ラウンジ嬢の仕事内容を徹底解説!指名を受けるためには見た目も重要?働き方や収入の相場とふさわしい服装も口コミから検証

ラウンジには「ママ」がいて高級であるといったイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

実際のラウンジでの仕事内容はキャバクラとあまり違いはありません。ですが指名制とは異なった担当制など独自のルールもあるようです。

こちらではラウンジ嬢の仕事内容や収入の相場などをまとめました。働き方や服装についても解説しています。

ナイトワークには慣れているけれどラウンジに馴染めるか不安な方も是非参考にしてください。

ラウンジ嬢の具体的な仕事内容は?キャバクラとの違いも解説

ワイングラスと女性

ラウンジ嬢の仕事内容はキャバ嬢とあまり変わりありません。お客様の隣に座りお話をします。

お酒を作るお店もあれば、お客様との会話に集中しお酒は作らないといった会員制のお店もあるようです。

キャバクラのように一人のお客様に一人のキャストがつくのではなく、基本的に複数の接客になります。

キャバクラとの一番の違いは「ママ」の存在です。

お客様と会話をするのが主な仕事

ワイン

ラウンジ店内の雰囲気は比較的落ち着いています。お酒を楽しむことを目的に来店されるお客様も多いです。

ラウンジ嬢はお客様の隣に座ってお話し相手になります。性的なサービスはありません。

お酒を作らずお客様との会話だけに集中する会員制のラウンジもあります。

接客は複数で行う

女性二人

マンツーマンで接客を行うキャバクラとは違い、ラウンジはボックス席で複数の接客を行うのが特徴です。

複数のお客様の対応を一人で行う場合もありますし、一人のお客様を複数でもてなすこともあります。

複数人での会話は話題が尽きることはありません。一対一よりも安心して接客できると感じるキャストも多いようです。

頼れるママの存在

ラウンジには必ず「ママ」がいます。お店の雰囲気や方針を決定する頼れる存在です。

接客のスタイルやラウンジ嬢の服装もママの方針に沿うようになっています。

服装や見た目は指名に影響する?ラウンジの担当制とは?

ブロンドの女性

ラウンジは担当制を採用しており、キャバクラのように指名を取り合う必要はありません。

ですが、担当したお客様にずっと来店していただくために服装や見た目には気を使います。

お客様が来店のたびに喜ばれるような服装を心がけましょう。

担当制についての解説

担当制とは、一度担当についたお客様をずっと担当するという制度です。

キャバクラの指名制とは違い担当が変わることは基本的にありません。

そのため店内での指名争いなどは無くずっとお客様の担当を任せてもらえます。

担当の料金はお給料に上乗せされますので、安定して稼げるというわけです。

ただしずっと担当させてもらえるからと接客の手を抜くとお客様は離れていきます。

常にお客様の気持ちに寄り添いながら気を配れるようにしましょう。

見た目に気を配るのも重要

多くのラウンジはずっと担当が変わらない担当制です。そのため服装や見た目で指名数が変わるわけではありません。

しかし常に気を配る必要はあります。担当したお客様が楽しい気持ちにならなければ、来店されなくなるからです。

勤務は私服で行う

女性モノクロ

ママの方針にもよりますが、ラウンジではキャバクラのようなドレスを着る必要はありません。私服で勤務します。

服装についてはママの意向を考えながら自分が美しく見えるものを選びましょう。

メイクも派手派手しいものではなくラウンジの雰囲気にあわせてください。

働き方について

ドレスの女性

ラウンジに訪れるお客様は比較的年齢層が高く、落ち着いた雰囲気のお店が多いです。

ママの方針を理解してお店に合った働き方を目指しましょう。

キャバクラと違いノルマを設定しないお店も多くあります。

基本的に出勤時間については自由としているお店が多いです。

お店によって服装の規定や出勤日の取り決めが異なりますので最初にきちんと確認しましょう。

ノルマなし!安心の担当制で落ち着いた店内

ワイン

ノルマがなく指名争いも無いため、ラウンジではお客様の接客を一番に考えることができます。

落ち着いた雰囲気の中、お客様がリラックスできるように努めましょう。

フリータイム制のお店も多く、ドリンクバックでたくさん稼ぐことも可能です。

ただしお店の方針はママが決定します。ママの方針を理解して働きましょう。

お客様の話をうまく聞くこと

お客様はリラックスしてお酒を楽しみたい方も多いです。

その時にキャストが自分の話ばかりをしたら良い気持ちはしません。

お客様と会話をするときには自分のことばかりを喋るのではなく聞き上手になりましょう。

すぐに感情を表に出さないこと

拗ねたり怒ったりする女の子を可愛いと言ってくれる男性もいます。ですが多くの場合それは相手に負担をかけることです。

ラウンジではお客様にリラックスしてもらうことが目的になります。

そのためお客様に負担をかけないよう自分の感情をコントロールしましょう。

服装については必ず確認を

ワインと女性

ラウンジではキャバクラと違いドレスはありません。

基本的に私服での勤務になりますので、自分を美しく見せる服を選びましょう。

ドレスコードの有無はお店によって違います。最初にきちんと確認してください。

メイクも含め自分のセンスで勝負しましょう。

シフトについては要相談

スケジュール

指名争いも無く接客に集中できるラウンジはナイトワークを希望する女性に人気です。

多くのキャストが在籍するお店もあります。他のキャストの出勤と調整されて、希望日に出勤できないこともあるようです。

とはいえ、出勤時間については比較的自由に設定しているお店が多いです。

時間の調整ができるのは大きなメリットになります。

出勤日や働き方などは面接時にきちんと確認しておきましょう。

収入の相場について

お金

ラウンジのお給料は時給2000円~6000円となっており、キャバクラと比べやや低いようです。

ラウンジではキャバクラのように指名数を競うことはなく、指名数の多さでお給料が大きく変わることはありません。

あくまで、担当数での上乗せになります。

頑張ればお給料が急激に多くなるわけではないのですが、その日のお給料をすぐに試算できるのは利点です。

実際にラウンジに勤めていた女性の口コミも集めてみました。

  • ノルマがないのは本当に気持ちが楽。営業メールも義務じゃないのでとても助かった。
  • 最初は正直あまり稼げません。長く続けると担当も増えお給料もあがっていきます。
  • お客様と会話するのが楽しいし、お酒を強要されないので勤めやすいです。

いきなり大金を稼ぐのではなく、お店の雰囲気を掴みながらじっくりと勤務するのが良さそうです。

お客様に好かれる服装は?

セーターの女性

ラウンジは私服での勤務です。そのため自分のセンスでお客様への印象も変わります。

お客様に好かれると沢山来店してもらえるため、お客様に好かれる服装を目指しましょう。

あまりにも個性的な衣装はお店からも浮いてしまいます。ママの方針お店の雰囲気を確認し、勤めているラウンジにふさわしい服装を選んでください。

ラウンジ嬢の口コミも見てみましょう。

  • まわりはかわいい子ばかりなので、自分も頑張ろうという気持ちになります。
  • キャストはセンスのいい服を着ているので自分も刺激される。
  • 黒が好きなので黒い服を着て行ったらNGを出されました。

このように、私服の勤務だからこそ自分のセンスが試されるようです。

まわりのキャストを参考に自分の魅力を高めてみてください。

まとめ

座る女性

ラウンジ嬢はノルマも無く指名数を競うこともありません。ギスギスせずお客様との会話を楽しむことができます。

長く勤めることにより担当が増えお給料も上がりますので、じっくり勤めることを考えても良いでしょう。

そのためにもママの意向を汲み取ることはとても重要です。お店の雰囲気に合わせて働きましょう。