アパレルで仕事をしている人は店内に立ってお客様に商品を進めているだけではありません。

接客業はもちろん業務のため取り組んでいることですがそのほかにもバックヤードでの作業や清掃など仕事量はとても多いです。

目にみえていない部分までアパレル店員は仕事をしています。

アパレル店員は誰でもなることができるのか、不思議に感じている人もいるでしょう。

どこまでがアパレル店員がするべき仕事なのか仕事内容や仕事が大変なことまでをご紹介します。

アパレル販売員の仕事内容を解説

ボードに指をさしている女性

接客

アパレル店員には欠かせないものはなんといっても接客です。

お客様にただ笑顔で挨拶するだけではありません。

お客様が探している洋服を一緒に選んであげたりそのサイズを探してあげたりしてあげることも接客業務になります。

また試着室の案内や時にはコーディネートを考えてあげる場合もあります。

好きなブランドがあれば要望を聞いて店内を探し回ることもあるでしょう。

接客業をしているアパレル店員に旬のトレンドを聞いた方が早いというお客様もいらっしゃいます。

そのためアパレル業界で接客業をしているアパレル店員はセンスや流行をいち早くチェックしておく必要があるでしょう。

商品管理

衣服にチェックを入れる女性
業者から商品が届いた時からすでに作業は始まっています。

どの服がどのくらいあるのかという仕分けを行わなければなりません。

また業者から届いた商品に不備や欠損がないかどうかを一つ一つ調べる必要があります。

バックヤードで働いているためお客様には決して見えませんが接客業と同じくらい大変な作業です。

不良品がないかどうか調べた後は商品の種類やサイズによって分けておく必要があります。

従業員にも働きやすいようにアパレル業界は成り立っています。

店舗レイアウト

お店の見栄えをよくしておかないとお客様は店内に入ってくれません。

そのためどこに人気の商品を置くかによってお店の見え方が変わってきます。

流行りのものをマネキンに着せたりしてお客様の興味を惹きつけることが大事です。

畳まれていない洋服がある場合は店員がすばやく畳むようにしましょう。

店舗によってそれぞれ違いますがお店の見栄えによりそのお店の売り上げがどうかもかかわってきます。

店内や店外の清掃

掃除をしようとしている女性
いつお客様が来店されてもいいようにいつでも清潔でなくてはなりません。

そのためアパレル店員は開店時間前、閉店時間後にそれぞれ掃除をします。

店内や店外が汚れていてはお客様も近寄りません。

店内は特に気を付けておく必要があります。

底やレジ周りだけにとどまらず商品が汚れていないかも調べておく必要があります。

また試着室の中も綺麗でなくてはなりません。

お客様が洋服を試着室で試着されない日は滅多にありません。

試してみたいと思うならすぐにでも試着室を利用されます。

そんな時試着室が汚れていたり鏡が汚いと感じるようではお客様も不快です。

いつみてもこのお店はきれいだなと思ってもらえるようなお店にしましょう。

アパレル販売員として働くメリット

接客スキルが向上する

チェックマークを持つ女性
アパレル業界で働いていると自然と接客スキルは身につきます。

お客様が困っていたら声をかけてあげなくてはなりません。

それにお客様が求めているものを瞬時に理解して対応していかなくてはならないからです。

洋服が好きならお客様に対して自分のコーディネートを参考にしてもらう機会もあるでしょう。

そんなときコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力がなければお客様には伝わりません。

相手に洋服の良さを伝えたいと思うのならコミュニケーション能力をつける必要があります。

また店内で接客をしていると店内の汚れている場所や洋服が乱れている場所などの配慮ができるようになります。

さまざまなところで自分から気づくことができるようになるでしょう。

流行に詳しくなる

アパレル業界で勤務している店員はアパレル業界に関わっていないお客様よりも先を見据えています。

シーズンごとに流行は違いますのでその年の流行を誰よりも先取りしておく必要があります。

春物の洋服が出回っている間に夏物の洋服の準備をしておくなど情報をチェックしておきましょう。

ファッションが好きなお客様ならその年の流行のものやトレンドのものを聞いてこられることも多いです。

お客様よりも情報を知らないというアパレル店員は皆無です。

洋服の流行はその年ごとに変わっていきますので情報を取得することに後れを取らないようにしましょう。

自分が好きなブランドに関わって働ける

ハートマークを持つ女性
