商業施設士は、商業施設の設計から企画・運営を行うために必要な資格です。

店舗だけでなくまちづくりに関連した専門的な知識も問われるのが特徴になっています。

知識だけでなく技術面に関しての実力も問われます。

この記事では商業施設士資格の特徴について解説します。

資格を取得することで得られるメリットについても紹介しますので参考にしてみてください。

商業施設士資格の特徴を解説

電球マーク

症状施設士の資格を取得するための方法について解説します。

受験資格や試験内容などをしっかり把握して試験に向けて準備を進めましょう。

受験資格

商業施設士資格を取得するのは一定の受験資格を満たしている必要があります。

商業施設士資格は学科試験と実技試験が行われます。

学科試験については満20歳以上であることが受験資格です。

学科試験と実技試験を同時に受験するには、満20歳以上で構想表現(実技)試験の受験資格に該当することが必要になります。

構想表現(実技)試験の受験資格には学歴と実務経験が必要となります。

学歴と実務経験については次のとおりです。

  • 最終学歴=専修学校・専門過程、高等専門学校、大学・短期大学

商業施設関連過程を卒業した人=卒業後1年以上の実務経験

普通過程を卒業した人=卒業後2年以上の実務経験

  • 最終学歴=高等学校

商業施設関連過程を卒業した人=卒業後2年以上の実務経験

普通過程を卒業した人=卒業後3年以上の実務経験

これ以外に特定の資格を保有している人も受験可能対象となります。

具体的には次の資格が対象となります。

  • 一級建築士、二級建築士、木造建築士
  • インテリアプランナー
  • 再開発プランナー
  • 中小企業診断士
  • 1級販売士
  • インテリアコーディネーター
  • 商業施設士補

さらに上記と同等以上と認められる5年以上の実務経験がある人は受験対象となります。

試験内容

パソコン作業をする女性

試験内容は学科試験と実技試験になります。

学科試験は多肢択一式60問で内訳は、共通問題30問、選択問題各15問を2教科です。

内容としては基本教書である「商業施設・創造とデザイン」および商業施設技術に関わる時事問題が出題されます。

選択問題では「生活と商業」「企画と計画」「施設と設計」「監理と施工」の4教科から2教科を選択します。

さらに実技試験では図案表現または文章表現のいずれかを選択します。

商業施設士補の資格を保有している人は学科試験が免除される点は把握しておきましょう。

さらに一級建築士・二級建築士・木造建築士・インテリアプランナーの資格を保有していると「施設計画」が免除となります。

あわせて中小企業診断士・一級販売士・インテリアコーディネーターの資格を保有していると「商業一般」が免除となります。

難易度

商業施設士資格の合格率は70〜80%とされています。

誰でも受験できるわけではなく専門的な知識を学び実務経験を持った人が受験するため難易度としては比較的低めです。

認定団体が受験対策講座や通信教育なども開講しているためこうしたものを利用するとよいでしょう。

 

無料転職相談をして商業施設士として活躍しよう

 

商業施設士資格を取得するならやっておきたいこと

テキストの山

商業施設士資格を取得するためには事前にやっておくべきことがいくつかあります。

資格取得前に準備しておくべきことについて解説します。

実務経験を積む

商業施設士の資格取得には実務経験が求められるのが通常です。

建築士やインテリアプランナーなどの資格をすでに保有している人は実務試験が免除されることもあります。

ただし基本的には実務経験が必要となるため資格取得に向けて数年前から準備をする必要があります。

店舗の企画やデザイン、運営についての実務経験となると実務経験を積むことが難しいケースもあるでしょう。

ショッピングモールや設計事務所などで働きながら実務経験を積むことがおすすめです。

実務経験の必要年数は学歴や保有している資格によって異なるため自分に必要な経験年数をしっかり確認しておきましょう。

学科試験に有利な資格を取得

STUDYの文字

商業施設士の資格はほかの資格を取得しておくと学科試験が免除されることがあります。

そのため学科試験に有利な資格を取得しておくことも事前にやっておきたいことのひとつです。

ひとつは一級建築士・二級建築士・木造建築士・インテリアプランナーの資格になります。

これらの資格を保有していることで学科試験科目の「施設計画」が免除になる点は魅力です。

さらに中小企業診断士・一級販売士・インテリアコーディネーターの資格保有者も有利になります。

これらの資格を保有している人は学科試験科目の「商業一般」が免除になる点が魅力です。

 

