水商売の方向けの賃貸の探し方を解説!審査を通りやすくする方法やアリバイ会社のリスクは?必要書類や初期費用の相場も紹介

水商売の方は、賃貸が借りづらい事実があることを知っていますか?

夜の仕事をしたくても住む家がないのは困ってしまいます。

ここでは、水商売の方向けの賃貸の探し方や賃貸が通りやすくなる方法をご紹介していきます。

また、アリバイ会社のリスクや必要書類、初期費用の相場についてもまとめました。

賃貸を探している方は必見です。

水商売の賃貸の探し方

部屋

水商売の方は賃貸を探すのが難しいことを知っていますか?

夜の仕事という点や収入がネックとなり、賃貸が借りにくいといわれています。

しかし、水商売の仕事を始めたいと考えていても実家は住みづらいため、一人暮らしをしたい方もいるでしょう。

水商売の方が賃貸を探す際には、ちょっとしたコツが必要になります。

しっかりと準備をしてから賃貸を探すようにしましょう。

水商売だと賃貸が通りにくい?

水商売の場合、なぜ賃貸の審査が通りにくくなってしまうのでしょうか?

収入が不安定なことが理由

女性

水商売の方が賃貸の審査が通りにくくなる理由として、収入が不安定であることがあげられます。

水商売は景気によって左右されることももちろんありますが、人によって得られる収入に大きな差があることも理由です。

その日その日でお客様の人数にも変動がありますし、お店からのキックバックや追加報酬も一定ではありません。

水商売は一定した収入ではないということが、賃貸の審査が通りにくい理由となっています。

収入がないと家賃が払えない、といったことが起こる場合が多いからです。

住民トラブルの懸念から

女性と男性

収入面以外には住民トラブルを起こしやすいということもあげられます。

もちろん水商売をしている方が全員トラブルを起こすということではありません。

夜の仕事なので夜や明け方に家の出入りをすることで、周囲の住民とトラブルにもなりやすいといわれているからです。

またお酒を飲んで帰宅することも多いので、酔っぱらって住民に迷惑をかけたり騒いだりすることも嫌がられる原因になっています。

審査を通りやすくするにはどうしたらいい?

水商売の方が賃貸の審査を通りやすくするにはどうしたらよいのでしょうか?

保証人や保証会社を立てる

PC

審査を通りやすくするには、まず保証人や保証会社を立てることをおすすめします。

家族や友達に保証人としてお願いできれば一番良いでしょう。

しかし、身近に頼める人がいない、頼みづらいということもあるかもしれません。

保証人が立てられない場合には、保証会社を利用するのも一つの方法です。

保証人の代わりになってくれる会社なので、管理会社や不動産会社から紹介してくれる場合もあります。

しかし、保証人も保証会社もどちらも必要な物件もあるので物件探しの際には確認しておいてください。

入居者が決まっていない物件をあたる

部屋

審査を通りやすくするには、入居者が決まっていない物件をあたるのもおすすめです。

長い間入居者が決まっていない物件などは、大家さんが早く入ってくれる人を見つけたいと思っている場合があります。

そのため水商売であっても、仕事をしているということで審査が通りやすくなることもあるのです。

しかし入居者が決まっていない物件は、築年数が古いなどといった何かしらの理由があるのも事実。

事前に物件の内容をしっかり見ておくようにしましょう。

アリバイ会社はリスク?

賃貸の審査を通りやすくするために、アリバイ会社を使う方もいるようです。

アリバイ会社って何?

PC

アリバイ会社とは、実際はその会社で働いていなくとも働いていると対応してくれる架空の会社のことをいいます。

電話対応をはじめ、給料明細を作ってくれるところも存在するそうです。

水商売は賃貸の審査が通りにくいので、普通の会社で働いていると申請しアリバイ会社に対応してもらうという方法で使われます。

費用は15日で3000円程度ともいわれていますが、会社ごとにも変わってきます。

期間が延びればさらに費用はかかってきます。

アリバイ会社はどんなことがリスク?

電話

賃貸は管理会社や大家さん含め、家を貸す側と借りる側の信用があってこそ成り立つものです。

嘘をついて申請すれば、詐欺罪にあたる可能性もあります。

実際今はアリバイ会社も増えてきており、アリバイ会社として名前が有名になっている会社もあるそうです。

審査は確かに通りやすくなるかもしれませんが、リスクが大きいことも事実です。

審査が通りにくく借りられる賃貸がないと悩んでいる場合には、不動産会社に正直に相談してみてもよいかもしれません。

賃貸での必要書類とは?

賃貸で借りるときの必要書類にはどんなものがあるのでしょうか?

身分証明書や住民票

メモ

賃貸での必要書類には、まず身分を証明するものが必要になります。

免許証や保険証をはじめとする身分証明書が必要です。

また、身分証明書の他にも住民票も賃貸の契約時には必要なことが多いです。

住民票は現在自分が住んでいる場所の証明になるもので、自治体から取得することができます。

役所でもらえる他、近くにあるコンビニでも取得できる可能性があるので、住んでいる自治体のホームページをチェックしてみてください。

取得は平日の昼間のみということも多いので注意しましょう。

収入を証明する書類も

会議

賃貸をする場合には収入があることを証明する必要があります。

収入を証明する書類には、源泉徴収票や確定申告の書類などになります。

すぐに取得できるものではないので、引っ越しを決めてから前もって準備しておく必要があるでしょう。

こういった書類が準備できない場合は、所得証明書や銀行通帳の写しなどを求められる場合があります。

また、保証会社があれば証明書の提出は不要といった物件もあります。

物件によって対応が大きく異なる可能性がありますので、事前に何が必要なのか確認しておくようにしましょう。

初期費用の相場を紹介

初期費用の相場はどのくらいなのでしょうか?

仲介手数料は無料から1か月程度

お金

不動産会社の仲介手数料は、無料のところから1か月程度のところがほとんどです。

家を一緒に探し、貸す側との仲介に入ってくれる不動産会社への手数料になります。

時期によって手数料無料キャンペーンの実施や、物件によっては手数料無料と宣伝しているものもあるのでチェックしておくと良いでしょう。

また、火災保険や鍵交換費用なども一緒に請求される場合があります。

火災保険は2年で2万円程度、鍵交換費用は鍵にもよりますが1万円程度のところがほとんどのようです。

敷金や礼金はチェックしておこう

お金

忘れてはいけないのが敷金や礼金です。

敷金は預けておくお金なので退去時には戻ってくる可能性がありますが、礼金については大家さんに対して渡すお金なので戻ってきません。

敷金は家賃の2~3か月程度、礼金は1か月程度であることが多いといわれています。

しかし、初期費用としてこれだけでも家賃の4ヵ月以上分かかってきてしまいます。

そのため、今では「敷金礼金なし物件」と呼ばれる初期費用を抑えた物件も増えてきています。

物件探しの際に、敷金礼金の条件で探してもらうのも良いかもしれません。

賃貸をうまく探そう

女性

水商売の方向けの賃貸の探し方について紹介してきました。

水商売の方は賃貸が探しづらいということがありましたが、保証人や保証会社をたてることで審査を通りやすくできることもあります。

また、入居者が長い間決まっていない物件もおすすめです。

賃貸は初期費用もかかり、必要書類も多く大変な対応が多くなります。

余裕をもって対応する必要がありますので、自分のスケジュールと相談しながら探すようにしましょう。

賃貸の探し方のコツを活かして素敵な家を見つけてください。