女性であれば洋服が好きでアパレル店員の仕事に就いたという人もいることでしょう。

ファっシャンにはいろんなブランドの洋服があります。

店舗によってそれぞれ違うと思いますがその店の洋服を着ている店員がほとんどです。

トレンドのものを着ていたり自分でコーディネートして着ている場合もあります。

お店の洋服を着用することでお客様にみてもらえたり真似して買ってくれたりするかもしれないからです。

そのために自分が働いている店で洋服を買わなければなりません。 

ですが職場でもプライベートでも自分の好きな洋服を着ることができるため洋服好きにとってはお得です。

アパレル販売員のやりがい

洋服を選ぶ女性
洋服が好きでたまらない人や洋服に囲まれて仕事をすることが好きな人にはたまらない職場です。

自分の好きなものに囲まれながら何時間も働くことができるためいきいきと働くことができます。

お客様に商品を勧めてその商品を購入してもらった時は一番嬉しいと感じます。

またマネキンに流行のあるものやトレンドと思う商品を飾っていておくとお客様の目に止まりやすいです。

それを見てお客様が店内に入ってくれるだけでも気持ちの良いものです。

他の店舗よりも売り上げが上昇していたりお客様から感謝される瞬間は大いにやりがいを感じるでしょう。

この人がいるからお店にやってきたといってもらえると自分はこの仕事でよかったと心から思うことができます。

またその店舗によってディスプレイも違います。

自分の思い通りに店舗を装飾できたときは満足できるでしょう。

 
無料転職相談をしてアパレル販売員の仕事の楽しさを知ろう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


アパレル販売員の大変なこと

土日休みが取りづらい

つり革を持つ女性
一般企業の休日が土日という場所がほとんどです。

そのため土日にお客様が来店される数が多いのも土日ということになります。

アパレル業界は休みの日こそ稼ぎ時なのです。

ですのでアパレル店員も土日は出勤という場合がよくあります。

平日お客様が少ない分、休日に忙しさがまとめてやってくるため休みたいと思っていても休めなくなってしまいます。

なお友達が土日休みという人は予定が合わなかったりして疎遠になる可能性もあります。

休みを合わせるといった場面ではアパレル業界は少々厳しいところがあるかもしれません。

繁忙期は残業が増えることも

シーズンごとに洋服が入れ替わるためバックヤードも接客業もいつもより忙しさが倍増します。

またそのシーズンが始まる時や売り尽くしなどのセール時はさらに値段もお手軽になるのです。

そのためいつも以上にお客様が来店される可能性があります。

アパレル業界に詳しくないお客様もセールの時期などは調べてきています。

アパレル業界はいつも以上に人が多いことが予想され忙しいです。

朝から晩まで働いていても決められた就業時間までに業務が終わらないこともあるため繁忙期は残業を余儀なくされてしまいます。

少しでも残業を減らすべくいつも以上に作業の効率化が問われます。

 

無料転職相談をしてアパレル業界の大変さについて詳しく知ろう

 

アパレル販売員として活躍するには?

基礎知識だけではなく流行に関心を持つ

考え込んでいる女性
基礎知識をしっかりしていてもその他のことに関して何もできていなければアパレル店員は成り立ちません。

今は何が一番売れているのか流行しているものは何なのかを調査する必要があります。

もしお客様から質問されたとしても基礎知識だけ持っている店員は答えられない可能性も出てきます。

そのほかに流行に目を向けていればお客様に対してアドバイスができたりコーディネートを教えてあげたりできます。

流行やトレンドを押さえておくとお客様が困っているときに店員さんに安心して相談されることでしょう。

声をかけるタイミングが重要

アパレル店員は洋服を売ることが仕事です。

客を集めるため、お客様が店内に入ってきた時など誰にでも声をかけなくてはなりません。

これを恥ずかしがっていては仕事として成り立ちません。

洋服を売るためとはいえ誰にでも構わず声をかけるのは違います。

お客様の中にはおしゃべりが好きで店員と話をしながら洋服を選んでいきたいという人も中にはいます。

ですがゆっくりと商品をみたいと思っているお客様に対して話しかけると逆に不愉快に思われてしまうでしょう。

声をかける一番いいタイミングとしてはお客様が商品を見ていて迷っていたり悩んでいたりするときがいいでしょう。

鏡に服を合わせている時でもいいです。

声をかけることに成功したら次は自分のプレゼン能力の出番です。

お客様に寄り添い満足いただけるコーディネートを一緒に探してあげましょう。

 