ワンポイント
商業施設士の資格を取得するには実務経験が必要です。

商業施設士補資格

ノートに書き込む人

商業施設士の資格を取得する前に取得できる資格として商業施設士補の資格があります。

商業施設士補は商業施設士の試験を主催する団体が認定した学校に通っている人または卒業した人が取得できる資格です。

この資格を取得するには商業施設士補資格講習会を受講する必要があります。

商業資格士の資格に興味があるけれどいきなり受験するのは抵抗があるという人におすすめの資格です。

とはいえ講習会は誰でも受講できるわけではありません。

商業施設士補資格講習会を受講するには指定された認定科目の単位を取得している必要があります。

さらに通学しているまたは卒業した学校の学校長の推薦も必要です。

学校長の推薦をもらうには日頃の行いがよいことも条件のひとつとなります。

社会貢献できる人材であると認めてもらえてはじめて資格取得への1歩が踏み出せる点は理解しておきましょう。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


商業施設士の上位資格をチェック

パソコン作業をする人

商業施設士よりさらに上位の資格が存在します。

平成19年度から認定されるようになった資格がマイスター商業施設士とシニア商業施設士です。

マイスター商業施設士は、一定の基準を満たしたものだけに与えられる資格になります。

基準をもとに書類審査が行われ、これに合格した人だけがマイスターとして認められるのです。

マイスターに認められると賞状や顔写真入りのカードが発行されます。

これらを保有することで有資格者としてのランクが上がり仕事を探す上でも有利になるでしょう。

シニア商業施設士は商業施設士としての実績をしっかりと積むことが必要です。

商業やまちづくりに貢献した功績が認められることでシニアの称号を獲得することができます。

今よりもさらに活躍の場を広げたいと考えている場合にはこうした上位資格にチャレンジしてみることもおすすめです。

 

無料転職相談をして資格取得についてアドバイスをもらおう

 

商業施設士資格の注意点

勉強する女性

商業施設士の資格は誰もが気軽に取得できるものではありません。

資格取得には一定の条件が必要です。

商業施設士の資格取得を目指すうえでの注意点について解説します。

実務経験が必要

商業施設士の資格を取得するためには実務経験を積む必要がある点は注意しておきたいポイントです。

実務経験の年数については学歴や保有している資格によって異なります。

具体的には次のとおりです。

  • 最終学歴が専修学校・専門過程、高等専門学校、大学・短期大学の場合

商業施設関連過程を卒業した人は、卒業後1年以上の実務経験が必要です。

普通過程を卒業した人は卒業後2年以上の実務経験をが必要となります。

  • 最終学歴が高等学校の場合

商業施設関連過程を卒業した人は、卒業後2年以上の実務経験を必要とします。

普通過程を卒業した人に関しては、卒業後3年以上の実務経験を経ることが資格試験受験の条件です。

さらに次の資格と同等と認められる実務経験が5年以上ある人は受験条件をクリアできます。

  • 一級建築士、二級建築士、木造建築士
  • インテリアプランナー
  • 再開発プランナー
  • 中小企業診断士
  • 1級販売士
  • インテリアコーディネーター
  • 商業施設士補

資格の有効期限がある

チェンジの文字

商業施設士の資格には有効期限がある点はよく注意しておきたいポイントです。

試験に合格して資格を取得したら認定団体に登録を行います。

所定の期間内に登録手続きをしないと合格が失効されるため、この点も注意しておきましょう。

登録手数料は1,2960円となります。

この登録は3年間有効で、資格を維持するには一定条件をクリアする必要がある点が注意点です。

条件については団体が発刊している機関誌「商業施設」を継続して購読していることがあげられています。

機関誌は年6回の発刊です。

 

