効果を見ながら広告の運用をアドバイスするのも仕事です。

広告が広告主にとってより良い収益を生み出せるよう常に気を配ります。

コンサルティング

女性

アカウントプランナーの役割には現状を分析した上でより良い広告を提案することも含まれます。

クライアントと向き合い抱えている課題や悩みを一緒に解決できるよう尽力します。

そのためには深い広告の知識がなければなりません。

アカウントプランナーとしての経験を活かしてクライアントに解決案を提示します。

 

ワンポイント
アカウントプランナーにはコミュニケーション能力が必要です。

アカウントプランナーの仕事は広告に関するプランニング

執筆中

アカウントプランナーの仕事は広告に関するプランニングです。

多くの媒体の中からクライアントの課題にマッチした広告枠を探して最適な広告を表示させる提案を行います。

そのためにはどんな広告枠にどのような広告を載せれば収益につながるのかプランニングする必要があるでしょう。

広告を出しているのに成果が出ないといったクライアントの悩みを解決するために、企画から提案までを行うことが業務です。

アカウントプランナーの扱うインターネット広告

解析

インターネット上での広告を扱う際にはインターネット広告の知識が欠かせません。

広い知識で分析を行いクライアントへ最適な提案を行うのがアカウントプランナーです。

アカウントプランナーが扱うインターネット広告にはどのようなものがあるのか解説していきます。

純広告

純広告とはWEBなどの媒体の広告枠を買い取って広告を表示さる広告のことをいいます。

広告枠を購入した媒体にのみ広告が表示されることが特徴です。

ある程度興味や関心のあるユーザーが集まる媒体の広告枠であればターゲットを絞った広告が出せることになります。

また大きな媒体の広告枠を選んだのであれば不特定多数の多くの人に広告を見てもらうことになるでしょう。

純広告はクライアントのターゲットにマッチした媒体を選ぶことで効果を上げることが可能です。

ディスプレイ広告

スマホ

ディスプレイ広告はWEBサイトアプリに表示される広告のことです。

アプリに広告が表示される様子を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

広告をクリックすると見せたいWEBサイトへ誘導するパターンが多いです。

単価の発生には以下の二種類があります。

  • 表示された広告がクリックされると料金が発生する
  • 広告の表示回数に応じて料金が発生する

広告枠には画像や動画を表示させることができますのでユーザーの関心を集める広告企画が必要になってくるでしょう。

ネットワーク広告

パソコン

ネットワーク広告とは複数の掲載媒体に対して広告を配信する「アドネットワーク」を利用する広告のことをいいます。

複数の媒体に対して一括で広告を配信できることがメリットです。

表示回数やクリック数が計測しやすいという特徴もあります。

ただし媒体ごとの測定が行えないこともありますので注意が必要です。

多くの媒体に配信することから本来想定しているターゲットではない層にも広告が配信されることもあります。

リスティング広告

リスティング広告とは検索サイトの検索結果画面に表示される広告のことです。

ユーザーの検索結果に応じた広告が表示される仕組みですので、ターゲットを絞って広告を出すことができます。

ただしあまり検索されない検索ワードに対する広告はあまり表示されません。

また同じワードに多くの広告が競合する可能性もあります。

そのためアカウントプランナーはユーザーに届く広告を企画する力が必要になってきます。

SNS広告

スマホ

SNS広告とはSNSを媒体とした広告のことを指します。

ネット上で広く知ってもらうことが必要な商品では、SNS広告はとても重要な意味を持つでしょう。

SNS広告はターゲットの絞り込みが細かく設定できるという利点があります。

また拡散力が強いSNSでは多くのユーザーの目に留まる可能性があるでしょう。

ただしSNS上で炎上すれば逆効果になる可能性もあります。

拡散されること自体が目的ではありませんので注意が必要です。

アカウントプランナーはSNSの特性を知っておくと良い仕事ができるでしょう。

 

ワンポイント
アカウントプランナーはWEB広告の広い知識が必要です。

アカウントプランナーと広告営業の関係性

女性

広告営業は広告枠を売るのが仕事です。メディアの広告枠を確保しそれを広告主に売ることになります。

一方アカウントプランナーは広告主へ広告の企画を提案・営業する仕事です。

どの媒体でどんなターゲットに向けて広告をすると効果的なのかを広告主プレゼンテーションしなければなりません。

広告枠だけを販売する仕事とは違い企画から配信までを担います。

もちろん広告営業のように営業も行いますので幅広い知識とコミュニケーション能力が必要です。

 

