携帯ショップでの仕事内容は幅広いですが、必要資格はなく未経験からでも転職可能です。

転職準備・応募書類作成・面接対策を確実にクリアしていけば転職成功が見えてきます。

より自分にあった転職先を見つけるために、転職エージェントなどを利用して転職先の選択肢を広げましょう。

携帯ショップへ未経験で転職する方法を解説

女性,考える,笑顔,悩み

携帯ショップ未経験からでも比較的転職しやすい業界です。

必須の資格も特になく転職計画を1つずつ進めていけば転職成功確率を確実に高められます。

ただし、未経験者でも転職できるということはライバルも多く転職先企業によっては競争が激しいことも考えられます。

転職を検討している段階でその次のステップアップも先回りで検討しておきましょう。

携帯ショップの主な仕事内容

女性,携帯ショップ,販売員

携帯ショップの業務内容には主に下記が挙げられます。

  • 接客対応
  • 店舗運営にかかわる業務
  • ショップで開催するスマホ教室の運営

携帯ショップの業務内容の中でもメイン業務となるのが来店したユーザーの接客です。

例えば「端末を新規契約したい」「料金プランを見直したい」「破損・損傷による修理依頼」といった要望の受付と対応を行います。

特に新規契約についてはノルマがある場合もあります。

スマートフォンや携帯電話を新しく購入する人だけでなくアフターフォローも重要な仕事です。

店舗運営で必要な業務は携帯端末の在庫管理やキャンペーンごとのイベント運営といった業務が挙げられます。

POPなど店内ディスプレイの作成といった業務もありますが、業務日報作成や店内外の清掃といった毎日の業務も見逃せません。

また、最近増えているのが店舗主催のスマホ教室運営にかかわる業務です。

初めてスマホを持つシニア向けの講座や、小さな子どもと保護者、学校向けにネットリテラシー講座を開催する場合もあります。

講師として教えるだけでなく、講座開催ごとのレジュメなど用意するのも担当する携帯ショップスタッフの仕事です。

 

ワンポイント
携帯ショップの仕事内容上、幅広い人とかかわる機会があります。また、デスクワークと体を動かす仕事がどちらもバランスよくあります。

携帯ショップで働くのに必要なスキルや資格

携帯ショップへの転職で必要な資格はありません。

ただし、接客に関するスキルや端末の機能・ネットワークに関するスキルがあると有利です。

資格手当やキャリアアップを狙うなら関連する資格取得にチャレンジしてみるのもおすすめです。

必要なスキルは?

スキル,skill,積み木

携帯ショップで活躍するために必要なスキルとして最も重要なのがビジネスマナーです。

特にバイト敬語ではない敬語が使える、丁寧に美しく見えるお辞儀の所作などは接客業として最低限必要になります。

また、携帯ショップだからこそスマートフォンやタブレットなど携帯端末を使いこなすスキルも必要です。

例えばスマートフォンの初期設定は、初めてスマートフォンを購入するユーザーにとってハードルが高いものです。

そのため携帯ショップのスタッフが新規購入時の手続きとして行うことが多いです。

他にもインターネットを使えるようにするためのネットワーク設定なども日常的に行う機会があります。

さらに店舗運営上WordやExcelといったofficeソフトを使いこなせれば携帯ショップで活躍できるチャンスが広がります。

資格は必要なの?

携帯ショップのスタッフになるために資格は必要ありません。また、学歴・経験も不問です。

もし、キャリアアップを図るのであれば、接客業に関する資格とスマートフォンに関する資格に注目してみてください。

  • リテールマーケティング検定※販売士
  • 接客サービスマナー検定
  • サービス接遇検定
  • スマートフォン・モバイル実務検定
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト) など

また、スマートフォンの故障・破損については技術者認定試験・登録免許制を導入する流れがあります。

携帯ショップは資格手当が充実している求人も多いため、チャレンジしてみるのも選択肢の1つです。

携帯ショップへの転職を成功させるポイント

携帯ショップへの転職でも自己分析と企業研究をどれだけ徹底できるかが成功の決め手になります。

自己分析をして自分を理解しよう

女性,虫眼鏡

転職をする際、自己分析は欠かせません。なぜなら自己分析の徹底によって希望条件に合う転職先を選べるからです。

当然携帯ショップの販売員に転職する際も例外ではありません。

自己分析は大きく3段階に分けることができます。

  • これまでに経験した仕事をリストアップ
  • 各業務で不満だったこと・失敗したこと・対処法・対処した結果・成長できたことをリストアップ
  • 自分が今後やりたいことをリストアップ、その中でも現職で実現できないことに注目