ワンポイント
・基礎知識だけではアパレル店員は成り立たない
・流行やトレンドを押さえておく
・お客様に話しかけるタイミングは大事

アパレル販売員の年収

電卓で計算する女性
年収となると計算しなければならなくなるため自分の年収ですらいくらになるのかわからないと答える人もいるでしょう。

アパレル店員の年収はおおよそ三百万から四百万といわれています。

意外と多いと驚く人もいるでしょう。

仕事量からみても大変なことは明白ですしただ店内で接客しているだけではありません。

そのうえ土日も休みがないとなるとそれなりに高くなります。

アパレル店員はアルバイトから働き始める人が多いです。

そのため正社員になれる確率も上がりますし経験とスキルも豊富にあります。

自分の実績が認められれば店長やマネージャーといった地位まで上り詰めることも可能です。

そうなるとさらに年収は跳ね上がります。

 

ワンポイント
アパレル店員の年収は予想よりも高いですが目指そうと思えばそのくらいの年収まで到達できます。

アパレル販売員の将来性やキャリアパス

将来性

服を見ながら悩む女性
将来的にどうなるのだろうと不安がよぎる場合があります。

このままで自分は大丈夫だろうかと思い詰める時がくるでしょう。

ただし年齢を重ねれば重ねるほど有利になる販売員もあります。

スキルや知識が豊富なため長年のキャリアを活かして接客することができるからです。

年齢を重ねてからアパレル店員になる人もいますしアパレル業界にずっといる人もいます。

キャリアパス

  
アパレル店員からのキャリアパスは何が望めるのか想像がつきにくい人もいるでしょう。

ですがそれなりにキャリアを積んでいれば可能性もそれだけ広がります。

営業やマネージャーなど一歩上の地位につくことが可能です。

キャリアパスをするにはその職場で働き続けることが重要です。  

継続することはそれだけ自分の力に繋がります。

キャリアパスを目指したいと思うならその職場でキャリアを積む必要があります。

自分の行動次第でキャリアパスは望めるものです。

真摯に動いていると自分の行動はきっと誰かが見ています。

その行動次第で声がかかったりすることもあるためまずは誠心誠意を持って業務を遂行していきましょう。

 

無料転職相談をして将来について自分の方向性を伝えよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


アパレル販売員は未経験でも目指せる?

悩む女性
何かを始める時は誰でも未経験です。

初めてその仕事をしようとすると不安もありますし悩みもあります。

アパレル店員は未経験であってもなりたいと思うなら可能です。

求人をみても未経験可という応募はたくさんあります。

なりたい自分になるために未経験であっても目指すという強い意志があればアパレル店員になることは可能です。

将来自分のお店を持ちたいと思っている人や店長になるまで続けたいと思っている人もいるでしょう。

考え方は人それぞれですし誰かと競っているわけでもありません。

諦めない心が大事です。

未経験だから無理と最初から諦めていてはアパレル店員には到底なれません。

たとえ誰がなんといおうとアパレル店員になってやるという気持ちと努力があればなれる日も近いでしょう。

 

ワンポイント
アパレル業界に転職したいと思うなら努力と諦めない心を持ちその道へ突き進もう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホで電話している女性
ずっとアパレル店員で過ごしてきたからどうすればいいのかわからないという人もいるでしょう。

違う職種に転職するにはそれなりに知識もスキルも必要なのではないかと思うかもしれません。

たしかに知識やスキルを知っている方が転職には有利です。

またまったく違う職種で働くには一からスタートになります。

どうすれば転職することができるのかを悩んだときに転職エージェントに相談してみましょう。

自分にやる気さえあればいくらでも転職はできます。

転職エージェントの話を聞いてから転職を進めてみるということでもいいですし一緒に行動することもできます。

きっと力になってくれるでしょう。

 

ワンポイント
悩みがあるなら転職エージェントに相談して自分の負担を減らそう。

まとめ

洋服を手に笑顔の女性
アパレル店員や店長はただ接客をしているだけではありません。

お客様には見えない場所、気づかない場所で動いていたりします。

清掃、整理、バックヤードなど業務は多岐にわたります。

おまけに土日やシーズンが入れ替わる繁忙期が一番稼ぎ時のため休むこともできません。

アパレル業界はとても大変な仕事です。

ただ洋服が好きだからという理由だけでは働くことは厳しいでしょう。

アパレル店員は日々お客様のために行動しているのです。