ワンポイント
商業施設士の資格には有効期限があり資格を維持するためには一定の条件をクリアする必要があります。

女性が資格を取得するメリット

パソコンとコーヒー

商業施設士は女性におすすめの職業でもあります。

女性ならではの美的センスが求められるなど女性らしさが生かされる仕事でもあるからです。

そのため商業施設士の資格を女性が取得することには大きなメリットがあります。

女性が資格を取得することで得られるメリットについて解説します。

関わる仕事のやりがいが大きい

商業施設士の資格を取得することでこれまでの仕事の幅を広げている女性も多くいます。

たとえばデザイナーやインテリアコーディネーターなどとして働いていた場合です。

こうした職業で培ったスキルに商業施設士の資格がプラスされることで大きなプロジェクトに携わることができるようにもなります。

商業施設の建設や運営・監理などを任されることで仕事にやりがいを感じることもできるでしょう。

独立店舗をイチからプランニングしてクライアントとともに作り上げるといった仕事も可能になります。

専門店・商店街・大型商業施設など幅広い分野で自分を生かすことができる点は女性にとって大きなメリットです。

助成金や資格手当が出る場合も

電卓と家の模型

資格を取得することで今の仕事で助成金や資格手当をもらうことができるケースもあります。

できる仕事の幅が広がるだけでなく給与面でも優遇されることはモチベーションアップにもつながるでしょう。

女性として社会にどのように貢献するかを考えるきっかけにもなります。

キャリアアップに活かせる

新たな資格を取得することでキャリアアップしている女性も多くいます。

商業施設士の資格はほかの資格と組み合わせることでこれまで以上に大きな仕事にチャレンジできる切符にもなるのです。

デザイン・コンサルティング・建築・設計などの仕事をしている場合はチャレンジしたい資格になります。

今のh仕事でキャリアアップを目指すなら仕事の幅を広げて実績を作ることが最大の近道です。

そのためにも新しい資格を取得してスキルを磨きましょう。

商業施設士の資格はすでに保有している資格によっては学科試験が免除されるなどの措置もあります。

自分が保有している資格と照らし合わせて有利になる受験方法を選択しましょう。

 

ワンポイント
商業施設士の資格は女性におすすめの資格です。キャリアアップにも活かせるため内容をよく把握して活用しましょう。

商業施設士資格を活かせる仕事をチェック

商業施設

商業施設士資格を活かして働くことができる仕事は多数あります。

資格を活かしながらできる仕事について解説します。

大型店や専門店

商業施設士の資格を直接的に活かすことができるのが大型ショッピングモールや専門店です。

商業施設の建設、運営・監理を行うことができる知識を保有する資格であるため専門家として活躍できるでしょう。

ショッピングモールのオープンやリニューアルに携わることができれば大きな実績になります。

専門店のコンサルティングなどもクライアントとのやり取りを介して多くを学ぶことができる仕事です。

建設会社

建設会社では建築関係の資格と同時に商業施設士の資格を保有していると仕事の幅をかなり広げることができます。

建設会社は住宅や公園、道路などの施工を担当することもあるのが特徴です。

建設会社でたくさんの施工に携わりたい場合には商業施設士の資格が生きてくるでしょう。

経験を活かしたアドバイザーにも

ノートとペン

商業施設士の資格を活かしてある程度の経験を積んだあとにコンサルティング会社に就職することもひとつです。

商業施設のプランニングやコンサルテインングを専門的に担当する際には資格を活かすことができます。

実務経験を活かしてアドバイザーとして活躍するというキャリアプランもよいでしょう。

 

ワンポイント
商業施設士の資格を活かして働くことができる仕事はたくさんあります。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


商業施設士資格を取得するなら実務経験を積もう

商業施設

商業施設士の資格を取得するためには実務経験が必要です。

資格の受験資格に実務経験が明記されているため条件に当てはまるだけの年数の実務経験を積む必要があります。

まったくの未経験から商業施設士になることはできません。

知識と経験が伴うことで商業施設士として認められます。

実務経験を積むには大型商業施設や建設会社、設計施工会社などに勤務することがおすすめです。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

テキストを読む女性

商業施設士として働きたい・資格を活かして働きたい・実務経験を積みたいという場合には勤務先を精査する必要があります。

しっかりと資格を活かすことができる職場であること。

しっかりと実務経験を積むことができる職場であること。

こうした点を就業前に確認しておくことが大切です。

せっかく就職した職場でも資格を活かすことができなければ実務経験を積むこともできません。

そのため事前のリサーチが重要になってきます。

自分だけで企業情報をリサーチすることが難しい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職のプロとして勤務している転職エージェントなら豊富な知識と情報をもとに適切な企業を紹介してくれます。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

まとめ

テキストと時計

商業施設士は女性におすすめの職業です。

女性ならではの美的センスや視点を活かして働くことができる仕事でもあります。

商業施設士になるには資格を取得する必要がある点は覚えておきましょう。

資格の取得には実務経験や学歴が必要になります。

記事内でも解説した条件を満たすことで商業施設士の資格取得試験を受けることができます。

商業施設士の資格を活かした職業を探す場合、転職エージェントに相談することがおすすめです。

自分では思っていなかった職業で資格を活かすことができるケースもあります。

転職エージェントに相談して資格を活かした働き方をみつけましょう。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。