この3段階を踏まえることで転職先でも活かせる強みと自分の強みを活かせる転職先の条件が見えてきます。

もし難しければ、職場のパソコン内に保存されている業務データやプライベートな日記を見返してみてください。

自分がいつごろ何をやっていてどのように感じていたかをリストアップしやすくなります。

企業分析や情報収集を徹底しよう

女性,情報,分析

企業分析をはじめとする情報収集も転職活動で避けて通れない過程です。

情報収集をどれだけ徹底できるかで応募書類や面接で必須の志望動機・自己PRで出せる深みが違うからです。

まず、企業分析で集めるべき情報には下記が挙げられます。

  • 業務内容
  • 募集要項
  • 応募先企業の求める人材像

この3つをチェックすることで応募を検討している企業の転職難易度や何をすれば採用可能性が高まるか、が見えてきます。

まずは公式ホームページやリクルートサイト、転職サイト掲載情報をチェックしてみましょう。

また、四季報や業界紙を読んでみたり実際に働いている人のSNSアカウントをフォローしたりするのもおすすめです。

携帯ショップへの転職を成功させる応募書類

転職を成功に導くために強力な武器となるのが履歴書と職務経歴書です。

履歴書を書くポイント

履歴書,応募書類,職務経歴書

転職を成功させるため採用担当者に興味を持ってもらえる履歴書を作成しましょう。

まず大前提となるのが正確に記載すること。

例えば、誤字脱字がなく勤務年数や資格取得年月日などの数字を正確に記載することが最低限必要なことです。

また、転職成功確率を高める上で重要なのが志望動機・自己PRの欄です。

特に未経験者が転職する場合、採用担当者は次の2つの疑問を持っています。

  • わざわざ慣れない携帯販売員に転職するのはなぜか?
  • なぜ自社でないといけないのか?

この疑問に対して納得できる志望動機を提示できるかどうかで転職成功確率がかなり変わります。

自己分析と企業分析を徹底し「やりたいことをするためには貴社しかない」ことを強くアピールしてください。

職務経歴書を書くポイント

職務経歴書

職務経歴書のテンプレートには年表形式キャリア・プロジェクト形式の2種類があります。

20~30代のうちに未経験で携帯ショップに転職するのであればキャリア・プロジェクト形式がおすすめです。

キャリア・プロジェクト形式の職務経歴書では下記項目を記載します。

  • 職務概要・要約
  • 現職の企業情報:企業名、入社日、在籍年数、主な事業内容、本社所在地と勤務地、雇用形態、資本金
  • 携わった業務情報:担当期間、業務の概要、実績、取り組みと結果
  • PCスキル、PCに関する資格
  • その他の資格
  • 自己PR

携わった業務情報と自己PRは小見出しを作成し2~3程度挙げましょう。

また実績・取り組みと結果は具体的な数字を記載すると強いPRになります。

 