ワンポイント
アカウントプランナーは企画・提案をする仕事。

アカウントプランナーのやりがい

女性

実力主義・成果主義が基本のアカウントプランナーですが、自分の力次第で実績を伸ばすことができるのが魅力です。

日々の業務をこなしていくうちに自分自身の能力やスキルも向上していきます。

大きな成果を上げることができればより大きく達成感を味わうことができるでしょう。

この章ではアカウントプランナーのやりがいを紹介します。

仕事の成果を実感できる

女性

自分で企画した広告が成果を出すとクライアント側は大変喜んでくれます。

メディア側も「効果がある」という実績に繋がりますので仕事の成果を実感できるでしょう。

実際に収益につながるということはユーザーのニーズをしっかりと見きわめることができたということになります。

広告を出せば収益がすぐに見える仕組みも多くありますので、仕事の成果を実感しやすいことはアカウントプランナーのやりがいといえるでしょう。

顧客に自分の企画を立案し、共感してもらえる

女性たち

自分の提案した企画に共感してもらえることにより顧客の収益がプラスにつながるということは大きな励みでしょう。

企画を提案するということはその場で共感を感じ取ることもできるということです。

自分自身の企画に対してクライアントから直接評価を得ることができるのはアカウントプランナーのやりがいになります。

また実際に広告が出た時にはユーザーからの共感を得ることもできるといえるでしょう。

ユーザーから共感してもらえる広告は収益も大きくプラスになります。

実際に数字として成果を感じることができるのでやりがいに繋がっていくでしょう。

アカウントプランナーの1日のスケジュールをチェック

パソコンと女性

アカウントプランナーは実力主義のためノルマは厳しく設定されています。

そのためキャリアや実績を積み上げると激務になるといわれているようです。

繁盛期には残業や休日出勤をするアカウントプランナーも多数います。

原則としてクライアントとの打ち合わせなどが最優先されるため一日の決まったスケジュールは無いという企業が多いです。

ただし上司が残業しているからといって残業をするというようなことはありません。

それぞれが自分のスケジュールに合わせて動きます。

アカウントプランナーの年収

計算

アカウントプランナーの年収について紹介します。

アカウントプランナーは営業職に分類されますので他業種の営業職と比較できるでしょう。

同じ広告の営業である広告営業と比較すると平均年収はやや高いといえるようです。

平均年収

お金

アカウントプランナーの年収は新卒一年目で300万円前後だといわれています。

その後は経験年数実績で上昇していく傾向にあるようです。

広告営業の平均年収は400万円ほどですので広告営業プラスアルファの仕事であるアカウントプランナーの年収はそれよりも高くなります。

他業種の営業職と比べても高い年収となっているようです。

年収を上げるためには

パソコンと女性

上記年収はあくまでも平均年収です。

アカウントプランナーは成績によって年収の幅が大きく違います。

インセンティブのある企業もありますし毎月のノルマを厳しく課す企業もあるようです。

実績が高く評価されると1000万円に届く年収になる人もいます。

アカウントプランナーは働き方次第で収入を上げることができる職種です。

実績や年収を上げるためにはより多くの知識やWEBの分析力が必要になるでしょう。

 

ワンポイント
アカウントプランナーは働き方次第で収入を上げることができる。

アカウントプランナーの将来性

女性

インターネットを利用する人が増えるにつれ、インターネット広告の位置づけが重要になってきています。

企業は広告をどのプラットフォームで発信するのが良いか判断する必要があるでしょう。

インターネット広告を見る年齢層の幅も広がっておりターゲットを絞った広告の出し方も重要だと考えられています。

そのためプラットフォームの選択やターゲットの絞り込みが行えるアカウントプランナーはますます重宝されることになるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

アカウントプランナーのような比較的新しい職種への転職には事前の情報収集が欠かせません。

ですが自分一人で情報を集めるには限界があります。

そんな時は転職エージェントを活用してください。転職のプロが的確な情報を提供してくれます。

その他にも非公開の求人を紹介してもらうことなどもできますので、自分に合った転職先を見つけることもできるでしょう。

転職エージェントを上手く活用して転職活動を成功させてください。

まとめ

提案

アカウントプランナーは広告営業とは異なり企画から提案までをこなします。

クライアントの課題や不安を解決できるように多くの広告媒体から最適なものを選ぶ必要があるでしょう。

クライアントの悩みを聞き出すためのコミュニケーション能力が重要です。

企画立案をするための広告に関する知識も必要になります。

クライアントに正しい情報を伝えるためのプレゼンテーション能力もあると良いでしょう。

企画やマーケティングなど様々なことをこなさなければなりません。

それだけのやりがいや達成感がある職種でもあります。

クライアントからの感謝や喜びを身近に感じられることはアカウントプランナーの大きな励みになるでしょう。

もしアカウントプランナーについて疑問がありましたら転職エージェントにご相談ください。

疑問や不安を解消して自分に合った転職先を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する