ワンポイント
履歴書と職務経歴書の内容を充実させるためには自己分析と企業分析の徹底が欠かせません。

携帯ショップ未経験者が転職面接でよく聞かれる質問

転職を目的とした面接では志望動機、職務経歴、将来についての質問が頻出します。

特に携帯ショップの場合、スマートフォンなどの携帯端末に絡めた質問をされることもあります。

志望動機

女性,面接,スーツ

志望動機は携帯ショップの面接に限らず転職を目的とした面接で必ず登場する質問です。

履歴書にも記載はしていますが、記載内容の詳細を口頭でプレゼンするようにイメージするとやりやすいです。

また、携帯ショップだからこそ携帯端末に絡めた質問がくることもあります。

例えば、携帯電話・スマートフォンに関する経験やエピソードに関する質問です。

携帯電話・スマートフォンは誰でも持っているものなので、ユーザーとしての体験談から志望動機につなげるのも有効です。

職務経歴

面接官が人材として興味を持っているのであれば面接で職務経歴に関する質問がくることもあります。

この時に転職成功確率を左右するのが自己分析・企業分析です。

特に未経験業界への転職では前職の仕事内容とその経験をどのように活かすのか問われます。

自己分析で洗い出した経験・強みと企業分析で洗い出した企業の求める人材像をどれだけリンクさせられるかが勝負です。

接客業経験者であれば、実際の取り扱い商材を使ったセールストークの実演で強みの活かし方を見られることもあるようです。

将来について

グラフ,成長,成功,積み木

将来のビジョンに関する質問は未経験転職で頻出の質問です。

面接官がこの質問をする背景には長く働いてくれる人材かどうかを見極める意図があります。

ポイントは携帯ショップの販売員としてどのようにキャリアアップしていくのかを盛り込むこと。

自分が応募先企業でどのように成長していくかというアピールは会社にとって長期間メリットがある人材というアピールにもなります。

携帯ショップの将来性やキャリアパス

携帯ショップは携帯端末の需要を考えると今後なくなることが考えにくく、将来性のある転職先です。

ただし、競争が激しいため自分にあったキャリアパスプランを考える必要があります。

将来性

空,指,将来,ポジティブ

携帯ショップをはじめとする携帯端末に関する仕事は今後も需要が途切れることは考えにくいです。

また、技術の進化スピードも速い業界なので携帯ショップに求められる役割が増える可能性もあります。

業界自体の将来性は今後も高まっていくでしょう。

ただし、携帯ショップ販売員は未経験でも挑戦しやすいため競争が激しい職種です。

業界で長く続けていくためには自分にあったキャリアパスを目指すことが必要になってきます。

キャリアパス

携帯販売員として考えられるキャリアパスには3つの方向性があります。

  • 接客スキルを磨く
  • 端末の機能やネットワークに関する知識を深める
  • マネジメントスキルを磨く

まず販売員として接客スキルを磨くことで新人スタッフの研修教育や人事部で活躍できる可能性があります。

また、端末の機能やネットワークに関するスキルを深めることができればエンジニアとしての道が広がるでしょう

マネジメントスキルを磨くことで店舗の責任者やSV、エリアマネージャーを目指す道もあります。

 

ワンポイント
携帯ショップの販売員からキャリアアップするために自分に合った専門性を高めましょう。

携帯ショップの求人の探し方は?

求人は様々な媒体で行われていますが、携帯ショップの求人を探すなら求人サイトと転職エージェントに注目してみましょう

求人サイトをチェック

女性,パソコン

携帯販売員は未経験からでも挑戦しやすいため、求人も比較的探しやすいです。

まずは、求人サイト検索してみるだけでも複数見つかります。

ここで注意しておきたいのが求人サイトごとのターゲットの違いです。

求人サイトごとに想定しているターゲットが違うため、見つかりやすい職種や業界、地域なども異なります。

携帯ショップの販売員は男女問わず若い年代の方が活躍しています。

そのため、20~30代をターゲットにした求人サイトを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを活用しよう

求人サイトとあわせて利用したいのが転職エージェントです。

求人を出す企業の中には会社の方針上、非公開で募集する場合や企業名を伏せて募集する場合があります。

つまり、転職エージェントを利用しないと出会えない求人があるのです。

応募先企業を選ぶ時、できるだけ多くの選択肢から選びたいと思う人も多いでしょう。

転職エージェントを活用することで、より自分にあった転職先選びができる可能性が高まります。

 

ワンポイント
求人を探すコツは複数の方法を組み合わせて探すことです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,パソコン,2人

携帯ショップの販売員に転職するなら転職エージェントも活用してみてください。

転職エージェントは非公開求人の紹介をはじめ、転職成功確率を高めるサポートができるパートナーです。

例えば、先輩の転職成功事例紹介や応募書類の添削、面接対策といったサポートが可能です。

初めての転職の際に感じる不安に寄り添いながら安心して未経験業界への転職にチャレンジできます。

まとめ

キャリアアップ,成長,積み木

携帯ショップの販売員は未経験からでも転職できる業界でキャリアパスの方向性も幅広くやりがいのある仕事です。

残業も比較的少なく、空いた時間を利用した資格取得・スキルアップにもチャレンジしやすいでしょう。

将来を見すえたステップアップの第1歩として最適な仕事です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら